ボーカルレッスン

2022年6月12日 (日)

ムーンリバーと私



やるぞ見ておれ、口には出さず・・負けてなるかよくじけちゃならぬ(畠山みどり・出世街道)

てなことで、ひたすら「permission to dance」のレッスンに励んでいます。
今回でレッスンを3回やった。
道のりは銀河系のはるか彼方より遠いと思っていたのに
まあ。それが奥様!なんとな~く形になってきてますねん。
自分で自分のグループをほめてあげよう。
まあ。楽曲の良さもあるけど、歌えるようになったら楽しい。楽しいから頑張る。

戦後の競争社会を生き抜いてきたウチラやもん。
与えられた課題に向かって努力するのが身についてる。
努力が実を結ぶのを実感できた世代やからね(しみじみ)



そうとも知らず先生は、ここで嫌気がさしたらアカンと思わはったのか
息抜きの、易しい曲もいっちょかみ(ちょっとだけかじる)しときましょうかと
みんなが好きで簡単できれいな曲を持ってきはった。

「ムーンリバー」

なんせ(なにしろ)あのオードリー・ヘップバーンが歌うように作られた曲ですからね
音域。1オクターブと1音しかありません。
歌詞もpermissionに比べたら、赤ん坊が風呂でオナラしながら居眠りしてるようなもんですわ。
(判りにくいたとえ?)byマウントおたま

Img_8110

My hucklberry friends Moon river and me.


(hucklberry はちいさくて、とるに足らなくて、ばかなやつ。という俗語)
でも大切な友達。
その友達と世界を見る旅に出ましょう。
世界は知りたいことであふれているのですもの。
ムーンリバーと私。
幼馴染の二人でね

と、私(オードリー)がチャーミングな歌声でささやくように歌うのです。

そら。ついて行きますわな。どこまでも~~~

ヘップバーン?ちっとも美人じゃないですね。ガリガリのやせっぽちでね。
って、彼女の映画解説では必ず言うてはった淀川長治さん。
いいの。いいの。大方のJapaneseはみんな好きだから・・

この曲はNHKテレビのアンディ・ウィリアムズショーのテーマソングになっていましたね。
懐かしいわ。ジャクソンファイヴがでていた。小さなマイケルが歌ってた。
遥か遥か昔のこと。
土曜日の英語の授業は先生が番組を吹き込んだテープレコーダーを持って来て教材代わりにつかってはった。
本当に懐かしい。

がんばってレッスンしようと思うとります。

 

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年4月25日 (月)

絶対に無理です



やってできないことはナイのかもしれない

いやいやいやいや。
でも、これは別でしょ。

ドンジャラホイでBTSpermission to dance を練習する事になった。
先生の「推し」だよ。

まじムリ
どんだけ~無理ゲ~あたおかってディスられちゃうよ。
と、イラつく若者言葉を総動員して反対したけど無駄だった。

そもそも、アルファベットの3文字って
GHQDDTBCGしか知らないんだよウチラ。
大慌てで、BTSの動画を見る。
アカンアカン!無理やムリ!

恐るべしBTS
何という人たちだ!歌もダンスもレベル高杉晋作!
などとオヤジギャグをぶちかましている場合ではない。
(個人的な感想だけど日本のアイドルなんて比べ物にならないわ)

先生はにこやかにおっしゃる。
「もちろん。完コピなんてめざしていませんよ」
「でも、これをやったらみんな、腰抜かさはると思うわ」

みんなとは、ご町内の人と言う意味。すなはち、7割年寄
そんな人の腰を抜かして訴えられたらどないしますねん。

私ら、年寄の腰抜かすのが最終ミッションと違いますねん。
といって、笑ってもらうというのも。それはそれで不本意やねんけどね。

 

歌の内容は「チャレンジしようよ」(ひとことで言えばね)
permission:許可する。に to dance が付いて
ダンスを許可する。

言葉は要らないよ。今夜はダンスをするんだ
だってダンスをするのに誰の許可も要らないからね

全てが悪い方向にむかっていても
夜がどんどん寒くなっても
人生にはいつも壁があるさ
何も心配することは無いよ
倒れたって着地の方法は知ってるさ


だから僕らはダンスを続けていくよ
自分が輝いているときのように生きるのさ

 

↑直訳ですが、聴けば聞くほど「深い」らしい(推し担。いわく)

