家族・友だち

2017年12月 6日 (水)

あれが一期の別れだった


baseballbaseball


先月半ば勘九郎。七之助兄弟の舞台を観に四国へ行った。
舞台の始まるまでの時間。懐かしいK子さんとお茶を飲みながら、その場からMちゃんへ電話をする。

「今、どこに居るとおもう?明日、ちょっと寄るから・・」
「いやじゃあ。アタシ、おばあさんになっとるんよ」

早くから「行く」と知らせると色々と世話をかけてしまうと思ったからだ。
K子さんにも1週間前に手紙を出したのだった。

clover
翌日。
小学校の全校生徒が30人という集落へタクシーで20分。タクシーしか手段がないのだ。
Img_1913


初めて来たのはもう20年近く前。
それから何度来たことだろう。懐かしい場所。

夫のSさんは病を得て酸素の吸入器具を装着していた。
妻のMちゃんは大たい骨の手術を2回やり、家の中でも4・5日前までキャスターで移動してたんよといった。
Sさんに「しんどい?」と聞いたらニコニコと「しんどい」と言った。
「なにが一番つらい?」と聞いたら
「(Mちゃんに)世話を掛けさせるのが辛い」といった。
キッチンから戻ったMちゃんに「何が辛い?」と聞いたら
「そう思うてるんじゃろ。と思うのが辛い」と言った。

私は「ハイハイ。ごちそうさん」と言った。

clover
あれを持って帰れ、これを持って帰れというのは相変わらずで
柿。ゆず。ぎんなん・・・。
又、同じタクシーに来てもらって帰るとき
Sさんの手を握り「元気でおってよ」と言った
「俳句ができんと言わんと、この龍角散やテレビのリモコンを詠んでよ」と炬燵の上を叩いた。

おたまちゃんが来てくれて嬉しかった
お父さんが喜んで喜んで、嬉しかった

そう言って見送られた。
タクシーの運転手さんが、私を送って営業所に帰る途中で実家に寄って来たといっておおきな「梨」の入った袋を用意してくれていた。何なんだ。四国の人って!

clover
数日後、手紙を書こうと思ったけど声が聴けるから
と、電話があった。
Mちゃんと話をしてSさんに代わった。
「アタシは早くに夫を亡くしたからSさん夫婦がうらやましい。夫が生きていたらお手本にしたかった」と言った。

「おたまちゃんが、そう言ってくれるなら元気を出してもうちょっと長生きしようかな」というSさんの相変わらず優しく温かいイントネーションだった。

それが11月20日ごろのこと。

clover

昨日。Sさんの訃を受けた。K子さんからだった。
いつも通りの暮しの中で、Mちゃんの作ったお昼ご飯をキチンと召し上がった。そして
静かに穏やかに・・

85歳の同い年夫婦。
Mちゃんにどんな言葉をかければいいのだろう。

    「春寒や使はぬ鍬の捨てきれず」 S

    「海峡の渦を雨打つ十一月」 おたま

/


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2017年9月28日 (木)

やうつり


baseballbaseball


友人・ムーチョからメールありmailto

引っ越し、してんup

住所を知らせてきた。
元の住まいからさほど、離れていない。
大阪市内。都会のど真ん中である。

ワンルームマンション。さっぱりして快適やで~~up

あの道楽息子は独立したんだ。
それとも、縁を切ったのか?
息子に騙されていなければいいけど。
まあ。ムーチョもああ見えて金銭的にはしっかりしてるから
大丈夫だとおもう。

clover

彼女は以前ブログに書いた「私のともだち」シリーズの一人である。
辛酸なめ子coldsweats01

今は色んなことから解放され、(本人曰く)解脱して生きている。
旦那さんが遺してくれた不動産で家賃収入もあるし
息子も「大人」になったし・・

あとは広すぎる住まいを処分して、
身ひとつだけの始末をかんがえるねん
と常々言っていた。

clover

トシ(年齢)いってからの、引っ越しって疲れるで~

でも若い人(50・60代の友人)が寄ってたかって「わ~~」っと物をほって(捨てて)くれてん。
生活パターンを変えたらアカンって言われたから、寝る所以外は何も変わっていないねん。

前の住まいが思いがけない高値で売れて、今度のワンルームマンションは賃貸である。
「大金を息子に渡すな」
他人が大きなお世話だけど。周囲が口をそろえて言った。

彼女。ある公的な社会福祉事業に出資した。
(実質は寄付みたいなものだ)

お見事!

