俳句・吟行

2019年8月 7日 (水)

原爆忌



俳句では「原爆忌」は夏の、「終戦記念日」は秋の季語です。
あいだに立秋を挟んでいるからなのですが、
「原爆忌」のやりきれない怒りと悲しみ、
「終戦記念日」の悔恨と寂寥感
のような季語の持つ微妙なニュアンスの違いは「季節」に依るところもあるのではないかと思っています。

  
今月の兼題は「原爆忌」傍題に原爆の日。広島忌。長崎忌。

う~ん。原爆も戦争も体験していないですからね。
いまだかつて、一句も作ったことがありません。

この季語で思い浮かぶのは・・・
クラスメイトに「私、被爆二世なのよ」と打ち明けられた。
彼女の雰囲気から「へ~。それって隠さなアカンことなん?」と驚いた。想像力の貧困な、わかっちゃいない女子だった。自分。

母から聞いた話。
徴用逃れの工廠で一緒だった男性が、所用で実家に帰ったのが8月5日。

数週間後に「おかげで何事も無かった」と家まで会いに来てくれた。その一か月後、体中の穴と云う穴(母もまた聞き)から血と膿を噴き出して亡くなった。
その人と母は同い年、19歳だった。

  
私19歳の時、広島の原爆資料館や平和公園に行きました。
何も・・と言うのは語弊があるけれど、あまり、感じるものがなかった。
それが正直なところです。
私が特に鈍い人間なのかもしれない。
あまりにも想像力の及ばない世界だったからかもしれないけれど。
今ならどうでしょう。私も大人になったので・・。
被爆体験者の知り合いもでき、話も聞き、本も読んだ・・
でも、どうでしょう。本当のところは何もわかっていない気がしています。

  

L
(2015・夏)
 

  
さて。俳句です。

 「コンクリートに木の影折れて原爆忌」

 「梅干が真中にひとつ広島忌」

 「ヘアピンに鉄の匂いや原爆忌」

 「熱中症に座して八月六日なり」

 「土塊のゆらめいてをり原爆忌」

 「散水車九条署名に近づきぬ」

はあ。とりあえず・・・こんだけ作りました。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2019年7月13日 (土)

父と子の距離感



電車に乗り換えるため向かい側のホームに並んだ。
今の電車で一緒に下りてきた大学生らしい二人が私の後ろに並ぶ。

「隣にひげの男の人がいたやろ?」
「うん」
「あれ、親父やねん」
「うっそ~!なんで言うてくれへんねん!挨拶せなあかんやん!俺。めっちゃ礼儀知らずやん!」
「ほら。今、二つ向こうの列に並んでる前から二番目や」
「ああ。あの人。ビン・ラーディンみたいやな。めちゃカッコいいやん」

急行電車が入ってくるまでの間に、話はつづく。

お母さんと仲は良いが運転が荒いので叱られること
弾みで入った会社が性分にあっていたらしいこと。

「ああそれで、フレックスで今の時間で私服で髭もOKなんや。カッコええなあ。今どきやなあ」
「・・・・」

散々な言い方で父親のことを友人に話しているのだけれど
ああ。この子はお父さんが好きなんだな。と思う。
友人の褒め言葉にどんな顔をしているのだろう・・・

 

コチラは梅雨入りが遅くて、今が梅雨の最中。
7月なのに6月の感覚だ。

心の兄。NANTEIさんの6月詠に「父の日」の句があり
サラリと深く「父親」というものを詠まれ感じ入った。

たまたま、私も「父」の句を作っていて句会に持っていったのだが
殆どの人が「子」を「男子」と鑑賞してくださっていた。
(俳句は作者不明で出します)


   「父と子の隔たりにあり蝸牛」 おたま

 

Img_0394

 

俳句、コツコツやってるんだけど、なかなかブログにUPできません。

  


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2019年6月20日 (木)

俳句とわたし



句仲間のT子さんが、次の句会に二人の婦人を連れて来られるそうだ。
「プレバト」の影響力はすごい。
敷居が高い。年寄りのやるもの。と考えられていた「俳句」に門戸を開いてくれた。


 