G坊に「この曲知ってる?」ときいたら
「給食時間にこの曲がかかったら女子が盛り上がる」と言った。
G坊は歌えるらしい。女子は踊れるらしい。

ヨカ嬢の幼稚園の運動会のプログラム候補1位だそうだ。
歌って踊る。あのお年頃の人大得意なのよね。

 

 


ご町内の人が腰を抜かす前に私らドンジャラホイが腰をイワすとおもう。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (8)

2021年12月23日 (木)

Xmasコンサート顛末の記



美しいだけの未亡人です。こんばんは。
アタクシの事、自爆 したと思っていらした奥様。
そうはイカのコンニャク玉でございますわよ。
おあいにく様。アッカンベエ。

無事に。つつがなく。内容はどうであれ。
色んな意味で 皆様に楽しんでいただきXmasコンサートは終わりました。

わが家からは平凡氏とヨカちゃんが出撃(ちゃうちゃう)観覧。
G坊の野球の練習で来られなかった真綿嬢から花束とカードが届きました。
「祈・全力疾走で完全燃焼を」 
気分はB'zの稲葉さんでございます。


何も申しますまい。
済んだことは終わった事です。
覆水盆に返らず
いいいんです。がんばったんだから・・・

色んな意味で楽しんでくださったんです。
結成から6年。いや7年か? 生暖かく見守って下さる地域の皆様に感謝です。
ドンジャラホイの男性諸氏がサンタさんの格好でキャンディを配りました。
まき餌です。「来年もきてね~~~」

平凡氏に訊きました

どやった? How was it?

この人、子どものころから穏やかな言い方をします。
「うん。えらいようけ(とても沢山)メンバーが増えたんやね」
(あたりさわりのない話からはいる・・)

彼は耳がいいみたい。絶対音感所有者(たぶん)

そして。アタクシが掘りまくるのでついに吐きよりました。
「一人一人が別の歌、うたってるんかと思うたわ」

 お言葉頂戴しました!

こんなこと、大満足で達成感に浸りながら、ラインではしゃぎ合っているノー天気なウチのメンバーに決して言ってはならない。
と心に誓っておるところです。

 

はあ~。もういくつ寝るとお正月かぁ~~~

サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (5)

2021年12月14日 (火)

そうかなあ・・



昨日の午後、Iさんがやって来た。
わが家から徒歩圏内に住む「どんじゃらほい」メンバーだよ。

「頑張らなきゃね  」
と言いながら微笑む。
私はその心根が間違っていると思ふ。
「ムリムリ。貴女にお任せしちゃう  」

この人、若い頃さぞかし美人だっただろうなと思いながら
「そんな事言っちゃダメ!心を入れ替えて!」とあたしは言う。

メンバー全員が人まかせにするから
先生が「歌って!歌って!」て絶叫するんだよ。

・・・

ダメダメ・ムリムリと言いながらIさん、楽譜を抱えてる。
「頑張らなきゃ!」というのは本心なのね。
アタシ。貴女を信じる・・・

で。少し練習をしました。
曲によって同じパートもあれば、違うパートもあります


うっそ~ 滅茶苦茶 汚いやん!ハモリ。


私は自分を信じるし。彼女も自分を信じている。
これが頑固な年寄グループの限界かもしれない。年齢とともに思い込みがはげしくなる。

互いに相譲らず、闘いは平行線のまま終了
なんかもう・・わけがわからない。

 

「おたまちゃんち、温かいわねえ」
そう言えば今日の日中気温は13℃と言っていた。
でも、ガラスを通して日差しがあれば部屋の中で暖房機をつけることは無い。
風が吹くから寒いんだね。

何か、私達、深い話をしているよね」
「そうかなあ」

歌も話も平行線のまま、ビスケットを食べてお茶を飲む。

Dsc05942

 

「ま。いいんじゃない?こんな感じで・・」
「そうかなあ」

満席になって予約受付が終了した後も、問い合わせが結構あるらしい。
「どうする?こんな歌、聴かせられないわよね」
「そうだね」(ここは同意)

ここ数年続けてきたXmasコンサート。
聞くところによると申し込みの多くはリピーターらしい。

「なんかもう・・悪意としか思えないわね」
「そうかなあ・・」

 

からの 「きっと そうだね」
と、激しく 同意

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2021年12月13日 (月)

