俳句・吟行

2018年2月18日 (日)

吟行・野鳥を探して


baseballbaseball


鳥さんの出現する法則がわかりません。
クラッシュと同時にお手伝いしてくれるんだけどね。
(ゲームの話です。無視しちゃって!でへ)

Img_2191

伊丹市にある昆陽池へ吟行に行きました。
嘱目は「鳥さん」です。
ところが鳥さんが居ない!
白鳥も鴨も、あの嫌われ者のカワウ君さえも極端に少ない。
おまけに「昆虫館」は温室の改修中だとかで閉館。

ステップ &キック (踏んだり蹴ったり)やわ。

でも。泣かない。負けない。立ち上がるのよ私たち。

Img_2190
オナガガモご夫妻となぜか鳩君

そこいらへんを徘徊して、昆陽池センターで句会です。
ここは展望室と休憩室があり無料。しかも利用者はウチラだけです。
池の見える明るくて広い畳の部屋を貸していただきました。
伊丹市。太っ腹やわ~。

  「逆光の人寒林を抜けてきし」 

「人」「友」は俳句では避けたいといいます。
対象が曖昧になるからだと思います。

実景は見知らぬ「人」なのですが、「夫」(ツマ)に置き換えれば少しドラマが生まれます。
私の背景(未亡人である)を知ってる方が読んでくださればシメシメです。

「父」とすれば、寒林とぴったり過ぎて怖い(自分で言うか?)
「父」の顔を知らない「私」が作った句ならなおさらです。

あかん。あかん。あかん。
また、解説しとりまっせ。

Img_2183

 「鳥のこゑ聞き分けてゐるアノラック」

5・6人の男性グループがバードウォッチングをしておられました。
季語は「アノラック」
水辺に色々な鳥が来ているようです。私がみつけたのはコゲラだけでした。

そうそう。昔こんな句も作ったわ

 「春寒や動けば音のするジャケツ」 

Img_2196

アヒルさんも寒そうね。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

俳句・バレンタインデー


baseballbaseball


デパートの菓子売り場にバレンタインコーナーが出来たのが
1970年代に入ったころ(昭和40年代半ば)だと
記憶の良いみっちゃん(友人)が言う。

その2・3年前から「バレンタインデーってチョコを贈る日なんだって」というのが中高校生にも話題に上り
泉アキちゃんのnote恋は はぁとで はぁとで すぅるものよ~
という歌が不二家のハートチョコの宣伝に使われていたのもそのころだったんかな?

隣のクラスの松ちゃんという男子と仲が良くて
休み時間に「おい!おたま。これ食え!」といわれ二階の廊下の窓にもたれかかって校庭を眺めながら「メロディチョコ」を二人で食べた。
あれもバレンタインの日だったのか。もう忘れた。

年がばれないように慎重に書いているが
とにかく、あたしの、10代の頃はまだ、好きな男子の下駄箱にドキドキしながらチョコを入れておく。などという文化(?)は浸透していなかった。

clover

時は移り日は変わり(反対か?)今ではゴディバが「義理チョコはやめましょう」などと言い出すのであります。
そして、おさげの少女は立派な婆さんになり、今月兼題のバレンタインデーで悩まされている。

Img_2083
今から平凡家へ行くので手土産に。ガサッと掴んでドバっと入れた。

clover
とりあえず作ってみる

「するするとりぼんほどけるバレンタイン」
前出(2/5)「りぼん」と「ほどける」をひっくり返してみた。こちらの方が「するする感」がある?
さらっとできた句は好きなのが多い。邪念がないからね。

「新米の寡婦と茶を飲みバレンタイン」
あたしもベテランの域に達してきた。

「呼び鈴を押す指の先バレンタイン」
近所のハンサムボーイの家の前で女の子数人がウロウロ

「バレンタインレシピの端にチョコの跡」
おもしろくもなんともない

「ショコラの香バレンタインの日の厨」
昨夜の奮闘の跡が残っている

「遺されてバレンタインの日なりけり」
ウェットだにゃ。

「をんなみな強き映画やバレンタイン」
下五「春の闇」で作っていたものをバレンタインに置き換えてみた
これでもイケる?

