« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月28日 (月)

ああ。良い二月だった



風は冷たいけれど日差しはもう春
良い2月だったわ

大きな宿題も提出したし
昨日はポストまでスキップで「投句」

なんて気分がさわやかなんだろ・・
裏を返せば、私はいつも「締め切り」の重圧をのりこえているんだ。
凄いぞ。おりこうさん!自分をほめまくる。

Img_7754

そうそう。払い過ぎていた税金も返って来るしね。
平凡氏に「お寿司をご馳走する」なんて言っちゃたわ。
今日、書類(請求書)を提出します。
ゆうべ、心を落ち着けて計算したら。あーた。
思ってたんと違う! もっとようけ(沢山)あります。
ま。わずかだけどね。むふふふ。

Img_7755

桃は新聞紙でしっかりと包み、茎を斜めに切る
茎元5㎝くらいを熱湯に30秒位漬けた後、水に(1~2時間)つけておく。
茎を切る時は十文字にきるといい。

桃を咲かせる「湯揚げ」でした。
お役に立てればうれしうございます。なんてね。

   

昨日、エミリーの娘が(娘と言っても40歳すぎた)お使いで立ち寄ってくれた。
彼女の娘(G坊と同い年)も一緒だ。

子どものころから知っている
「いいお母さんになったね」と言ってから
そうだ。自分もご近所のおばさんに言われたっけ。と思い出した。
「まあ・・おたまちゃん。良い娘さんになって・・」
「もう、すっかり良いお母さんだわね」
とか。

友人の子ってとても可愛く思うのは何なんだろうな。
その子の子もとても可愛くおもう。

大急ぎで家にあったお菓子を紙袋にポイポイと入れてエミリーの孫娘に渡す。
袋の口に顔を突っ込むようにして顔をあげてニッコリ。

かわゆい。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年2月25日 (金)

お雛さまだよ全員集合!



俳句、がんばりました。
追い詰められたらヤル人間です。
追い詰められる前にヤル人間になりたいです。
来月はゆとり生活をこころがけます。

Img_7766


何故か腕まくりのヨカちゃん。
体重20㎏になりました。
もう、抱っこできません。
こっちがしてもらいたいくらいです。

お友達を連れてきました。
1歳の誕生日プレゼントのヨカちゃん人形もいます。
私が作るはずだったのにK子さんが99.9%作って下さいました。

大好きなK子さんはお星さまになっちゃいました。
ヨカちゃんは神妙に話を聞いていました。

籐の椅子に座っているお人形は三味線の先生にいただいたもの。
黄八丈の着物は私が縫ったのですよ(自慢)
着物脱いだら金太郎さんの前掛けをしています。可愛い。

Img_7720

 

明治組はお内裏様ペアだけ出しました。
来年は三人官女も五人囃子も出しませうね。

以上で御店開きを終わります。

これ、3月4日にお片付けするのかな?
ずっと前「ウチは旧暦でいく」といって4月まで出していたことがあったけど

  暑苦しかった

 

 

今日は句会にいっちきま~す。やっつけ仕事を持って。

今朝は屋根に霜が降りていたけれど、こんな日はお天気がいいのです。嬉し。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (3)

2022年2月24日 (木)

ピンチ!



ヨカちゃんと遊んでいて、俳句できていません
ピンチです。

Img_7761
/あなたに夢中 スイトピー/やさしい思い出 
花麦

桃の花を咲かせるのは大変です。

 

 「雛飾る箱の中より箱を出し」  おたま

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年2月22日 (火)

ブックカバーを作りました




今月28日までしか、あらへん
あせるわ~。
土日祝の郵便配達がなくなったでしょ。
私の俳句生活。これ(影響が)大きいです。


たとえば
2月10日午前中に京都のAちゃんに封書を出したら
到着は2月14日の昼でした。消印(2/10)
以前ならポストに入れた翌日は配達されて「日本の郵政省(今は昔)優秀やなあ」って話していたんですよ。
ウチラみたいなアナログ高齢者はどんどんサービス対象から外されていく。

責任者でてこいっ! 黙ってぃ!この泥亀っ!
以上、人生幸朗・生恵幸子師匠になりかわり
はあ~。ぼやいてみました。



そうだったら、それなりに、自分が準備したらいいだけのことやね。
それがね。なかなかむつかしうおますねんやわ・・
ちゃっちゃとできませんねん
ほんで、こんなことしてます。
Img_7752
ミシンが出てる。端切れが仰山ある