clover

リヤカーひとつで、家移りやわ~

まさか、今どきリヤカーなんぞ見つからないだろうけど

たまたまドラマで「家移り(やうつり)」という懐かしい言葉を耳にしたところだったので、偶然に驚いた。

宮崎あおいちゃんが大八車を押していた。
舞台は江戸だったけど。

clover

私?
ムーチョみたいにカッコイイことはできないにゃ。たぶん。

物に囲まれて
とっちらかして
迷惑を掛けたおして・・・

って、先日ここに書いたばっかりだもん。

Sany0044


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2017年9月25日 (月)

ごっつあんです


baseballbaseball


大相撲が終わりました。
君が代じゃなくてモンゴルの国歌を歌ってあげればいいのにね。
あの、男前の王様が喜んでくれると思う。パハップス。

遠い日本に来て言葉も習慣も違うのに努力している外国人力士ってホント偉いわねえ。と思います。日本語もあんなにお上手なのね。

一般的に日本人力士も外国人力士もおしゃべりがお上手ですね
アタシが子どもの頃なんて
「フガッ!」とか「ヌグッ!」とか鼻息しか聞けなかったわ。

平凡氏に、
「今のお相撲さんって”ごっつぁんです”って言わないんやね」と言ったら。
「お母さん(彼は改まった時、こういいます)僕はその言葉アニメでしか聞いたことはありません」と言いました。

なぬ?そうなん?

私ね、なにかこの子(長男)が苦手ですねん。
こんな時、可愛い方の子(次男)だったら
「きょうび、そんなの誰も言わないで。はははheart04くらいでまとめてくれるわけですよ。

clover

真綿嬢に「貴女、平凡氏のどこが嫌い?」と聞きました。
「す・・好きですよ」

あらまそうなの。

トイレの蓋も閉めるようになったし、脱いだ靴下も洗濯機までもっていってるそうです。

「あ。でも・・・」←やっぱり、あるんや。

「トイレットペーパー、最後の20センチを残してはるんです。」

信じられないといいました。

「使い切ったのは自分ではない」と言いたいつもりか?
20センチで何をしろというのだ。
そんなに、新しいペーパーに替えるのが嫌なのか。
それとも、その仕事はヨメの役目だと思っているのか。

男なら使い切れ!そしてあたらしく付け替えておけ!

clover

真綿嬢。エライ鼻息です。

土俵下のお相撲さんみたいでした。

で・・・でも  好きですよ・・・・だってさ!

 ごっつあんです coldsweats01


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2017年9月 9日 (土)

ヨカちゃん四字熟語


baseballbaseball


8月の終わりにヨカちゃんが1歳の誕生日を迎えました。

Photo_6
一年前はこんな感じ。


まさかの茶びんさんのまんまです。
あたしの希望イメージではバースデーパーチーでは赤いおリボンをつけてるはずでした。

まあ。ええがな。

まあ。ええがな

Photo


疑心暗鬼

Photo_2


四面楚歌

Photo_3


深謀遠慮

Photo_4


孤軍奮闘

Photo_5


大喝一声

Img_0372


すっとんきょう。
からの・・・・・・・

Img_0371

    たまには、笑う

ヨカちゃん。お誕生日おめでとう。birthday


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (1)

2017年8月28日 (月)

反撃の五歳


baseballbaseball


なにやかやと叱られる注意を受けるグッ坊。
父親から、母親から。

まあ。あたしたちもそうでしたわね。たとえば・・
お箸の持ち方。食事の仕方。
ひじを付かない。キチンと正座しなさい(卓袱台でしたから)
こぼさない。食べながらおしゃべりしない。残さない。
途中で、おしっこに行かない!(でへ)

口うるさく言われたおかげで、今では、いつNHK朝ドラの作法指導のお声がかかっても大丈夫ですわ。ホホ。
平凡氏!あんただってポロポロこぼして、馬鹿笑いしながらご飯食べてたわよ。五歳当時は。

clover

この日のグッ坊は違った。
食事どきのことではなかったけれど
何かの事で
いつものように右から左からの「注意攻撃」が始まると
身動き一つしなくなり、意を決したように言ったのだ。
「もういやや」
彼はキレた。

挟撃の包囲網を突破し、部屋の隅へ行き突っ伏した。
そして立ち上がり真っ直ぐにこちらを見て言った。
小兵の反撃である。

「ぐっ坊はどうし(す)れば、早く大人になれるの?今すぐ、平凡さんや真綿さんみたいに大人になりたいわ。(彼はこういう時は両親をこう呼ぶ
グッ坊だけ、なかまはずれや。5歳はチュライわ!

