« 回る廻るよ | トップページ | 今日思い出したこと »

2022年1月15日 (土)

余生がやって来た



先輩から譲られた本はざっと数えて250冊
どないするねん。こんな仰山
ミカン箱を開けるたびにワクワクしながら
少しずつ2階のmy hobbyroomに運んでおります。


東南角の6畳+板の間でございます。
東に腰窓、南が掃きだしになっている明るい部屋です。
キーボードと楽譜 俳句関係のもろもろ ミシンと布関係
この豪華!3ブロックに歌舞伎関係のお宝本が加わったのです。
(寝室の本棚に前からある歌舞伎関係の本もこちらへ移しましょう)


これらの本は窓の下にダ~ッと平置きで並べます
高さ35~40㎝の棚(箱?)を作るつもりです。

誰が作る?たぶん真綿嬢に頼むわ。彼女DIYが得意です。
寸法の計算ではカッコよく部屋に収まります。

もうね。これからの生活、ここでおこもりしますわ。
もう、どこにも出かけない。
座ったり寝転んだり・・炬燵を出してもいいな。
ま。そんな風にして本を読んで暮らします。
時々、ミシンかけたり、歌を歌ったりします。

どっぷり。余生やな
ごっつう エエ感じやんかいさ

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 回る廻るよ | トップページ | 今日思い出したこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おたまさん、今晩は。めっちゃ幸せそうですね。歌と俳句とミシンと歌舞伎の本。
本は引っ越しのたびに捨ててしまいました💦
ちょびっと高価な書棚だけはいつも一緒に側に置いてます。今は左半分には孫の絵本が並んでいます。趣味に囲まれた秘密の部屋ですね。
そうそうおたまさんはどこかコーラス部みたいなところに所属していたのですか?
私の友達が大阪フィルハーモニー合唱団に所属しています。一回でいいから聴きに来てと言われていますが一度も行ってません。あかんのです駄目なんです背中が寒くなるんです。又その子が背中触ってと言います、こぶしくらいの空気が入るのですよ背中に、それで声を出すのですって、おたまさんは何かありますか❔裏の手。私の大好きな大瀧詠一さんはおへそに力を入れて歌うとあのような綺麗な声が喉から出ると言っていました。
おたまさんの歌も聞いてみたいです💕
雪の方はどうですか?⛄夜分にすみません。

投稿: るる | 2022年1月15日 (土) 19時30分

おたまさん、こんばんは。

私は本を読むこともなく過ごしていますが、回りが文系が多かったせいで本を読む世界には少し嫉妬の近い感覚があります。

余り家族のことは書きませんが、妻の方は本が好きで「本に囲まれて暮らしたいと」常々話をしています。ミシンも好きで時々自分の服を作ったりしています。

おたまさんと妻の指向が似ていて笑ってしまうのです😄

投稿: omoromachi | 2022年1月16日 (日) 20時29分

★るるさんへ
コーラス部なんてとんでもないです。
子どものころから歌う事は好きだったようです。
我々のグループはただオールデイズが好きで、のほほんと楽しめればいいという集まりです。ただ熱心な先生にムリクリ前に押し出されていると言う感じかな?

大瀧詠一さんがお好きなのですね。
だいたい世代がわかりますね( ´∀` )
大瀧詠一・佐野元春・浜田省吾はほとんどわかりません。同年代で、同じ音楽を聴いて育ったはずなのですが彼らが曲をつくり出した頃は、当然私も大人になって忙しくしていたのでほとんど聴いていないのです。
音楽に触れるのは圧倒的に(ひまな)青春時代ですものね。

雪は合わせて二日降りましたが積もるほどではなかったですよ。雪兎はすぐに溶けました^^。


★omoromachiさんへ
なぜ私達(奥様&おたま)が笑われているのでしょうか!
あ。別に笑ってはおられませんよね

我々は、ただおとなしく、つつましく・・
本とミシンで大満足であります。
ダイヤモンドや金銀財宝に囲まれたいと言っているのではありません(囲まれてみたいけれど)
ミシンはいいですよ。出来れば足踏みミシンが希望ですが今どき手に入りません。
人生の困難をミシン針に乗せてダダダダダ~~。このまま地の果てまで進んでいきたいとよく思います。

投稿: おたま | 2022年1月17日 (月) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 回る廻るよ | トップページ | 今日思い出したこと »