ちびたま時代

2018年5月 4日 (金)

おじいさんについて語り合う


baseballbaseball


ガチャピンとおじいさんについて語り合った。
おじいさんは大体において「良い人」だ。
花さかじいさんにも、小太りこぶとりじいさんにも意地悪なおじいさんは出てくるが、あくまでも良いおじいさんを際立たせるためのバーター(抱き合わせ)である。

そして、おじいさんといふものは「摩訶不思議」である。
あのひと一体どこのどなただったんだろう・・と、今にして思ふ。

(ガチャピンの場合)

彼女の実家は中国地方のとある神社。
写真を見せてもらったことがあるが、大きなお宮さんである。
子どもだったので事情は分からないが、お宮の離れのようなところにおじいさんが住んでいた。どうも病気だったらしい。おじいさんに三度の食事を運ぶのが子どもたちの仕事で、彼女はそのおじいさんが好きだったので他の兄弟よりたびたび運んだそうだ。
たまにはおじいさんと一緒に竹ぼうきで境内を掃除した。
掃いても掃いても木の葉がひらひら落ちてきた。
ある朝、おじいさんが亡くなっていた。
今思うと、あのおじいさんは今で言う、ホームレスの人だったような気がする。
身寄りのない人の世話をするお父さんだったので、そんな風に思うのだそうだ。

どこからかやってきてしばらく一緒に暮らして、自分にとても優しくしてくれたおじいさん。
ガチャピンにとっての不思議な不思議なおじいさん。

(おたまの場合)

一つ年上のスミちゃんの家は八百屋さんだった。お兄ちゃんが一人いて、弟が二人いた。
兄弟の居ない私はいつもスミちゃんちの二階で遊んだ。近所の子どもたちが大勢出入りしていた。あのころ子どもが沢山いたんだな。
店の奥に部屋がありそこがスミちゃん一家の居間である。
居間の店に近いところに一人用の小さな座卓と座布団が置いてあり、いつも決まった時間にそこに座っているおじいさんがいた。
お酒を出していたようだ。おじいさんは決まって蟹の足をしゃぶっていた。
そして、私はなんと決まっておじいさんの胡坐のまんなかにすっぽりとおさまり、おじいさんが箸でつくつくとほじくりだした蟹の身を口に入れてもらったり、時々はこっそりとコップ酒をなめさせてもらったりした。幼稚園に行く前だったのでたぶん4歳?

スガのおじいちゃん。と呼んでいたのでそれが名前だったのか。畳屋さんだったのかふすま屋さんだったのか。どこのどなただったのか。
自分に優しくしてくれたスガのおじいちゃん。

clover

縁もゆかりも血のつながりもない赤の他人のよその小さな子に
優しくするなんて、きょうびの時代。まずないだろうな。

だから「おじいさんって不思議な存在だ」とおもう人間ももういないだろうな。

Img_2360


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (3)

2018年4月24日 (火)

黒い傷跡のブルース


baseballbaseball


たぶん。おそらく。いや絶対に
私は変わった子どもだったのだろうと思う。

昔、自分は、本当は大人だったんだ。
だんだんだんだん年齢が減ってきて、今の8歳という自分は歳が減ってきている過程なのかもしれない。などと思っていた。

この頃の自分にとって最も怖いことは「永遠」ということだった。
終わりがないということ。
死にたいと思っても自分が死なない。ということだった。
(肉体は滅んでも魂は生き続けるという意味)

死なない。死ねない。永遠に生き続けなければいけないことが
怖ろしくて恐ろしくてたまらなかった。
ああ。終わりにしたい。と思っても終われない。

やっぱり。変なこどもだ。
死ぬのが怖いのではなく、死なないのが怖いなんて。

何しろ子どもだったので。
その考えに至ったというそもそもをすっかり忘れている。

そして、そのころ
自分がこどもなのに
「もし自分に子どもが出来たら、それが男の子だったら、是非ともトランペット吹きになって欲しい」と思っていた。

clover

春駒Ⅱが絶不調なので身軽にしてあげようと色々触っていると
mp3てなファイルがあって曲がいっぱい入っている。

「好きな時に好きな曲が聴けるからな」といって多分、明星氏が入れくれたのだ。
聴きたい曲リストを彼に渡したことがあったけ。
ところがどっこい。肝心のファイルの開け方がよくわかんなくて開いたことなかったんだ。

