家族・友だち

2020年8月 4日 (火)

ああ夏休み!!



日曜日、知人の新盆のお供えを求めにでかけてきました。
実に7か月ぶりの百貨店です。
(こちらではデパートを百貨店と呼ぶことが多いです。特に阪神・阪急。なんでやろ・・・)

車で行きました。 

道路は結構、車が走っているのですね。
コロナ以前とあまり変わっていません。
百貨店の中も混雑というほどではありませんが大勢のお客さんが来ておられます。
もっと、閑散としているのかと思っていました。

お線香と鰻のかば焼き(二の丑の日でした)とミシン糸を買って
さっさと退出。滞在時間は40分です。

目的のもの以外目もくれず

ミシン糸ってお高いのですね。ビックリしました。
シャッペスパンの700mが税抜き¥519です。
「お一人様一点限り」と張り紙がしてあります。
そんなに品薄なの???

糸って一度買えばなかなか買わないからかな。
私が世間知らずだからかな。
私の糸ケースには糸巻きが木製のものがまだあります(カタン糸)
今なら貴重?割りばしと輪ゴムで戦車を作れるものね。

手芸品売り場を見て回るのは楽しいに決まっているのですが、我慢我慢。

 

Dsc06542

 

    「縦笛のそこでつまづく夏休」
  (タテブエノソコデツマヅクナツヤスミ)季語/夏休み・晩夏

 

今から、グッ坊をお迎えに行ってきます。
2週間しかない夏休み。山のような宿題が出て
真綿嬢が電話口で号泣しながら(なんでやねん!)
おたま家留学させてほしいとのことです。

宿題なんか「てへへ。忘れました」ではアカンのやろか

悪魔のような妹がいないと
サクサクとはかどると本人が云うし親もそう思ってる。
本当に、困ったものです。

ま。ちゃっちゃと終わらせて、川に遊びに行こうぜ!グッ坊。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

 

 

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

ちょいとペダルでひと越えすればl



土曜日。平凡氏がやって来ました。
頭から湯気を出して・・・


昼前に電話があり、一人で来るといふ。
「あら、ご家族は?」
「僕一人で伺います」
え~~~。今週は来ないはずやったやん 
どうせ お盆に長逗留するつもりでございましょ!!

で。頭から湯気を出して来はりました。
ちょっとへろへろしている。
そして、こういいました。
「もう・・二度といやや!死ぬかと思うたわ!!」

 

おたま家の偉大なる長兄・平凡氏
自転車を買いました
それで、自転車でここまで来たのですって!あほちゃう??
山、二つ越えますねん。うちへ来るのに。


ウーバーイーツでアルバイトするの?
アタクシの冗談に反撃する声も出ないくらいヘロヘロです。

アホな子ほど不憫なもので、そこは、親馬鹿。熱い蒸しタオルと冷たい麦茶を渡しますと
「ヴァヴァヴァヴァヴァ~~」(どこから声が出ているのか)
生き返ったわ~~~~

 
良かったわ。生き返ってくれて。
わが家に「デン」して折り返すという当初の予定にくじけ、
結局お泊りなされ、朝ごはんをてんこ盛り召し上がり、翌朝早くに帰宅しました

なんで、自転車なん?
コロナ自粛で今凄く売れ行きがのびてるらしいで
だから、買うんかい!意味不明。

 
彼と二人で話す機会はあるようでないので、自転車のおかげで有意義な時間をもてました。
話題は、
「墓の骨壺はどうなっているか」
「生命保険の切り替え相談」
「不動産名義書き換え」についてでした。


すっかり、おじさんになった平凡氏。今日が誕生日です。

P_20200802234401

 

  「肩車の父子過ぎけり軒簾」
(カタクルマノオヤコスギケリノキスダレ)季語/簾・三夏

 

エアコンなど無い時代は、どの家も縁側や窓や座敷を開け放し風を通しました。
軒簾を吊るす暮しは、社会の気配を感じながら生きることでもありました。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2020年7月16日 (木)