clover

自分の思いを持てるだけの語彙で伝える彼にちょっと感動。

出来ないことを責めてはいなかったか。
彼のペースではなく、大人の都合に合わせてはいなかったか。
知らずにやってしまった失敗を叱っていないか。
彼にもある理を推し量ったか。
何度言われても、忘れていたり出来なかったりすることってあるんだ。
大人はいいなあ。叱ってばかりで、誰からも叱られない・・

clover

私は自分の子育ての失敗や反省を踏まえたうえで、グッ坊が生まれたときに決めたことがある。
それは、この子が自分の意思を持つようになったら(祖母と孫)という役割ではなく(人と人)という関係性で付き合おう。ということ。
そんな意味もあって最初から名前で呼ばせている。
(婆さん扱いが嫌なわけでは決してないのです)

Img_0380

私には到底無理な「しつけ」は両親に任せて。
あらためて彼は「小さな人」であると認識した出来事でした。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2017年8月12日 (土)

夏子さんの夏


baseballbaseball


母ほども年の離れたその人を
「なっちゃん」と親しく呼ばさせていただいた。

初めて会ったのはもう20年前、なっちゃんはすでに少し背が丸くなっていて、ちんまりした方だった。茶道と華道の先生をしておられた。
結社誌の誌上でしか知らない私にとても親しげに接してくださった。
大勢で神戸に遊びに行き神戸港から四国へ帰る一行を見送った。

なっちゃんの住むまちへはもう、何回行ったことだろう。
そのたびに私たちは仲良くなった。
「遠くに離れていても私たちはお友達です」と夫が亡くなった時貰った手紙に書いてあった。
なっちゃんのご主人が亡くなられた直後再会した時は、遠くから駆け寄って来られ抱き合って泣いたり笑ったりした。

そんななっちゃんが体を悪くして入院したと聞いた。
なっちゃんの近所に住む古くからの俳句仲間は都会に住む息子さんと交流がなく、「お見舞いにも行きようがないのよ」と言っておられた。
年末に、その息子さんから喪中欠礼の葉書が届いた。
家の処分が始まったことで初めてなっちゃんの死去を知った仲間たちも呆然としていた。

clover

なっちゃん。この秋ね、またそちらへ行きますよ。
俳句じゃなくて、歌舞伎。
○○座にお芝居が掛かるんだよ。
行ってもなっちゃんはもう居ないのね。
なっちゃんが作ってくれたラベンダーのブーケね
今でも箪笥の中でいい香りがしていますよ。
夏子だから、夏に強いのよ。と言っていたなっちゃん。
今年はとっても暑いですよ。

Dsc03417

女学生の時、教師に恋をした。
子を身ごもり、そのことを何もかも呑み込んでくれた人の元へ嫁いだ。

私の知る、おとなしくて恥ずかしがり屋のなっちゃんにそんな情熱的な人生ドラマがあったことは、なっちゃんの生前に他の人から聞いていた。
「おたまちゃんがね、泥んこの坂のところで手をつないでくれたのよ」
四国に帰るたびになっちゃんがいつも同じことを話す。と愛ちゃんが笑っていたっけ。
楽しい吟行の思い出だ。

なっちゃん。夏のなっちゃん。
今年はとっても暑いですよ。

会えるかどうかわからないけれど、兎に角、秋には会いに行きます。

      「思ひきり鳴らす月夜のタンバリン」 夏子


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2017年7月28日 (金)

お祭りだから来るといふ


baseballbaseball


  

    「夏病みや三連休の一家来る」 おたま

この句、先週作りましてん。

そして、また週末ですわ。
「おたまさん。病気治った?元気になった?」

最近、グッ坊に電話をさせる作戦が多い。
敵もさるもの引っ掻くもの。でございますね。

「松居一代さんほどじゃないけどねannoy

「おかあさん。お母さん。元気になったって言ってる~」
とそばに控えし母へ伝えております。

clover

わが町の駅前広場で恒例の夏祭りがあるんです。
三つの自治会主催です。
お昼はフリーマーケット。夕方からは盆踊り。夜店もでます。
自治会主催ですからね。倶利伽羅紋々のおやっさんの店なんかありません。
町のナンタラ協議会や文化サークルのお母さん方がイカ焼きをひっくり返してはります。

あ!そなの?