clover

「黒い傷跡のブルース」

暗い暗い暗い とことん暗くて泣けちゃうcry cry cry

ああ。そうだったのかとおもう。
この曲だったんだ。たぶんラジオから流れていたのだろう。
アタシは小学校の低学年だった。

こどもだもの。テナーサックスとトランペットの違いなんてわからない。
ラッパ。ラッパならトランペットと思ったに違いない。

今聞くと、演歌だにゃ。

この曲。本国アメリカではサッパリだったのが日本で火がついたそうだ。
日本人好み。

小さなJapanesegirlおたまもラジオに耳をくっつけて聞き入ってたのだろうな。

ああ。暗い。

やっぱり変わった子だった。
うんと大きくなって、人間が時間や命の概念について考え始めるのが8歳くらいだときいたことがある。ちょっと納得した覚えがある。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2018年2月26日 (月)

おらおらでひとりいぐも


baseballbaseball


深い事情はよく分からねども
Googleポイントというものを頂戴した。1000円分だ。
うれしいよ。
世間の片隅にひっそり暮らすこんな未亡人に誰が1000円も下さるというのだ。

使い方を周辺の人(真綿嬢)に聞いて
有料アプリというものを入手することにした。
水原秋櫻子の歳時記がエエなheartと思ったら1350円だった。

アタシのスマホは明星氏が契約して明星氏が月々の支払いをしてくれているのでいくらかかっているか知らない。
その上、1000円は賄えるとしても「後、350円足らんから払うといて!」とはいくら生みの親でも言えたものではない。
つーか。手続き(操作方法)がわからない。なんと、うぶな女だ。

「書籍」の最初に出てきた「おらおらでひとりいぐも」(935円だっけ?)を購入した。
芥川賞受賞前から新聞の書評欄で取り上げられているのを知っていた。

関心を引いたのは何と言ってもタイトルである。

clover

教科書ではなかったと思う。
たぶん・・謄写版で刷ったプリントが配られた。

机の端から順番にワンセンテンスずつ読まされた。
多分、4番目くらいだった、私の時に教師はそのまま続けて読むように言った。

長いんだ・・これが・・
方言がはいっている。
「ああ トシコ・・」

クラスにトシコが居た。ちょっとみんながクスッと笑い、私も笑った。
そしてこの言葉に出会う

「ora ora de hitori egumo」

前身の毛穴が開いたような感覚。それを覚えている。
教室中がシンとしていた。

今、まさに死にゆこうとしている「ワタクシの妹」
賢治の悲しみが理屈ではなく迫って来る

なぜ、この部分だけがアルファベットなのか!

clover

風の噂ではトシコは5人の子どもを産んだらしい
(クラスメイトのほうのトシコね)

今頃どうしてるんかな・・
などと思いを馳せながら、この初めての電子書籍を読んでみよう。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2017年10月 5日 (木)

花嫁御寮はなぜ泣くのだろ


baseballbaseball


昨日のばんびさんへのコメント返信で、突然S子を思い出しました。
S子。高校時代一番仲の良かったクラスメイトです。

何だか、気があいました。
コツコツ勉強するタイプで成績も良かったです。

家は、我々の税務署管轄区域で毎年、納税者トップに上がるお金持ちでした。
当時は、そういうこと新聞に載ったのですね。

私がS子んちってお金持ちやなあ、と思ったのは
彼女、月に一度、天満橋にできたマッチャカヤ(松坂屋デパート)の中の美容室に顔そりに行くんです。
「ナンデ、顔剃るのん?」
「だって、髭生えるやん」
「ふーん」
そんな会話を覚えています。

高3の冬休みを利用して車の教習所に行っていました。
卒業まじかになると、「お見合いするねん」と打ち明けてくれました。
秋の婚礼はすでに決まっていたようなものですから、進学は考えていなかったのでしょう。
でも、どうしても「OLさん」になりたくて、当時はカンパイ(関電)やNHKを押さえて就職したい企業ナンバーワンの会社に親のコネで就職しました。

Img_0880 Img_0875


四月生まれのS子は同級生の誰よりも早く19歳になり
秋にお嫁にいきました。

ほんの半年前まで、
先輩と交際しているK子ちゃんの「体験報告」をわーわーきゃーきゃー大騒ぎして聞いていた、私たち、いまの高校生から比べると、本当に子どもでした。
「えっ?なんでそんなことしはるのん?」
「えっ?そこからどうなるのん?」

そんな、仲間のS子がお嫁さんになるんです。

clover
婚礼は三日三晩続きました。
嫁入り道具は時間をかけて、長持ちのようなもので大勢の人に運ばれました
私は両手で持つのがやっとのおおきな宝石箱をしずしずと運びました。
先方の座敷に面した縁側がすべて解放されそれらが並べられました。
応接セットなどは夏用冬用と揃えられていました。
近所の大勢の人が見に来られました。

