家族・友だち

2022年7月13日 (水)

おさななじみのおもいでは



どれくらい前になるのだろうと思ってメールボックスを開けてみた。
2018年の夏、私はその人にメールを送っている。

「突然のメールで失礼いたします」と。

 

何かを買ったり、小さな旅の費用にしたりしていたが
子ども達からもらう年玉が結構貯まり

形で残るモノ。そうだ!パソコン用の小さなデスクを買おうと思った。
撫でてみたくなるような、新品なのに使い込んでいるような、そんなぬくもりのあるものがいいなあ。

Dsc03455


ネットサーフィンをしているうちに
あるデザイナーズチェアのページにたどり着き、作家の名前に目を止めた。

「ん?」が確信に変わっていく。

私は13歳で福岡から大阪に引っ越した。
20歳の頃、大阪で一度再会したことがある。彼は金沢の美大に通っていた。
7歳で出会った幼友達。
何通か手紙を交換した。
内容は他愛のない事だったと思うが、色鉛筆でささっと引いた線。詩のような文章。デザインのような文字。
彼の手紙がとても美しくて、私は少し怖気づいたのかもしれない。交流はそれで途絶えた。

「貴方はHちゃんではありませんか?」

私の問いに驚くほど速く返信があった。
「そうです。H坊です!!」と

彼は家具デザイナーになっていた。
学校を出て、ある著名なインダストリアルデザイナーの元で修業をし30代半ばで故郷へ戻った。
今はデザイン事務所をやりながら学生たちに教えている。YouTubeをあげているので見てくれという。
そこには7歳から全然変わっていないHちゃんがいた。


近況を教え合い、昔話をする

その中で我々は7歳より以前に会っていたのではないかということになる。
私は幼稚園に入園する前の半年ほど保育所に預けられた。
大人ばかりの環境を親が心配したようだ。結局泣きわめいて手に負えないのでやめさせられるのだが。
Hちゃんはその保育所に通っていた。姉の大事なモノ(首飾り)を持ち出し、好きな女の子にプレゼントして、親からこっぴどく叱られた。その女の子が「私」ではなかったか。と言うのだ。
いいやあ。そんないい思いをした覚えはないけどねえ・・・
昔すぎてわからない

そして、20歳のころ大阪で会った記憶はあるけど、どういう経緯で会えたのかがわからないという。
それはね・・
それも昔すぎてわからない

夫の法事をしたときの家族写真を送った。


「〇ちゃん(私の事)が幸せそうで良かった」

ありがとうHちゃん!

 

いつか逢うことがあるかなあ・・
大病の後遺症でリハビリ中だというYちゃん。貴方の従弟。覚えてるよ。
元気いっぱいの男の子だったYちゃん。
いつもニコニコしていたHちゃん。

2人が酒を酌み交わしてる場面をみたい。
懐かしい博多弁を聞きたい。
あそこの公設市場の復元図を三人で描いてみたい
下駄屋。お菓子屋。漬物屋。魚屋。貸本屋・・・

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2022年5月18日 (水)

遠くから来た人・奈良へ行く



古くからのブロ友、ヘルブラウさんが
「いつか【こくさん】にお会いしたいわ」と言ってくれていました。

うん。一見の価値はある生物だよ。

【こくさん】とはいっこちゃんの昔の名前です
その昔、フランクフルト辺りで密会の話が持ち上がるも立ち消えになっていたのでした。
で。この度、両者が日本上陸中というタイミングにあわせ遂にお出会いという事になりました。

奈良のヘルさんの隠れ家を訪問(しかもお泊り!)

