ボーカルレッスン

2019年7月10日 (水)

あなたを絶賛応援します



悲しみというものは
誰とも分かち合えない。

その悲しみが誰にも分って貰えない。ということではなく
自分の悲しみは自分で引き受けるしかないということだ。

(今日は、朝から深いこと言うてまっせ!ついてきて卓袱台)

なぜならば、その悲しみは自分が作りだしたものだから・・
だから、誰にも代って貰う事はできないのだ。

ならば・・と私は考える。
この辛く苦しい時間。底の無い悲しみから抜け出すには
「悲しむことをやめればいいのだ」

 

明日に架ける橋を今レッスンしてますの。
「ボーカルレッスンのカテゴリー」の前の前に詞の内容をご紹介ずみざます。

自分にとっての身を投げ出してもいいという相手は誰なのか
考えて来てね。と言われました。

友人・恋人・親・兄弟・配偶者・子ども・ペット・
もし自分が教師なら生徒。 逆に尊敬する人や師。
人物ではなくても、芸とか技能とか・・組織とか思想

B

 

人生には困難や悲しみに立ち向かわな、あかんときが必ずあるけれど
己で始末をつける以外に術はないと思っている。

でも、困難に直面しているとき
先の見えないトンネルの中にゐるとき
誰かが傍にいてくれる。黙って寄り添ってくれるなにか・・
人でもペットでも自分自身の指針でもいいのだけど。

それが確かにあった。
と、じぶんのささやかな人生経験から確実にそう思える。
そして、自分がもしかしたらだれかの「なにか」であったら嬉しい。


この歌をレッスンしながら
あたし「激流に立ち尽くして誰かの身代わり」になんかなれないわ!
って、ずっとおもってたけど

まあ。そんな感じでエエんちゃう?
と、ゆ~るくおもふ、けふこのごろ・・・

  


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (4)

2019年7月 9日 (火)

プリーズ・プリーズ・ミー



基本、まじめな昭和人。われらが「どんじゃらほい」
只今、血のにじむようなレッスンに日々ガンバっております。
鳴いて血を吐くホトトギス。トウキョウトッキョキョカキョク。

 
オープニングに最もふさわしい曲はなんじゃろ・・・
(あ。秋のコンサートのことです)

約二名(アタシとK夫ちゃん)の強烈な押し推しで
「プリーズ・プリーズ・ミー」に決まりました。
1963年ビートルズの二枚目シングルとしてリリースされた
どっぷりビートルズエイジの「どストライク」ナンバーです。

 

個人的にはこの季節、ビートルズの初来日を思い出すわけですわ。
梅雨の教室。水色のレインコート・・・
あのころは、シンプルで、ノリが良くて、覚えやすい・・ので
好きだっただけのような気がします。
この歳(36歳)になってビートルズを聞き直すとその魅力が再認識されます。
シンプルなのに複雑。思いがけない和音にコード進行。奥が深いです。

Img_2708

 

この曲「ハーモニカ」が入るのね。
出だし二つ目、「ド」と「シ」
初っ端から不協和音のようなひっかかりで音がおりてくるのだけど
それがハーモニカの音っぽい(個人の意見です)
もう。そこから好き  
ジョン22歳。ポール20歳。リンゴ22歳。ジョージ19歳。
二曲目にしてすでにビートルズサウンドが確立されている。
どない思わはります?奥さん。 この完成度。

この才能とセンス。開いた口がふさがらない(使い方間違ってる)

 
彼らのハーモニーはそれぞれが全く別の独立した曲といえます。
そして、それを重ね合わせると、あら不思議。最終的に
独自のオリジナリティ(おんなじことか)
彼らにしかない美しいハーモニーになるのです。

だから、パートごとに練習しても楽しい。

ああ。もう・・これで つかみはオッケー やわ。

歌詞の内容は
昨夜、彼女に言ってやったよ。
も~いっつも、僕ばっかり、すっきや好きやって言うてるやん
たまには自分(君)から言うてくれてもエエんとちゃうか?
頼むわ。お願いやから、僕を喜ばせてよ

みたいな?

・・・・・
ポール70歳の「please・please・me」をYouTubeで見ました。
ああ。こんな歌い方でええんやな。

ノリだけで押し切ろうとしていた自分を反省。

   


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (5)

2019年6月15日 (土)

「明日に架ける橋」

 


自分のことが一番好きで、自分の事しか考えていないワタクシにとって
この歌は、信じられないくらい荘厳に光り輝いている。
まぶしいったらありゃしない!