お色直しの度に友人がぞろぞろと花嫁の後に続きます。
それが何回も繰り返されます。
アチラの家とコチラの家でそれぞれ宴席が設けられていますので、新郎のほうの友人たちはお酒でへべれけになっていました。

clover

18歳(彼女は19歳)の私には色んなことが待ち受けていました。
振り返りたくない18.19歳 happy01
彼女はすぐにママになり
それぞれ歩く道が分かれて行きました。

clover

わたし、気障だけどS子の「悲しみ」を知っていたんです。
なんとなく・・・。

そうだったんだ。と数年前に聞きました。

・・・・
たぶんS子は私の事を好いてくれています。
そう思っています。わたし。^^
勿論私も大好きな友達です。
わたしたちここまでやって来たけど
最後はブイサインで締めくくろうぜ!とそう言いたいです。

電話しよ~っと。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (3)

2017年9月27日 (水)

葡萄の色にあこがれる


baseballbaseball


秋になると 世界は紫色になりたがる

この詩人はだれだっけ・・・
詩はこう続く

葡萄の色にあこがれる

・・・・・・・・

軽便鉄道の寂しい夢がよみがえると
わたしは揺れ
何処へ行くのかと不安になる

・・・・の部分は忘れた。

clover

高校生の頃に読んだ雑誌に載っていた。
その雑誌が何だったかよく思い出せない。高校生向けの雑誌だ。

どういうわけか、クラスでその雑誌を購読していたような記憶がある。
学級費か何かで。
私はなぜか係りをしていて、その雑誌とは別に千趣会のCook・デリカという本の取り扱いもしていた。男子のクラスメイトがお姉ちゃんの為に定期購入をしていたっけ。
マージンを貰った覚えはないが、役得として真っ先に読めた。

clover

先の雑誌だが、詩を投稿するコーナーがあり、茨城県の〇〇ようこさんと言う高校生が常連だった。なぜか詩も何編か覚えている。

クラスの子・・ああ。もう名前も忘れちゃった・・の俳句が時々載った。
俳句そのものより、添えられている短い文章に、記憶がある。

亡くなったお父さんのお供え茶碗が欠けてしまったから、新しくしようかな・・というようなこと。

clover

↑上の詩は、もしかしたら、串田孫一だったかもしれない。
軽便鉄道を知っている世代・・

もし、どなたかご存じであれば教えてください

秋になると
秋になると・・・

この詩を思い出す。

Dsc07652



tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

私が画家になれなかったわけ


baseballbaseball


18日のNHKドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」を見ました。

さすがと言うかNHKにしか作れない映像美であります。
細部にわたる検証と手抜きのない衣裳・小道具。
光りと影のコントラスト。
画面そのものが絵画のようでした。

江戸の天才絵師・葛飾北斎の娘・お栄の物語。
お栄さん。血なのか環境なのか絵に魅入られ修練を積み重ねていきます。

clover

アタシね。自慢じゃないけど「絵」が描けません。
へたっぴ。
だから、絵の上手な人は尊敬するし憧れる。
でもね。生まれつきヘタだったわけじゃないと自分では思ってます。
これは、我が家の情操教育の失敗だったと。

あたくし。コレ ⇓ で育ちました。

Img_0877_2


線の中にきれいに色を塗るのはお得意です。
でもね・・・構成とかデッサンとか全然ダメです。

Img_0878


それにしても、可愛いわねheart
三頭身の女の子。
足首がナイheart04貴女はゾウさんでちゅかheart04

Img_0879
天才絵師にはなれなかったけど

ごはんをいっぱい
食べる子になった。

いいの。それで。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (8)

2017年8月25日 (金)

おそろしや生き人形


baseballbaseball


新聞のテレビ欄がチラリと目に入っただけだから
詳細はわからないんです。
でも、なぜかワクワクする。ドキドキしてしまう朝のワイドショー「ビビット」のタイトルshock