あたしン家から目的地までは。バス・電車(乗り換え)(乗り換え)(乗り換え)(乗り換え)という段取りです。
人出の多い日だったのに、ちゃんと座って行けた。それは二人が二人のうちのどちらかが席を譲られるに値する人物だったから?
う~ん。そうかもしれない。

ヘルさんちのヘルさんテイストのお部屋はまたversionアップしていたぞ(あたしは訪問3回目)
おしゃべりして乾杯してお昼をお呼ばれして、夕暮れの手前を街散歩
いっこちゃんは60年ぶりの奈良だそうね。
大仏さんは見なくてもいいの?いいのね。
鹿さんとはツーショットを撮っていた。親子みたいに颯爽としてました。
奈良の街歩きはいいわね。まったり(*´ω`)します。

静かなお部屋を予約してもらっていたのでそこでお夕食
帰ってからも(´~`)モグモグタイムとおしゃべり。

おふとんを二つ敷いてもらって
「枕投げをしてもいい?」ときいたら「ダメ」と言われた。
だよね。

目が覚めたので起きたら、隣のおふとんのいっこちゃんが、鬼平犯科帳の密偵おまさ。みたいな体で障子を5センチほど開けて外の景色を見ていた。

すっかり朝だ。明るい朝だよ・地球の上に朝がきたんだよ。
まあね。人の家でどんだけ熟睡するねん!というくらい寝たと思ったのに、二言三言しゃべって笑って・・
二度寝をしてしまったアタクシ。
いっこちゃんは「コーヒーのいい香りがするわ」といってバタバタするし、ヘルさんは「ラジオ体操の時間よ」というので
もう、仕方がありません。私もラジオ体操ピョンピョン跳ねました。
体をつかったあとは。ヘル先生からブリッジのご教示。さっぱりわからへん
しか~し。カードを持つと勝負師の血が騒ぐのはどして?

そんな事してるうちに出立の時間が・・
御名残を惜しみながらこれから京都へむかうのであります。

   (遠くから来た人の記はひとまずこれにて。おしまい)

 

 

 

(業務連絡)
いっこちゃんはウン十年ぶりに畳の上で寝た。としみじみしてました。
どうしても再現できないのが「日本の食パンの味」だそうで
朝食のパン。おいしかったって!
ずっと日本に住んでるけどあたしも「これ美味しい!」と感激。
あ。おみやのサンドウィッチも美味しかった。アリガト

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (3)

2022年5月17日 (火)

遠くから来た人・半径10キロ周遊



ジャハ  
晴天続きなので長靴を買いにいこう!
なのでの意味が解らない)
としたら、道が混んでいたので、
チビッコのお店に行きました。
いっこちゃんは「はらぺこあおむし」の絵本を買ってました。
あと「ABC」と「あいうえお」の玩具も。
ウチのヨカちゃんなんか、5歳なのに読めない・書けないだよ。ハハハハ
でも。いいの。空気は読めるから(まけおしみ)

坂田の金時さんのご主人様が祀られているお宮へ行きました。
由緒正しいお宮さんですの。
いっこちゃんは絵馬を「インテリアにする」といって買いました。
お願い事は「無いわね・・・」
だから奉納もしないのよ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
ココのお宮の素晴らしいところは
 絵馬の絵が「馬」
これはとても正しいことです。

(業務連絡)
駐車場の人。食堂がひまだから監視カメラ見て暮らしてるなんて説明したけど
あれは、生業ではなく、この由緒正しいお宮の管理をご奉仕としてされているらしい。
だから、白い作務衣を着てはったんやね。いや~失敬・失敬

「どちらから?」と聞かれたので「遠くから・・」と言ったらとっても驚いて「楽しんで下さいね」と言って下さった。
なのに・・・食堂がヒマなんて言ってすみませんでした。

 

そういえばちゃんに

観覧車に乗ろうと言ったらスルーされた。
エレベーターさえ嫌いなんだって!
自称。閉所ナンタラ症。
アタシの想像では入れ物(器)いっぱいに自分が膨張して風船女になる気がするのだと思う。間違いない!

