家族・友だち

2019年8月17日 (土)

お隣から借りて来る



小学生に盆も正月もありゃせんのじゃ。
お父ちゃんの9連休。またまたグッ坊は宿題を山と抱えてきた。

つーか。
この前、来た時から全然すすんでないやん!
宿題は家ではやらない派?

Img_4803

「おたまさん!励ましてな~」
「よっしゃ!まかしとき」
鬼の大松(古っ!)にでも、松岡修造にでもなってみせる。

「3から7は引けないから、お隣から10借りてきて」(無利子で?)
「13から7は引けないから・・」(引けるで~何のために借りてきた?)

ああ。修造の握りこぶしに力がはいる。
うちわで煽いであげるね。パタパタパタ。
「人生に近道はない。簡単にお隣から借りて来ていいのか!」
「ええねん。先生が借りなさいて言わはった!!」
・・・・・

インドの子どもは計算が大得意らしいね。魔法のやり方を習うらしい。
「グッ坊もインドに生まれたらよかったね。カレー大好きやし」
「おたまさん。今日は【スパイシーなキーマカレー夏野菜素揚げ添え】にしてな。カフェっぽい盛り付けで頼むわ」


出た!胃袋馬鹿太郎!

「グッ坊。鉛筆、赤ちゃん握りやで。それ武器として使うときの持ち方や」
「いま、そのはなしはエエねん」
「それより。大事なことは隣から10借りてくることや」

口をとんがらからかして計算と格闘する様子はなかなか素敵だ。
私が横に居たら励ますどころか脱線ばかりだけど、
見ていてもらいたいらしい。愛(う)いやつじゃ。

ドリルが終われば読書感想文に絵日記に鍵盤ハーモニカ。
「お母さんが、おたまさんに励ましてもらいなさい。って」

なんでやねん!
「だって、なすびの観察記録はお母さんがやったから・・」

お母さんがやった?やった??

  


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2019年8月16日 (金)

うれしい。嬉しい。うれぴ~よ~



お盆ってご先祖様だけでなく、
生きた息子一家も もれなく帰って来るのね。

「はあ~?」「九連休??」 怖い・怖い・怖い。
聞こえないふりをしました。


気が弱いので、「来ないでほしい」とは言えない。

       

胃ぶくろ馬鹿太郎(ぐっ坊)。鉄宰相(ヨカ)が骨太な母。姑息な父とやってきました。
(東京のおいたんは。きっとバ イクを買ったのでしょう。
いいんです。知らぬが仏の方が心配しなくて済む)

Img_4805
お祭りも・・(スマホ充電ちう)

Img_4820
BBQも・・(汗でオデコに薄い髪の毛が貼りつくヨカ)

あと・・花火大会もプラネタリウムも
お盆前にこなし。(あたしも絡まされる)

後は「おたま家」頂上決戦 てか!

  

でも、いいの。いいのよ。ふふふ。
帰ってくれたから・・(自分ちにですよ)
嬉しい。うれしい。うれぴー

五泊だったか・・六泊だったか・・もう思い出せない。
台風が来なければ、もっと居座る滞在するつもりだったみたい。

大丈夫?
ダイジョーブ。ダイジョーブ。お母ちゃん一人で送り火やるから・・

大丈夫?
ダイジョーブ。大丈夫っていうてるやろ  
しばくぞ  

 
夜遅く送って行って、
夜中にジンフィズ作って2杯飲んじゃったよ。
お供えの「千葉産薄皮落花生」と「skinny dipped almondy」をつまみながら・・
これね、アーモンドをラズベリー入りのダークチョコでコーティングしてあるのです。
生き仏(アテだす)のお供えです。シアワセ 


で。朝早くから、もうね・・・チャーリー二世(掃除機)と散歩しまくり 
隅から隅まで、かけたおしてやった。
雑巾三枚使って、そこいらじゅうを拭き倒してやった。
ヨカちゃんのお金(子ども銀行)がいっぱい出て来て金持ちになった。
嬉しい。うれしい。うれぴー。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (3)

2019年8月 1日 (木)

第2弾。G画伯到着



  「朝粥やみんみんすでに鳴き始む」 おたま

 「じーじーとセミうるさいな朝ごはん」グッ坊

 

朝食はおかいさん(お粥)ではありません。俳句は嘘をついてもいいんです 

 

グッ坊が再びやってまいりました。
また、一人で二泊三日します。
一人でやって来た!と言いたいところですが
別の車両に潜んだ母と妹に見守られ(本人承知)ご到着です。

今回は鍵盤ハーモニカではなく、大きな画用紙を持ってきました。
「人権ポスター」の課題だそうです。
「じんけんってなあに?」と聞くと
「みんな仲良くすること」と答えました。そうなんだ~