盆踊りはもう何年も前からないそうです。
30年前に踊ってはった人、みなさん黄泉の国へおいでになったみたい。
その代わり、ステージができて、和太鼓の演奏や熟女のフラダンスや小学生に盛髪厚化粧させてダンスってんですか?パフォーマンスってんですか?アレがあるそうです。

なんか「毒」ありますか?言い方にhappy02

吉本の漫才師さんも来られるんですよ。
ここいら田舎なもので、ゲーノー人大歓迎なんです。
前なんて、「はるかぜうらら」という歌手の人が来られましたよ。
知らん!っちゅうねん。そんなシト。

漫才師さんは見たことも聞いたこともないコンビが30分ほどおしゃべりして、そのあと、「ああ。知ってる知ってる」というコンビが15分ほどネタをやらはります。

あ!そなの?

自治会が配っていた団扇は三年前から無くなったそうです。
経費節減かな。

clover

と。まあ。このお祭りを毎年楽しみにしているといふ
ロイヤルファミリーがおたまんちにおいでになられます。

あ!そうだflair

グッ坊。もう着られるかな?
Img_0720


おばあちゃん(姑)が一人息子ひっちゃんのために縫った浴衣です。
もう60年以上まえのもの。兵児帯もそうです。

平凡氏が着て、明星氏が着ました。

Img_0721_2

丁寧な針目を見ていたら胸がキュンとするわね。

これだけは、どうしても捨てられません。

グッ坊。
着てくれるかな?


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2017年7月19日 (水)

おばあさんは川へ・・・


baseballbaseball


病から立ち上がったとは言え、未だヨレヨレな老母(アタシ)の家にやって来ると言ふ息子一家。
世間では3連休らしかったですね。

エエです。とやんわりお断りしたのに

ヨカちゃんに一か月近く逢ってないやろ?
可愛くなってるで。
お名前呼んだら「ハ~イ」って返事するねん。そのあとパチパチパチって自画自賛の拍手するねん。
と親馬鹿が言ふ。

そう言えば私め、2週間以上寝こんでしまい、その前はグッ坊が風邪を引いたりしていて・・
そうかなあ。ひと月近く顔をみていないかもね。

アイキャンノットクックやで
お母ちゃん。御飯の支度。ようせんで。
と念のためにいっておく。

ダイジョーブ。ダイジョーブ。って何が大丈夫なんやろ。
お母ちゃんなら出来る!大丈夫!
って意味やろか・・・
一抹の不安の中、平凡一家が押しかけてきました。

二泊三日のお申込みでしたが一泊二日にしていただきました。

clover

ヨカちゃんは10か月になりました。
生まれて一度も「寝返り」をしていません。
ムリクリひっくり返そうとすると「んもーっ!」と音(声?)を出します。

その代り「お座り」の態勢から360度方向転換します。
開脚の角度が凄いんです270度くらい開きます。
それで知らぬ間に部屋の隅から隅に移動しています。

何かに似てると思ったら
明石のタコですわ。
魚の棚(うおんたな)商店街でトロ箱から逃げ出しているタコをよく見かけるでしょ?
ご覧になったこと御座いませんか?

途中から「高這い」になるのですがタコも時々背伸びしますよね。
あれって行く方向を確かめてるのかな。
ま。それはどうでもいいですが。

11620_011
11620_013
clover

最近の赤ん坊って手足が長いですね。
ヨカちゃんも長いです。
「これなら宝塚に入れるね。性格も猛々しいから男役さんやね」
冗談のつもりなのに

「今度、宙組にアンパンマンみたいな顔の子が入って来ましたって大騒ぎになるね」と夫婦で大妄想をしてキャッキャはしゃいでいます。すでに試験に合格したという前提です。

ああ。しんど。

clover

夜ご飯は「そのつもりですから。お・ま・かせ」といふ真綿嬢を押しのけ、平凡氏が分かりにくい凝ったモノを作ってくれました。

次の朝は老母・おたまが洗濯機を廻しました(あの人達、ココの家涼しくていつまでも寝られるわ、といっていつまでも寝ておりますので・・)
さらに、老母・おたまが、おむすびを14個作り、「川へ遊びに行っておいで」と言ったのに、まるで私が行きたがっているような体で連れていかれ
その日の夜ご飯は、「もう。結構ですannoyという気持ちでワタクシ・おたまが作りました。

ああしんど。

Img_0634

Img_0630_2



tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2017年6月27日 (火)

私が95歳になっても・・


baseballbaseball


「おたまさんって40代だと思っていたわheart04

とおっしゃるこの方はお誕生日が来たら数え年で95歳。
「私ね。自分が70代のような気がしてるの」

ならば、おたま=40代 計算は合っている

「少しでも若く見られたいから絶対に満年齢で言うの」と、幾つになっても乙女のK子さんである。

clover

二つの句会のひとつのほう。こちらは14・5人のグループで、90代であろうが40代であろうが平等にお当番が廻って来る。
出句をまとめたり、清記したり。コピーをしたり、用紙を配ったり、次の兼題を考えたり・・

