俳句・吟行

2017年10月 1日 (日)

季節が入れ替わる・残る巣


baseballbaseball


Dsc03736
秋ですね

Dsc03742

世界が紫色だわ
Dsc03741

clover

この季節、見たいと思っても、なかなかチャンスがなく
でも、一度見たら忘れられない

それが、「帰燕」(きえん)です。
「燕帰る」「秋燕」はたぶん、私の一番好きな「季語」です。

燕が帰るのを今まで3・4回見たことがあります。
感動的な景色です。

燕たちが南の国に帰る準備をしているのです
声を掛け合っているのでしょうか、何処からか集まってきます。
数羽がひと塊となりいつの間にか空を暗くするほどの大群が出来ます。
中には今年生まれた子燕もいるでしょう。
電線がたわむほど止まっています
全員集合したかな・・
やがて、その大群は空の彼方へ消えていきます。

120708_011 Img_0829


左は町中でもよく見かける燕です。
右はここに住んで初めて知った燕の巣
引っ越してきた頃
「北支でよく見かけた」と近所のおじいさんが教えてくれました。
入り口がすぼんでいるのは寒い場所に適応するためでしょう。
ああ。この町はやっぱり寒いんだ。とおもいました。
「北支」・・その世代の人しか使わない言い方です。
ウチの舅さんと同じところへ戦争に行かれたのかなと思いました。
左の燕より小型でずんぐりしています。胸が赤かったかな?
名前も聞いたけどわすれました。

この子もあの子もみんな温かいところへ帰っていったようです。

clover

燕の句はいっぱい作っているのに
なぜか、「帰燕」で詠んだことがありません。

 燕去る鶏鳴もまた糸のごと     飯田龍太
 秋燕や高齢にして見ゆるもの   宇佐美魚目


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2017年9月30日 (土)

障子洗う


baseballbaseball


「障子洗う」「障子貼る」「障子(襖)入れる」は秋の季語です。

我が家なんて年がら年中、障子を建て付けてあるけれど
本来、障子は防寒のための建具。
涼しい風が吹き始めると、蔵や納戸から出してきた障子を洗い、新しく張替え、間仕切ったそうです。
だから「障子」だけだと、冬の季語という事になります。
Img_0934_2
(歌川国芳)

clover
へへへ。今月の兼題が「障子洗う・貼る」なんです。
へへへ。偶然にも貼り替えようと思っていたんです。
何というGoodなタイミングでせう。

Img_0923

くまちゃんもお手伝いです。

Img_0927アチャチャチャチャチャ

くまちゃんが
秘孔を突きましたimpact

お前はもう、死んでいる

Img_0931_2
お疲れのくまちゃん。
祭は始まったばかりだぜ。

clover

昔なら、これを川や池に持っていって洗うのです。
亀の子タワシで・・
もっと前なら藁をぐしゃっと丸めて。

そりゃあ。俳句もできましょうよ。
遠くに山々。川音が聞こえる
白魚のような足首(手じゃないのよ)に秋の水が冷たいわ。
「おたまちゃん。働き者だねheart振り返ると
「あら。ポッ(顔が赤くなった音)田吾作さんheart04

Img_0932

声を掛けてくれる人もなく、二階のベランダでちまちまと洗う

clover
本日はここまで。
明日、誰かに手伝ってもらいながら貼る予定。
昔は大雑把なひっちゃんとぶきっちょなワタクシとでわーわー言いながら貼ったものですわ。

clover

子どもの頃は障子や襖の閉め忘れをよく叱られたものです。
音を立てたり、後ろ手に閉めても叱られました。
そんなこんなで美しい所作の大人になった・・かどうかは??

俳句!!
くまちゃんと遊んでいてすっかり忘れていましたわ・・・


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (3)

2017年9月22日 (金)

草の花


baseballbaseball


草の花/季語・三秋 
 秋に咲く草花。山野や庭や道端に名前も知られず小さく可愛く咲く花の総称である。

・ 

  「死ぬときは箸置くやうに草の花」 小川軽舟

周囲では、「好きな句」としてこの句を挙げる人が多い。
遠くない未来にやってくる、その時を端正に、ていねいに、静かに、満ち足りて迎えたい。
繰り返すつつましやかな日常が草の花という季語によく響く。

clover

或る程度の年代に入ると、あるいは身近な人との訣れを経験すると、人は自分の死について思いを馳せるようになるものらしい。

夫のことで「死」をとても近しいものに思った。
「死」は日常の延長であり、特別な事でもなんでもない。
それは忌むべきものでも、悲しむべきものでもなく、むしろ親しい、例えば紙の裏表だと思った。
ひねってくっつければメビウスの輪だ。

母との訣れで死に方を考えた。

clover

秋草という季語もある。こちらも同じく広く特定しない「秋に咲く」花の事を指すが、私の感覚では、こちらはちょっと立派。吾亦紅とか桔梗とか水引草とか名前がついていたりするかんじがある。しかし決して華やかではなく、はかなく、つつましやかである。

  「あきくさをごつたにつかね供へけり」 久保田万太郎

好きな句である。
供えたのは男の人。その乱暴に見える供え方が悲しみを一層深くする。

夫の葬儀の時、ずっと怒っている人がいた。
あほだ。馬鹿だと言って、夫の事を「大嫌いや」と泣いてくれた。

clover

生きざまは粧うもの。生き方は粧われるもの
死にざま死に方も同じだと私は習った。

とりあえず、今は

大騒ぎしてみんなに迷惑を掛けて死のうかなと思っている。
「箸置くやうに」の域にはなかなか到達しようもない

  「がんばるわなんて言うなよ草の花」 坪内稔典

ずっと、この句、池田澄子さんだと思っていた。
ネンテン先生でした。
男の人ってやさしいのね。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2017年9月18日 (月)

台風を詠む


baseballbaseball


台風18号が律儀にも、日本列島を舐めるように通過しました。
津々浦々の諸兄諸姉に置かれましては被害など御座いませんでしたか?
長年、お米を送ってもらっている新潟の契約農家さんちがすっぽり暴風雨域入ってました。
稲刈りシーズンに台風ってやってくるんですよね。ふ~っ。

clover

何というタイミングか今月の兼題は「台風」
つーか。台風が来るらしいと聞き及びコレに決まったんだけど。

タイフーン(typhoon)に漢字が充てられて「台風」になったそうなので
外来語がはいってきた明治以降の「新しい季語」という事になります。

「野分」 昔は台風の事をこういったそうです。
ノワキ。って読みます。

野分めく風に心を寄せ風雅に浸る。
野分が壊した垣などに美をみいだす。
「いみじう あはれに をかしけれ」
自然の微妙な情緒を感銘深く詠む

ムリdownアタシには100年早い。きっと。たぶん。パハップス。

clover

(以下作ってみる)もちろんだが台風で

台風近し案山子束ねて田に寝かす

屋台店括りつけられ台風来

台風の通ってゆきし大師道

天気図の端より台風やって来る

台風来頑丈なダム我が町に

大臣の失言またも台風過

家ごとに点る灯りや台風来

台風の中心付近パンを焼く

clover

例句を調べたら、「台風の目」と「自分」の取り合わせが沢山あってビックリ。
村上春樹にふけったり
けつねうどんを食べたり
タバスコを2・3滴落としたり
小田和正を聴いたり・・・・

これじゃあ、アタシのパンを焼くなんて平凡極まりない。
でも、本当に焼いたんだから仕方ない。

clover

好きなのは

「蛸焼を買ふ台風はまだ遠く」 大串 章

これ「たこ焼き」じゃなくて、「サザエの壺焼き」だったらちょっと怖いわね。
海が荒れてますよ~~。

などと、エライ先生の御句に突っ込んでみる。

いずれにしても「台風」に「野分」の情緒は求めなくてもよい。
と。アタシは勝手に思った。思っている。そうだわきっと。

Img_0859我が家の台風18号被害

植木鉢×1


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (5)

2017年9月14日 (木)

秋暑し


baseballbaseball


ぢ~~。あぢ~よ。
30℃なんだって!sun
今日は秘密結社の集会が我が家であり、さきほど終わりました。
エアコン入れただよ!

一人で爽やかに暮らしていると人口密度の急増に呼吸困難になりそう。
特に男の人ってかさばるわね。
夫帯の奥様方にお悔やみ申し上げる次第です。

clover

残暑は初秋の季語です。傍題として
残る暑さ・秋暑しゅうしょ)・秋暑し・餞暑せんしょ
があります。

同じ今頃の「暑さ」でも使い方に大きな違いがあります。
これを使い分けなくっちゃね。おたまちゃん。
(自分で自分に言い聞かせる健気なアタシ)

clover

残暑はまだ夏を引きずっている

    「異人坂へ坂のぼり行く残暑かな」 おたま

秋暑はもうすでに秋になったという気分があります。夜はひんやりするが日中はまだまだ暑い。

    「おくれ毛の首に纏へる秋暑かな」 おたま

残暑の(Z)。秋暑の(S)。音の耳触りにも違いがあります。
アッツ苦しいなあもう・・というのはどっち?
そんなことまで考えてますねん。
考えたところで止まってますけどhappy02

clover

   「秋暑し蔓のあるもの皆捻ぢれ」 おたま
    (アキアツシツルノアルモノミナネジレ)

これは、「ツシ」にしました。

bleah

ヘタな俳句ほど自分でぐじゃぐじゃ弁解するんです。
ごめんあそばせ。

Dsc03755


(おまけ)

 「秋暑し鞄にポケット多すぎる」 おたま

これは本音。んも~っ!


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (6)

2017年9月 4日 (月)

この夏の俳句


baseballbaseball


夏からこっちの句を。

7月兼題から
          短夜の赤く大きな月低し

         犬小屋のからつぽなりし枇杷熟るる

         ひまはりへおおと手を挙げ赤ん坊

7月は夏風邪で寝込んでいた。
数合わせで作ったけど力が抜けたのが幸いしたのか、結構高評価でした。
コネ回さないのが一番。

8月兼題から
         無花果の重さ嬉しき掌

        またひとつ塞がるる井戸ねこじやらし

        かなかなや山囲ひなる父祖の墓

「嬉しき」がどうかなと思うけど「掌(たなごころ)」が喜んでいるので、ま、いいか。
自分では実感の句。いちじく大好き。
「父祖」は最初「夫(つま)」にしてたけどセンチメンタル過ぎて却下した。実景です。

B

そいでもって、9月ですわ。
「秋思」・・・だれだ?こんな難しいのを出したのは!
「春愁」のけだるさではないのよね、もっと思索的な物思い。

       「わが愁思柱に残る昼の熱」 

柱は自分自身・・なんちゃってcoldsweats01

結構、「秋思」でみんないい句を出してくる。
チャレンジが大切です。

clover

関東は雨続きで涼しい夏だったそうですが、こちらは暑かったです。
残暑厳しいっす。

      「夕菅や抽斗に熱籠りをり」


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2017年8月30日 (水)

浴衣吟行はしゃぎけり


baseballbaseball


コスプレ大会ではありません。

Img_0798今月の句会は
「浴衣の会」でした。

写真、加工しすぎて不気味。

clover

浴衣を着たからどうだ!
ということはないのです。

ただ、面白がってるだけ。
この残暑厳しきマッピルマにね。
じいさんばあさん。おおはしゃぎです。

 「浴衣」は夏の季語。
和服離れの現代では湯上りに着るという本来の用途ではなく、お祭りや盆踊りや花火に出かける、「夏のイベント」用という感じですね。

   「母に似し足指なりし浴衣下駄」 おたま

この日はいつもよりちょっと「張りこんだ」お弁当を取りました。

その後ですわ。

吟行と称して、お散歩。
この日の会場のA家のそばに大きな池があるのです。
銀やんまがたくさん飛んでいましたよ。

あれだけ、(外に出るな!と)五条坂の偽舞妓を罵っていたのに、不審な年寄の団体が池の周りを廻ります。
幸か不幸か中学生1名。(うちらよりもっと)おじいさん1名に出会っただけでした。
一瞬「おっ!」とされましたよ。新手の宗教か?って感じで。

Img_0816


  「底紅やゆつくり過ぎる下駄の音」 おたま

底紅(そこべに)は木槿(むくげ)の通称で初秋の季語です。
写真は我が家の庭のものですが、実際にこの日見たのは真っ白の花でした。
人家の低い塀の上に、溢れるくらいたくさんの花をつけ、それは見事でした。

大阪を代表する俳人、後藤夜半の忌日は「底紅忌」と名付けられています。
   「底紅の咲く隣にもまなむすめ」 夜半

clover

Img_0799(おまけ)

色々な帯結びがあるのですね。
着付け勉強中のT子さんが全員に結んでくれました。

男性陣のうち2名は夏袴。
昔の日本人(体型)だから、それはもう、お似合いでした。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2017年7月26日 (水)

京都祇園祭・曳山巡行


baseballbaseball


昨日の最後の写真。男性が腰に何かを挟んでおられるでしょう
粽(ちまき)といいます。茅の輪の「茅を巻く」からきています。
Img_0718
一年間、玄関先に掛けるお守りです。
京の町でよく見かけます。

「蘇民将来子孫也」
うっとこ(Our home)はおショウライさんの子孫やねんし!厄病や災難はベロベロバ~
という「護符」が貼ってあります。

よく、お守りを「買う」というでしょ?
私、それは違うんとちゃうかなって思っています。
神様から授けてもらう「授与」
そゆことじゃないんかなあ。

clover

Img_0682
河原町通りを市役所の方から鉾がやって来ました。
先頭は「長刀鉾」です。
(いっこちゃん。ここから北に上がったところに、あの靴屋さんがあるよ。そうそう。いっこちゃんが山のように買った靴!履いてる?)

foot happy01

まあ。皆さま!ご覧くださいまし。鉾ではなく・・

「スギ薬局」

そして、写ってはいないけどこの先にある「パチンコ屋さん」

京都景観条例でどないかならんもんですかねえ。
コンビニやファストフードのお店はそれなりに努力して景色に溶け込んではりますよ!

小学校が廃校になると、すぐにP屋さんやややこしい呼び込みの店が建ったのね。京都市、考えてもらいたかったわ。

clover

Img_0685

 「笛方の揃ひの浴衣半身なる」 おたま

Img_0688Img_0692


まさに「動く美術館」です。後祭では10基の鉾が巡行します。

しんがりは「大船鉾」。蛤御門の変で焼失した鉾が150年振り(あってる?)に復興されました。
沿道から拍手が起こっていましたよ。
Img_0710

・。

    「曳山をしばし留めて馬の尿」 おたま
     (ヒキヤマヲシバシトドメテウマノシト)

美しい鉾みて、あたしの俳句は馬の尿!どないやねん。
「曳山」で季語になるかどうか???です。

⇑ ⇑ ⇑ (後日変更) downこちらにしました。

    「船鉾を止めたる馬の尿かな」 
     (フナホコヲトメタルウマノユバリカナ)

曳山はやはりどの歳時記にも載っていません。
馬がおしっこをするのは「ハプニング」ですのでこっちの方が正確だと思う。
この場合の尿はユバリと読みます。(独り言でした)

clover
句会はメンバーの知り合いが営む骨董屋さんの二階をお借りしました。
冷たい麩饅頭をごちそうになりました。

Img_0713

 「柳茂る京白川の水音に」 おたま


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2017年7月25日 (火)

京都祇園祭・後祭


baseballbaseball


今月の吟行は「京都祇園祭の後祭」
体調不十分で、行けるかなと不安でしたがこの日は「曇り空」
おまけに京都には珍しく気持ちのいい風が通りを吹き抜けて
やっぱり八坂はんのご利益はすごいですね。

Img_0660
四条大橋西詰。子ども神輿がやってきました。可愛い。

Img_0666
雅どすな~

Img_0667


いっこちゃん。
ここ。酔っ払いのウチラがタクシーを拾ったところだよ。

Img_0678

きれい処がテンコ盛りどすえ。

clover

祇園祭といえば16日の宵祭り・17日の本祭りにスポットが当たっていますが、実は一か月間続く壮大なお祭りなのですよ。

祇園祭をざっくり申しますと。八坂神社の神様がお旅所に出張してくれはるんです。何しに?
って、いうたら、「町内一斉浄化」ですわ。
神様のお越しになる前に穢れを祓い清めて街を行くのが有名な山鉾巡行(先祭
それでもって、八坂神社に帰られるときにも同じように山鉾巡行で清めますの。
これが「後祭・あとまつり」です。
この順番がちょっと変形していたのですが千年の歴史あるおまつりです。「ちゃんとしようよ」という声があがり、今の日程になったのが2014年なんです。

ですので、あと祭はまだ認知度が低い!
見学するにはもってこい!
16.17日は20万人の人出とききますがたぶん十分の一以下。
なのに先祭りと同じ山鉾巡行を見ることができます。

祇園祭に興味のあるかたは調べてみてね。奥が深いですよ。

俳人の立場から申しますと「美味しい」
本番にはない「欠け」と「余韻」と「惜別」・・その微妙な情緒を詠め。
無理や!無理ですばい。

Img_0681
動く美術館といわれる鉾の写真は次回にまわすことにします。(たぶん)

炎天に警官の張る規制線

             おたま

もひとつや!


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (6)

2017年6月13日 (火)

ゆりかごのうえに揺れる


baseballbaseball


似ているけれど・・・

Dsc06712_2
ではない・・・。

clover

コチラ・・・(以下画像はウィッキペディアよりお借りしました

Photo    
(大好きheart04)   イチジク                               
でもない・・

Photo_2

さいな!
「枇杷(ビワ」

clover

枇杷のは仲冬の季語で、どことなく寂しげなたたずまいが魅力です。
おたま作、昔の句。

 「開け閉ての難き雨戸や枇杷の花」

 「花枇杷や慰めに行き励まさる」

ひっそりとつつましく冬に咲く花が「実」になるのが今の時期なのです。
ちょっと!奥様。
実になるまで、時間がかかり過ぎってお思いになりません?

そうそう。「花」ではなくて「実」の方を今は考えなければいけません。
来週の兼題ですねん
俳句では「枇杷」だけだと「実」の事になるようです。

clover

例句を抽いて「枇杷」を考えてみる。
そして、チャート化してみる。
事実を論理で結びつけると新たな発見がある。
俳句は発見だよ。科学だよ。(ああ。訳ワカラン)

黄色い実・明るい。可愛い。甘い。瑞々しい。
種・大きい。黒い。思いがけない。
皮・薄い。剥き方。剥いた後。
そして・・・懐かしさ。寂しさ。つつましやか。

「枇杷」の本意が見えてくる(ような気がする)

 「癒えて旅せんと枇杷をすする兄」 鈴木公二

 「遠き日の屋根に兄をり枇杷青実」 小檜山繁子

 「枇杷並ぶ店の庇の雨雫」 ※

 「びわすする妻をみてをり共に生きん」 ※

 「びわ熟れて釘とか父とかぼろぼろに」 ※

(※は作者不明です)

clover

あたし?おたまちゃん?はい。作りましたよふたつみつ。
ちょっと出す勇気はないけど(いまさら何を!)

   「枇杷熟るる犬とゐた日々遠かりし」 おたま

はらほろひれはれ。
いいもん。時間はまだある。がんばるもん。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

より以前の記事一覧