はい!完成しました。
Img_4813

お勉強は20分しか集中できないのに、この絵は1時間40分で仕上げましたよ。
グッ坊。グッジョブであります。

泣いているのはこの絵には登場していない子にいじめられた子。
左の正しい子と真ん中の優しい子にはげまされたら
泣いていた子の涙が虹になった。・・というストーリーです。
(ロ・・ロマンチックやないかいっ!)
グッ坊はどの子?と聞けば、どの子でもないそうです。

 
画伯の手と腕をマッサージさせて貰いながら
真綿ママに写メを送りました。
とても褒めてもらっていました。

夜に平凡父さんから電話。
「手伝ってもらってないよ。一人で描いてん」と言っています。
それは、事実なんだけど、そのあと、

「おたまさんに、カツ入れられた。ははは」と言いました。

そ・・そんな言葉どこで覚えてきたのでしょう!

 

「さあ。今日は何して遊ぶ??」
と、言われてるんだけど。あたし。

結構、これでも忙しいんですけどね

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2019年7月25日 (木)

ヤアヤアヤア・夏休みがやって来た



夏休みだからね、2年生だからね 一人で来る。 というのですよ
グッ坊が。

ウチに来るには、電車を乗り換えなければいけません。
大丈夫かなあ。

  

改札口で待っていると、大きなリュックを背負って鍵盤ハーモニカを提げたグッ坊が出てきました。
首から大きな財布と防犯ブザーをぶら下げています。
そして・・・
母親と妹が付き添っていました!!

  

緊張の面持ちで一両目の一番前に陣取って座っていたところ
隣の優しいお姉さんに「一人なの?えらいわね」と声をかけられ、辛抱かなわず号泣。
車掌さんが「こ・この子の保護者は・・」と言う感じでキョロキョロとみまわした。
捨て子か??

たまりかねて2両目に潜んでいた母と妹が飛び出した。
(え~.そうやったんや・・)

お姉さんに声をかけられさえしなければ・・・せっかく頑張っていたのに・・
2年生のプライドはどうしてくれるんや・・
改札口を出てきたときはしょんぼりし切って・・・

  
涙をいっぱいため、グッ坊。あたしを見上げこう言いました
「ロッテリアで元気を取り戻したい・・・」

「はあ~?」

朝9時半。お子様モーニングセット×2 
真綿嬢は、シェーキ(バニラ風味)単品のみ。
じゃ、あたしもそれで・・・

思わぬ出費や。

  
母と妹は帰る・・。
すると、悲しみモードに入っちゃってる彼は、あろうことか
お母さんも、ヨカちゃんも一緒にお泊りしよう。と言い出す。
めんどくせー ガキンチョだぜ。

今はそんな凹んだ気持ちなんです。

どうしたら乗り越えられる?と尋ねました。

「夜ごはん、ステーキやったら・・・」(しかも泣きながら・・)

  

親に仕込まれているか。河童かタヌキが憑依しているのか・・

ロッテリアを出て、真綿・ヨカと別れ、お肉買いに行きました。
昼ごはんの後「晩はステーキやな 」と言いました。
晩ごはんの後「明日の朝はなに?」と聞きました。

日頃ちゃんと食べさせてもらってるんやろか・・心配です。

Img_4801
早速、絵の具をひろげるG画伯。エプロン着用。

 

子供会や夏祭りには家に帰り飛び飛びに来るそうです
そんな、律儀に来てくれなくても・・・その内お盆だし・・

私も色々用事があると言ってあるのですが私のスケジュールは把握されているようです。

今日は、おにぎりをもって川へ行ってきます。
あ。鍵盤ハーモニカも持っていこうかな。

今?お腹いっぱい朝ごはんを食べて、ソファーにひっくり返って歌を歌っています。

♪ さあ 出掛けよう 一切れのパン
  ナイフ ランプ かばんに詰め込んで・・・

「きみを乗せて」・・・エエ歌やね


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (3)

2019年7月23日 (火)

一年前の今日・・・暑い日だった。



・・・日本列島は記録的な暑さに見舞われていた。
10日以上の猛暑日が続き、
23日には埼玉県熊谷市で観測史上最高の41.1℃を記録する。
この日、私は39℃の東京にゐた。

  

上京が決まった1か月前には、A地点で会いましょうということだった。
二週間前には、彼女の自宅とA地点の中間B地点まで出ていくという事だった。
そして、一週間前には「悪いけれど家に来てくれる?」ということになる。

Sany0051

笑うと大きな目が糸のように細くなる。笑顔の素敵な人だった。
少しハスキーな声が魅力的な人だった。
いっこちゃんに言わせると、「あたしたちの中で一番しっかりもの」だった。