ナゾ拡大!? 消えた生き人形作家新たな証言続々

どうよ!
続々・・ぞくぞく・・ゾクゾク・・ワクワク

どないしはったんでしょ。生き人形作家さん
もしこれがただの「人形作家」だけだったらゾクゾクは半減する。

clover

小学生のとき世にも怖ろしい本を読みました。
江戸川乱歩だったのでしょうか。明智探偵とか小林少年とか出てきたのでしょうか。そこらへんはうろ覚えです。

とても悪い人がおりまして、この人の趣味が「美少女集め」なんです。
美しい令嬢をさらって来ます(はい。令嬢です。原っぱでズロースのゴムにスカートを挟んでゴムとびをしているような野趣豊かな子ではありません)
それでもって、コレクションなんですから展示しておかねばなりません。
まるで生き人形のように・・・
その方法たるや・・・ああ。おそろしい。
小学生のワタクシ、何かをちびりそうになりましたわよ。

部屋の壁にコンクリートで塗り込むんです。
(小学生にこんな本読ませてはいけませんね)
工法(?)は分からないけど四方の壁に数体ずつ・・。
部屋の真ん中にすわって四方八方、令嬢たちを見て暮すという算段であります。
変わった趣味です(それ以前の問題やろ!)
最後の一人と言うところで明智探偵(たぶん)に捕まります。

clover

同じく小学生のときですが、世にも怖ろしい映画をみました。
三本立て55円の東映映画です。
俳優さんは覚えていません。あくまでも「っぽい」ということです。

上田吉二郎or安倍九州男(っぽい)悪徳商人が山形勲(っぽい)お殿様に貢物をいたします。
等身大のでっかい箱です。
中をあけますとなななんと・・・
田代百合子or長谷川裕見子(っぽい)お人形です。生きてます。
生き人形です。忖度です。

このあとのお人形の運命は知りません。子どもなりに、あらぬ想像はしましたが、たぶん覆面ヒーローが馬に乗って助けに来たものと思われます。
それにしてももし自分が梱包されてお城に運ばれたら・・と思うと(んなわけないやろ。とおもいながらも)恐ろしかったです。

clover

ワイドショーの見出しからの
「生き人形」にまつわる怖ろしい思い出二つでした。

それにしても「生き人形作家さん」どないしはったんでしょうね
事件に巻き込まれておられなければいいのですが。

とりあえず、今日は「ヨカちゃん人形」を作って下さったK子さん(84歳)にお目に掛かることになっています。
あの方はご無事です。たぶん。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (6)

2017年8月 6日 (日)

海のひびきをなつかしむ


baseballbaseball


Img_0765


    わたしの耳は貝のから  
   海のひびきをなつかしむ

                        ジャン・コクトオ

clover

私が人生で初めて出会った詩である。

・・・・・・・・

「海すきかい?」
「ええ」

「ぼくも海が大好きだな。海を見ていると、とてもやさしい気持ちになれるから、そうして、勇気がわいてくるから。」

・・・・・

少女はシングやメルヴィルやコンラッドやポール・ヴァレリーを知っているか?と尋ねられ、
自分が何にも知らないことに情けなくなり、腹が立ってくる。
はずかしさの中で、泣き出しそうな声をはりあげてしまう。

「わたしの知っているのは、ポール・クローデルとジャン・コクトオぐらいだけです。」

・・・・・・

そして、少年からこの詩を教えてもらうのだ。

clover

今から15年くらい前、私はこの小説の作者に手紙を書いた。
図書館で借りた全く別のある本の中で偶然にもこの方の名前を見つけ、素性がわかったのだった。

10歳でこの本にであったこと。大人になっても宝物のように大事にしていること。
この小説を書いた人がどんな人なのか、いつもいつも思っていたこと。

そして、主人公の少女は大人になって「詩人」になれたのかということ。

clover

すぐに返事が来た。

その人は自分でも忘れるくらい遠い昔(学生時代)に書いた本を小さな女の子が読んでいたことに驚かれていた。
そして、詩壇の芥川賞ともいわれる「H氏賞」。「高見順賞」。「現代詩人賞」を受賞された"詩人"になっておられた。

Img_0764


毎年、秋になると当地の名産を送る。

時々、本を贈ってくださる
角ばった懐かしい文字のお手紙を頂戴する。

10歳からのたくさんの日々を思いながら
見えない貝殻を耳に当ててみたりする・・・・・。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)

2017年7月 5日 (水)

プラッシー


baseballbaseball


懐かしいもののひとつが プラッシー

M


ビタミンCがたっぷりなので プラスC = プラッシー

子どもに大人気。力道山の憎き対戦相手は ブラッシー

゜と〃では大違い。

noteタケダ タケダ タケダ noteタケダ タケダ タケダ
note タケダ タケダ~~~

今ではあり得ないかも・・・の社名のみ連呼するCMソング
超シンプル。潔さ満点だわ・・のロゴマーク

あの、武田製薬から出ていた。

お薬の会社だから絶対に間違いなく。ビタミンCだ。

と、信じていたのに

大人達は「あの中に沈んでるツブツブは、カミだ」
と言った。(都市伝説)

ミカンではなくカミ・・・なんじゃそら?

「カミ(紙)でもいいから飲みたい」といえば、

「あれはお米のとぎ汁から出来てる」と言われた(都市伝説)
ああ。だからお米屋さんで売ってるのか・

でもガチャガチャと音を立ててお米屋さんがケースで配達してくれた時はうれしかった。
大人みたいに栓抜きで開けるのだ!!!
お米屋のおじさんはPTA会長だった。
夏休みなのに学校から鼓笛隊の楽器を借りて来て町内旅行の二日市温泉で我々は笛や太鼓で演奏した。街の立役者だよ。

Dsc06770


clover

あのころ子どもの好きな夏の飲み物といえば「麦茶」以外には

家庭により濃度の違う「カルピス」happy01
バヤリースオレンジ・三ツ矢サイダー・ラムネ・・

それくらいしかなかったのに・・
プラッシー・・・なぜにそんな言われようだったんだろ。

t-shirt
個人的には渡辺のジュースの素のほうが
うさんくさいって思ってた・・・

指に付けて舐めてから舌の見せ合いっこをする。
きゃはは・・と見せあいっこをしているうちに無くなってしまう・・
ジュースにして飲んだ記憶は少ない


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (4)

2017年6月15日 (木)

会いたいなあ。あの人に


baseballbaseball


昨日のつづきですが。サーカスに売られた(という噂の)Kちゃんも思い出しました。
Kちゃん。キヨコちゃんだったかキヨミちゃんだったかうろ覚えですので、ここではKちゃんにしておきませう。

Kちゃんも4年生のときのクラスメイトです。
2年生のとき転入してきて、4年の終わりにサーカス転出していきました。

髪を三つ編みにしてそれをお団子にして頭のてっぺんに乗っけたり
ポニーテールやツインテールにしてはたまたそれをお団子にしたりして・・・
長い髪がご自慢でした。
毎朝、お母さんにやってもらうんだ。と言っていました。

Img_0146

お母さんは病気でした。
元は中州の女給さん(ホステスさん)だったそうです。
そんな事を子ども(おたま)がなぜ知っていたのか不思議です。
暗いアパートのドアを開けるとそこがもう畳のお部屋でお母さんが寝ておられるのが見えました。
Kちゃんは卓袱台から沢庵を二タ切れ取って来て丸い方を私に呉れ、尻尾は自分が食べました。「沢庵のシッポば食べると髪のなごう(長く)なるとよ」と言いました。

お父さんは本当のお父さんではありませんでした。
お母さんより若いお父さんであるというのは私が大きくなってからイメージしたのかもしれませんが、たぶんそうだったのだと思います。
髭を生やした優しそうな人でした。

お父さんは「画家」だとKちゃんは言いました。
クラスの男の子らは「映画館の看板描きばい」と言っていました。
4年生で初めて絵の具を使うのですが、Kちゃんは「絵の具はこうやって使うったい」と言って
チューブのお尻に鉛筆を押し当て中身を口の方に寄せ、チューブの裾をクルクルと巻いてみせてくれました。

clover

お母さんが亡くなられました。
なんだかバタバタとした流れの中でKちゃんは転校していきました
熊本に行くと聞きました。
長いコートを来たお父さんとおさげのKちゃんの後ろ姿のシルエットがなぜか浮かびます。
転校の挨拶に来た時に実際に目にしたのでしょうか。

しばらくしてから、(五年生になってから)一度Kちゃんが我が家に来ました。
私はその時、庭で鉄棒(と言っても、木の柵ですが)の練習をしていました。

Kちゃんはお人形さんのような洋服を着ていました。
くるっと回ればふわっと広がるスカートをはいていました。
髪にリボンも付けていました。
バレエを習っているととても嬉しそうに言いました。
何度もクルクル回るのをみせてくれました。
少し遊んだけど(たぶん)お父さんが呼びに来られて帰って行きました。

それっきり逢っていません。

次の日学校に行って、「サーカスに売られた」と言った子に
Kちゃんはお人形のような服を着てリボンもつけて、バレエを習っている。
と言ってやりました。

clover

(昨日の)ガンコちゃんにも会いたいけど
Kちゃんの方がもっと会いたいかも知れません。


tulipサイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


| | コメント (2)