Xmasコンサートが迫る



いやぁ~笑ろたわ((´∀`))
笑らかしてもろたわ

笑い過ぎて死ぬかと思いました。
その後、泣きましたな。はい。
笑ろてる場合と違います。崖っぷちですねん。うちら。

伴奏者の方が来てくれはりました。音合わせです。
ザーッと、4曲流しました。
途中で先生の指導が入っていますがそのまんまスマホで録音しました。
自主練のために全員が録音しています(今の時代やね)
年寄ちゃんと時代について行ってまっせ。

家に帰って聴きました。あまりのことに(笑い過ぎて)大泣きしたあと
あのしと(人)にも笑かしてあげようとLINEいれました。

Dsc05937

いっこちゃんはパナマの空港ラウンジで優雅にお茶してるところでした。
(このご時勢に危険区域を偵察旅行なさるそうです)


隣の感じのいい青年が笑うのでちゃんと説明してくれた。うんうん。
「まだ練習中だ。年寄りばっかりだ」と。
そんな事、言われんでもわかるわ。と言ったかどうかはしらないけど
感じいい青年はさらに笑う。

あたしら、どんじゃらほい、地球の反対側でも笑われてますねん。
赤っ恥が世界規模で拡散NOW
途中に先生のどなり激励がはいる

「歌って!歌って!」

さっきから、歌うてますがな。
そこからですか?注意されるの・・・

みんな、英語の覚えてないとこはむにゃむにゃいうてるくせに
「ヘイヘイヘイ」とか「ウーウーウー」のとこは出番!とばかりに大声出すから余計にぐちゃぐちゃや。

もう・・しんどいです。
あと一週間しかありません。呑気にイリュージョン考えてる場合と違います
もう、リボンやら、傘やら鳩(まだ出したことない)を、出す余力はありません。
まず、「歌って!」です。

・・・・・・

やっと確保できた会場に検温、マスク、手指消毒で観覧してもらいます
今年は150名の部屋に60名のお客様に入ってもらいます。
観覧希望者の受付は予約開始からすぐに満席になりました。
何を血迷ったか。急遽2回公演をすることになりました。
第2部。こちらも60名です。
2回目の受付も、すぐに満席になりました。

近隣周辺の皆さん。ウチラに何を求めてはるんやろ。
幾ら娯楽に飢えているからとはいえ・・・

まあ、全力疾走あるのみです。

 

 


 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2021年11月 5日 (金)

サウンドオブサイレンスをレッスンする



今日は凄くドキドキすることがあります。

奥様!奥様のお年頃ではオロオロはあっても、もうドキドキなんてすっかり忘れていらっしゃるでしょう?
そうでしょうとも!

 

今日はボーカルレッスンの日なのですが
長く休んでおられたH夫妻がいらっしゃるとのことなのです。
なんと!17ヶ月ぶりです。

ご主人が大きな病気をなさいました。
数回の手術とその後の治療。
私達はコロナ状況であること、夫妻の住まいが遠方であることを言い訳にお見舞いにも行っていません。
様子はK男ちゃん(代表)がときどき尋ねてくれていました。
K男ちゃんが心温かい人で良かった。

Img_7535

仲間内でこっそりとお花を用意します。

多分、お二人の事だからお家で自主レッスンを続けておられたと思います。
学生時代に「音楽」で結ばれたそうです。
病気に立ち向かった彼だけではなく、力を注いだ彼女にも花束を渡したいところなんですがね。

 

サウンドオブサイレンスの歌詞に
沈黙(Silence)は病巣(cancer)のように広がる
という箇所があります。
我々はcancerを「癌」ととらえています。

人と人のつながりの希薄さ。どうしようもない沈黙という静寂をこの歌はうたっているのだろうと思います。

まあ。H夫妻に負けないよう。レッスンにはげみましょう!

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2021年10月12日 (火)

ハピークリスマス!(War is Over)



私がまだ「こたま」だった5歳か6歳の頃。
メリークリスマスのメリーと
クリーニング屋のメリーちゃんが
ごっちゃになっていた。

クリーニング屋のメリーちゃんは私より、一つ二つ年上だったけど一緒に遊んだことは無い。
メリーちゃんは、ほとんど、外に出たことがないからだ。
彼女はいわゆるGIベビーだったのだと思う。
ある時クリーニング屋に来て、そしていつのまにかいなくなったメリーちゃん。
小学校に上がる前にアメリカへ渡ったと聞いた。

だから、今でもメリークリスマスという言葉を聞くと
クリーニング屋のガラス戸越しにいつも外を眺めていた金髪の女の子を思い出してしまう。

  