「あたしたち」はオフ会仲間と言えばいいのか。
いっこちゃんの帰国にあわせて8年前に初めて出会い
私の上京に合わせて3回ほど会い、
その間に修学旅行と称して二泊三日の旅をした
彼女は私の家にも泊まってくれた。

これだけしか会っていないのに思い出話は尽きない。

  

15年前に子宮がんを患った。
やりたいことをやってみようと思い、福祉関係のNPO法人を立ち上げた。
その仕事が成果を残し、軌道に乗り、後継の人に引継ぎをした。
子どもさん達はそれぞれ家庭を持ち、
一か月前には、末娘さんの二人目の出産も無事に見届け

「十分に人生を生きた。と思っている。」
と、やさしいやさしい旦那さんの隣で、そう言った。

  

帰りの東武鉄道のホームでおじさんがおにぎりを食べていた。
「のんびりした駅だねえ」いっこちゃんと笑った。
電車が入って来たので、乗ろうとしたら、おじさんが「その電車じゃないよ」と教えてくれた。
私たちの会話を聞いていらしたようだ。

いっこちゃん!こんな小さなことまで覚えているよ。

わたしたちはその夜、彼女が教えてくれた「コートダジュール」で歌い、
干ぴょう巻を買って食べた。

  

私、あの時「UCHIDAガーゼ」のホームドレスを持って行ったんだ。
彼女に絶対に似合うはずの淡く優しいピンク。
なんともいえない鴇色。
お買い物につきあってくれたベベ子が「そんなん、あげてもシャーナイんちゃうん?」といった。
彼女は長く病院に勤めたので、きわめてクールだ。
言ってる意味はすぐに分かった。
「ええねん。箱を開けて、わー嬉しい。って思ってもらったらそれでええねんと」私は言った。

アレ着てくれたんかなあ・・
そんなことはどうでもいいです。
あのとき彼女は「わあ。わたしの「色」だ~」って言ってくれた。

・・・・・

23日に会いに行き、二時間半、いっぱいおしゃべりして笑って・・・
4日後に彼女は天国に旅立った。
それを知ったのはさらに4日後だった。

Sany0044

  

そもそもは、うばゆりさんのブログから始まった不思議で長い付き合い。
ブログをやっていない彼女がコメントを入れるのは、知ってる限り「ここ」とうばゆりさんのところ。
だから、ずーっと、うばゆりさんのブログを覗くのが辛かった。
ひょいと彼女がまた、独特の真面目な言い回しでコメントを入れているような気がして。
ずいぶんたってから、うばゆりさんも、このオフ会の事を不思議で素敵な出会いだったと書いておられた。

  

は~。ながながと書いちゃったよ。
スマイルさんごめんね。プライベートな事にも触れちゃったね。
あなたの事はこの一年、ずっと心にありました。

仲良くしてくれてありがとう。
私のブログ、好きだと言ってくれたからボチボチ続けるわね。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2019年7月16日 (火)

淡く深いお付き合い



むか~し、「リトルダンサー」と言う映画を観ました。
貧しい炭鉱の町の少年が一流のバレエダンサーに成長していくお話です。
才能というのはそれが「好き」ということ。
どんな分野においても、
神様に与えられたその才能で、人を幸せにする人を「表現者」と言うのだと私は思います。

  

旅仲間のSちゃんの「フラメンコ教室の宴」へ行きました。
Sちゃん。先生ではなく「生徒」です。
日頃から「私の体の8割は”舞”で出来ている」と言うてはります。
踊る妻。踊る母。踊る祖母です。

きれいでしたよ。衣裳
圧巻でした。先生の演技
ワインをいただきながら楽しい時間を過ごしました。

  
Sちゃんはスペインが好きで、スペイン語を専攻したし、
結婚が早すぎたので思うようには行かなかったかもしれないけれど
長期滞在も含めて何度もスペインへ行く機会があったし、
大人になってから(娘と一緒に)バレエを習ったのも
フラメンコを始めるためだった。と言ってます。

Sちゃん。絶対に前世でセビージャのジプシーだったんだ。
間違いない!