clover

俳句って
自分が言っちゃあオシマイね。

あ!あっ!今「バレンタイン前夜」でなにか出そう
トイレトイレrun
じゃなかった。φ(..)メモメモ

Img_2081_2

こっちは新聞配達のお兄さんにわたそう~っとheart


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (8)

2018年1月23日 (火)

今月の俳句


baseballbaseball


船越英一郎さんに平和が戻った。心からお祝い申し上げたい。
と。NHKごごナマを見ながら思ふ昼下がり。
みなさまこんにちは。

どないなってますの!
ごっつエエ天気sunしかも暖かい。
寒気団にもてあそばれる未亡人。
こんな事なら松竹座に行ったらよかったわ。

いえいえそれはなりませぬ。
あーた。今月、一句も作ってないやないの。
昨日。NANTEI兄さんに※返で泣き付いたのはだあれ?

明日は7句持って行かんならん。

clover

しかし。「ごごナマ」って「ごじむ」のパクリ?清く正しい版。美保純ちゃんも掛け持ちしてるし。
黒船も出てるし。

clover

ニュースでは首都圏で87人が滑って転んだ!と。
雪国の人から見ればどうなのかしら。16センチの積雪。

たとえば、お猿さんが住宅地に出没して大捕り物
あたしから見れば、カッコ笑い→ (笑)

  綿入れやクマ出没と掲示板 

町の掲示板に緊急のお知らせです。
熊(らしき頭)が目撃されました。背中を見せずに後ずさりして離れてください。
とのことです。

らしき。頭!て、それ和田さん(仮名)のおっちゃんと違う?

去年、ゴルフ場の8番ホールに立っていたあの子かしら。

熊(わざとカタカナ)は冬の季語ですが「綿入れ」の句のつもりです。
ということで、1月の兼題は「ちゃんちゃんこor綿入れ」です。

  ちゃんちゃんこ着て老境へいざ往かん

ちょっと、還暦のちゃんちゃんこを連想させて、いまいちです。
「綿入れを」にしたほうがまだマシ。

  ちゃんちゃんこ玉三郎の録画観る

うち録画できないんやけどね。

ちゃんちゃんこと綿入れは別物です。
ちゃんちゃんこは袖なし綿入れ半纏(はんてん)のこと。
越中日本海みその雪ん子は綿入れを着ています。
結婚するとき母が持たせてくれた綿入れは現在、もっぱら真綿嬢がご愛用。
あんなに綿入れの似合う人も珍しい。

clover

はあ。今日だけで30句作ったよ。下手な鉄砲の玉weep

  子らの来てしぐれ明るき誕生日

誕生日の句は必ず作っておきます。

  洗車する絵具は箱に冬の空

いうてる意味わからんでしょ。私もわからん。ぐっ坊がお絵かきしてたんやけどね。

  ウインドウに春の口紅隣り合ふ

もう一つの兼題は「春隣」。冬の季語です。
この場合隣り合っているのは春ではなくて口紅やね。来月だしませう。

  縫いぐるみ出窓に並ぶ春隣

実景だけど平凡

      は~~~~~~あっ

あと、18時間。がんばるもん!
あたしの人生、ほかに頑張ることなんて何もないし。
ぶつぶつぶつ・・・


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (6)

2018年1月18日 (木)

恋をしましょう恋をして・・


baseballbaseball


わたしたちの恋の始まりが希望の始まり
ひとつだってそのことを疑ったりしない
きみのことを考えて道を歩きながら
きみのおかげでわたしはさびしくない
ひとつだってさびしくはならない
わたしは口笛を吹き春の雨に濡れてどこまでだって歩く

わたしたちの青春は花ある青春だ
ジンジャエイルで喉をうるおし
歓喜の果汁でからだをぬらす夜明け
悲しみの風にからだをかわかす午後
一九六〇年 あまいムードにつつまれたわたしたち
ニッポンのうつろにやさしい恋人たちに幸いあれ、だ。

  (小長谷清実詩集より・花ある青春抜粋)

