« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年3月30日 (水)

やっと鶯が鳴きました



ようやく、やっとやっと、ついに
「初音」を聞いた。今朝の事。

「初音」とは今年初めての鳴き声。
私が待っていたのは鶯(ウグイス)のそれだ。

今年は2月の頭から、庭に色々な鳥がやってきていた
それはそれは何種類も。暖かい日本を目指してやって来た小鳥たちは山にまだ食べ物が無い間、ふもとの家の庭にやってくるのだ。
もちろん、留鳥もやってくる。

京都の友人が「初音を聞いたよ」と言っていたのが先月の事だったのでず~っと、まっていたんだよ。
おそかったねカオルちゃん。ウグイスさん。

いまのところ
「ほげぎゅ」(〃艸〃)ムフッ


恋の季節にむけてどんどん上手くなっていくだろう。


この地に越してきたのは昔々の4月6日だった。一夜明けた初日にウグイスの声で目ざめた。
ここはどこ?極楽浄土?とおもった。

埃っぽい幹線道路の通る街から見知らぬ当地へ
本当はいやだったんだ・・引っ越しの朝、大勢の友だちが手を振って見送ってくれた。悲しかった。


でも、ひっちゃん(夫)が張り切っていたから・・
高度成長時代の男子は「家を建てる!」「車を持つ」「美しい妻に賢い子ども」が夢だったんだな。
後ろの二つは叶えていたわ。彼は32歳だった。
金融公庫の利息は5.5%だったよ。
あ。いろんなこと思い出してきた。

ま。そんなこんなで、
ウグイスの鳴き声はこの地へ我々が迎えられた思い出として深く刻まれているわけです。
楽しみだわ。明日の朝も耳をすましてウグイスを待ちましょう。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2022年3月28日 (月)

時間について



このブログのタイトルのリードに記しているように
自分が生きている今の時間は「消化試合」だとおもっている。

戦い済んで日が暮れて・・である。

失敗を繰り返し、恥を積み重ねてきた。
しかし、それなりに一生懸命だったし無我夢中だった。
嬉しかったこともあれば、振り返りたくないこともある。

でも、そんなことは、どうでもいいのである。
夫との永別で
ゴールを決められないままに突然に決着はついた。
試合は「オワタ」のだ。


しかしながら、自分の肉体はこの世にあり今しばらくは生きなければならない。
夫はたぶん、世界で一番私の事が好きだった。(と思う)
心配をかけたくなかった。
私が泣いたら、彼はあの世でオロオロするばかりだろう。
「チ~~ン」お仏壇に向かって私は言った
「私は大丈夫やで」そして
今から10年間「遊ぶ」と宣言した。
子どもたちも周囲も「そうや。そうしたらええねん」と言ってくれた。



遊ぶとは面白がること。食べることも歌う事も歩くことも。

そうだ!このブログを始めたのも「面白がるためだった」
息子にすすめられたとき「人の日記なんか誰が興味ある?」と言っていた自分だが
ブログを通じて見知らぬ人との交流が始まり不思議な縁がむすばれた。
好きな歌舞伎鑑賞の記録が残り、コロナで観に行けない昨今は過去の記事を読んではニヤニヤする。
旅の記録。俳句吟行なども、書いておいて良かったと思う。
特に海外旅行の記録はあの時あそこで出会った人や会話やエピソードが懐かしく思い出される。ブログに書いておけばこそ。である。

10年遊ぶといいながら、夫が亡くなってから17年が経った。
花の命は結構長い。
私に与えられた時間はもう少しありそうだ。

これからも、真面目に真剣に遊ぼう。

与えられた消化試合を完全クリアしたいと思っている。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (3)

2022年3月25日 (金)

