« 小雨降る日・その2・古い映画 | トップページ | すべてが正しいわけではない »

2022年6月12日 (日)

ムーンリバーと私



やるぞ見ておれ、口には出さず・・負けてなるかよくじけちゃならぬ(畠山みどり・出世街道)

てなことで、ひたすら「permission to dance」のレッスンに励んでいます。
今回でレッスンを3回やった。
道のりは銀河系のはるか彼方より遠いと思っていたのに
まあ。それが奥様!なんとな~く形になってきてますねん。
自分で自分のグループをほめてあげよう。
まあ。楽曲の良さもあるけど、歌えるようになったら楽しい。楽しいから頑張る。

戦後の競争社会を生き抜いてきたウチラやもん。
与えられた課題に向かって努力するのが身についてる。
努力が実を結ぶのを実感できた世代やからね(しみじみ)



そうとも知らず先生は、ここで嫌気がさしたらアカンと思わはったのか
息抜きの、易しい曲もいっちょかみ(ちょっとだけかじる)しときましょうかと
みんなが好きで簡単できれいな曲を持ってきはった。

「ムーンリバー」

なんせ(なにしろ)あのオードリー・ヘップバーンが歌うように作られた曲ですからね
音域。1オクターブと1音しかありません。
歌詞もpermissionに比べたら、赤ん坊が風呂でオナラしながら居眠りしてるようなもんですわ。
(判りにくいたとえ?)byマウントおたま

Img_8110

My hucklberry friends Moon river and me.


(hucklberry はちいさくて、とるに足らなくて、ばかなやつ。という俗語)
でも大切な友達。
その友達と世界を見る旅に出ましょう。
世界は知りたいことであふれているのですもの。
ムーンリバーと私。
幼馴染の二人でね

と、私(オードリー)がチャーミングな歌声でささやくように歌うのです。

そら。ついて行きますわな。どこまでも~~~

ヘップバーン?ちっとも美人じゃないですね。ガリガリのやせっぽちでね。
って、彼女の映画解説では必ず言うてはった淀川長治さん。
いいの。いいの。大方のJapaneseはみんな好きだから・・

この曲はNHKテレビのアンディ・ウィリアムズショーのテーマソングになっていましたね。
懐かしいわ。ジャクソンファイヴがでていた。小さなマイケルが歌ってた。
遥か遥か昔のこと。
土曜日の英語の授業は先生が番組を吹き込んだテープレコーダーを持って来て教材代わりにつかってはった。
本当に懐かしい。

がんばってレッスンしようと思うとります。

 

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 小雨降る日・その2・古い映画 | トップページ | すべてが正しいわけではない »

ボーカルレッスン」カテゴリの記事

コメント

おたまさん、こんばんは。

何となく忙しくておたま姉様のブログに返事も出来ずに過ごしております。

そうワタクシも頑張れば報われると鞭で叩かれながら走った世代です😅 なかなか理想の生き方は見つかりません。

permission to danceと比べたら確かにムーンリバーはオナラをしながらでも唄えそうです(同時に口からもお尻からも音をだしたことはありませんが・・・やれるのは「おたまさん」ぐらいしかいないかもです😊)

おたまさんの文書で元気を貰えました。サンキューです❤️

投稿: omoromachi | 2022年6月12日 (日) 18時17分

★omoromachiさんへ
今の若者は、頑張っても頑張っても報われることが難しいようですね。
物理的な事で言えば物があふれたところからのスタートですもの。頑張らなくても最初から整っているというのも幸か不幸か・・どうなのでしょう。
先生!面白いことをおっしゃる。
幾ら私でもそんな器用な真似はできませんです。
でもやってやれないことは無いと言われて育ちましたので・・・なんてね。

先月位から少しずつ町の風に吹かれるようになりました。元気に歩いている人をみるだけで元気になります。

投稿: おたま | 2022年6月12日 (日) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小雨降る日・その2・古い映画 | トップページ | すべてが正しいわけではない »