Dsc08017
昨年末最後の兼題が「古暦」(ふるこよみ)だった。
手持ちの歳時記によると。
来年への期待感からそれと相反する「年暮るる」ものがなべて古くみえる。古暦はその象徴。とある。

わたしはごく平凡な句しか作れなかったが、ある一句に話題が集中した。

    「雨の日にはじまった恋古暦」 M

自慢じゃないがこの句会。平均年齢がかなり高い。
このワタクシが(たぶん)最年少ではなかろうかと思っている。
いったい、このメンバーのどなたの御句?ということで少しざわついた。

clover

もうね。ちんまりまとまった、枠からはみ出さない、予定調和な句ばかり作っているので
非常に刺激を受けましたよ。
俳句にフィクションを取り入れることは「アリ」です。
絵空事ではない「虚」は時として詩的です。

但し、私の属する結社(こちらの句会ではない)では「虚」を詠むことはあまりしないのです。
あくまでも写生第一ね。写生から詩をすくいあげる。

納め句会の帰りに、指導してもらってる先生から
「おたまさん。来年は恋の句。期待していますよ」と言われてしまった。

clover

私ね、今度生まれ変わったら
恋多き女になりたい。
美しい恋を数えきれないくらい経験してみたい。
自分で言うのもなんだけど「汚い」人間なので、自分が一番好きなんだ。
恋の経験値が低すぎる。
はあ~っ。

現世で「実」はありそうにもないので
「虚」の世界で創作してみたいわ。

clover
で。きれいな詩集なんかを開いてみたりしている。
ああ。遠い世界だ。

Mさん(↑の作者)に経験談ですか?ときけば
歌謡曲の中にあったのよ(うふ)

とのことでした。
やりますのう。

Dsc08016


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (4)

2017年12月26日 (火)

老女の集団クレーマー


baseballbaseball


真ん丸のテーブルの
8時の位置に74歳11時79歳2時85歳4時95歳
そうして6時の場所に38歳のおたまが座りました。

この日はK子さんの通う教会のコンサートに「自慢の息子」が出演するのでいらしてください。というお誘いでした。
息子ったて、85歳・k子さんの息子さんです。
まぎれもない還暦越えでございます。

他の姐さん方もK子さんにおびき寄せられたやうでした。
こういう場合。いまどきはラインで招集をかける。
さすが大正・昭和女子だわ。チェーンメール(ウソウソ不幸の手紙ではありましぇん)

コンサート終了後、K子さんが還暦越えご子息の元に走り寄り、二言三言。
ニッコニコしながら私たちの方へ戻って来られました。
人差し指と中指のあいだにヒラヒラと何か挟んでおられます。

 福沢諭吉 さま です。

「せしめてきちゃった」

cafe

というような事情でわたくし達は、駅前複合商業施設の高層階にございます。喫茶店といいますか、パーラーといいますか。そこの真ん丸のテーブルに着席しておるのであります。

いいでしょ?このお店。ワタクシ大好きなの。いつ来ても
        ガッラガラ

たぶん。この空間(パーラー)は正面のミニシアター兼イベント会場を利用するお客様むけのお店でしょう。
K子さん。間隙をぬってやって来るのでいつもガッラガラなんやわ^^

cafe

いくら諭吉さまに対面した後でも「ケーキも付けてね」とは言い出せず
「ではコーヒーを・・」と声を合わせて申しますれば
K子さんは分厚い胸板をポンと叩き、お店のお兄さんにケーキセットでお願いしますとオーダー。

わたくし達。句会のお仲間ですねん。(二つのうちの一つね)
で、こちらのメンバーは15年くらいのお付き合いかなあ。
山奥のおたまと、歩行に支障のあるもうひと方の二人だけが車利用です。
いつもの句会では「暗くなるから早くお帰り」と言われ、こうやって皆さんでお茶を飲むということはほとんどありません。
だから、なんとなくウキウキと楽しい気分

cafe

ところが、ところがです。
運ばれてきたコーヒーが ぬるい ぬるすぎます。
私はたまたま、95歳にお砂糖サービスをしていたので、3名の同時発声にどれどれと口をつけますれば、やはりぬるい