ご同輩から力をいただく



玄関掃除をしていたら、Yさんが通りかかった。

「いきてる~~~?」

「生きてるかどうか」を問う。これフツーの挨拶ね。


ちなみに中国では「チーラマ?」(食べた~~?)と問うらしい。
今の中国の若者の間では使わないのかもしれない。


「いきてる~~~?」だって、若いJapaneseは使わんよな。
あたしらみたいなギリギリ(瀬戸際)世代やから実感を込めて使うわけや。

「生きてる。生きてる」と答ふ

Yさん、しばし立ち止まり
「生きてるかどうか、ようわからんわ」とおっしゃる。さらに・・
「私ら(you&me)若かったよな~」とマスクからはみ出た二重アゴを揺らしつつ遠い目

「ほんまやなあ・・・覚えてるで~~」とアタクシも遠い目

「私ら(you&me)若妻やったよなあ・・」
「ほんまやなあ・・」

 

第三者が聞けば意味のない会話でも、二人は感慨深く来し方をおもふ。
此処に来て37年か~~

「あ!バスに乗るんと違うの?」

「あ!ほんまや・・」
(聞いていないのに)「病院!腰が痛いねん」といいながら軽やかに駈けていった

 

その足取り。まだまだ。いけるで!Yさん!

マスクから顎がはみ出ていないことを確認し、再び箒(ほうき)を動かすアタクシ。
はあ。いいお天気だ。

エール

NHKの朝ドラみたいな言葉が浮かぶ。
あの頃をを知っているご同輩に元気をもらった朝でありました。

I

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2022年3月24日 (木)

国会演説



昨夕のゼレンスキー・ウクライナ大統領の国会演説を胸の詰まる思いで観た。
メディアから伝わるニュースが、たった今、この演説のさなかにも起こっているという現実を改めて強く感じた。

なんで、議員会館やねん。
リモートによるハード面だって?急な話やからだって?
いやいやいや。日本の技術とお金でどないにでもなりますやん。
何を言い出すか聞いてないからだって?
そこが、本音でしょ?あたしには「腰が引けている」にしか見えなかった
ちょっと恥ずかしかった一国民のアタクシ。

機能していない安保理や国際機関。
書きたいことはいっぱいあるけど・・


たった今困難に直面している人達がいる。人ごととは思えない
とあの演説を見ていた多くの日本人がそう感じていると思いたい。

 

 

 

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2022年3月23日 (水)

うごめいてみましょうか



お彼岸の墓参りは平凡夫婦・ヨカちゃんの4人で行きました。
G坊は3日間とも野球の練習でした。
G坊が自分で支度をして家の鍵をかけて練習に行き、夕方戻る頃に真綿ママが帰宅する
という段取りです。
平凡氏とその娘は我が家に一泊しました。

G坊。出掛けるまでが大変です
「ベルト何処?」「鍵が無い!」「おにぎり?それはちゃんと持った」

大丈夫でしょうかねえ・・新5年生です。

 

3回目のワクチンも済んだし
もう、行きたいところに行ったらええねん。
人にも会って、きれいなもの見て、美味しいもの食べてきたらええねん。
と、息子が申します。
(元気に動けるのも、あとちょっとの間やで)⇐口には出さないけど言いたいことはわかる。

大阪中之島に新しい美術館がオープンして「行って見たいわ」という話をしたときの事です。
でもね。ネットで調べると入場制限だの事前予約だの混雑を避けましょうだの・・
「そこまでして・・もうええわ・・」と思ってしまう。

 

大阪市立美術館は40年間待ちに待たれ、この度のオープンとなった。
大阪大学が中の島から移転するころからそんな話がでていたので、どんな昔や。
長堀に面したところだったかな、「大阪市立美術館心斎橋分室」という思わず通り過ぎてしまうような建物に小さな看板があがっていて、何度か訪れたことがある。中では大阪市所蔵の今回もメインで展示されている豪華な作品群。「箱」(建物)と「中身」の落差に驚いたものだ。
床がきしむような建物だった。関係者の皆さん。本当にご苦労されていたのだなと思います。
平日の午前中なら予約なしで行けるみたいよ。とT子さんに誘われていたのは先月の話。
でも・・寒いし・・遠いし・・面倒だし・・(作品)見たことあるし・・コロナだし・・

 