なのに・・・
あたしったら・・
洞窟探検なんかに連れて行った
悪気はなかったの。ただ、宝の山を自慢したかったの。
いっこちゃんがだんだん無口になって来る( ̄∇ ̄;)ハッハッハ笑い事ではない。

あと、自慢のスーパーマーケットに行って(ほかに自慢するものがない)
夜は猪肉を食べに行った。
アタシは、不本意。こんなものじゃないんだよ。イノシシ。
今のシーズンは冷凍だしね。単に「イノシシ喰った」実績を残した感が否めない。
寒い寒い季節に鉄砲でズドンしたてのメスの猪肉を食べさせてあげたかったと思ふ。

いっこちゃんとはいろんな話をした。
不思議話もした。あの時の事。この時の事。
言葉にならなくても、感じるものがあったことも・・
2016・5月のお台場の夕暮れだったわね~~

なんてね

              (つづく・かも)

 

Photo_20220517084401
2015・3 修学旅行・先斗町にて

 

 

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2022年5月16日 (月)

遠くから来た人・おしゃれにキメる



と、いふわけで
目が覚めたらパッと起きて   
何処にも行かないといったって、半径10キロはチョロチョロとうごめきました。
記録しておきましょう。
「ジャハ!」(だっけ?)   
レッツラゴーのことです。フランス語ではオニバー。
おたま語では「つれもっていこら~~」

 

 チケットを取に行って
山道走行で戻る。おかげでワタクシご自慢の新緑のお山を見てもらえて嬉しかったよ。
 ちゃんの住むところでは見渡す限り大地なんだって!
想像がつかないわ。
それからヂモティ御用達のお洒落なお店でワンピを2枚もお買い上げなさった ちゃん。
エアリーな(風をはらんでゆらりと揺れる意味らしい)な長め丈の黒。
チラ見えの白いプリーツが甘さを添えております。
もう一枚は、かぶってズボッと着る おしゃれにストンと着るだけで着映えする絶妙なAラインシルエットのプルオーバー。
earthカラーの綿生地に同系色の刺繍を散らして大人可愛いを演出しております。
よくお似合いよパチパチパチ。
ついでにあたし  も、羽織るだけでラフに着映える一枚をつられて買いました。
あとは、どんだけ~と言うほど「ナニ」をお買い上げ
( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

100均にも行った。100均で1000円のものを買っていた。通貨が違うから貨幣概念がダイナミックね。


ドンジャラホイのアジトにてランチ  
あたし、生まれて初めてパーテーション(っていうの?)越しに人と向かい合わせで飲み食いした。
刑務所の面会みたいです。
もちろん、いっこちゃんが女囚。
一体、なにをやらかしたのでしょうね、このシト。

ココで、レッスンしてるんだよ。

夜はワイン。熟女なパリピ   

そんなこんなで、明日また目が覚めたら起きるぞ。

                  (つづく・かも)

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年5月13日 (金)

遠くから来た人・パジャマパーティ



「フランスとスペインどっちがいい?」ときくと
「スペイン!」というので、まろやかな酸味のレゼルバ2013を開ける
いいねいいね
パジャマでワインパーティーでごじゃる。

未成年の頃から(あかんやん!)少々たしなんでおりました酒類ですが
この2.3年、飲まなくなりました。
欲しくないというより、「もう大丈夫」という感じ。
しか~し。今宵は別腹。
逆にちゃんは、この2.3年で「飲める」体になったそうです。おめでと~

 

以前、明星氏がchromeキャストといふものをテレビに付けてくれました。「なんじゃこれ?」と思ってたけど今宵は大活躍。
YouTubeをテレビ画面に映して、ワイン片手に大合唱
リクエストは60~70年代のアメリカンポップスとな。

クリフリチャード(彼は英国人)いいね。いいね。
今、牧師してるみたいよ
この人何かで捕まったんじゃない?

楽しいひと時に要らん情報を吹き込むワタクシ(反省)

カーペンターズ。な~んか嫌いやねん
う・・嬉しい。あたしも嫌い。宮沢賢治も嫌い


話。飛ぶ飛ぶ 年寄のあたりまえ。
アタシは、心の中でガッツポーズをする。
宮沢賢治、嫌い!って言うてもエエんや・・・嬉しい
アタシも、勇気を出して生きて行くよ。いっこちゃん!