「おたまちゃん。わかってるよね?」

はいはい。百も承知でございます。
飛んで火にいる夏の虫 
せっかく「はいろっかな?」と考えて下さっているのを、
ギュッとひねりつぶしてポイなんてこと
どうしてワタクシにできましょうか。オ・マ・カ・セ  あれ。

T子さんは俳句よりむしろ短歌歴の方が長く、
「俳句をやる人間」と「短歌をやる人間」は別の人種と思っている私には理解しがたい。
まあ、出来る人はなんでもできるのね。

出来る出来ない、上手いヘタは別として
趣味としての「俳句」をやってきて良かったと思う。

Img_4726

夫が亡くなった時、たしか、ひと月、ふた月休んだ。
その時、東京の先生から手紙をもらった。
「俳句から離れないで。俳句は必ず貴女の支えになってくれますから」
当時80歳半ばを過ぎておられただろうか、ダンディで憧れの先生だった。

今も続けているコチラのカルチャーの先生からも「みんなで待っていますから」という暖かい言葉をかけてもらった。
お二人とも今は空の上である。

そうだ!
「いつも、良い句のそばに居なさい」とも言われてたんだっけ。

新しく参加されるお二人にはホントに申し訳ないわ。
まあ。楽しくやっていきませうね。

まずは、「プレバト俳句」で手垢がついた頭をごしごしと洗って差し上げるわね。
いっけない!T子さんに叱られるところだった。

     


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (10)

2019年5月11日 (土)

葉桜が美しい



いつからでしょう新聞の「桜だより」が情緒もクソ何もなくなったのは。
昔は「蕾固し」から始まり「蕾ふくらむ」「蕾ほころぶ」・・
ずっとあって、「落花盛ん」「散り果て」「桜しべふる」「葉桜」という表現だったと思います。
とても残念。あたしが新聞社社主なら元に戻す。


で、今月の兼題は「葉桜」であります。
あれほど咲き誇った桜が、ちょうど今の時期、きらきらとした生命力で再び見る人を惹きつけます。
明るい五月の空に透ける「葉桜」はすがすがしい初夏を感じさせながら、
どこかに「春愁」の気分を引きずっています。

な~んちゃって。

     葉桜に触れて行きたる弓袋

2008作・もう10年ほど前ね。
青春18きっぷでガチャピン(ご近所友)と岡山方面へ行きました。
吉備大社での光景です。弓道場でもあったのかな?

・・・・・・・・・

 

     葉桜のうしろ明るき神戸港

2014作・神戸大学の正門の広い階段を上りきったところで後ろを振り向いたときの景色です。
キラキラと光る海。授業中の構内は静かで、しかし若い人達の希望が充満している場所でした。

・・・・・・・・・

 

⇑ ⇑ どちらも素直に詠めたと、自分では納得の句(でへ)

 

兼題が出たら、同じ季語で作った自分の句を調べてみます。
その時の状況や、心持ち。そばに居た人、会話などがすぐに思い出され
これが俳句のとてもいいところだと思っています。

ところが

頭の中で考えて作った句にはそれがありません。
上手い事できたわ~と自己満足しても、決して自分の思い出深い「好きな句」にはならないのです。

 

 葉桜や入りてすぐ出る小間物屋

 葉桜や膝に分け合ふ菓子いろいろ

 葉桜やかつて駅には伝言板

 

きっと、こういう景色は経験している(だから詠む)のだけど
自分にとって想像の句は想像でしかありません。
それでいいのですよと言われる指導者もおられるけど・・

Img_4504
(今年の桜。今頃は・・)

(やっぱり現場主義にもどるっちゃ!あたしゃさすらい刑事か・・)

残りの兼題は「茉莉花」「麦の秋」
ジャスミンの香りを求めて・・麦畑を探しに・・・
行かなくっちゃ。

 

      


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (4)

2019年4月 1日 (月)

三月の俳句・自句自解


 


今年は月末にその月の俳句を載せようかなあ。なんて考えていた。
のに。4月にはいってしもた。
3月。怒涛の3月だったよ。青天の霹靂。
ココログの仕様変更のことではありません。あたしのプライベート。
きっと前世の行いが悪かったんだと思う。やれやれ。
ま。それも今日で(というか、数時間前)ひとまず片付きました。

そんなわけで、今月俳句が全くできていません。
でも、いちおう3月の俳句をUPしておこうと思います。
偉いぞおたまちゃん。がんばれ~。
写真の貼り付けの練習にもなるしね。

  ⚾

Dsc02240

「強東風に忘れしことを又忘れ」

強東風は「コチフカバニホヒヲコセヨムメノハナ~」のコチの強いversionね。
「ツヨゴチ」と読みます。もうすぐ春だなと感じる風なんだけど「強」だから寒さが身に沁みるのです。
ぼ~っと生きてるから、こんな風に「ぴゅー」と吹かれた日にゃあ。
そりゃあもう忘れますよ。いろんなこと。しかたありません。

「忘れる」ことは、なんて素晴らしい!
私ね、年をとって良かったな。と思うのは「忘れる」ことが出来ることなんです。

今、深いこと言いましたよ。ついて来てくださいよ。

Dsc02223  春が来ると寺や神社の境内に苗木市がたつ。テントの脇にこんなかわいい梅の小枝がズドンと言う感じでバケツに入れられていた。これは苗木ではなく、苗木を買ってくれたお客さんへの プレゼント。
 お昼どきになると、テントの中からいい匂い。七輪で干物を焼いておられた。
 七輪は暖をとるのにも使える。春はまだ浅く。寒い。
 季語は「苗木市」

 

「テントより昼餉の煙苗木市」

・・・・・・

残り三句はまた明日(以降)書きます。


画像の回り込み(写真を左に寄せて右に文字を入れる)をやってみたけど
メチャ不細工です。改訂前は簡単に出来ていたのだけどね 💢

「怒り」マークを24フォントの赤色で指定してやったぜ ⇑ ⇑
どうだ!

本日ここまででいっぱいいっぱいですわ。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2019年2月28日 (木)

二月の俳句・自句自解



俳句というものは外に出してしまえば好き勝手に読んでいただければよいわけで
自分の句を説明したりするのは余程の大御所しかなさらない。
でも、いいのいいの、記録して記憶して置くだけだから。ぺろり。
グダグダ言わずに 行ってみよ~といふわけで二月

313_016
(大阪市浪速区新世界にて)

    「霾や下駄屋に終わるアーケード」

わいは、そんなアホやないわい!
立ん坊人生味なこと。通天閣も立ん坊や。
浪花男は通天閣を見上げては闘志を燃やす(らしい)

霾る(ツチフル)は黄砂が降ってくること。
春の訪れを黄砂で感じるのは関西以西だけか?

Dsc04556

    「女子会のだらだら終わる花菜漬」

もう、お漬物だけになってしまったのに、しゃべる。
じゃあ、そろそろ・・と、立ち上がっては、まだしゃべる。
お店の出口で、エレベーターの前で しゃべり続ける

Img_4332

    「春暁の山の端に月ケトル鳴る」

ケトルの句だからケトルの写真。
花菜漬けには漬物の写真だ。
「ふ」  なんて言わないでいただこう。
「写俳」などというクオリティを目指しているわけではにゃい。
と、保険をかけておく。
写真は我が家の「ローズ」と「マリー」

026


    「二人ゐて違ふ物芽に踞みけり」

男なんてシャボン玉
自分が何をどうしたいのかを優先させればいいんだよ。
と、ややお疲れ気味の人に先輩気取りで言ってみる

「ゐる」という事が大切。距離が大事。なんてね。

Img_2181
「竹の秋」という季語がある。
「秋」なのに「春」の季語だ。
凋落を思わせる私の大好きな季語。

「竹の春」という「秋の季語」もある。
こちらにはキラキラした透明な空気を感じる。

季語は楽しく奥深い。

「春光」は、本来は春に射す「光」ではなく
春の景色そのもの、全体をいうそうだが、近年は「光」を詠むことも増えているらしい。

定義に事実が勝る?
どこかで聞いたようなハナシ。

この句はあくまでも「春の景色」
まばゆく、明るく、柔らかい人だった。
五年前の葉桜の頃に亡くなった。Mちゃん。

    「春光や話すに首を傾ぐ癖」


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

理由がひとつになった。



寒い(さむい)事を寒い(さぶい)って言うんです。私。
メチャ寒い(さぶい)ときは、さぶっ!って言います。
男らしいでしょ

北島・・・・さぶっ! 祭りだ祭りだ。男の祭りだ。

今朝は山も野原も屋根も道路も一面に雪が積もっていました。
昨日から冷えてたもんね。

今日は、坂上二郎さんに野球拳で負ける気がしない。
ほど着こんでいます。

らっきょ。人間らっきょ。らっきょ未亡人。
お手洗いが面倒くさいので、紙パンツ買って来ようかと思っています。

嘘やで。真に受けないで~。

昨日は京都の有料老人ホームへ移られたH子さんを訪問しました。
今月の吟行です。訪問は今回で3回目です。
H子さんは句仲間。ホームに行かれて7年と数か月になります。
その時にプレゼントしてもらった屏風は我が家の宝になっています。

一回目に訪問した時はわー~きゃ~すっごい~と
行き届いた施設のすばらしさや豪華さに驚きました。
でも、経済的にも年齢的にも自分とは無縁やな。

と、思っていました。

ところが今回、経済的な条件は変わっていないけれど「年齢的」なことに違和感を感じなかったの。自分でもビックリ!
だって、入居者の方の中にはとても、お若く見える方がちらほら。
皆さん。お洒落です。
いったいあたしは何歳なんや!(人に嘘ばかりついてるから自分でもわからん)
このホームに入っても全然違和感NASA宇宙ステーション。

かようなホームに入れるわけないんだから
どうでもいいわ(なぜか怒ってる)

H子さんとっても喜んで下さって、
ワイワイがやがや押しかけたのに歓待して下さいました。

 「パン屑の少し重いか雀の子」 H子

相変わらず、心優しい句です。
兼題は「芽」
「硝子の花」を初めて知りました。今球根を育てているそうです。

H子さんは少しお耳が遠い。
今までは要約筆記で私が通訳していたけれど
句仲間が「声で筆談」というアプリをチャカチャカとダウンロードしてくれて
まあ・・スマホって本当に便利です。

「五句」と言ったのに「僕」とか「極」とかになる。
それは、コチラのせいね。

お互いの「元気」を確かめ合ってとても良い句会になりました。
ホームの梅は3~5分咲でした。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (1)

2019年1月30日 (水)

一月の俳句・自句自解



Img_4182_2山を切り拓いた住宅地には、いくつかの池が点在する。
季節になると鴨がやってきて、季節になると帰ってゆく。
友人宅へ向かう道すがら

Img_4181

      どの道も鴨池へ出る冬日かな 

黒いキャスケットに真っ白のシャツ。
カホン奏者の彼はギターも弾くらしい。清潔感溢れる青年は美しい。

Dsc07774
    

  弦の音の凍つる「シクラメンのかほり」

Img_2886

誕生日には必ず一句は作っておきたいと思う。
それも出来るだけ明るい句を。

ご近所の友人から林檎をいただいた、思わず唇を寄せたくなるような赤。

      誕生日冬林檎煮るワインの香

.

Img_4132

今年の初参りは四国徳島の太龍寺。
好天に恵まれ、良い初旅であった。

   初旅の山に影置くロープウェイ

.

Dsc05160


   検診の結果良かりし冬薔薇

年末に受けた自治体の検診で引っかかった。
保健婦さんが暗い顔をしてやって来た。
精密検査の結果は掲句の通りだが、子どもたちに心配をかけてしまった。
次回は黙っておこう。オオカミ少年と思われるのは嫌だ。

冬薔薇(ふゆそうび)、深紅をイメージする方が多いようだが
私は「白」


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2019年1月16日 (水)

注目のジビエ料理とは



トンと昔のこと(でもないか)
あれは去年の11月15日のことじゃった。
じい様とばあ様が五・六人。裏の林をさまよっていただよ。

集団で山に置き去りにされた?
馬鹿こくでねっ
おらだちは徘徊 吟行をしてただよ。

今日はやけにバタコが通る。
バタコといってもジャムおじさんの助手ではないぞ。
バタコ(バタバタともいふ)は昔はオート三輪車のことを言ったもんだが、あたまの切り替えのヘタなウチラは今でも軽四の事をバタコといふのだ。

その軽四輪トラックが狭い林道を砂利や砂を蹴散らかして猛スピードで山へ入っていくんだ。
決まって、助手席や荷台には犬が乗っかっている。

犬ったって、値札つけられてゲージの中でふてくされているような犬じゃねえ。
みんな凛々しいんだ。絶対にショップの店頭ではお目に掛かれない、和犬の見るからに雑種。決まって中型犬だね。

それらが揃いもそろって口輪ををはめている。

まるで出走直前、ゲートになかなか収まってくれない競走馬みたいだ。
目は血走り、吐く息荒く(たぶんやで)チョー興奮状態。
自分の仕事をちゃんとわかってるんだね。
騎手(バタコのおっちゃん)も前のめりでハンドル握ってるよ。

今日は15日だっけ!
カズオちゃんが大きな声をあげた(まだボケていない)

そうだ。今日(去年の11月の話)は狩猟の解禁日だ。

アタシが住む辺りは、フツーに
ガードレールに猿が座っているし
ウリ坊が側溝を全力疾走してるし
鹿が交通事故に遭ってるし
熊の目撃情報も掲示板に貼ってある。
キジが田んぼまで出てくることもあるし
⇑ 以外にも鴨・うさぎ・野鳩などを食べさせてくれる店もある。

だから

マダムが「最近注目のジビエにはまっていますのよ」なんて小指を立ておっしゃられても
ビビる必要はないのだ。

自分の領地で狩猟をした上流階級の冬限定のごちそうをフランス貴族でもない日本人がジビエ。ジビエともてはやすのはなーんか腹立つ。

俳句には「薬喰い」という力強い季語がある。

何を怒ってるんだろ自分。

Img_3959宅地開発で山もずいぶん狭まった。35年前は猟銃の音を耳にしたし、子どもたちにも山に入るなと、よく注意したが今は「しかけ」が主流らしい。

  「遠吠えや一戸に一個木守柿」

  「軽トラに犬乗せ猟期来たりけり」

  「山へ入る猟師のエンジン音猛る」 おたま

猪肉屋の店主は「通はオスがエエって言わはりまっせ」というが
あれは、オスが余ってくるからそういうのであって、
あたしはやっぱりメスのほうが美味しいと思う。
お母さんが倒れた横で子どもがうろついていたら子どもも連れて帰る。
路頭に迷うからだ。

Img_4154

Img_4174手前のヨカちゃんの事ではない。

⇐こっちこっち。
この子達は猟期が終わる3月になると山へ帰される。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (4)

2018年12月17日 (月)

俳句で振り返る今年



気ぜわしい気ぜわしいと言いながら12月も半ばを過ぎました。
予定をコツコツこなしています。
何とか元気にあと2週間を強行突破して正月に滑り込みたいです。
「忙しい」を作っているのは結局自分なのだから誰にも文句は言えません。
来年から生き方変えます。

 ほんまでっか!!


あ。さて・・
今年も不熱心だった「俳句」
課題の「恋」の句も作れなかった。
妄想で俳句を作るのって邪道じゃね?
いまさら言ってもしかたないわね。
負け犬の遠吠え。ワオ~ン

《熱燗》

おでん屋の棚に古りたる燐寸箱

 熱燗や肘の触れあふほどの距離

 熱燗に切りだす別れ話かな

一応今月は出してみる


と、いふことで一年を振り返ってみました。

 

子らの来てしぐれ明るき誕生日

  遺されてバレンタインの日なりけり

  軍縮を語らひながら蓬摘む

  音ほどに高く上がらず紙風船

  存問の着信しきり梅雨出水

  荒梅雨や机の端を蟻がゆく

  夏の蝶リフトの足にまとはれる

 弁慶の幕間の熱衣かつぎ

  マスターは元教師らし秋の雨

  秋深しカレーの匙に映る顔

 雨降れば流れる橋や雪蛍

 またWHAMの歌が流れてクリスマス

おそまつさまでございました!


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

より以前の記事一覧