Img_7747
ブックカバーです

Img_7749
表表紙がこんな感じで

Img_7748
こっちが裏ね

Img_7751
表がわかるようにブローチ付けました(トルコのお守り)

 

あっという間に出来る。嬉し楽し。
布の端切れ消費出来た。満足。

今日出来ることを明日にのばすな。って中学校の英文にありましたね。
しなければならないことは、明日にのばし
しなくてもいいことを、今日やるあたくし。

はあ~。ちゅらい。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年2月21日 (月)

鎌倉殿の13人。やっぱり見た。



奥様!見はりました?
続行して見るかどうかわかんないのに、つい
全集中でみてしまいました。

梶原景時(中村獅童)が言うてましたね
「刀は使う者によって、なまくらにも名刀にもなる」って
挟み込んできますね三谷幸喜さん。

頼朝(大泉洋)と藤九郎盛長(野添義弘)だったか
義時(小栗旬)と和田義盛(横田栄司)のどっちだけ?
(うち録画機能がないから確認できない)

「わかる?今のアレ!」といっていました。

(関係ないけど横田栄司さんってTOTOのビッグベンだよね。菌のお父さん)


これ、お芝居でおなじみ「石切梶原」
「梶原平三誉石切」(かじわらへいぞうほまれのいしきり)ですわ。

歌舞伎の景時は私に言わせると(ってえらそうに!)よく分かんない人間。内に秘めたものがダーク過ぎて、人物としてどうよ!という感じ。
仁左衛門さまはそこの所を魅力たっぷりに見せて下さったわ(遠い目)
妖刀に魂をやられちゃうのも、あっちに付いてこっちに付いた人生も、事情があったのよねと100㌫了解したい(仁左さまなら)

平三というのは景時の幼名。ミドルネームね。
この人、ルーツは源氏なのに諸般の事情で、今平家方についてはる。けど、危機一髪の頼朝を見逃したことから、その後頼朝の側近となります。

いやあ・・ドキドキしますわ。獅童さんのお芝居 
(ファンの方ごめんね。やっぱり駄目ムリなアタシ)
歌舞伎見てる時よりは気楽やけど。がんばってね。

 

といふことで、大河見始めたら、やっぱりダークになるやん!
なので、この辺りでおわります。
来週?どっしようかな。菅田将暉君の義経登場やからね~~~

Img_7743
名前はかえでちゃん。おたまさんと一緒にお嫁に来ました

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年2月20日 (日)

「鎌倉殿の13人」みてはりますか?



NHK大河「鎌倉殿の13人」ご覧になってますか?
アタクシ、今年はみてみようかと・・・

実に「真田丸」以来6年振りの大河視聴でございます。
三谷幸喜脚本はたまたま重なっただけで深い意味はございません。

そう言えば、当時このブログにも熱心に重箱の隅をほじくり返しては、あ~だこ~だと書いておりましたわ。
一応「真田丸」ってカテゴリーも作ったりしてね。

で、もうあんなこと(ブログに書く)はいたしません。
なんかね、自分がすっごく性格悪いような気がしてくるから。
いいえ。自分の事を「良い子」だとは決して思ってはおりませんが、いちいちツッコミ入れる自分が嫌。
あたしは、そんな人間ではないんです・・・ほんまです。

で、「鎌倉殿の13人」ですが(やっぱり書くんや!)

今「石橋山の大敗」のところですね。
まあね、痛い目に遭うといてよかったんです。頼朝(大泉洋)さん。
今後の根回し作戦(源氏の結束・坂東武士の取り込み)に力はいるしね。

それにしてもこの時代の人、名前がややこしい。ただでさえ登場人物多いですし。
先週まで「藤九郎」と呼んでいたのが今週は「モリナガ」安藤盛長(野添義弘)ですからね。
小四郎が義時(小栗旬)に三郎が宗時(片岡愛之助)に平六が義村(山本耕史)など当時10代の若者ならわかるけど
盛長さんはいつまで藤九郎と呼ばれてはったんやろ。
不遇な頼朝の幼き頃から身辺の世話をしてきた盛長。
意固地のいじけの、いっけん変子(へんこ)の頼朝が唯一人、心をゆるし甘えることのできる存在が盛長であったとしたら、頼朝は幼きままの自分で「藤九郎」と呼び続けていたのかもしれない。
それが「モリナガ」と言い換えたのは源氏の頭領としての自覚を象徴的に・・・
なんてね。また妄想ちう。基本ロマンチストだからあたし。

でね、さすが三谷幸喜さんらしく指先ほどの事も拾って言及してくれたはるんやけど
それがこの先の伏線ならいいんですが、あれやこれやの小ネタばらまきならば、
未消化なままでアタクシなんか貯まりそう・・七福飲まなきゃ!