ワタクシこんなぬるいコーヒーはじめてだわ(95歳)
そ・そうですねえ・・(79歳)
これはいけませんわ。替えていただきましょうか(74歳)
おたまさん。あちらで暴れてきてくださる?(85歳)

あたしねえ。こういうばやい、見かけによらず我慢するんです。
コーヒーがそれほど好きではないからかもしれないけれど
ま。ええかと黙って飲んでおいてもええで。と言う気持ちでした。

K子さんが人差し指と中指をチラチラ振って、お兄さんに来ていただきました。

「温め直してくださる?」

恐縮兄さん。即時撤収。

どうすれば、あのようにぬるいコーヒーが出せるのか討論しておりますと、お兄さんの上司のような人がやって来て、淹れなおした「あっちい」コーヒーを運んでくれて、代金は要らないとおっしゃいます。
コーヒーの分だけですか?ケーキ代は「要」ですよね。どちらにしろスポンサーから、せしめてきたので、そんなこと全然お気遣いなく。(以上、おたま心の叫び)

あらま。あの若いお兄さん、叱られるのかなあ
きっと、おたまさんが暴れると思ったのよ
違うわよ「95歳」さんの「生まれてはじめてだわ」が聞こえたのよ・・

いずれにしても老女が徒党を組んでるのが恐ろしかったのだわ

cafecake

この時のことがとても楽しかったのか
次の句会で、みなさん俳句にされていました。
転んでもただは起きぬってこういう時に使う?間違ってる?

    「オカリナの指ひらひら小六月」 おたま

指は「おゆび」と読ませます。小六月は「小春日」
十一月の出来ごとでした。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2017年12月16日 (土)

吟行。池田市・街歩き


baseballbaseball


大阪府池田市にある逸翁美術館へ蕪村展を見に行った。
今年最後の吟行である。

阪急沿線の開発に伴い百貨店・宝塚歌劇団・遊園地・学校・住宅開発と構想を広げ、私鉄事業のモデルとなったと言われる小林一三の発想には敬服する。

その不動産開発事業の一つが池田市であった。
元々、荘園の歴史のある古い土地であったらしいが、荒木村重が「あかん!ここアカンワ」と城を伊丹に移したほど地の利が悪く、いわゆる山奥であったことは否めない。
と、池田城の張り紙を読んでうなづく。

城といっても、豪族の屋敷跡に「っぽい」ものを建てたのが最近の事で、池田市。何考えてるんやろと、私は思うだけで大きな声で言っているわけではない。しかしブログに書いてしもうた。はは。
いやいや。ちゃんと土塁も残っているし、「っぽかった」に違いない。
ユリの球根一杯植えて、池田市も頑張ってるんや。
それにしても、広大な敷地でござる。

100円の自販機で鯉の餌を買って召し上がっていただく。
イサオちゃん。鯉が好き。でも未だ名句ができない。ほっといたれ。

最近、京都の迎賓館へ行って来たT子さんが「迎賓館の鯉は決してパクつかないのよ」という。
池田城の鯉たちよあんな事言われてまっせ。
もう少し落ち着きなはれ

「寒鯉の大口来たる」ここまで作ったが後が続かん。イサオちゃんの悪口を書いた罰やね。

snowboard

坂道を下りながら美術館へ
この辺り。さすが。お屋敷街であります。
マンションも、なんかすごっく高級ッポイ。

(多分。たぶんやで・・)S製薬のシャチョさん。もしくは関係者のお屋敷の前を通る。

あ。なんだこのデジャブ感は・・

数年前、同じく吟行でこの辺りを歩いた(お手軽過ぎるやろ。他に行くところないんかいっ!)
その時あたしは、このお屋敷を見上げながら、つぶやいたのだ。

「なんで、世の中にはお金持ちの人と貧しい人が居るんやろ」

その時、M子さんがキッパリと言った。
「分かち合わないからよ」

彼女はクリスチャンだ。

clover

キリスト教の分かち合いと。
イスラムの「喜捨」の精神とは同じだと思うねんね。
ついでに、平等というマルクスの考えもね。

ソ連が崩壊した時、アタシの隣の机に座っていた(厳密には椅子にだけど)男子が嘆いた。
彼は大学でマル経を学んでいた。
マルクスの考えは理想でしかなかったのかっ!って(真面目な人やった)