「明日に架ける橋」Bridge Over Troubled Water
 サイモン&ガーファンクルというユダヤ系の心優しい二人の青年が
1970年に発表したこの曲は、その年のグラミー賞6部門を受賞し、彼らの最大のヒット曲となった。

 

 
 

君が疲れ果て、途方に暮れ、涙を浮かべていたら
僕がその涙を拭いてあげよう

僕はいつも君の傍にいるから
辛いとき、友達もなく、君が激流に立ち尽くす時は
この僕が橋となって、君を救い出してあげるよ

もし君が挫折し、希望を失い一人街をさまよう
そんな辛く寂しい夕暮れを迎えたときは
僕が慰めてあげるよ。
僕は必ず君の味方だ。

激流にかかる橋のように この身を投げだしてあげよう。

 
 

去年「スカボロフェア」をやったのね。
(あ。ドンジャラホイの話です)
それが、なかなかで(というのも楽曲が良いからなんだけど)
好評に気をよくした先生が、
今年もサイモン&ガーファンクルで二匹目のどぜうを!
っておっしゃるのですよ。
しかも、凝りに凝ったコーラスアレンジを自分で作ってきはった。
三部混声です。
ウチラの実力わかってるはずやのに・・・

英語覚えるだけでも大変やのに(そそ。他にも覚えなあかんのが仰山ある)
曲の心 ・・これ大事!って言わはります。

あーた。自分の事しか考えていない人間に歌えますかねえ。
他のメンバー見渡してもあたしと似たり寄ったり(人間性が)やと思います。

 

自分の人生を振り返ったとき、
親・兄弟・夫・子ども・友だち・・もろもろに対して
身を投げ出そうなんて思ったこと、これっぽっちも無いです(キリッ!)

夫は他人やし。
あほ抜かせ! 馬鹿おっしゃい。てなもんですわ。

よく、子どもの為なら何でもできる。と言う人がいます。
母親だもの・・・てか?
物理的に守るべき存在である時期は生物学上、守ってしまうというのはあると思う。

でもデカくなった我が子を「愛してる」なんて・・
それって、究極の自己愛なんじゃね?と私は考える。
口ひねったろか!あんたは自分が好きなだけなんだよ。


・・・・ああ。こんなことばかり書いてたら、
せっかく「おたまちゃんって、中身も外見も美しいのね」と思って下さっている皆さまにがっかりされてしまいますわね。


だれも、そんなこと。

はなから思うてへんてか!・・・さよか。

ま。とにかく。それですわ。(中途半端にまとめる)

 

おお。こんな気持ちでこの歌に立ち向かってよいのでせうか。
サイモン&ガーファンクルかて、幼馴染でずっと仲良しやったのにこの曲作った後から離れてしまう。
お金がらみなんじゃね?と心の汚れたあたしは思う。じゃなければ名声。

あかん。あかん。考えれば考えるほどズブズブだ。

そして
自分は身を投げ出すわけない!とか言いながら、きっとひっちゃん(夫)は身を投げ出してくれただろうと思っている。
いや。思いたいわね。
あたし前に言ったかしら。私が救急車で運ばれたとき、彼はご飯のおかわりしてたって・・。
ま。いいけどね。

兎に角。頑張って曲を仕上げます。エエ人の仮面をかぶって。

 

「君の友だち」「ローズ」「ヘイジュード」そして「明日に架ける橋」
最近のドンジャラホイって人を励ます曲ばっかり歌ってない?
こっちが、励ましてもらいたいわ!

(曲をもっと深く知りたいあなた様に耳打ち)
3番の Sail on silver girl / Sail on by 
さあ、立ち上がって!(無限の可能性を持つ少女よ) 前に向かって進むんだ!

と言う感じで訳されていますが、silver girl って何を指してるんだろって思いませんか。
我々は、「船」かな?と思っていました。女性に例えられるので。
舳先に立つシンボルみたいな・・船をこぎ出そう!って。
検索しても答えは見つかりませんでした.。 が

実はsilver girl はポールサイモンの妻であると彼自身が語っているのをウチのメンバーが聞いたそうです。
グレイではなく光り輝くシルバー

ほら!見てみ。ひっちゃん。よその旦那さんは奥さんのために激流にかかる橋になるって言うてはるで~~

 

しかしながら、この歌を聞く人、歌う人は自分に引きよせてどんな解釈をしてくれても良い
とも、彼は言っているそうです。
又 Bridge Over Troubled Water とは聖書に出て来る言葉であり
この曲はそれが土台になっているということでした。

そっかあ。神様ね。神様ならきっと守ってくれはる。味方になってくれはる。うん。

    


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2019年6月 5日 (水)

サンホセへの道



大きなニュースが飛び込んで参りました。
iTunesが廃止され三つのアプリに分割されます!
6月4日Apple社が年次開発者会議(wwdc)で発表したそうです。

なあんてね。

何言ってるんだか えへへ(〃´∪`〃)ゞ

あたしはよく解ってないんだよ(おおいばり)
注目したのは、この、なんたら会議の開催された場所です。

カリフォルニア州サンノゼ

  

ドンジャラホイでは今、次から次へと課題が出されておりまして
まあ。そこから目鼻がつけば、コンサートの発表曲にしようか。といふ先生のお考えですねん。
その中の一曲が「サンホセへの道」です。
ボサノヴァですわ。おっ洒落ですわ。軽快ですわ。
そして、英語覚えるの大変ですわ。
舌がもつれて蝶々結びできそう。

そもそも。サンホセってどこにある残暑(はまだまだ暑い)
メキシコかなあ。きっと中南米方面やで~とみんなで言うておりました。

ちゃいますねん。⇑ ⇑ ⇑ さいな!(そうです)
カリフォルニア州サンノゼ のことですねん。
(サンホセって日本読みなんだって)

世界中のIT企業が集まる情報通信産業のメッカ。
 シリコンバレーってあなた様もガッコで習ったでしょ。
あ。そうかそのころは「半導体のシリコンバレー」やったな。
そこにサンノゼ=サンホセがございますのよ。

  

サンホセに住む女の子が夢をかなえるためにLAに行きます。
夢って。そりゃまあ、「スター 」だわね。
彼女、努力はしたと思うのよ。たぶんね。
でも疲れ切っちゃう。

二週間やそこらでスター 
になれると思っていたのに
瞬く間に数年経っちゃった。

車買って派手にLAの高速道路をぶっ飛ばしてるはずが
ガソリンスタンドで働いてたりしてね。

夢を追っているときは孤独なんて感じなかったのに
夢は塵のように飛んでいき友達も去り、あたしは一人ぼっち。
さあ。車に荷物を詰め込んで、
あたしはサンホセに帰るのよ。        

生まれ育った、心の休まるふるさとにね。

  

こんな内容の歌なんですよ。彼女の未来を応援したいわね。
では。皆さんご陽気にどぞ。歌詞でます。

サンホセへの道・ディオンヌ・ワーウェイク
「雨に濡れても」で日本でもおなじみのバートバカラックの作曲です。
ちょっと、奥さん。聞いた?
彼はデートリッヒの恋人だったんだお~

      


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2019年5月19日 (日)

It's Only a Paper Moon あなたが信じてくれるなら



母の誕生日に母の夢を見る。これで2回目です 

夢の中の母はまだ50代で、
今から、北海道のお友達のお葬式に出かけるといいます。
(現実には北海道にお友達はいませんでした)
航空チケットをみせてもらうと、もう時間がありません。
私が空港まで送らなきゃという事になるのですが、ピカピカの自転車を持って行くというのです。
いつのまにやら私の車は2tの軽トラックになっていて、母と(なんと)母の母が二人で自転車を運んで載せます。
おばあちゃん!ひさしぶりやわ。
やっぱり、北海道は広いから自転車は要るわねえ。と話しています。
荷台にはぐっ坊が乗っていました。

夢っておもしろいですね。
作り事。嘘。偽物・・・

  

ドンジャラホイではジャズスイングを勉強するため
「フライミートゥーザムーン」をレッスンしていますのよ 
と、先日申しましたが、実はもう一曲レッスンをしています。


偶然の「お月さま」つながりです。
  「イッツ・オンリー・ア・ペーパームーン」
   It's only a Paper Moon

歌詞の中には、作り事。嘘・偽物・・が出てきます。
紙のお月さま(paper a moon)のようなね。



アビー・ガードナーというNYを中心に活動しているギター奏者&シンガーでどぞ。
まだ30代だけどなんかヴィンテージ感があって好きです。
0.54~素敵な歌声入ります。

  

ただの紙のお月さま
段ボールの海に船をこぎ出す
ただのキャンバスの空
布きれ(モスリン)がぶら下がっている木

信じられないわよね。それが本物だなんて!
でももし信じてくれたなら・・

honky tonk (からさわぎの)パレード
penny arcade(ゲームセンター)で流れるメロディ
それらBarnum and Bailey(サーカス)の世界が
偽物だとしても

あなたが私を信じてくれるなら
どんなに幸せかしら・・

   

軽やかで明るくて、お洒落で・・ほんと、幸せになれる曲です。

この曲は1933年に作られ多くの人に愛されてきました。
1973年ライアンオニール。テータムオニール親子による
映画「ペーパームーン」では1933年当時の演奏がそのまま使われたそうです。
1935年のアメリカ中西部を舞台にモノクロの映画でしたので、
古い映画のように錯覚してしまいます。
私はたぶん、日曜洋画劇場で見たのだと思います。

・・・  ・・・・・・・・ 
ささ。早く曲をマスターして、十八番にしなくっちゃ。うぷ。
あ。それと「モスリン」って英語だったのね。
モスリン・・モスリン・・懐かしい響き 

 

作り事でも、偽物でも、 夢の中の母と祖母は、なんだか元気そうで良かったです。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2019年5月15日 (水)

お月さん今晩は・Fly Me to the Moon



戦争に負けたから言うわけじゃないけど
やっぱりアメリカ合衆国って凄いと思う。
なんちゅうても粋でお洒落やわ。

地球史上、初めて  
人類が月へ持って行った曲が

「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」

っていうやないですか!

ケネディ大統領が「月へ行くぞー」と発表し、アポロ計画を始動させたのが1960年代の幕開けであり
1969年遂に人類は月に降り立つ。
この時アポロ11号から流した曲が

  「Fly Me to the Moon」(私を月へつれってって)

 

くやしいなあ・・
我が国に金と力と能力があったら・・
・・・・・・
・・・・・・

藤島桓夫(愛称:おぶさん)の「お月さんこんばんわ」やったかもしれん。
〽憎いあのこを 恨むじゃないが~~

  

で、その フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーンを今、練習してます。
ジャズスウィングも身に付けなくっちゃね。との先生の親心で取り上げてもらったスタンダードナンバー。

嬉しくて、涙がちょちょぎれそう。
あたくし、もともと「ジャズボーカルのレッスン」だと思って練習生になったんだもの。
現在「ドンジャラホイ」で50・60’s ポップスを歌って踊ってるなんて・・
軌道修正無きままに本日に至ったまさかの自分が情けない。

  

お月さままで連れて行って
お星さまたちと遊ばせて
木星や火星にはどんな春がくるのかしら・・

何が言いたいか?って
私の手を取って優しくキスしてほしいのDarling

この心を歌でいっぱいにしてほしい
そうすればずっと歌ってられる
あなたは私のすべてよ
そう。あなたに憧れてるの。

何が言いたいか?って
裏切らないでってこと。
つまりは
愛してるってこと。

  

ろ・・・ろまんちっく  や~~~~

アポロ11号で月へ到達したのはフランクシナトラの歌声だったそうです。
60年代といえば、彼はジャンジャンバリバリだったのですね。


愛され続ける名曲にふさわしく、いろんなジャンルのいろんな方がカバーしています。
YouTubeで聴き比べ ると 楽しいな~~。
いいなあ。と思ったのは意外ですが ロッドスチュワートでした。
多分50代の歌声。しっとりと優しくて温かみがあり、渋い です。

コチラでは圧倒的な歌唱でド迫力のトニーベネットをどうぞ。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2019年5月 9日 (木)

Hay Paula ヘイ・ポーラ


 


カップルがいます。
男の子の名はポール。女の子はポーラといいます。

二人は学生どうし。
もうすぐ卒業なんです。

この日が来るのを待っていた二人です。

 

ねえ ポーラ 君と結婚したいんだ
  ねえねえ ポール あたしも結婚したいわ
  君じゃないとだめなんだ 卒業が待ち遠しかったよ
  二人の愛はいつまでも変わらないわ 私の大好きな人

  本当の愛って二人で一つの人生を考えること
           いつも一緒にいること
    二人の願いがもうすぐ叶うのね
    私の恋人 大好きな人

 

      じゃか~し わい  

なんと、じゃらじゃらじゃらじゃらした歌だ。
それを今練習ちうです。

(1962 唄Paul & paula)

とりあえず俳句作っときました。

  「夢多きポール・ポーラに月朧」 おたま

お幸せに~~~

  

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2019年2月17日 (日)

愛は花 君はその種



いま、ドンジャラホイでは「ROSE」を練習しています。
1980年にリリースされたベッド・ミドラーの名曲です。

大体やね、うちらドンジャラホイは、基本50’・60’ポップスをメインにやりましょう。というグループなのですが、
若ぶりたい奴がおりまんねん。かないまへんわ。
どうしても、やろうと申します。
何処が、かなんかと言うと、スローバラードですねん。
人に聞かせる歌ですわ。

私らの歌が人に聞かせられるのか? 

まずそれが一点、次に
スローってことは、発音の駄目駄目ぶりがバレバレですわ。
ズンチャカズンチャカ誤魔化すわけには参りません。

エエ曲ですねんよ。
私が初めて教えて貰ったのは、なんとここ(ブログ)でした。
ハイビスカスさんのコメントだったわ(ハイビちゃん元気~?)

そしてこの歌がジャニス・ジョプリンをモデルにした映画の主題歌だと知りました。
酒と薬に溺れた天才ロッカー。切ない慟哭の歌声。
うちらと同世代の人ならよくご存じでせう。
私は彼女が大好きでした。

曲の最後の最後に「the Rose」 とタイトルが出てきます。
きれいな詞ですので、お時間があれば見て下さいね。

ところで
       「愛」

という言葉。どない思わはります?
日本人に非常に使いづらい言葉。こなれていないというか、日本人の概念とすり合わせるのが難しいと私、未亡人おたまは思っています。

「愛してる」なんて言う人、信じられます?
なんかペラッペラやな こいつ!っておもいません?
軽っ!って。

言われたこと? 

      ありませんわ 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (8)

2018年12月23日 (日)

ごめんなさい



昨夜は「どんじゃらほい」(私たちのボーカルグループ)の
クリスマスコンサートの前哨戦の「ミニ。クリスマスコンサート」でした。

お客様は30人ほどの小さなお店で歌いました。
歌いました・・歌いました・・

ウソ・・・・ガナリたてました。

「迫力があって良かったよ」
と言われました。

それって、歌以前の問題やん。歌の事には触れないように褒めるって、高等なテクニックやなお客さん。
メチャ、落ち込んでいます。

ま。とにかく、「迫力」で聖者を町に呼び込むことには成功したと思っておきます。

で。今日は平凡一家とお昼にクリスマスパーチーをして、ゆうがたから「現場」へ行ってきます。一家もあとから見に来るそうです。
いたたまれないといっています。ほっといてくれ!

Img_1735
イエス様。
静けき真夜中を迷走する。われら羊飼いをお赦しください。

みなさんが喜んで下さいますように。

メリークリスマス!


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2018年12月16日 (日)

すごいですね!



ワタクシは、身の程はわきまえているつもりだし、力不足も十分承知しています。
だから、自信のないところは「口パク」です。
それの方が少なくとも迷惑がかからない。
もちろん努力はします。自主練の鬼です。
それでもって「よし!」となってから自分にGOサインを出すわけですわ。

自分が迷惑をかけていないからと言って他人様を糾弾するつもりはないのです。
ないのですが・・・・・

ちょっと、待ったらんかい!と私は申し上げたい。
みんな、なにか勘違いしていない?
自分が「どんじゃらほい」を背負って立っていると思ってる?
そんなにでかい声張り上げなくてよろし。
音間違うてるで。リズムに乗り切れてないで。
人の声を聞こうよ。
なんでそんなにゴーイングマイウェイやねん。

てんでんばらばら やん!

昨日はピアノの先生との音合わせがありました。
プロのジャズピアニストです。

そんなの そんな方をを呼んでくるな!
と、関係者に申し上げたいけど、時すでに遅し。

カッコ良すぎる。もう、歌わずにずっと聞いてゐたい。
歌ってる人間が言ってるのだから観客各位はなおさらでせう。

でね。ピアノが上手いと、自分らも歌えてると錯覚するのよね
実は愚かなワタクシもそうでした。
で、家に帰って「録音」を「再生」しました。
(偉いぞおたまちゃん。素晴らしくスマホを使いこなしております。)

モ~イヤヤ。泣きたい。実際涙が出ました(笑いすぎて)
し・・・しどい・・非道すぎる。

レッスンが終わって、ピアノの先生から
「みなさん。リタイアされた方ばかりですか?」という質問あり。
「はい。ほぼ」

すごいですね

⇑ ⇑ ⇑

この「すごいですね」をボジティブに捉えられるみんなの
気がしれん。
人間って「こわいもの無し」という境地に到達するんやね。
なんで、そんなに自分に都合よく物事をとらえるのか?

もっと自分を知ろうよ。
私はこの録音をみんなに聞かせるつもりです。(キッパリ)

みんなは気が付かなかっただろうけど、先生、
「凄いですね」の後に「ふ」っていわはったよ。
私は聞き逃しませんでした。

後、一週間しかないよ。クリスマスコンサート。

Dsc06131


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

より以前の記事一覧