メリークリスマス!って私たちはいっていますが
英吉利ではHappyクリスマス!って言うんだって。

今でもそうなのかな?
ジョンレノンの世代の多くのイギリスの人はそれが普通なんだって。

 

「ハッピー クリスマス」
1971年 米国と日本でリリースされた楽曲です
War Is Over 
というもう一つの題がついています。
「戦争は終わる」
平和を愛したヨーコとジョンの反戦歌です。

サイゴン陥落が1975年ですから、この「War」はベトナム戦争の事ですね。

ドンジャラホイ の今年のクリスマスソングがこの曲に決まりました。
有名過ぎて説明するまでもございませんが。あのささやき。
キョーコはオノヨーコの、ジュリアンはジョンレノンのそれぞれの前のパートナーとの間のこどもですね。
そそ。ヘイ・ジュードのジュリアンね。

いい歌だなあ。
わたしは特にヨーコが子どもたちと入って来る

A very merry Christmas

And a happy new year

の所が好きです。
あんれれれ・・merry Christmas って言っています。
ヨーコはアメリカの人だからから?

 

アメリカへ渡ったメリーちゃんはいまどこでどうしてるんだろう。
Xmasには大きな声で歌ってるかな
全ての争いをやめようよ。争いは終わる。きみが望めば・・って。

そして、うちらドンジャラホイも歌うのだyo

We hope you have fun

きみが楽しんでるといいな って。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (8)

2021年9月27日 (月)

想像してみよう



兵庫県では8/20からスタートした「コロナ緊急事態宣言」が今月末に期限を迎えます。
解除から「まん延防止対策」に移行へ・・と知事さんは言うてはります。
自治体は「それがいいんじゃない?それでいいんじゃない?私はそうおもうけどなあ」
という立ち位置なのですね。決めるのは国。

発出(はっしゅつ)という舌をかみそうな言葉ですが。今回のコロナの件で初めて聞いたわ。
奥様!それ以前に聞いたり、使ったりしたことございます?
奥様の長い人生の中で・・・この「はっしゅつ」

発令(はつれい)と言ったら、またなんやかんや言われるわ。
って、気ぃ遣わはったんでしょう。
大変やね。もっと違うところに気を遣えばいいのに。

あ。あかん!また憎まれ口叩いてるわ。
あたしのキャラやない(反省)

Img_0331
                 pohoto by ケセラ

 

緊急事態宣言が解除されると
自粛していたボーカルレッスンも始まるのでしょう

去年は4・5・6月。今年は1・5・6・8・9月とレッスンがお休みでした。
もう・・歌わすれたわ。

 

世界中で最も聴かれている曲のベストスリーというのがあるそうなのですが
だれが、いつ、どこで、何時何分に調べた?
なんて、聞き分けの無い小学生みたいなことを言ってはいけません。
ちゃんとしらべてはるんです。

私達の次のレッスン曲は
第三位に選ばれたこの曲をやります。
先生。渾身の編曲。楽譜は7月に貰ってる。

1位のボブディラン 2位のローリングストーン に続き
じゃらじゃらじゃら~~(ドラムの音ね)

3位はジョンレノンの

 

 

「Imagine」 です。 

想像してごらん?
わたしたちが 今を生きているって
すべての人が 平和に暮してるって

人はみんな 兄弟なんだって
想像してごらん?
すべてのひとが すべてのものを わかちあうことを

名曲ですね。
ささ。気持ちも新たに頑張ろう~~~っと。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2021年4月19日 (月)

アフリカのリズム



奥様!気分が上がらないわね
すっぽん黒酢でも飲んでみる?
元気になるらしいです(知らんけど)
プレミアムナイトコラーゲン塗ってみる?
お肌のハリを取り戻すらしいです(知らんけど)


そんなもの(元気とお肌)は、二度と帰って来ない気がする今日この頃
変異株の猛威で、うちとこ(兵庫県)コロナウィルスの感染者が急増中です
希望は無いけど持病のある
持病はないけど脂肪のある
そんなおとーさん。おかーさんの集まりであるわがドンジャラホイも再びレッスンの休止を決めました。

前回が最期のレッスンです。
椅子を前向き二列に並べました(普段は、まあるく座ります)
この日はなるべく歌わないようにという配慮か、リズムの練習をたくさんしました。
南アフリカはズールー族の歌「ライオンは寝ている」をやります。
奥様!わたくし達ね自慢じゃないけれど、リズム感が無いんです。
もうこれはDNAに組み込まれていないのだと思います。

先生がいくつかの打楽器を用意されていました。
足らない人はカスタネット。
あたしには竹とんぼの親みたいな叩けばポコン・ポコンいうもの。
Kさんにはラグビーボールの細長いものにギザギザがついていて細い棒でジャガジャガ鳴らすもの。
それって、暁伸とミスハワイやん。あいや~あいや~
誰もが「ミス・ハワイ嬢」を知っていることに誰もが驚かない!
後は、タンバリンとか、マラカスとか、名前分らないアフリカの楽器とか

で、レッスンです。
前列のひとはカスタネットね。
ワタクシね後列だったんです。もちろんうまくできませんよ(おおいばり)だから笑ってはいけないのだけれど
まあね、後ろから見てゐたら、みんなカスタネット叩いてるの。
特に男性は生真面目ね。そしてリズムがなかなか合わない。たぶん一生あわないと思う。

 デイサービスってこんな感じなんやろか。 
 怪しげな新興宗教でも、まだましやとおもいます。

笑いが止まらない。お腹の中からあぶくが湧いてきそう。

先生が「キャサリン(あたしのこと)楽しそうね。いい感じよ」と褒めてくれる
ますます笑う。く・・苦しい。でも褒められる。で、笑う。苦しい。

はあ。疲れました。

ルンバ・マンボ・ボサノバ・タンゴ・ビギン・・中南米のリズムもみんな発祥はアフリカ
アフリカ直系なのね。凄いぞアフリカ。ビバ・アフリカ

  

そんなこんなの楽しいレッスンもしばらくお休みです。

真面目なメンバーはきっとお家であれやこれや検索しながら自主練習に励むのでしょう。
その姿を想像しただけで・・

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2021年4月 6日 (火)

The Sound of Silence サウンドオブサイレンス



題名から、すでにわけがわかりません。
サウンド・オブ・サイレンス。「沈黙」と和訳されることが多いけれど
違うねんな~~

「何もない音」
「何もない音」ってなんだろ。
1964年 ユダヤ系の心優しい二人の若者。
アート・ガーファンクルの透明な声がポール・サイモンの美しい曲にのる。
敏腕プロデューサーの強引な曲調変更により思いがけなく世に出て全米№1のヒット曲となり
1967年映画「卒業」の挿入歌として使われると文句なしの彼らの代表作品となるのです。

この曲は当初大人達からは「何もわかっちゃいない若造が何を言ってるんだ!」と言われたのではなかったかしら(子どもだった私の記憶)
と。そんな話をしていたら、ドンジャラホイの仲間(同世代)達も同じような印象を持っていました。

・・・・あの頃の大人をどうこう言えないけれど

今なら、当時の若者が抱える不安な「現実」と混とんとした「未来予想図」に対し、大人たちはそれを理解できるほど成熟していなかった(イメージできなかった)としみじみ思う。
なぜならば、今2021年。この曲の世界に我々は生き、サウンド・オブ・サイレンスを生々しく実感しているから。

Hello darkness,my old friend  やあ暗闇 僕の古い友だち

って・・しょっぱなから暗い

落ち着かない夢の中で僕の前に突如として現れたものは
ネオンの光。闇を切り裂く閃光

Ten thousand people maybe more
(多くの人々が)一万人たぶんもっと・・
People taiking without speaking
(みんな、喋ってはいるが会話はせず)
People hearning without listening
(みんな、耳を傾けるわけではなくただ聞いている)
People writing songs that voices never share
(みんな誰と分け合うはずもない歌を書いている)

このあと、深い詞がつづくのだけど、奥様にお任せします
解釈は人それぞれだから、邪魔をしないようにね。

ただ、象徴的な「ネオン」は何をさすんだろう
それは決して「僕」と交わることのない一方向の情報(言葉)
言葉は「神」。偽物の神。それが「ネオン」

って、ネットに書いてあったで~。
と一方向の情報(言葉)をネオンならぬスマホの光を受けながらドンジャラホイ仲間が言っておりました。

Img_7181

これにて曲への理解を共有しながら我がドンジャラホイはレッスンに励むのでございます
それにしても美しい曲です。

サウンド・オブ・サイレンス。
ここで使われている意味は「永遠の静寂=無」であったと言われています。
つまり、現代における人間相互のコミュニケーションの欠如と、人間不在の疎外感をテーマにしているのだそうです。
(やさしく歌える英語の歌・湯川れい子著・NHK出版協会刊より)

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