きっと人類の成熟がマルクスの思想に追いついていないんやでと慰めた記憶が・・おぼろ。
何が何なんでしょね。
しかし。大国が社会主義経済を手放したのは現実。
ああ。どうしたらすべての人が幸せに暮らせるのかしら・・

なんて。「自分ファースト」のおたまちゃんが、「なんば言うとっと?」てなもんや三度笠。

clover

何の話だっけ?
吟行・・・そ。そうだったわ。

そんなわけで寒い中。ウロウロ徘徊して美術館と小林一三記念館へいきました。
美術館のランチ。すっごく美味しかったです。

大昔。一三さんの自邸のお茶室で茶会をしたことがあるのよ。
アタシがではなく、お茶の先生が・・
・・なんだか昔の面影今何処。
レストランなどが出来ていて雰囲気が変わっていました。
そりゃあ。40年以上も前の事だものね。

この日の俳句

・      「冬ぬくし菜のはな薬局処方箋」 

Img_1983_4この日のお気に入り

Img_1986_2一度あなたと、じっくりお話してみたいわ。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2017年12月 4日 (月)

結構楽しいゾ


baseballbaseball


893なアニキの真似をしてこんなことして遊んでみました。

写真俳句というのは写真からイメージを広げたり、発想を飛ばしたりするもののようです。
アタシのは写真に俳句を乗っけただけ。
と。まずお断りをしておきます。

Img_1095_2


Img_1182

いやいや。893ながら兄ちゃんは凄いとしみじみ思いました。
文字の色や書体をえらぶことも計算し尽されています。

写真のクオリティは足元にも及びません。カメラの所為にしておきませう。
俳句はね・・
いいんです。これでいいの。自己満足の世界だから。

見た儘をそのままに詠む。詠むといふ事は何かが心に触れたからに違いありません
てなことを、水原秋櫻子センセも、もっと難しい言い方で言っておられます。

あ。決して満足はしていません。

Img_1809_2

リスボンを漢字で書くと「葡」だそうです。
漢字検定天才キッズでも読めないと思うのでカタカナにしました。

・・・・

兄ちゃん!顔を洗って出直してきますわ。
                          極道妹より


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (3)

2017年10月 1日 (日)

季節が入れ替わる・残る巣


baseballbaseball


Dsc03736
秋ですね

Dsc03742

世界が紫色だわ
Dsc03741

clover

この季節、見たいと思っても、なかなかチャンスがなく
でも、一度見たら忘れられない

それが、「帰燕」(きえん)です。
「燕帰る」「秋燕」はたぶん、私の一番好きな「季語」です。

燕が帰るのを今まで3・4回見たことがあります。
感動的な景色です。

燕たちが南の国に帰る準備をしているのです
声を掛け合っているのでしょうか、何処からか集まってきます。
数羽がひと塊となりいつの間にか空を暗くするほどの大群が出来ます。
中には今年生まれた子燕もいるでしょう。
電線がたわむほど止まっています
全員集合したかな・・
やがて、その大群は空の彼方へ消えていきます。

120708_011 Img_0829


左は町中でもよく見かける燕です。
右はここに住んで初めて知った燕の巣
引っ越してきた頃
「北支でよく見かけた」と近所のおじいさんが教えてくれました。
入り口がすぼんでいるのは寒い場所に適応するためでしょう。
ああ。この町はやっぱり寒いんだ。とおもいました。
「北支」・・その世代の人しか使わない言い方です。
ウチの舅さんと同じところへ戦争に行かれたのかなと思いました。
左の燕より小型でずんぐりしています。胸が赤かったかな?
名前も聞いたけどわすれました。

この子もあの子もみんな温かいところへ帰っていったようです。

clover

燕の句はいっぱい作っているのに
なぜか、「帰燕」で詠んだことがありません。

 燕去る鶏鳴もまた糸のごと     飯田龍太
 秋燕や高齢にして見ゆるもの   宇佐美魚目


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2017年9月30日 (土)

障子洗う


baseballbaseball


「障子洗う」「障子貼る」「障子(襖)入れる」は秋の季語です。

我が家なんて年がら年中、障子を建て付けてあるけれど
本来、障子は防寒のための建具。
涼しい風が吹き始めると、蔵や納戸から出してきた障子を洗い、新しく張替え、間仕切ったそうです。
だから「障子」だけだと、冬の季語という事になります。
Img_0934_2
(歌川国芳)

clover
へへへ。今月の兼題が「障子洗う・貼る」なんです。
へへへ。偶然にも貼り替えようと思っていたんです。
何というGoodなタイミングでせう。

Img_0923

くまちゃんもお手伝いです。

Img_0927アチャチャチャチャチャ

くまちゃんが
秘孔を突きましたimpact

お前はもう、死んでいる

Img_0931_2
お疲れのくまちゃん。
祭は始まったばかりだぜ。

clover

昔なら、これを川や池に持っていって洗うのです。
亀の子タワシで・・
もっと前なら藁をぐしゃっと丸めて。

そりゃあ。俳句もできましょうよ。
遠くに山々。川音が聞こえる
白魚のような足首(手じゃないのよ)に秋の水が冷たいわ。
「おたまちゃん。働き者だねheart振り返ると
「あら。ポッ(顔が赤くなった音)田吾作さんheart04

Img_0932

声を掛けてくれる人もなく、二階のベランダでちまちまと洗う

clover
本日はここまで。
明日、誰かに手伝ってもらいながら貼る予定。
昔は大雑把なひっちゃんとぶきっちょなワタクシとでわーわー言いながら貼ったものですわ。

clover

子どもの頃は障子や襖の閉め忘れをよく叱られたものです。
音を立てたり、後ろ手に閉めても叱られました。
そんなこんなで美しい所作の大人になった・・かどうかは??

俳句!!
くまちゃんと遊んでいてすっかり忘れていましたわ・・・


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (3)

2017年9月22日 (金)

草の花


baseballbaseball


草の花/季語・三秋 
 秋に咲く草花。山野や庭や道端に名前も知られず小さく可愛く咲く花の総称である。

・ 

  「死ぬときは箸置くやうに草の花」 小川軽舟

周囲では、「好きな句」としてこの句を挙げる人が多い。
遠くない未来にやってくる、その時を端正に、ていねいに、静かに、満ち足りて迎えたい。
繰り返すつつましやかな日常が草の花という季語によく響く。

clover

或る程度の年代に入ると、あるいは身近な人との訣れを経験すると、人は自分の死について思いを馳せるようになるものらしい。

夫のことで「死」をとても近しいものに思った。
「死」は日常の延長であり、特別な事でもなんでもない。
それは忌むべきものでも、悲しむべきものでもなく、むしろ親しい、例えば紙の裏表だと思った。
ひねってくっつければメビウスの輪だ。

母との訣れで死に方を考えた。

clover

秋草という季語もある。こちらも同じく広く特定しない「秋に咲く」花の事を指すが、私の感覚では、こちらはちょっと立派。吾亦紅とか桔梗とか水引草とか名前がついていたりするかんじがある。しかし決して華やかではなく、はかなく、つつましやかである。

  「あきくさをごつたにつかね供へけり」 久保田万太郎

好きな句である。
供えたのは男の人。その乱暴に見える供え方が悲しみを一層深くする。

夫の葬儀の時、ずっと怒っている人がいた。
あほだ。馬鹿だと言って、夫の事を「大嫌いや」と泣いてくれた。

clover

生きざまは粧うもの。生き方は粧われるもの
死にざま死に方も同じだと私は習った。

とりあえず、今は

大騒ぎしてみんなに迷惑を掛けて死のうかなと思っている。
「箸置くやうに」の域にはなかなか到達しようもない

  「がんばるわなんて言うなよ草の花」 坪内稔典

ずっと、この句、池田澄子さんだと思っていた。
ネンテン先生でした。
男の人ってやさしいのね。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

より以前の記事一覧