アカンわ。精神まで婆さんになっている。
ワクワク。どきどきを取り戻さなくっちゃね。

G坊になかなか会えないね・・と言ったら
春休みの旅行を計画してくれた。
野球の練習は休ませるそうだよ。
G坊にとってはそれ(野球)より魅力的な場所を提案したらしい。
マニアックすぎて、あたしゃ興味がないけれど・・・
老いては子に従え。誘われるうちが華。と自分のお尻を叩いているところです。

Img_7811

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年3月21日 (月)

不二家ルックチョコレート



もやもやもやと、してましてん。
3回目のワクチン接種の後からず~~~とですわ。
「なんか違う・・」「絶対に違う・・」

そうです。あの時買った「ルックチョコレート」
夢~は不二家のルックちょこれいと~ ですわ。


ちゃう!(違う)アタシの知ってるんと違う!

Img_7829

4つの美味しさ食べ比べ。そこは合うてます。
バナナ・アーモンド・ストロベリー・パイナップル

そうや!そこが間違うてますねん。
私の記憶では
〇〇~ ストロベイリー バナナ~ キャラメール
やったんです。
〇〇が思い出せません。

YouTubeで懐かしのCMソングを探しました
歌うは我らがミコちゃん。名曲です・

 

〇〇は「コーヒー」だったのですね。思い出しました!
「コーヒーとキャラメル」が「アーモンドとパイナップル」になってますねん。
そらあかんわ。あきません。不二家さんからそんな話一言も聞いていません。

で、プンプンしながらおちょぼ口に放りこみました。
奥様!機会がございましたら不二家さんのレジ横に税込み¥100で置いてありますので、お買い求めになって是非とも感想をお聞かせください。
私は、これは「違う!」と思いました。
4つの味にメリハリが無さステーション。
ほのかなお味が今どきかもしれないけれど、こちとら年とって味覚が鈍感になってますねん。
違う!違う!思うてたんとちがう!

なんで、コーヒーとキャラメルやったらあかんかったんやろ・・・

使うたらアカン香料とかの関係だろうか。
今更そんなことには目をつぶる(個人の意見)のであたしの乙女時代を返してほしい。

・・・・・

ストレッチ教室の先生(1970生・男性)はミコちゃんをご存じなかった。
以前「落ち葉のコンチェルト」をリクエストした時
「ど・ど・どなたですか!この上手な歌手は!」と言われ即お気に入りリストに入れはりました。

息子に訊いても「弘田三枝子?知らんなあ」と申します。
昭和が遥か彼方になっていく。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2022年3月19日 (土)

ワクチン接種のごほうびに



三回目のワクチン接種をしてきました。
前の晩は恒例となった「うなぎ」を食し、神様にお祈りしながら早めに就寝
当日は救急車で運ばれたときにために、ちょっと可愛い洋服を着て
お仏壇にチ~~ン「ひっちゃん(夫)行ってくるわ!」といいました。

で、ウナギをいただきながら思ったのだけれど
私って、うなぎが好きだったのかしら?
NO!です。好物でもなんでもありません。
じゃ。何ゆえ「うなぎ」???
祖母は月に一度。京都は京極の「かねよ」に「まむし」を食べに出かけました。
ちょっと余所行きの着物を着て・・・
あ。こちらでは「鰻丼」のことを「まむし」って言いますねん。
「まぶし」(御飯と混ぜる)からきているそうです(知らんけど)

去年の夏に亡くなったK子さんの最後の言葉は「うなぎ・・」
一口召し上がったそうです。お嬢さんが泣き笑いの顔をくしゃくしゃにして言っておられました。
その話は遺った私たちの心をなぐさめてくれます。
もう・・K子さんったら・・大好きなK子さん・・

で。あたしの深層心理のなせる業か、兎に角、例年ならば土用の丑に一回食べれば「もう結構!」のウナギを
この数か月に3回も食べちゃいました。ウップ。

ということで、ワクチン接種完了
自分へのごほうびに不二家のショートケーキを2個買いました。

(子どもの予防接種の帰りにお医者様から風船を貰うようなものだな)


高校生の頃学校帰りに食べた懐かしの味!
あのころ、不二家さんに寄るのは最高の贅沢だったわ。
ついでにレジ横にあったコレも買いました。大人ってお金持ちだ。

Img_7827
ち・よ・こ・れ・い・と LOOK   懐かしい

 

お彼岸の三連休。
G坊は相変わらず野球の練習
他の人達が、もうすぐやってきます。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年3月17日 (木)

再び会いまみえますように!!