なんで、そうなるの・・・



ひゃあ・・どないしましょ

月末に(県境をまたいだ)大阪府下で4名で飲食を共にすることになった。


4名の内、2名は しゃべり
絶対に飛沫感染の危険があるわね。

前回、このメンバーで会食したのはいつやったかなあ・・
食事の後、おおきなガラス窓から桜吹雪が見えるところで、お茶をしましてん。
3時間!しゃべりっぱなし(二人がね)
ガラガラのゴルフ場ののクラブハウスやってんけど・・
あたし、気ぃ遣うたわ。お店の人に

こいつらこんなにおしゃべりやとは思わなかったわ。
で。その後も、また「お食事会」しよう!と誘われたけど
「いやあ。もうエエわ。あの子らのおしゃべりに付き合うの、もうしんどいわ。断っといて!」
と、ベベちゃんに言いました。

あの子ら・・・Y君とK郎です


見た目はおっさんやけど、中身はおばちゃんです。
どんだけ、おしゃべり好きやねん。
嬉しそうにしゃべるよ。独特の河内弁で。

 


地元に、予約が難しい(けど)とても素敵なお店が出来ているから、おたまちゃんを是非連れて行ってあげたい。と前からベベちゃんが言っていました。
コロナが落ち着いたらそうしよう!
6月の時点で「落ち着いてきた」と思ったのです。そのときは。

たまたまY君からベベ子に電話があった(二人はクラスメイト)
そのとき、口の軽いベベ子は、「7月におたまちゃんが○○(地元)に来てくれるねん」と言った。

「俺も行くわ!K郎(あたしのクラスメイト)も誘うわ!」と言った。
「おたまの顔も見たいしな・・」

あたしは、スターか?吉永小百合か?
(ごめん。言いすぎました)

 

「ごめんな~~。Y君とK郎も来ることになってん」

なんで、そうなるの・・・

 

辛いのは、二人がものすごくエエなことです。
優しかった中学生はやさしい爺さんになり、
性格のエエ子は好々爺になった。
いつも、ニコニコしてる。にこにこにこにこ。

フェイスシールドを装着させる?
とベベ子と検討中です。

120708-023_20200716080501

 

   「緑さす石燈一気に陸上部」
(ミドリサスセキトウイッキニリクジョウブ)季語/緑さす・初夏

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2020年6月25日 (木)

つぶらな瞳



補欠№⒒ から見事!幼稚園生に出世したヨカ嬢は
毎日楽しく登園しています。

送って行ったと思ったらじきにお迎え。
最初は超短時間の園生活です。

 

父・平凡氏がリモートワークだったある日、お迎えに行ったそうです。
3歳児クラスはホントにまだ小さくて、赤ん坊にちょと毛が生えたみたいな子もいます。
みんな間隔を開けた、ちっちゃな椅子に座って、お手々を膝の上に置いています。

見よ!先生の実力。


親がやってくると「わ~~い」と戸口のほうに走ってきます。
それが、むちゃくちゃ可愛らしくて
全員ちっちゃなマスクをして、ビー玉のように丸い目をキラッキラ させて、こちらへ突進してくるのだそうです。

そんななか、
とりわけ小さい目のとりわけガタイのしっかりした子

それがヨカちゃんです。

マスクから出ているつぶらなまなこ。
他の子がドングリなら、ヨカちゃんは小豆。

って・・・親が云うたりなさんな

 

「ヨカちゃん、べっぴんさんになるやろか・・」(平凡)
「う~~~~む」(おたま)

Img_6316 Img_6317
オモテ           ウラ

いやいや・・そんなに考え込まれても・・・(平凡)

 

行動はキビキビしていて、帰りのお支度もサッサと
一番に教室から出て来るそうです 

 

 

 「泣きながら眠りたる子やトマト熟れ」
(ナキナガラネムリタルコヤトマトウレ)季語/トマト・三夏

 

この句は、グッ坊が2・3歳の頃に作りました。
どう考えてもヨカちゃんの雰囲気ではない 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

 

| | コメント (0)

2020年6月23日 (火)

LEDと競争



土・日に平凡一家が来ていました。

Dsc06670

キッチンの蛍光灯が切れたのでLEDに付け替えてもらいました。
あっかるいのね。
あたし、アジャスター?アダプター?だか、何だかをつける工事がいるのかと思っていたら、普通の取り換えでいいのですってね。
我が子を信じていないわけではないけど、そのうち火を噴くのじゃないかと心配です。

 

真綿嬢はエアコンの内部・フィルター・吹出口のカビ強力除去処理をしてくれました。
これも、業者さんに頼まなくても家庭で出来るのですね。

ありがたいことです。
息子夫婦に手を合わせます。南無阿弥陀仏。
ちょっと、違う?

あ。ついでに扇風機も5台出しておいてもらえばよかったわ。
ヨボヨボの振りをして・・・。

 

平凡氏が「LEDは15年持つからね・・今度つけかえるときは・・」
と、言って、言い淀みました

皆まで言うな。おっしゃいますな。

それまで意地でも生きてまんがな。

実は切れた蛍光灯も取り付けたのは2005年なので、15年の寿命だったという事になります。
優秀やん!

何だか、人生も秒読み態勢に入ってきたんやな・・
と、わたしはおもっていませんよ。

 しかし
息子は絶対に思ってるな!と確信しました。

  

 

   「短夜の仕舞ひ忘れし醤油差」
ミジカヨノシマイワスレシショウユサシ)季語/短夜・三夏

 

 

短夜の感慨と人生を こじつけてみましたの(蛇足)


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2020年6月22日 (月)

友を以て鏡となす



夫の祥月命日だったのでベベちゃんから電話が掛かってきました。
友人の中で一番の「飛んでる」子。
何といえばよいのでしょう。ヤンチャというか・・
悪魔の方向にぶっ飛んでる(若い頃よ)
関西弁では「エライ子」 という事になるのですが、ニュアンスがお伝えしにくい。

あの、温厚で大雑把な夫・ひっちゃんでさえ
「もう。べべと付き合うな!悪に染まる」といったくらいです 

私達は中学校の同級生で、特に親しくなったのは18歳の頃から
で。今日に至る。
愉快な思い出が山のようにあります。
若い頃の彼女の口癖は
「わたしら、どっちかが男やったら、絶対にけっこんしてるな!」
でした。
それくらい、仲が良かった。

    

彼女は、夫の命日に欠かさずにお供えを送ってくれました。
七回忌を機に「今ままでありがとう。これからは気持ちだけいただくから」と言いました。
それ以降は毎年忘れずに電話をくれます。

もし、立場が違えば、自分がそんな気遣いが出来るかどうか自信がありません。
友人本人ならば、私も「ああ、今日だな」と覚えてはいますが。

    

母や夫がよく言ってくれていたように
私は、友達に恵まれている・・とつくづく思います。

「10:30にお寺さんが来はるねん」
「ああ。そうやろな。と思って早い時間やけど電話してん。ひっちゃんによろしくね~~~」

夫が「もう。べべと遊んだらアカン」と言ったことは内緒です。
いえ。もし言っても
「あはは。そら。そやな~~」というと思いますが。

Img_2617
(べべちゃんの帽子)

 

   「よき友と鉄道の旅ビール酌む」
(ヨキトモトテツドウノタビビールクム)季語/ビール・三夏

 

年に一度は旅行しような・・と言っていたのに諸般の事情で、もう行けなくなりました。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


・・・・・・・・・・・・

テンプレートを変えてみました。
もう、これでエエやん。という気持ちです。
本当は初期に戻したいのですが昨年3月のココログリニューアルから、戻せない状態になりました。
NIFTYに要望を出していましたが一年三か月たっても修正されないので
もう、これでエエやん。です。
前ブログは「初期設定」⇒「リニューアルによりヘンテコリン」のままですが
ブログを始めたころの雰囲気が残っているのでそのままにしておきます
(↑↑ 備忘録です)

| | コメント (4)

2020年6月 3日 (水)

おしるしシールはパイナップル



Dsc06449

お兄ちゃんの入園式の時
お母さんのおなかにゐたヨカちゃんが

何と!この度

見事に!Img_6458_20200607103201

ご入園の運びと相成りましてございます。
パチパチパチ

入園決定からこの日までわずか5日。
レッスンバッグ。上靴入れ。お座布団。・・etc
お母さんはフル稼働でミシンを踏みました。

入園辞退が相次ぎ顔面蒼白だった教育委員会もホッと一息
すべて、補欠ヨカちゃんの力です。

Img_6467_20200607103601

 
担任の先生にお名前を自己申告
「ヨカちゃんですっ!」はっきりと言えました。

Img_6470

お兄ちゃんや、バギーに乗って登園に付き合っていたヨカちゃんの事を覚えて下さっている先生が大勢いらっしゃって
本人(ヨカ)も初めての場所ではない気がしているのでしょうか、とても落ち着いていました。

お式は15分位。ようちえんの歌 もテープが流れました。
明日から週二回くらいのペースで登園が始まります。
園内ではマスクを外して過ごす方針だそうです。良かったね。

Dsc06436  Img_6473  
お兄ちゃんの入園式の時と同様に「ウサギ小屋」の前で記念撮影
兄は4歳児クラス。妹は3歳児クラスでの入園ですが
ヨカちゃん。メチャでかい。威風堂々
「どこからでも、かかっていらっしゃいっ!」みたいな・・・

 

 

  「青鷺や園児の通る石の橋」
(アオサギヤエンジノトオルイシノハシ)季語/青鷺・三夏

 

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

 

| | コメント (3)

2020年5月29日 (金)

時季外れのサクラサク



突然ですがヨカちゃんが幼稚園生になることになりました。
昨日急な連絡があり本日面接にいきます。

今回の新型コロナ感染拡大による登園自粛で
入園の決定していたお子達が次々と入園を取り消したり
他の開園している幼稚園に移られたりで

補欠ナンバー⑪ のヨカちゃんに順番が回って来たのです。
11人ごぼう抜きです。
なんという快挙でしょう!

待てば海路の日和あり
果報は寝て待て
棚から牡丹餅

この言葉をヨカちゃんに教えてあげようと思います。

3歳で幼稚園に行かなくてもエエやん。
抽選で外れたとき、そう言って慰めましたが
矢張り、嬉しそうです。

入園式は6月1日 ああ忙し
赤飯も炊かんならんし・・
アタクシ?行ってくれと言われていますのでね。まあいきますよ入園式。
もしかしたら一家族一名様でと言われるかもしれない。
それはそれで仕方ないわね。アタシの子じゃないし・・・

本人も、とっても嬉しそう。行く気まんまんです。

が・・・・・・・下半身問題

どうするんやろ・・クリアできていない・・

ま。エエか!

M_20200529100201

 

 

  「母の指固く握りて入園す」
(ハハノユビカタクニギリテニュウエンス)季語/入園・仲春

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2020年5月19日 (火)

北の国から



 

  「見上げてはおおと声挙げ朴の花」
ミアゲテハオオトコエアゲホオノハナ)季語/朴の花・初夏

 

初夏を感じさせるほおの花。山道に朴の落ち葉を見つけると必ず見上げる。天に向かって伸びたその先に夢のような「ほおの花」

 

 

札幌に住むお姉さん(赤の他人)から電話が掛かってきました。
「おたまちゃん?  ちょっとたんねたい(質問したい)ことあんねんけど」

昨年の今頃、(マレーシアに永住するはずだったのに)
急遽、北海道に移住したM原さんです。

「北海道 どう?」(オヤジギャグのつもりのアタクシ)
「最高やで 」
「コロナどう?」のつもりで質問したあたしが甘かった
M原さんにマイナス思考はない。

 

兎に角、食べ物が美味しいねん
街がきれいし、便利やし
人がものすごくええねん。優しいし親切。
お友達もいっぱい出来たよ。昨日は山菜を仰山、貰うた。

なんで、やさしい人ばっかりか、私、考えてん。
あれは、喋り方やな。みんなおっとりしゃべりはるねん。ええで~

雪?降るで~きれいやで~
コロナ騒ぎのときに雪まつり3回も行って来てん。顰蹙やろハハハ
でもこっちの人、雪がメチャ少ないって言わはんねん。ワケワカメやろ

夏?涼しかったよ。やっぱりこっちに来てよかったわ。
わたし、暑いの苦手やんか?(なぜ、マレーシアに行こうと思ったのかワケワカメ)
でもな、みんな暑いι(´Д`υ)アツィー って言うてはったわ。
アタシの体、まだ「兵庫仕様」やな。ハハハ

え?5年したらそっちに帰るって?そのつもりやったけど
いや、もう・・ずっとここがエエわ。ここに居る。居させてもらう。

玉(球)?よう飛ぶよ。ゴルフボールもボーリングの玉も。ハハハ

   

一方的にしゃべって笑って電話が切れた。
私に「たんねたいこと」ってナニやったんにゃろ・・・

   

今日のSNS

《柳行李(やなぎごうり)》・・・今は衣装ケースに、防虫剤を入れて密閉するけど、真逆の考え方なのね。風を入れた。
押し入れの下の段にはいっていた。蓋をひっくり返して乗り物ごっこで遊んで叱られた
本ではサザエさんが夏服をとりだしている(衣替えシーズン)

《荷札》・・・「宛先」などを書いてある札。上の穴に細い針金がついていた。わたし「エフ」って言ってました。
↑↑柳行李に荒縄を掛けて荷札を括りつけて荷物の出来上がり。ダンボールは無かったのね(1951年)

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2020年5月13日 (水)

ほらほ~ら さくらんぼ



新型コロナウィルス感染の影響下にあって超多忙を極める流通業界。
取るに足らない、皆様のお役には立ちそうにもない私ごときに、せめて出来ることと言えば
物流の現場に従事される方がたの足を引っ張らないこと。
だから、新潟から毎月配達してもらうお米が着くころは
決して「再配達」などというお手間をとらせないよう
家に居るのはもちろん。全神経をインターホーンに集中しております。
配達のお兄さんが「ギョッ!」とするくらい素早く応答しますねん。

 

そんな舌の根も乾かぬうちに矛盾したことを申しますが・・
矛盾 ご存じですね。
「ギャンブルの依存症対策をうたいつつIRを強力に推し進めること」です。
パチンコは依存症だ!とどの口が云うねん。どこぞの首長さんという意味です。

あ。ちょっと興奮しました。もとい!
舌の根のはなしでした。
母の日 ですよ
わたくし、おとなしくしているけれど決して忘れてはおりません。
「何か、欲しいものあります?」
真綿嬢が敏腕新聞記者のようにメモと鉛筆を片手に聞いてくれました。
彼女は毎年ケーキを買って来てくれる(そしてご自分がより多く召し上がる)のですが、今年はお出掛けを控えたようです。
この機を逃してなるものか。間髪入れずに答えました。
「ある!」

   
それが4月の終わりの事だったのですが、このご時世なので5月27日の配達になるそうです。
明星氏からも電話があり、5月19日着でプレゼントが届くからとのこと。

ホント、申し訳ないです。
配送の関係者の皆様。
ワタクシこの日は朝からインターホーンに耳をくっつけて待っていますのでよろしくお願いします。

Img_6438

   「家籠りの卓に到来さくらんぼ」
(ステイホームノタクニトウライサクランボ)季語/さくらんぼ・仲夏

 

ご近所友がお庭で採れたサクランボを持って来てくれました

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