Sany0230
(本文とこの写真は全く関係ありません)

  

一緒に宴に行った三人(旅仲間)でお茶しました。
あたしのシマだった淀屋橋界隈。知ってる店が軒並み無くなっていたり、代替わりしていたり
結局、有名コーヒーチェーン店へ。
「え~?客がコーヒーを運ぶの?」
「そうなのよ。最近は 
悔しいのでケーキも食べてやったぞ。

長い付き合いだけど、最近は「旅」の時しか逢わない。
深く知り合っているという安心感がある。
一人一人が「大人」だから一緒に居て心地よい。

いい仲間だなあと思ふ。
今年も、張り切っていきますわよ!「旅行」

    


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

幸せだった話をしてください



子どもたちが子どもだったころ、私は働いていました。
上の子は生後8週間から市役所に紹介された保育ママに預けました。
(保育所の待機児童問題は今もあまり変わっていないようです)

下の子も保育所に通いました。
小学校にはいり
其のころは夫の母が家に居ましたし、
六歳上の兄がそれはもうよく面倒を見てくれたので彼の放課後のことはさほど心配していませんでした。

2歳ごろから何処にでも兄にくっついて行き、
兄の友だちの家。公園での野球。なんにでも仲間に入れてもらっていました。

Img_0590

ある日、バスの中から天然パーマの小さな男の子が見えました。
停留所の柵に体を預け、遠くからやって来るバスを見ています。
背伸びして首を伸ばして、バスの中を確かめているようでした。

私は降りるのももどかしく、バスのステップのところから
大きな声で
「明星ちゃん!待っててくれてたん?」といいました。
「うん!」
バスの運転手さんがニコニコ笑っておられました。

兄とは生活時間が異なるようになり
この日はたまたま、遊び相手がいなかったのでしよう。
彼は小さい頃から、お兄ちゃんさえいればいいというふうでした。
私もそれに甘えていたのかもしれません。

明星氏。6歳。ちょうど今頃の夕方のことです。

幸せだったはなしを。という事で
あの時の彼の姿を思い出しました。
    


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.

| | コメント (8)

2019年7月 4日 (木)

破壊王・その2



何も難しいことを頼んだわけではない。
「栓を抜いて下さい」
それだけ・・・・・・

Img_4772

 

 なんで

 

Img_4771

 

 

  こうなるの?

 

 

Img_4788
M嬢 (手配書より)



このワイン栓ね1,780円もしてんで。
きゅきゅっと回せば、栓がポンと抜ける。ハズ。
説明しなかったワタクシが悪かったのね。

いいからいいから・・泣かなくても・・。
じゃ、気を取り直して、この栓お願いね。

Img_4780_20190703120201

ボキッ!

だから・・

Img_4776

 

 

     


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2019年7月 3日 (水)

破壊王・その1



(業務連絡)

いっこちゃん。ごめんね 

Img_4785

ふら姉さんがこんな姿に・・

毎日、元気よく腰ふってたのに・・

Img_4786

ポッキリ・・・

チュライ・・

 

Img_4787

お姉さん。お姉さん。

何か言ってよ~~


呼んでも応答なし。

 

Img_4779

犯人です。(手配書より)

(子泣き爺ではありません)

本当にごめんなさい。

   


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2019年7月 2日 (火)

やっと終わった、あれとこれ



どなたのチョイスなのだろう。


「米大統領 初の北朝鮮入り」というビッグニュースで
あれだけ市民追い出して準備したのに、すっかり記憶の彼方にぶっ飛んだG20サミット
実りが薄いなら止めちゃえばと思うのだけど・・あっ!それは日本がホストだったからなのか?
少なくとも2国間交渉の場は提供できている?
って。あーた。出会い系広場じゃないんだから・・

話戻る
どなたのチョイスだったんだろう。
こんなうれしいことはありません。
各国首脳をもてなす夕食会で
トランプさんも、習近平さんも、プーチンさんも・・皆さんが飲んでくれはった
「秋鹿」
あたしが、この世で一番、馴染んでおりますお酒です。
今、蔵元にも、酒屋やスーパーの棚にも在庫が無いらしいです 
ありがとう!おおきに!この場を借りてお礼申し上げます。

ささ
奥様。G20も無事終わりました。
心置きなく、バーゲン目当てのお買い物にお出かけ下さいませね。

 

あ。さて、日を同じくしてわがおたま家も首脳らが勢ぞろいをして、おばあちゃん(姑)の法事をやりましたよ。
うちは親戚が少ないので、あたしと平凡ファミリーだけ。
田舎のおじさんおばさんもどんどん亡くなって行くし、遠いしね。

明星氏はあれだけおばあちゃんに可愛がってもらったのだから帰って来なさいよといったのに
「無理っぽい^^」ですって。
何年か後のグッ坊を見るような気分だわ。ぷんぷん。

 

お寺さんに来ていただいて法要です。
おばあちゃんの好きだった「紫」を中心にしたお花をいっぱい活けて
好物をお供えして。みんなでお経を唱えて(仮名がふってあるのでぐっ坊も大きな声で参加)
あとで、おご馳走をいただきました。
そのあと、お墓へお参り。
おたま家の今年度の最大イベントが無事終わりました。

Img_4770

遺影は、法事の時だけお仏壇の下からごそごそと出してきます。
ヨカちゃんはセルフタイマーが理解できていません。

    


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

より以前の記事一覧