いつも、K子さんをフォローされているTさんがお休みだったので、わたしが成り行きでお手伝いをすることになった。
「私ね、女学校の頃は149.5㎝あったのが、この前の検診で136㎝です。って言われたのよ。3回測り直していただいたけど、”正確です”っておっしゃるの」

Img_0621
庭のアジサイの剪定をしました。

136がピッタリと私にくっついてコピー機のそばのお姉さんやお支払いのところのお姉さんに
「今日はワタクシがお当番なんですけどね、この方に手伝っていただいてますの。うふふ」と説明して下さる。

一通り段取りが終わって席に戻ると、熱心にノートを見ておられた。
ノートにはTさんの大きな字で「お当番の手順」が書いてあった。

clover

いつもニコニコしておられるのでお顔がニコニコと

     「固まっている」

「私ねすご~く怒ってるのよ」と言いながらお顔はニコニコ。
人は鏡っていうけど、この方の前では自分もニコニコ顔になる。

当時30代であった娘さんを亡くされた。
Tさんは娘さんの友人であり教師仲間だそうだ。
偶然にこの句会で再会された。
Tさんはその頃(闘病中)のことを「お母さん(K子さん)のおかげで病室が明るかった」と言っておられる。

一人暮らしで生活の事はすべて自分でやり、句会場にも電車でやって来られる。
前にこのブログで書いたが
「生まれ変わったら私、オートバイ乗りになりたいの」
とおっしゃる、あの方です。

お手本にしたい人って身近におられるものです。

Img_0623


捨てるのが忍びなくて
バケツに突っ込んでいます。
今月中にもう半分、剪定します。

・・


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

父親参観日


baseballbaseball


幼稚園の「父親参観」に参加した平凡氏がカルチャーショックheart03を受けたらしい。
きょうびのお父さんってすっごく子どもに優しくて、マメで、子どもへの関心度が高くて熱心。
意識高い系(使い方合ってます?使ってみたかったの)ばっかり。

これではイカンと、目覚めたそうで

とりあえず、「グッ坊への緊急課題30項目」を作成。
⇓ ⇓ ⇓

「手のひらで水をすくって顔を洗う」
オイオイ。出来てなかったんかい!

「住所が言えるようになる」
え?それも?

「コマなし自転車に乗る」
自転車はおたまんちに置きっぱ。

「お風呂で一人で体を洗う」
「100まで数える」
「卵を割る」
「蝶々結びを覚える」


・・・・・・・・・・・あと、23個ある。ふ~ぅ。

clover

クラスのお友達があれもこれも出来ると聞いてきた
教育に目覚めた平凡氏は

「小さな成功体験。達成感の積み重ねが大事やねん」
と、園長先生の受け売りに、口角泡を飛ばす勢いであります。

単純な男だ・・・
こういうのが怪しげな宗教にはまるんじゃないの?

Img_0479
お父ちゃんに説教されるも、目をつむって聞こえないふりをする。
の図

clover

ハッキリ言うけど、貴方のお父さん(ひっちゃん)なんて、子どもに全く関心がなかったんやで。
子どもが何年生かも知らんかった。
「ええ?。もう五年生か。すごいな!」なんて言ってた。

兎に角、そんな感じだったよ。

厳しく育てていい子が出来るのかもしれないけど
ウチラ(ひっちゃん&おたま)に教育方針なんか、あるわけもなく、
それでも、大きくなった我が子を
ウチは二人しか子どもがいないけど、二人ともエエ子や
平凡も明星も、ほんまにエエ子や・・・

と言っていました(親ばか)

心からそう思っていたみたいだから、幸せな人だったのね。

だから、親がそんなに気合を入れなくても
勝手にそこそこ、成長するかもよ・・・

clover

妹に優しいし
ヒロシ(ガチャピン・夫)さんに「おじちゃん。カッコイイお顔してる」と人心掌握ができるし、
残ったお惣菜を「タッパに入れて貰って帰ろうね。お母ちゃん」って気が利くし。
前のめりに生きてるし・・

出来た5歳児やん!

とは言ったものの、
グッ坊には「蝶々結び」ではなく

イアンノット を特訓してやろう。

他所の5歳児を3馬身くらい引き離せるぞ!


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

より以前の記事一覧