「豚のシッポ」
思い出しました!

「何かを見たとき」・・・ではなく
「ある行動をしたとき」に「豚のシッポ」と言う。

それは
お友達と歩いていたとします。
道に電信柱とか木とか立て看板とかの障害物があります。
それを避けるために二手に分かれます

その時!
「豚のシッポ!」て小さくつぶやくんです。

訳わからん意味不明だけど・・・
一度別れた友だちと縁が切れないようにという事だったのかな

Img_7812
(密集)

 

コロナで誰かと歩くという場面が無くなった。
ひとりでふらふらしている。

生存確認は電話。

「いきてる~~~?」
「生きてる。生きてる」

「老けた~~?」
「老けた。老けた」

 

関西Ladyは単語を繰り返すのが習い
以下、不景気な会話が続く・・・

 

豚のシッポと唱える日々。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年3月16日 (水)

食べるといふことの意味



先週、スーパーマーケットに食料品の買い出しに行きました。
驚くような話ではない。フツーのことです。
しかし
そこ(買い物)に至るまで私は「冷蔵庫の中を食べ尽くす」と決心をし、
あらゆる知識と経験と独創的な創意工夫を総動員して目標に突き進んでおったのであります。

結果。冷凍庫には肉類とアイスクリーム。わずかな作り置きのお惣菜。
野菜室に芋類を若干残した時点で
「これくらいに しといたるわ!」
と、スーパーへ出かけたのです。私の完全勝利でした。

 

前夜の最後の晩餐は、「蕎麦(乾麺)」に野菜の端切れをかき集めて作った「かき揚げ」を載せたもの。
冷凍していた「マカロニグラタン」

奥様!天ぷらそばとグラタン!
如何、思われるでしょうか?

 

1980年代のことでした
私、ある方からこんな話を聞きました。
その人は官僚から記者になられた方で当時50代だったかな、ご自身も本を出しておられますが、某著名な社会派作家の共同執筆者でもありました。

当時世間を震撼させた「浪人生よる凶悪犯罪」を取材されていました。
センセーショナルな報道合戦が繰り広げられたので記憶にある方も多いとおもいます。

ジャーナリストって凄いですよ。真実の究明のためには体を張ります。
コンビニ(当時勢いよく台頭中)の弁当を作る部門に働きに行きます(潜入取材)
犯人が犯行を起こす直前に何を食べたか。
そのことに関心を持たれたからでした。

(以下、話が面白すぎるのですが結論だけ申します)

犯人は「ビーフシチュー」と「おでん」をコンビニで買っていました。

おかしいでしょ!??
ありえないでしょ!??
だめでしょ!??

彼は私に向かって、語気荒く申されました。

 

ま。それだけの話やねんけど
やっぱり、取合せ。組み合わせ。バランスは大事やと
私も思います。

 「そこに 愛は あるんか?」

ということです。

やっぱり、ちょこちょこと食料品買い出しには行こう
ちゃんとしよう(色んな意味で)と思います。

 

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2022年3月15日 (火)

おはつ



Img_7826

先日、1か月ぶりに会った人が
「あれ?散髪(に)行った?」と訊くなり

  おはつ!