たとえば
堤信遠と山木北方を「やっちまおうぜ!」ってときに
あちこちに声を掛け、頼りな~い面子が集まってきますが
その中の佐々木ツネタカ・パパ。彼は源為義の娘婿だから義理堅く加勢するのだけど
彼に「4人の息子がゐる」とドラマの中でも赤い線引っ張るくらいにしつこく?言ってる。
これはその後の彼らの「有名なエピソード」を細かくやってくれるためなのか

あとね
「鎌倉殿の13人」の1回目だったかな伊藤祐親(浅野和之)に収領を乗っ取られ虱まみれの体をポリポリ掻きながら出てきた工藤祐経(坪倉由幸)彼が親の仇と討ち取られるのが超有名な「曽我物語」なんだけど、その話してくれるつもり?わざわざ1回目に濃ゆいキャラをだしたのは・・

などと言い出せばきりもなし・・

 

ああやっぱり、重箱スミ子の顔が出てしまう・・
これくらいにしときます。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年2月18日 (金)

ストーブで豆を煮る



Img_7729
土で出来たお雛さまは愛らしいです

 

アラジン之介(ストーブ)が出ている間に、もう一回、お豆さんを炊こうと思います。
年末に黒豆、その前に「神秘」だったか「秘伝」だったか「奇跡」だったか忘れたけれど怪しげな名前の豆を炊きました。青豆です。
で、今回炊きたいと思っているのは

 「ごより豆」

おばあちゃん(姑)がよく作ってくれました。
大豆にジャコエビが入っています。

ところが、そのジャコエビがどこにも売っていないのね。
ググって驚きました。
「ごより豆」という名称も始めて知りました。

Img_7744


大阪は泉南地方の郷土食だそうです。
ごより は「後選り」からきているそうで、網にかかった不要な小魚を「後でよりわけ」乾燥させたもの。
今ではある程度の年代から上の方が懐かしむ「伝統食」と言われ
「ごより」を取り扱う店は希少だとありました。

そうだったんだ・・・
泉州の食べ物だったんだ・・・

 

姑は鳥取県に近い兵庫北部から泉州に嫁ぎました。
昔の事だから長男のヨメは厳しい立場だったらしい。

義母に、すぐ近所に嫁いだ義姉二人、嫁いだ時はまだ家に居た義妹一人
全員がしっかり者で、おばあちゃん(姑)は辛いことも多かっただろうな。
鬼渡(渡る世間は鬼ばかり)環境・・・


それでもそこで教わった郷土の味は引き継がれたのね。
おじいちゃん(舅)嬉しそうに食べてはったものね。

・・・・

みなさん、亡くなっちゃたわね。
伯母さん(舅の長姉)は甥っ子である、我が夫ひっちゃんをすごく可愛がり、ついでに私も可愛がってくれた。
なにしろ夫は、一族で唯一の跡取り!(昔はそう言う考えだったのね)
並べちゃって畏れ多いけど、やんごとなき、あの御一家みたいなもんやわ。違うか!へへ。

口八丁手八丁。何でも知っていて何でもできる人だった。
誰もが伯母さんに従った。
今の言葉でいえば、マウンティング伯母さん(〃艸〃)ムフッ
銀髪の上品な人で、私は「隊長」と呼んでいた(こっそりね)

 

 

本物の「ごより」は手にはいらないけれど
干し海老と小さいゴマメで炊いてみようと思います。
おばあちゃんが作ってくれたようにピカピカに炊きあがったらいいなあ。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (5)

2022年2月17日 (木)

頭に春が来た



Img_7723
うさちゃんは

Img_7722
ここだよ。
後ろの箪笥は明治のモノ。中に絹の反物いれてま~す

 

 

この春はね、奥様!

マッシュルームですわ。
マッシュルームが流行りですの。

幻覚ドラッグじゃないわよ。
野菜でもありません。

私、マッシュルームにしてきました。ア・タ・マ
昨秋の時点で大流行だったAライン
自分では気に入っていましたが、
評判がいまひとつで

世間に負けたくなかったけど、て。
そこに意地を張る意味も見いだせなく
ヘアースタイル変更と相成りました。

(誰もひとの頭に興味ないと思うけど忍耐力でついて来て!)

Aラインの次に来るのがマッシュですわ。
いやホンマ
(大木凡人・ふかわりょう・蛍原徹ちゃいまんがな・・)


可愛く前髪を下ろしてもいいし、横に流してもgood、今まで通りセンターで分けてムースでホワホワするとテンパが出現して軽やかになります。

だって。もうすぐ 春ですもの
敵を欺くにはまず味方からって言うでしょ。この味方って「己」も入っているんです。
何言ってるかわからん?

 


わからんのか・・・・(´・ω・`)

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2022年2月16日 (水)

大地の恵みをありがたく



Img_7721
(こちらのお雛様にもおでましいただきました)

 

大きな蕪は床に置いた俎板の上でワタクシの華奢な全体重をかけて切りました。
す~~は入っていません。立派な見事な蕪でした。

半分を千枚漬けにして・・・
あとの半分の半分をチキンと一緒にカブちゃんスープです。
アラジン之介(ストーブ)の上でコトコト煮ています。

残った半分の半分は明日使いましょう。

Img_7725
(ガチャピン姉さんが老眼でなかったころ描いたお雛様)

 

今、根菜類が美味しいですね。
蕪と一緒に買った大根がそれはもう美しくて
全盛期の吉永小百合さんのおみ足のようです(見たことあるんかいっ!)

しかも、みずみずしいのに味がしっかりして甘い。
大きめにカットして生のままポリポリ食べます。
 馬か? さいな!

目をつぶって「これはラ・フランスだ」と脳に言い聞かせます。
現にちょっとオサレにサラダで出したら愚息は「これ、梨?」と聞きました。
奥様!大根120円でしたのよ。
近在の農家さんがスーパーに出しておられます。
申し訳ないです。

人参も今、美味しいですね。人参って冬の野菜なの?
シャトーに切ってグラッセ。たくさん作って冷凍しておきます。
カッコ良く言うたら「キャロットのシャトーなんたらかんたら」です
習うたけど忘れたわ。大昔やから。

 

は。今日はいいお天気です。
ほな!

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年2月15日 (火)

詐欺ではなかった



「身内の声もわからんのか・・」と
身内でもないおじさんから電話があったのは、ついこないだ(この間)

今度は

若い男性から電話があった

とても感じのいい話ぶりで丁寧で親切なの
話の中に「カンプキン」って言葉がでてきたの。
パンプキン?それはカボチャですがな。
カンプキン・・還付金のことやね。
欲の深いあたくし、すぐに飛びつきましたわ。

その人、遠慮がちにこうおっしゃるの。
「7番」までご足労願えませんでしょうか。って。
で。行って来たわよ。

お役所の税務課7番窓口まで

大丈夫!詐欺と本物の違い位わかる。まだ大丈夫。

Img_7739

 

数年間にわたって、払わなくていいものを払い過ぎていたみたい。
どういうわけかチェック機能が働いてゐなくて、優秀なその職員さんが(どうかと思うけど)たまたま見つけてくれはった。
「貧乏人(あたしのこと)から税金取り過ぎてたわ!」って

ほんまにもう・・シッカリしてや。頼むでしかし!
と。私が怒るわけがない。
だって、まったく知らぬが仏(っていうのかしらこんな時)だったのですもの。


お金が戻って来るんだよ。嬉し。
自分のお金がかえってくるだけやのに・・嬉しい小市民。

Img_7719
昭和組(お雛様一家)とバーバちゃん(アタシが作ったんだよ)とエンジェル

 

一応、審査の上書類を送りますので手続きをしてください
ですと!
おたくが、まちごうてたんやろ?
はよ(早く)返して!卓袱台。

嬉しくて帰りにスーパーで「大きなカブ」を買いました
「株」じゃないよ。「蕪」かぶらです。
見知らぬおばさんが(あたしもおばさんやけど)
「そんな大きいの、す~ が入ってませんか」と聞いてきはった。

す~~ って伸ばすのはなんでやろね。
あたくし、今、太っ腹になっているの。
「いいんです。す~~~がはいってても」

どうせ 150円やし といってやりました。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年2月13日 (日)

お雛様を出しています



やっと、お雛様をだしました。
立春には・・と思っていたのに、忙しくしていて少し遅れました。

Img_7731

去年は結局出さなかったのね。
なんでやろ・・コロナでそんな気分じゃなかったのかな
ヨカちゃんに「今年はお雛様をだそうね」と言ったら
「前はヨカちゃんが3歳の時やった」といいました。
おぼえてるのだろうか。
その時のブログを見てきたら。ヨカちゃんはまだ

 茶瓶さんでした。トサカにチョロチョロと産毛

Img_7735

全部出したら、またお見せできるかと思います。
小さくて可愛くて明るくて、部屋が一時に春になります。

 

 

 

なんだかね、また幼い子への虐待のニュースがあったでしょ。
気が滅入ります。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2022年2月 8日 (火)

カラスとの闘い



カラスが来るんです。
生ごみの日に。

人は見た目だと私は思っている(いけませんか?)

でも。
鳥が見た目で嫌われるのは本当に気の毒。
もし、カラスが白かったら「神様のお使い」とか何とか云われてちやほやされるところだったのにね。

今週はごみのお当番なんです。
生ごみは自治体支給のカゴをお当番が指定日に指定場所にだします。
もちろん蓋があるけれどカラスはいとも簡単に開けます。
ので、
洗濯ばさみの親玉みたいなので何カ所か止めました。
が、
くちばしで外して蓋を開けます。
ので、
カラスが嫌う(と勝手に人間が思っている)黄色いネットでカゴを覆い上から洗濯ばさみの親玉で止めました。
が、
そんなの、へのカッパ。いや、ヘのカラス。

ワタクシ、お当番として、ほうきを持って追いかけ回す。
そしたら、ご近所マダムが「カラスは賢いから顔を覚えておいて集団で反撃にやって来る」って言うんです。
それで、片手にほうき、片手は目の前をヒラヒラさせてモザイクを掛けてやります。
「そんなの通用しないわよ」とご主人を呼んできました。
何という事でしょう。二・三羽のカラスが一斉に逃げて行きました。

どゆこと?

ヨボヨボでも男です。カラスはわかっているのね。
私はカラスに舐め切られている。チュライ。
カラスには見た目でわかるらしい。

きれいなだけの女だってことが

山に食べ物がないのね。
気の毒だけどしかたないのよ。わかって欲しい。

「からすのぱんやさん」という絵本がウチにあったっけ。
そんなパン屋さんがあったらいいのにね。カラスさん。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (8)

2022年2月 7日 (月)

お誕生日会



ぐっ坊のお誕生日会に行ってきました。
お赤飯とリクエストのサラダ大盛を持って行きました。

大荷物です。フ~~ッ。

幸か不幸か?コロナ感染拡大で少年野球の練習が中止になりましたので
誕生日パーティが出来ることになったのです。
誰が一番喜んだでしょう。
答え:パリピのヨカちゃんです。

パリピってなあに?と尋ねますれば
party people の略語だそうで。イベント好きのノリのいい人達のことをこう呼ぶそうです。
ちなみに「からさわぎ」はホンキートンキーっていうのよね。

変な言葉が流行ります。まあ私らの若い頃も「変な言葉を使って~」と大人たちに言われたものですが。

 

Img_7687

10歳になりましたよ。早いものです。
ここ(ブログ)で松竹座(歌舞伎)のチケット握りしめながら、出産とバッティングしたらどないしょう!と書いたのが昨日の事のようです。
Img_7688

(0歳から10歳までの写真を並べたBirthday mobile)


今、goodboyは、日本の歴史にはまっておられます。
将来は、阪急電車の運転士を経て大リーガーからの戦国武将が着地点だそうです。

  大丈夫かいな。このこ

この日は、流行りの羽織袴のコスチュームをネットで購入してもらい着用。
パリピは母親・真綿かも・・

 「馬鹿をみたけりゃ親をみろ」
あたしのおばあちゃんが、よう言うてましたわ。
両親ともに写真撮りまくりです。(ついでにあたしも・・)

 

幸せな人生を送ってほしいと思います。
幸せってなんだっけ?笑う事やね。そうだそうだ。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2022年2月 4日 (金)

柚子ジャムを作る



ようやく、やっと、ようやっと
大きな宿題が出来上がりました。これにて落着にございます。
あ~~~うれし

今日から春だし。ガラス戸のむこうは明るい陽射し
手あぶりの火鉢にアタクシの白魚のやうな指をかざす。
でん六の「大人の贅沢・味のこだわり」に熱い玄米茶  
嬉しすぎて、な~~~も言えねぇ・・・

小さなストレスはあった方がいい。っていうんだけどね。
ストレスなんて無いほうがいいですよね。
アタシ、大人だから宿題やったけど、子どもだったら絶対にやらないわ。
もう・・二度といやだ。しばらくゆっくりしよう。
はあ~何して遊ぼう・・嬉しすぎてよだれが出ます(ワンコか?)

ガチャピンの夫ヒロシさんがナンタラ・ゴルフと言うのをやっています。
ゲートボールでしょ?っていうんだけど「違う!」と断固否定します。
あ。思い出した。グランド・ゴルフだ。
そこで知り合ったガールフレンド(おばあさん)が「柚子長者」でお庭に柚子がたわわに生っているそうで
縁の遠い私も先日1㎏いただきまして
さらに、昨日もガチャ子が1㎏持って来てくれました。
彼女もきっと持て余してるんだろうな。
先日は柚子ジャムを作りました1個が小さいので、けっこう手間なんです。

でも、今のアタクシ幸福感に満たされてる。
宿題以外ならなんでもやるよ。
スライスした土生姜を乾燥させて熱湯を注ぎ、このジャムを落として飲んでいます。
体が温まって美味しいです。
ラジオ聴きながら、今から作ります。
ルンルンルン(古っ!)

Img_7678

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (3)

2022年2月 2日 (水)

誰が興味あるねん!ですが。



いやあ・・よろしいよ。火鉢。
朝8時ごろ炭を熾して今4時半やけどまだまだヌクイです。
部屋中が暖かいような気がします。
凄いわね。炭の力。

小っちゃいんですよ。
火鉢の一番膨らんでるところで直径25㎝くらいかなあ。
手あぶり用やからね。可愛いんです。

股火鉢ですと!失礼な。
きれいなだけの未亡人がそげなことするわけないでしょ
冗談はよし子さん。

Img_7677

今度、小さい人達が来たらお餅を焼いてあげようとおもいます。
小さな網が要るわね。また100均ショップに行って来よう。
うまいこと火、つきますねん。100均カトラリー優秀です。

 

 


そうそう。ストレッチ教室のリクエスト曲を記録しておきましょう。

11月分まで記録していました(10/26ブログUP)

ですので。たまっちゃっています。
12月のリクエスト

1)獣行く細道/宮本浩次&椎名林檎
2)私の彼/しばたはつみ
3)スーパーバード/ニールセダカ

1月のリクエスト

4)色彩のブルース/EGO-WRAPPIN
5)私はカモメ/マーサ三宅
6)Kiss of fire/ルイ・アームストロング

そして今週持って行く2月のリクエストは・・

7)My Funny Valentine/H.M.グロスマン
8)メインテーマ/薬師丸ひろ子
9)アモーレ・ミオ/ダークダックス

・・・・・・・・・

2)5)6)9)はそれぞれ私の思い入れの曲として、このブログにアップしたことがあります。
7)も去年の今頃書いてたわ。そして鉄板のチェットベイカーでリクエストしています。
2月といえばやっぱりこの曲でしょう。(7)のことね。
色んな人のカヴァーを聞いたけれど凄くいいんです。オランダの人みたいです。みっけた!嬉し。

他の曲も一言二言三言。言いたいけれど長くなる&誰が興味あるねん!だと思うのでやめておきませう。
ほなっ!

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2022年2月 1日 (火)

ヒマか?



「げんき~~~?」
「??・・どちら様ですか?」
「わからん?」
「はい。わかりません。どちら様でしょうか」
「身内もわからんか~~~



ツーツーツー

電話   が切れました。朝の8時半。

 

 

おっさん!しばくぞ  
ヒマか?
こっちは忙しいねん。炭熾してる最中や!
100均で買うてきたアレや。結構楽しいねん。
なのに電話のベルが鳴るから大急ぎでベランダでつっかけ脱いで受話器をとったんや。

なにがしたいねん。おっちゃん。
オレオレ詐欺やったら、もうちょっとスマートやで(予想)
そんなもっさりした言い方、誰にも通用しいひんで。
8時半はあかんわ。だれでも忙しいねん。
3時半やったら相手したげるのに(ヒマか?)


「身内」やて?そんなWord使うの年寄りか(8)さんだけや
あたしに身内はおりません。
もっと、エエ球投げて来んかい!
そんなに、あっさり切らんでもええのに。

ほんまに手ごたえのないことこの上ない   
手ぐすねを引く って言葉しってる?
せっかくやったのに・・

110-005
(明星氏・小4のお書初め)

 

 

あたし?ひま?
そんなことないんやけどね。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »