ボーカルレッスン

2018年4月12日 (木)

ヘイジュード・優しく励ます


baseballbaseball


スカボロフェアと同時進行で練習しているのが
ヘイジュード です。

今更言わなくても世界中の人が知っている、ビートルズの名曲です。
最高に愛されている楽曲ではないかと思うんですよ。
アタシはレットイットビーが好きなんだけどね。

ドンジャラホイ(ウチラのグループ)が出来た頃、ビートルズ(特に初期の)は必ずやろうねheart04ってハナシでした。
何といっても発起人のHさん。やり手のポール。ごり押しのおたま。この三人がビートルズ押しだったのです。
7人のうちの3人。しかもこの3人だよ(イェイ!)
我が世の春でしたscissors

しかしながら、Hさんが諸般の事情で引退。ポールが病に倒れ。残ったのがきれいなだけのワタクシ。
今では倍の人数になったドンジャラホイですが
あとから入った人ってさ。ここだけの話

 ロッケンローラではない。  ロック魂はどこにあるんだ!

(ちょっと中略)

ということで、久々のビートルズですねん。

clover

ジュード とは ジョンレノンの長男を指すといいます。
レノンと前妻が上手く行っていなかった。離婚することになった。
当時5歳のジュリアン(ジュード)に

「落ち込むなよ。きみの取るべき行動は君の中にあるんだよ。
心に受け入れるんだ。そうすれば全てよくなるさ」

と、彼をとても可愛がっていたポールマッカートニーが語りかけます。

優しく。包み込むように。

clover

5歳。
立派な大人です。
大人達のように無駄な言葉を持っていない。表現できないだけで、
その心の震えは大人以上に繊細です。

何て素敵な歌なんだろうって思いますわ。
何て素敵なポールだろうって思いますわ。

130428_042
(タンポポさんに励まされる)

clover

誰かを慰め。励ます。
そんな人に私はなりたいupwardright
いや。その前に
慰め、励まして欲しいupwardright

ちょっと、弱ってますねん。最近。
ゴホゴホ。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (3)

2018年4月 9日 (月)

スカボロウ・フェア


baseballbaseball


オリジナルはスコットランドで古くから歌われていた民謡である。

歌詞は非常に難解でまる禅問答のようだ。
各地からスカボロウの市場に集まって来た吟遊詩人たちが歌い継いできたという説がある。

若者がかつての恋人に、とうてい不可能な仕事を要求する。
もしそれが出来たら再びよりを戻そうと歌う。
彼女も又、できもしない要求を彼にし、それが出来たら希望の縫い目のないシャツを作ってあげようと答える。

印象的なフレーズが出てくる。4種類のハーブ(薬草)
パセリ・セイジ・ローズマリーそしてタイム

数世紀にわたり歌い継がれる間に時々の社会の出来事(疫病など)や別の民謡などと混ざり合いこのフレーズが生まれたといわれている。

note

この不思議な感じのする、美しいメロディを
我々はサイモンとガーファンクルで耳にしている。
リリースは1966年。ベトナム戦争の真っ最中である。
彼らは従来のメロディを追いかけるように反戦の歌詞を織り込んだ。
これは宗教音楽の手法にあるそうだがこの部分が特徴的であり、非常に美しい。

On the side of a hill in the deep forest green
緑深い丘の斜面に
Tracing of sparrow on snow-crested brown
雪に残ったすずめの跡をたどって山頂へ
Blankets and bedclothes the child of the mountain
山の子どもは毛布と寝具にくるまって
Sleeps unaware of the clarion call
鳴り響くラッパの音にも気づかず眠り続ける

On the side of a hill, a sprinkling of leaves
丘の斜面に木の葉が散って
Washes the grave with silvery tears
銀色の涙が墓を洗う
A soldier cleans and polishes a gun
兵士が銃をきれいに磨いている

War bellows, blazing in scarlet battalions
戦いの大砲が鳴り響き 緋色の服の大群は炎に包まれる
Generals order their soldiers to kill
将軍は兵士たちに「殺せ」と命令する
And to fight for a cause they've long ago forgotten
とっくに忘れてしまった戦う理由
それでも「戦え」と命ずる

note

といふことで、ウチラは3部に分かれて練習だあ。
上手に歌えたらお慰みだよ!お立会い。

note(余談)

この曲で何故か思い出すのはDEDEさんだ。
1960年後半~70年代に関西に居られた方覚えておられますか
川村龍ー(当時:川村尚(ひさし))愛称:でで

UHF局であるKBS京都「ポップスインピクチャー」でDJをされていた。
名DJだった。本物だった。
KBS京都は海外アーティストを映像で流すという今では当たり前のことを日本で初めてやってのけたんだよ。日本洋楽ビデオ番組の始まりです。レコードジャケットや雑誌でしか知らなかったアーティストが動いてるhappy01
(関係ないけど24時間テレビを最初にヤッタのもこの局です)
で。ウチラの兄貴のようだった、ででさんのDJはとにかく温かかった。

ポールサイモンとアートガーファンクルという心優しい二人の青年が生み出した数々の名曲を紹介した、その日の名調子を今でも覚えています。
1943年生まれ。残念なことに2012年に亡くなっておられました。

note
では最後にオリジナルよりも
ミラクルハーモニーだ!とコメントにあった↓コレ貼り付けておきます(どないやねん!)後半1分特にきれいですよ。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (5)

2018年2月17日 (土)

我らがモンキーズ・Day dream Believer


baseballbaseball


もう。全く持って、おたまと同齢のお方なら、共に感涙にむせんでいただけるであろう、ところの
Day dream Bealiever デイ・ドリーム(モンキーズ)
が、仕上げに入っております。

アタシの歳。知らない?
いいんですよ。深く追求して下さらなくても。
てか。してくださいますな!

note
楽曲としては、こ難しくもなく、軽いノリの歌です
なにしろ、あ~た。この万年乙女・おたまさんのノスタルジーが掻きむしられますの。

テレビドラマ「ザ・モンキーズ・ショー」

TV録画機能とか、カセットデッキとか無い時代です。
紙と鉛筆持って、どんだけテレビにかじりついたか!
オープニングの「モンキーズのテーマ」そしてエンディングにこの「デイ・ドリーム」が流れました。
耳コピです。カタカナで必死に書き写しました。
知ってるだけの単語を当てはめて、翌日クラスメートとすり合わせですわ。
その情熱。勉強に生かせよ!って私が教師なら言いますわ。

note
もう、5・6年になるかなあ。デイビー・ジョーンズが亡くなったというニュースは本当にショックでした。グループの中で一番の人気者で小っちゃくて可愛かったデイビー。甘ったるい声で独特の
The six o'clock alarm  の箇所。マネしましたわ。
今でも、上手く歌えません。(自慢か)

彼を最後に見たのは、NHKで放映されていた「天才少年ドギーハウザー」のゲストとしてでした。
神童が14歳の医者として活躍というお話です(実話らしい)
「きゃ~~。デイビーや~~」すっかりおっさんになってしまっていたデイビー。そういう私も、その時、小学生の息子と見ていたっけ。
ちなみにこのドラマ「とんでもない」ゲストがよく出ていましたわ。
10代のキラッキラに輝くデカプリオ様とか。MCハマーとか・・

note

wikkipedhia 見て来ましたよ。
へ~そうだったのか。でございます。声の吹き替えですがな。

デイビー・・高橋元太郎
マイク・・・・長沢 純
なんと!日本歌謡界史上元祖アイドルと言われるスリー・ファンキーズの二名です。
元太郎さんはその後、長く「うっかり八兵衛」をなさいましたね。
声質がデイビーに似ているわ。うん。
ミッキー・・鈴木やすし
一番の愛嬌者でした。あのブロークン・ボイス。なつかしい。
ピーター・・太田博之
へ~~~。「時間よ止まれ!」の「不思議な少年」や!
(こんな事、書くから歳がわかっちゃうのね。エエですけどね)

そして。ナレーターは大橋巨泉さんだったのですね!知らんかったわ。

note

ああ。なつかしすぎて、なかなか歌の紹介に入れないわ。
今日は長くなるわよ。酸素を補給しながらついてきてね。

この画像は見覚えがあるのでTVで流れていたのではないかしら。
最初のデイビーの掛け合いのところも懐かしい。

note

「ぼく」は、なんと!憧れのホームカミング・クイーン(ミス・キャンパス)と同棲生活を始めちゃいました。

ぼかぁ幸せだなあ。何もかもが夢見心地さ。
でも、6時に目覚ましは鳴るんだよね。
シャキッとしなきゃ。

君は僕が白馬の王子様だと思ってるんだろ?
僕がどんなに幸せかわかるかい
一ドルだって使わずにね。僕たちの楽しい時が始まって終わる。
でも。やっぱりお金は必要だよね。

さあ。シャキッとして。Jean.
なんだか夢見心地でわかんないよ
僕(daydream believer)と君(ホームカミングクイーン)は。

note

う~ん。どういう風に解釈します?
Jean というのは「僕」ですよね。
ぼんやりしてないで起きなきゃ!と言っているのは、天の声か?自分自身にか?
彼は夢見心地でふわふわしている。
でも、シャキッと目を覚まして冷たいカミソリで髭なんか剃った時には

現実に戻る     じゃないの?

Day dream って「空想」 っていう意味だもん。
ミス・キャンパスと一緒に暮らしている
そのものも Day dream だったなんて・・・

ごめんなさい。みもふたもない ですわね。

note

耳コピで覚えているから、楽譜通りに歌えなくて苦労しました。
ええねん。
あたしは、デイビーの魂を引き継ぐのだ!


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2018年2月 2日 (金)

いつも二人 we're all alone


baseballbaseball


キエン・セラもそうですが、
先生は音楽性をとても大事にされますので
(ウチラがそれに応えられるわけがないのは置いといて)
歌の解釈に時間を割かれます。

それでもって
初めて知った意外な事実。という事が多いです。

ミスターポストマンもね。
女の子がお手紙待ってるのloveletter
で彼は遠いところにいるんです。
どこって?知らんがな ベトナムよね。時代的に。
はい。兵役についてるの。

それを知ってると知らないとではポストマンを待つ女の子になりきるアタシの心持ちが違ってくるわけですわ。ははは。

note

Img_2063

1976年ボズ・スキャッグスの名曲 We're all alone
ウイ アー オール アローン

これ、今練習していますねん。
リタ・クーリッジのリメイクでご存じの方も多いと思います。
この時のタイトルの和訳が「みんな一人ぼっち」なのですが、その前は「いつも二人」とつけられていたようです。

自分なりに「中学英語」で訳してみても
⇓ YouTubeの「訳詩」をよんでも

よくわからんのです。

どういう状況なのか、心境なのか。
しゅちえーしょん じゃなかった。シチュエーションがね。

note

こんな時のお助けマンがメンバーにゐますのよ。
ネイティブ発音が鼻につく(あたしのひがみ)T氏です。

彼の解釈によると
もう泣かなくてもいいよ
僕たちはいつも二人だよ
いつもそばにいるからね

と、いう歌なのだそうで、
その「僕」は、今は天国に居る人なの
その人がお空の上から見守ってくれている
だから泣くだけ泣いたら、全てを新しくはじめよう
って励ましてくれている。

だそうです。

ちょっと(私が)わからなかった
Neath the waves   Through the caves of hours
は、二人が昔じゃれ合って(かくれんぼ遊び)遊んだサンクチュアリのような場所
を、イメージして

Learn how to pretend
は ここが最重要なとこだそうで、
pretend・・ふりをする。 哀しみの深いところから立ち上がって
いつも笑顔でいるんだよ。

ということです。

ここに、上手く書けないけれどT氏、なかなか詩人じゃん?
お話はとても胸を打ちました(ほんまですってば!)

note

てなことで、心をこめて練習ちうなり~~~~


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2018年1月30日 (火)

僕を好きなのは誰?キエン・セラ


baseballbaseball


12月からレッスンしている
キエン・セラ(僕を好きなのは誰かな?)ですが

なんちゃってスペイン語もうまいこと口がまわるようになってきてエエ感じです(自己評価)
キエン・セラ(re) ラ(le)ケメ の二つのララも意識できとります。

これも、わが友、バイリンギャルのお蔭です。
ありがとう。
ただ。先生がびっくりしはってね。

ご自分がCD入れるときはその筋のひとから
「他の愛があるだろうか」なんて哲学的な歌の解釈を受けていたから

「今晩もどうよ!オ~ラッ!」みたいな恋のささやきだったとはimpact
目からうろこ。う~ん。肉感的!
と大層気に入られています。

いえね。これは友人の願望でして・・・。
とは。滅相も無い!言っておりませんのでね。
(以上。業務連絡でした)

note

秋からメンバーが倍増した「どんじゃらほい」でございます。
その中にこの人ら絶対勘違いしてはるわ
と思われるふしの「本格派」がヒーフーミー。

グリークラブ出身男子(直立不動)

コロラトゥーラ大得意の、変声期前のウィーン少年合唱団の声をお持ちのソプラノマダム。
ご夫婦です。

お二人とも今のところ、嫌がらず機嫌よくレッスンに来てはります。
それで、ご主人様がこのケン・セラを2部(たまに3部)に楽譜を起こしてこられました。

いやいやいやいや。頭がさがります。
ウチラ。鼻歌で「今夜もどうよ!」と調子こいている場合では御座いません。
思わず背筋が伸びますわ。(ウソ)

そんな事でなかなか苦しい楽しいキエンセラになりそうです。

note

てっぱん パンチョスではなく
へっへ。へへへへ(なんちゅう不気味な笑い)
IL DIVOが歌いあげておりますので。どぞ! 

おっとこまえがヒー・フー・ミー・ヨー
(束になってかかってこんかい!)
いい男パラダイス。

顔が良いのに声がいい。
神様って不公平。ね。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (4)

2017年12月 5日 (火)

キエン セラ


baseballbaseball


立ち直りの速さにかけては「韋駄天」の異名をとる未亡人おたまでございます。
あれから49日以上も月日は流れ、心の傷も癒えました。
というか
起きた事さえ忘れてしまっておりました。
秋の日のコンサート。

note

いえね。別に惨憺たる状況でもありませんでしたの。
その証拠に、あれ聴いた見た。と言ってザックザックと入会者が相次ぎ
今や、どんじゃらほいは倍増。14名になりました。

殿方が7名になりましたのよ。
アチクシの妖艶な魅力にイチコロ(瞬殺された)なのか。
このレベルなら自分もやっていけると勘違いされたのか。
救いの手を差し伸べようとの善良な魂なのか。

ようわかりません。

note
とにかく、リセットですばい。
振り出しに戻るですたい。

という事で新しいレッスン曲を好き勝手に出し合いました。
みんな歌えもしないのに・・・
いえ。歌えないからレッスンするんです。
好きにさせて下さい。

で。キエン セラですって。

note

日本人がおしゃべりしていると外国の人にはスペイン語に聞こえるらしいです。
(ちなみにポルトガル語ってシュワシュワ言うてフランス語っぽかった。よう知らんけど)
ならば。イケルんちゃう?
人間って年をとると根拠のない自信に満ち溢れるんですね。

スペイン語と栃木(だったけ?)弁のバイリンギャルである友人に歌い方と歌の意味を教えてもらいました。
ほぼカタカナ読みでいいらしいです。やった~upwardright

(彼女が言うには)
前の晩に愛し合った彼女に「今晩もどうよ」という唄だそうです。

へ~ そうだったんだ 「キエン セラ」

さすが、スペイン語圏で長い間生活し、耳元へ囁かれる愛の言葉で言語を習得しただけはあるよ。エンジェル。

恋人たちの素敵な「いちゃつき気分」で歌えってか!
我々。老人に・・・。

よがす。頑張って歌います。

scissors


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2017年9月29日 (金)

置いてゆく


baseballbaseball


またまた、ドンジャラホイの話題でキョーシュクです。

昨日、熱心なメンバーSさんから呼び出されました。
「ちょっと。(^^♪顔を貸して!」

自主練習をしたいそうです。
「でも。あたしは、Sさんと違うパートだからワカラン」といいました。
「わかっているはずや!」と言ってききません。

以前、「なんちゃって英語」での歌い方を指導吹き込んだので何かと頼りにされています。

「Yさんに声を掛けてみたら?」

clover

結局、Sさん・Yさんともう一人Tさん・おたまの4人が集結。
彼女達三人は同じパートです。

Yさんのご主人が先日のプレ・コンサートの動画を撮って下さっていました。

sweat02

笑いました。泣きました。反省しました。落ち込みました。
みんな目が泳いでいます。
なんか、変なものを食べた直後みたいです。

そして・・衣裳が・・・

   中国雑技団みたいです

アタシ、当日、お腹痛で休もうかと一瞬思いましたです。
息子一家が運動会で来られなくて良かったです。
いたたまれないとおもいます。身内ですから・・・

clover

でも、我々は立ち上がらなければいけないのです。
人生のどん底から・・・ずんずんずんどこ。です。

やるしかありません。ピシッ・パシッ(ムチの音)

ということで、自主練開始upwardright

note

パートの違うわたしが観客になりました。
いつも横並びなので解らなかったけど

おっかしいわよ~~はははは。

Sさんはさすが、元西野バレエ団。華があります。
表情で魅せる。魅せる。見せる。
Yさんは地味だけど音程リズム感しっかりしています。

ささ。問題はTさんですhappy01
「そこ。ちゃうで」といっても頑なに我が道を進みます。
頑固一徹は人生の他の部分で使えよ!

ま。人の事はいいんです。
Tさんに関わり合っている時間は我々にはありません。
置いて行こうと思います。

note

おたまちゃん。もっと笑いupと言われました。
おかしくもないのにですか?

税務署の受付みたいやでdownっていうんです。

精一杯。作り笑いをしました。
これって、あたしの嫌いなヨ〇〇イ〇〇ランではありませんか

顔で笑って心で泣きました。
でも、置いて行かれないように頑張ります。

今夜もレッスンがありますの
ちょっと、お顔が筋肉痛です。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2017年9月24日 (日)

命がけのプレ・コンサート


baseballbaseball


昨日は「ドンジャラホイ」のプレ・コンサートでした。
銘打って、きもだめし 力試し です。

いつもレッスンを受けている「お店」で月に一度小さな定期コンサートがあります。
チェロ・フルート・ギター・ピアノ・カホーンの楽器ほか
シャンソンやジャズなどの歌も出演されます。
そこに出させていただきましたの。

もちろん、衣装を着けて、アクセサリーもじゃらじゃらと。
皮膚呼吸が困難な位の厚化粧。マスカラは三度塗りです。

clover

お彼岸で平凡一家が来ているので平凡氏に「見に来ない?」といいました。
平凡氏は「親の痛々しい姿は見たくない」と言いました。

次に真綿嬢に「ワンドリンク500円はお母ちゃんが出してあげるさかい」と言いました。チビたちは平凡氏に見てて貰えばいいことです。
「ヨカちゃんが寝る時間だから・・」といいました。
いいわね!貴女にはちゃんとした口実があって!

あ。コンサートは夜なんです。レイトショウってやつやね。

clover

10月の本番はグッ坊の運動会とバッティングしてしまったのです。
私なら、未来のある幼稚園児より老い先短い老母の晴れ舞台を見に行きます。

二人にそう言いました。
笑ってごまかされました。
汚い夫婦です。

clover

で、コンサートですが。
結構上手く行きましたの。
2・30人ほどのお客様なのですが、やはり聞いてくれる人がいると違いますね。
本番に強い厚顔な我々は○○ぢからを発揮して、やり抜きました。

但し、踊る部分で肉離れを起こす人
コケる人。けつまずく人。まあ色々ありますが本番では頑張ります。

そう言うワタクシも
最後「イェイ!」と言ってひざまずくのですが
何処をどうしちゃったんだろ、今シップ薬を足に貼っていますの。

clover

いいの。私たちやり切ったんだから。

達成感を胸にお店を出るとお星さまがとってもきれいでした。

moon3

    「綺羅星の降るや地上に子の寝息」 おたま

季語/星(秋)
言うまでもありませんが私たち「ドンジャラホイ」の事ではありません
お空の星です。

night

もう、ヨカちゃん寝ちゃったかなあ・・・


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2017年9月19日 (火)

まさかの危機説


baseballbaseball


止まらない汽車に乗ってま~すscissors

clover

あれは 三年前
止める周囲の忠告も聞かず・・・
動き始めた汽車に一人飛び乗った。

そう。

ボーカルレッスングループ「ドンジャラホイ」への参加です。

初めはねグループ結成なんて考えてもいませんでした。
アタシ、勘違いしてジャズボーカルのレッスンだと思っていたし
英語で一曲歌ってみたい「ヘレン・メリル」みたいに
位に思っていたの。

でも、みんなで歌うのは楽しかったし、頑張ってたんですがね。

clover
ここに来てみんな、草臥れてきたというか、
仲間同士は和気あいあいと仲良くやってるんだけれど

先生が熱心でね。
レッスン生たちとの温度差というか。
そこまで考えていなかったわ。という声が挙がってきています。

来月コンサートがあるんですよ。
出演するためには「文化・音楽なんたら協会」に加入しなきゃいけないんですって。
で。加入しました。色々な会議があります。しかも度々。
会議って三分間で済む話を3時間かけるんです。
持ち回りで出席していますが・・。

ハッキリ言ってうちら、地域の文化活動の発展に寄与しようなんて
こっから(親指と人差し指の爪の)先も考えていないんです。

みんなで、noteわわわわわ~とやってるのが楽しいだけ。

先生がね今年はそのナンタラ協会の大きな役をやってはるんです。

知らんがな!って言い切れない。みんな内気な年寄。
先生、自信作の一つのグループ以外に秘蔵っ子・ドンジャラホイを出したいご様子。

clover
リーダーのAさんがコンサート終わったらやめると言い出しました。
こんな事やりたいわと、この教室を作った、いわば発起人です。
スコットウォーカーの追っかけをしてたと言うので大体年代は一緒です。
(ドンジャラホイには珍しく)音が素晴らしく取れる人なんです。
アタシは、いつもAさんにくっついて耳ダンボにしています。

ナンタラ協会の不毛会議から戻って
こんなことやってたら終活が出来なくなるわ。
(ってなんか話が飛躍してるけど)
と、頭から湯気を出していました。

色んな曲をレッスンしたくても最近はコンサートの曲ばかりで楽しくないという声もあります。

clover

コンサートが終わったら、一度みんなの声を集約して
先生に要望を出そうという事になっています。

誰が首に鈴をつけにいくのか・・
なぜ、アタシを、ジロ~~~っと見るの??
なんでやねん。
誰が 向こう見ずやねん!


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (6)

2017年9月 2日 (土)

調子に乗っているのか?


baseballbaseball


我々は、もしかしたら血迷っているのかもしれない。
調子こいているのかもしれない。

一線を越えてしまったのかも知れない

でも、もう後戻りはできないんだ。
進むしかないんだ。

  作っちまっただよ。  ステージ衣装。

写真を貼ろうかとも思ったが、もう少しだけ、自分の目が慣れてからにしたい。
敵を欺くには味方からだ(使い方が微妙に間違っている)

すっとんきょうなのだ。
なにが?って。それが、だよ。
よく言えば「ティンカーベル」だよ。
悪く言えば・・可笑しくて・苦しくて・・言葉に出来ない。

clover

昨日届いていたのね。
それでレッスン前にみんなで試着しました。

男性はブルーのサテンシャツにシルバーのベストに蝶ネクタイ。
黒いズボンは自前です。

女性は・・・・恥ずかしくて・・ここに書けない。
あたしの人生で一番恥ずかしいファッションかも・・・

ハイハイ。よござんすよ。とサイズだけ確認しました。

「ドンジャラホイ」ってブログでは呼んでるけど本当の名前はとってもおしゃれなフランス語です。
似合わん?ほっといてくれ。
だから男女トータルでフランスの国旗の色ね。
それを着るのよ!うちら、モンゴリアンが!

clover

ステージ衣装の専門店と言うのが大阪にあるんです。
それがね、笑うくらいお安いの。だって見場が良ければいいんだから生地なんてなんでもいいんです。
そのミバ・見場だけど
カタログを見て決めたからみんな不安だったんです。

で、数人が衣裳を着たままレッスン開始です。
雰囲気をみたいと先生がおっしゃって・・・。

あれって、不思議ね。目が慣れてくるのね。
皆で着れば怖くない。
こっわくない。チャランラン。恐れない。チャランラン
あなたとだったら、なんでもできる~~~

clover

お家に帰って。
ウチ、一人暮らしでしょ。
正々堂々と試着しました。で鏡をみました。

/

          /┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

/

 か・・可愛いやんheart  似合うてるやんheart

もしかしたら・・あたしが一番似合ってるかもdowndown
深くかんがえずに、事実を受け入れたいと思ふ。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (4)