と、あたしの頭を叩いた。

ぐえ~~~
何という凶暴な・・というか
「おはつ!」何十年振りだろう・・してやられたのは。

 

おはつ・・「おはつ」とは
お初にお目にかかります、の「おはつ」

 

私が聞き及んでいるのは、
散髪のあとは頭が「ス~ス~」して風邪を引きやすい。
なので「魔よけの為に」親切な人が頭を叩いてくれる。
大きなお世話などと思ってはいけない。
といふもの。

散髪してきた子が教室に入ってくると「おはつ!」といってクラスの誰彼からボコボコにされたものだ。

Img_7824
(お雛様。まだ出しています)

 

ここらあたりだけの風習だろうか
知らない人が突然やられたら驚くわね。

 

訳が分からないのに、へんなことやってたな。

お茶がよくでるようにお急須のお尻をこちょこちょしたり
足がしびれたらオデコに唾を3回つけたり
家庭訪問の先生が早く帰るように、ほうきを逆さに立てかけて親に叱られたり
霊柩車を見たら親指を隠したり
雷が鳴ったらおへそを押さえたり


何かを見たら必ず「豚のシッポ」というのだけど、その「何か」が何だったのか思い出せない。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2022年3月12日 (土)

私の名前はウクライナ



DV野郎に復縁を迫られています。
昔、この人が金欠で困窮した時、キッパリ別れたはずだったのです。
ところが、最近になりアタシの再婚話が持ち上がり
「聞いてないよ~」と暴走し始めました。

力づくでアタシを取り戻すつもり。

理不尽な暴走・・わかっています。
人は孤独だから暴発するのです。

 

シェルターに逃げ込めばいい・・
そうなんです。私も期待していました。
でも・・片思いだったのかもしれない。彼の名はNATO
その彼が言うんです。
このシェルターはこちらの人のためにあるんだ。
アチラの君を受け入れると「あちらとこちら」すべてを巻き込み大変なことになる。
って。

でも、応援をする気はあるんだ。
だから、石でも灰皿でもたくさん用意するから君が投げつければいい。

「も~いやや。思うてたんと違う」

アタシの中の虎と竜が闘う。
もうこれ以上傷つかない方がいいのか?
キャツの言いなりになった方が幸せなのか?

多くの人達が祈りを込めて見守ってくれている
神様はおられると。非道は許されないと・・・

どうすればいいんだろう・・・

Sany0240_20220311170001
(ロシア上空)

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (7)

2022年3月11日 (金)

3月11日



 あらためて
震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
そして、被災に遭われた皆様へ心からお見舞い申し上げます。

 

Nanntei

Photo_3バナーはどちらもNANTEIさんの作品です

有事には確実に核施設がターゲットになる
今、目の当たりにしている事実現実。

・・・・・・・・

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2022年3月10日 (木)

はかりかねる出来事



(カーディガンを羽織っただけで)郵便局へ行ってきました。
お昼間の気温は17℃でした。

顔なじみの窓口のおねいさんに「84円でいけるかなあ?」
秤(ハカリ)の上に封書を載せました。
「28gです。大丈夫ですよ。えへへ体重計で量って来たんですかぁ?」
「ううん。キッチンスケール。ちょっと微妙に自信がないの」
「え~~っ!量れないんですかぁ~~」

話が全くかみ合わない。
そっか。
この娘っ子にとってキッチンスケールは
デジタル表示なんだ
それしかないんだ。それ以外、お目にかかったことは無いんだ。

Img_7823

ヤマトの秤か秤のヤマトか 大和製衡株式会社謹製
おねいちゃん!ハカリっていえばこれでしょ。

その昔。どれくらい昔かって?う~んと昔だよ
あたしの結婚のお祝いに友達が呉れたシロモノだよ。
モノを載せると針がブルンブルンって振れるんだよ。

それはそれは、いろんなものを量ってきたさ。

  

微妙に自信がない。30gの辺りで針が止まる、しかもすぐには止まらず揺れている。
そなの、大体で生きてきた。
それで十分だった。

そうだよね。デジタルならちゃんと「数字」がでるもんね。
でも。
それってアタシの中の職人気質が許さない。
言うてる意味わからん?わからんのか・・

とにかく、そういうことやねん。

  

もう、完結したんだけれどちょっと前の新聞小説(それは戦前から戦後にかけての時代の話)に涙が出るほど懐かしい言葉が出てきたことがある。
「カンカンばかり」貫々秤 だ。

「カンカンにのってごらん」
「はい。7貫目ね」

そうだ。アタシはあの時「7貫目」だった・・・
どんな、昔のこどもなんだ・・・

「デ~ブ。デ~ブ。100貫デ~ブ」などと敵をののしった。
「おまいの母さんで~べ~そ」なんて付け加えて

今どきそんな子どもはいない
人権教育が行き届いているのか、と思っていたけれど
そうか。カンカン秤が無くなったのか。

  

アタシはこうやって昔の人になっていくんだね

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年3月 9日 (水)

みやびな梅林めぐり



吟行に行ってきました。嘱目は「梅」です。

Img_7795
この日の最高気温13℃。まだダウンのジャケットが要る

 

城南宮(京都)は平安京を守護するためのお宮
平安後期(ほれ!鎌倉殿の十三人の頃)には、このあたり離宮が多く築かれ院政の拠点だったそうです。
平安貴族の静寂と室町文化の明るさがこのお庭に雅なおもかげを残しておりますのよ。
入苑券800円! 
本殿前に特別にあつらえたデカい賽銭箱
巫女さんが穢れを払って下さる鈴(っていうの?)一振り(?)1000円

ミヤビだ。

Img_7801

「春の山」と名付けられた梅林はそのほとんどがしだれ梅
平安貴族の邸宅を模した庭で繰り広げられる「曲水の宴」はこのシーズンのローカルニュースに必ず登場するわね。
苔の庭で美しい装束の方々が歌を詠み小さな清流にそれを流す。う~ん。ミヤビ!

Img_7806

ま。本日は写真教室の生徒さんで押し合いへし合いだけど
カメラは今や若者層の趣味に移行しているのか?
デジタル化の影響か?

じっちゃ。ばっちゃだけの吾らが俳句仲間はタジタジ。

Img_7805

梅を見に行って(吟行)でお金(入園料)払ったことは今まで無かったけれど・・
ねえ。アイちゃん?というと。
アイちゃん(会計係)ががま口をとりだし、「おたまちゃん怒ったらあかん。会費から出したげる」と言った。

 

  「神苑に隣る国道一号線」

 

塀一枚を隔てて、別世界。トラックの騒音が凄い。
落ちつかん 

 

怒ってるばかりみたいやけど
やっぱり、吟行は楽しい。みんなと会ってワイワイ語るのは楽しい
この日は、色々な事情で5人だけの会となった。

車でピューと連れてってくれたK男ちゃんに感謝。
お当番のT子さんに感謝。

 

 

⇑ ⇑ 上の俳句季語が無かったわ・・ばっかだねえ。
「梅林に隣る国道一号線」「梅園に隣る国道一号線」
に、しとこ。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (5)

2022年3月 4日 (金)

DIORが私を待っている



今日は朝から暖房機器を使っていない。

エアコンもアラジン之介(石油ストーブ)も
火鉢の炭も熾していない(そろそろ炭も無くなりかけたし)

確実に春がやってきたんだわ。
春よ!淡き春よ!
夢よ浅き夢よ 私は此処にいます
って、そんな歌詞だったけ??

浮かれちゃうわね 
うごめいちゃうわね 
啓蟄は明日だったけかな

不要不急のワタクシですが、うごめきたい。

 

今日の朝刊のディオールの2P広告に目がくぎ付けです
Img_7790
写真が雑でこめんやす。

30アベニュー・モンテーニュ て書いてある
何いうてるかわからんけど
セレブが夢中の大安売り通販みたいなもんか?

ジャパネットのセレブ版か?
金利手数料当社負担なのか?

絶対に関わり合いになることはないけれど
美しすぎる広告は1時間でも・2時間でも見てゐられる(ヒマか?)

ホンマにきれいや!