 

オーラス(All Last)はスマイルさんを偲んで彼女の好きだったイルディーヴォを大音量で聴きました。
スマイルさん!カルロスが亡くなっちゃったんだよ。
あの人の事、助平ったらしい笑顔なんて言ってごめんね。ほんとにもう、あたしったら・・

満月の夜空に花火がどっか~ん。
これが泣かずにおられましょうか。
スマイルさん。見てる~~???

最後はいっこちゃんと二人して絶叫してた
ブラボ~~ ブラボ~~ そして\(^o^)/バンザイサンショ


目が覚めると朝だった。
あさごはん。あさごはん・・
いっこちゃんがのたまふ

「おたまちゃ~ん。ワインある?」

ささ。今日は何して遊ぼう

        (つづく・かも)

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2022年5月12日 (木)

遠くから来た人・さんしょアゲイン



万歳三唱・・運動会の終わりにやりました。
「〇〇しょうがっこ~~ばんざ~~~い」って。
今、やらないわね。ばかみたい(やるほうがね)
万歳三唱!気分をノリノリ・アゲアゲにする不思議な呪文

ちゃん(またの名をいっこちゃん)が来たら
日頃ストレッチで鍛えた僧帽筋を持ち上げて、二の腕なんか耳にピタッとくっつけて
「万歳三唱」をするつもりだった。


その前に ⇓ コイツで

Img_8021

敵の口中をビリビリにしびれさせる魂胆だよ
どうだ!すごいだろ!思い知ったか!
岩塚製菓を何と心得る。控えおろう~~

と言うつもりだった。

なのに

は可愛くないことをサラリと言って反撃してきた。

知ってる  

ぬあんだと!昨日今日、日本に上陸したこやつが・・・

聞けば、よこはまの子ちゃんが、一口食べて感動のあまりお菓子の棚にあったのをぜ~んぶ買い占めたというではないか。
あっぱれだ。見事だよ子ちゃん。
あなたの気持ちはよく分かる。あたしも同じ思いだ。
しかし心配ない。岩塚製菓は「存分にお楽しみください」と言っている。
この際、超たまりませんセット作戦に打って出たようだが私はあくまで単品狙いでいこうと思っています(以上業務連絡)

 


Img_8023
過去に何度も失敗した「山椒」の苗
懲りずに今年もお買い上げ
アゲハチョウ対策に不織布でカバーをしてみよう。
よいこの皆さんは真似しないでね。

 

といふことで、ちょっと、ガッカリしながら
ワインの栓を抜く。\(^o^)/バンザイ山椒がよく合うんだな。
朝は目が覚めたら起きようと言いながら、おたま御殿の夜は更けていくのでありました。

                (つづく・かも)


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2022年5月11日 (水)

遠くから来た人・バンザイサンショ



ちゃん(またの名をいっこちゃん)と先に会ったのは2018年の夏だった。
ヒコーキに乗って帰って行った。
その後、彼女は濃密で幸せな時間を過ごし、それからコロナの拡大もあったりして遠回りしちゃったけど、やっと遠くからやって来た。

いっこちゃんは、スマホをあやつる女になっていた。
前回も手に持ってたけど、なんだかチャカチャカとスキルアップしていた。
あたしだって負けてはいないぞ。
(お迎えの為に)なんと!2年半ぶりに電車で大阪へ出た。
キタの女王。ミナミのクイーンと言われたこのあたしが、まるで「ここはどこ?」状態。
そんなときこそ「99%迷子にならないアプリ」の出番だよ。
単純シンプルに「あっち!」と矢印のとおりに歩いて行く。
そして、ついにいっこちゃんに出会ったのでした。

「世間的には20Kgと言ってるけどホントはね18㎏やせたの」と言った。

見えん

この人には性能のいい形状記憶装置が付帯している(と思ふ)

それはそれとして、わたし思ったんだけどね。
やっぱり、街はいい。
電車を降りたら、ほぼ87%以上が「年下」です
人との行き来。人が動いている。
人間の生き生きした姿に元気づけられるなんてね。思っても見なかった。

それで、目の前に形状記憶のいっこちゃんでしょ!
もう、うれしくてうれしくて、運動会の大玉転がしかいっ!みたいな勢いで家へお持ち帰りしたのでした。

・・・・万歳三唱

バンザイサンショのおはなしをするつもりが
長くなったので明日にします。

Photo_20220511110201

2015/3月 修学旅行 カメラマンは子さん
この時、Uユリさんは古布を抱えて一足早く帰っていた。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年5月10日 (火)

遠くからきた人・はやてのように



「遠くから来た人」が帰って行ったとたん、急激に気温が下がった。
昨日なんて日中の体感温度13℃だよ
暖房までいれちゃった。

ちゃん(またの名をいっこちゃん)
あーたって。高温動物?傍にいると温かったよ。

「来訪の記」は書かずにおこうかと思ったの
でも書いておかなきゃ忘れるしね。ただでさえ色んなこと忘れがちの昨日今日明日・・
スマイルさんの事を、あんなことあった、こんなふうだったと、思い出し、笑いあい、ちょっぴりさみしくなれるのも「書いて」覚えていればこそかもしれませんものね。

まあ。とにかく、会えて嬉しかったよ。
嬉し過ぎたので今、ちょっと「ナニ」だけどそれは仕方のない事です。

いっこちゃんが来たらアレして遊ぼ、アソコに行こう。アレもみせてあげよう。
と、思っていたのに


何処にも行かない。何も見ない。じっとしてる。っていうのだもの。
「おたまちゃんの傍にいるだけでいい」っていうんだもの。

あーた。ちょっとそれ。反則のセリフよ。泣けるじゃない!

「どこかに行って何かを見てたら、おたまちゃんとしゃべる時間がなくなる」って。

とどのつまりは奈良の大仏さん見なくてもいい。鏡みておくと言った。
(あら。それ言うたんは、あたしやったかいな)

カピパラを見せたかったのに。カピパラはあっちではカピーチョ(っだけ?)といってそこらにウジャウジャいるわよ!
〇〇の藤の花が見ごろよ。鎌倉でみてきた!
丹波篠山に行ってみる行ったことある!(そだね。修学旅行したもんね)
実はね、大阪の展覧会に一緒に行きたかったの。ある美術館所蔵の「来迎図」と「浄土図」が一挙に公開されています。どうよ!二人して極楽浄土見物よ。素敵だとおもったんだけどなあ・・

あとね。あたしの得意料理の
トウモロコシの炊き込みご飯
切り干し大根の炊き込みご飯
ひじきとツナの炊き込みご飯
(炊き込みご飯ばっかりだわね)も食べさせたかった。
明石海峡の真鯛もすずきもね。兵庫漁連の実力を見せたかった。
シロナ(白菜)の炊いたんも、これ市場には出ないんだよとか勿体ぶって出したかった・・

考えれば考えるほど悲しいことだらけです。

年齢も違うし(⇐ここ強調)歩いてきた道のりも違うけど
不思議につながって、ふしぎなおしゃべりはつづく

あたしは、いっこちゃんのおしゃべりを聞いているのが好き。
喋りながら、ときどき、分厚いぽっちゃりした手のひらをパーにして上下に動かす。
しっかり手相をみてやる。
生命線長いやん!!

と、にっこりする。

         (つづく・かも)

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2022年1月12日 (水)

回る廻るよ



さふいふ お年頃なのか、周辺に「身辺整理」を始めている人が多い。
いわゆる「断捨離」「終活」でおま。
ちなみに最新版広辞苑では「婚活」はあるけど「終活」は載ってないらしいわね(知らんけど)

「数え日のヴィーナスの塵はたきけり」

 

火曜サスペンス劇場で、始まってすぐに殺されるお金持ちの家の玄関にあるようなヴィーナス(かな?)女神像が我が家にやってきた。
やって来たのではない。断捨離 絶賛 実行中のSさんに押しつけられたんだ。
「これ、高かってん」と言う理由で・・・。
押しかけヴィーナス。

1週間ほど滞在していただいたが
幾ら考えても我が家には不釣り合いなので、A子さんを電話で呼び出した
「話がある。〇〇駐車場まで来て!できれば旦那さん(も私の友だち)と一緒に」
あちらが呼び出しに応じたら,勝ったも同じだ。
そんなわけで有無を言わさず女神はA子さんちの車のトランクに移動。

Img_7643

昨日A子さん宅に行ったら(彼女んちは母屋とアトリエがあるのだが)アトリエの玄関にくだんの女神が肩に壺を抱えた乗せた姿で立っていた。
「壺から金貨が流れ出てるのが見える」と私は言った。
「そうかなあ・・」
「賓頭盧(びんづる)さんみたいに体の悪いところを撫でたら治るで」と私は言った。
「そうかなあ・・」
「撫でヴィーナスやな」と夫君がおっしゃる

ええ。ご夫婦や。

かくして、
「だんだん好きになるから」
「そうかなあ・・・」
と、招かれざる客扱いだった女神ちゃんも、とっても居心地よさげにしていたのでワタクシとしても安心した次第でございます。

 

今日は雪の一日だった。
「この日しかあかんねん」と言われ峠を一つ越えた山の向こうの先輩の家に行って来た。
「おたまちゃんの車にのるかなあ・・・」
「げげ。そんなに??」

ミカン箱の段ボール7つ
金も力もあるご主人様が運んで乗っけてくれた。

中味は1970年~1980年代前半の「演劇界」
1943年創刊の歌舞伎雑誌であります。
怖ろしくて何冊あるのか数えていない。
ああ。わくわくが止まらない。一日一冊読んでも寿命が持つだろうか。

 

 

奇遇と言うか今朝の新聞に「演劇界」の休刊という記事がのっていた。
先輩も「偶然やねえ。道頓堀あたりの古書店では高値がつくかもよ」といってたけど
うんにゃ。こんなお宝、誰にも渡しはしまへんえ!!

と、断捨離から遠くはなれてアタシは生きるのさ。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年1月10日 (月)

七泊八日の正月帰省



帰省。新明解国語辞典には
「郷里に帰△る(って親の安否を尋ねる)こと」とある。

さよか・・

世界で一番好きな明星氏(次男坊殿下)が花のお江戸から万難を排し艱難辛苦を乗り越えて、この母の息災を確かめに帰って来る
それを「帰省」というんだな。
さよか・・

と私は言いたい。
誰に??
電車で40分。車で40分の位置に住む平凡一家にだよ。
郷里ったって。同じエリアやん!日帰りしたら~~~????

あかん。正月からこぼしてる。
明るく生きよう。神様のおぼしめしに感謝しよう。
そういう事で 結果
平凡一家は年末年始にかけて7泊8日さっしゃりました。


「お母ちゃんは一人でお正月したいねん」と2021年初頭の宣言を完全に無視されました。
「何がしんどい?」と聞いてくれるので(口から出まかせに)「お節」といいました。
「僕らが作るがな」といいました。
あかん。こいつらには、もっとストレートに言わなあかん。
「お正月そのものがしんどいねん」
「うん。わかるで、なんか正月ってワッサワッサするしなあ」

いや。わっさわっさしてるのは、オタクらや。

何を言っても無駄です。
敵は先鋒としてグッ坊を送り込んできました。(だからグッ坊は8泊9日です)
電車を一回乗り換え、バスに乗ります。平凡氏からの綿密な「道に迷ったら」の手引書をしっかり握っております。
停留所でコッソリ隠れてゐたら、大きなリュックにバットとグローブを抱えたグッ坊が転がるように降りてきました。

Img_7642
久々のG坊登場です。大きくなりましたでせう?南米友にいただいた。何でも切れるナイフフォークを振りかざしています。

 

お正月の買い出しのお手伝いをしてくれました。
カートを押しながら、メモ用紙を読み上げたりチェックを入れたり・・
「おたまさん。ここには書いてないけどステーキとフルーツも買おう」といいました。
これが息子ならシバキあげるところですが、おおよしよし、とこの夜はステーキでした。
話、つづくけど盛り上がらないからこれで終わります。

サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (5)

より以前の記事一覧