« 「堀川波鼓」あらすじと感想 | トップページ | コロナに感染しちゃった »

2022年7月21日 (木)

あじがさば



グッ坊(5年生)が自然学校からハガキを寄越してくれました。
自然学校と言うのは自然に親しむために

山の子は海へ
海の子は山へ
街の子は山か海へ

行って色んなことを学ぶんです。


当時の貝原兵庫県知事の教育行政の目玉として始まったモノです。
まだやってたんや~~~
我が子の時は5年生で5泊6日。中学校でもあったかなあ。スキーで2泊か3泊で行ってましたね。
授業の遅れ・過重な教師への負担・勤務形態の都合から3泊目からはボランティアまかせ・・・などのクリアすべき問題が指摘されていましたが。
まだやってたんや~~~ 貝原はんの目玉やったさかいになあ。
一番は子どもが喜ぶしなあ・・

 

街の子グッ坊は3泊4日で「山」へ行ったようです。もう5泊もしないのね。
(たぶん強制されて書かされた)ハガキが来ましたよ。
きれいな字なので驚きました。
「アマゴ」の絵がとてもていねいに描いてあります

「あまごつかみのときぬるぬるしていてとりづらかったです」

素晴らしい!句読点なしのALL平仮名。

あまごをつかめれてよかったです」

日本語が変だよ~~

「味もさばみたいでおいしかったです」

やっと漢字が登場。
たぶん、私が魚の「あじ(鯵)」と間違えないように気を遣ったのだとおもいます。

本当に賢い子です。

 

 

 

Img_8155
   今日のお話とは何の関係もありません

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 「堀川波鼓」あらすじと感想 | トップページ | コロナに感染しちゃった »

家族・友だち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「堀川波鼓」あらすじと感想 | トップページ | コロナに感染しちゃった »