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2022年3月 3日 (木)

神は天にすべて世はこともなし



今日はフェリシアさんの亡くなった日

仏教用語の「命日」をつかうのは
フェリシアさんには変かなと思って・・

Img_4685_20220302195101

そっちはどう?楽しくやってますか?
こっち? まあまあ。
すべて世はこともなし だわ。

 

時は春

日は朝(あした)
朝は七時(ななとき)
片岡に露みちて
揚雲雀(あげひばり)なのりいで
蝸牛(かたつむり)枝に這ひ
神 そらに知ろしめす

すべて世は事も無し

        上田敏訳「海潮音」

 

有名なブラウニングの「春の朝」という詩です
実は、人を殺した男女が喧嘩をしている、その家の前をこの詩を読みながら女の子が通る。
「神は天にあり、世はすべて正しい」その声に二人は胸を打たれる。
という話らしいんですよ。怖いでしょう  

 

 

今のこっち(私)?まあまあだよ。
全て(なべて)事も無い。という。ほんま?などと思うております。

フェリシアさんともっともっとお話ししたかったなあ
と、思うております。

 

フェリシアさんのブログ

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年3月 2日 (水)

食べ尽くす



今週は食料品買い出しを停止して生き延びようと思っている。


お買い物に行かない。
冷蔵庫や食品庫にあるものを食べ尽くそう。

昭和の娘さん(アタシの事だよ)は冷凍庫の使い方が下手。
アタシだけかもしれないけれど・・
食材やお惣菜をカチコチに冷凍保存するといふ発想に
ようやく、やっとこさ、じわーっと慣れてきたところだ。

保存と言えば、水屋やお膳の上の蝿帳がせいぜいだよ。
ゆうべの残りを今朝食べる。が限界。

だったけど。

21世紀を22年も過ぎちゃったからには、頭を柔軟にワカイモンみたいに賢く便利に生きようと思ふ。
特に一人暮らしになってからは、冷凍庫?ケッ!なんて言ってらんない。

 

昨夜で卵が切れたけど、いいさ。
お豆腐がないけど、いいさ。
パンは作ればいいし、
野菜だって冷凍しちゃってるもんね。

ブロッコリーはチルド室で管理。カリフラワーは冷凍できる。きのこ類は天日で干してある。

お惣菜のストックもどんどん増えてきた
きんぴらごぼうも、胡瓜とクラゲの酢の物も、かぼちゃの煮つけも・・
そうそう。ヨカちゃんが好きなのでお芋の天ぷらをしたのだけど、天ぷらって冷凍できるのね。
解凍した後、トースター使用でサクサクのカリッカリになるんだ。
知らんかったわ。

Img_7186_20220302100301

 

ついに昭和の娘に夜明けがやってきた
文明開化の音がする。

これが、おたま家の夜明けぜよ!

なので、

今週はお買い物に行かない。と固く心に決めている。

 

昨夜本屋さんから電話があった
「ご予約の〇〇が入りました」とのこと。

わ。どうしよう。
ついでにスーパーに足が向いたら・・
いかなごが入荷しているかもしれない・・
でも1キロ3800円なんて手が出ない・・

わ・わわ・・・

 

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2022年3月 1日 (火)

一刻も早い停戦協議を



「使うぞ」

とプーチンは仄めかしている。言っている。
水色の地球がこのおっさんの指一本にかかっているなんて。

 

 

昨日の天声人語に秀吉の朝鮮侵略と今回のウクライナ侵攻をとりあげていたけれど
共通しているのは愚かなトップの暴走。
私は秀吉のやったことは朝鮮半島の人に詫びても詫びきれないと思っている。
耳塚の前に立った時、彼の狂気に対して1ミクロンの申し開きも申し訳もたたないと思った。
で。
その時代に生きていないのでわからないのだが
だれか、止めるヤツ おらんかったんかい!
と、思ふ。

秀吉さん。それは間違ってるよ。って。

明の王様になる?そんなのに付き合えませんわ。って

翻って、昨日今日の話であるが
逃げまどう人々を画面越しに見ながらミカン食べたりお茶を飲んだりしている自分。
チュライ。と思いながら。遠い国の話なんだ。
米・独は早々にウクライナへの武器供与を決めた。
火に油注いでどないしますねん。とゆる~い私は怒る。
現実を見ていないアタシが愚かなのか。
いや、もっとヤルことあるやろと思う私が理想夢想家なのか

わかりません。

多分今日も、ミカン食べながらニュースみてるんだろうな。

 

 

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »