« お誕生日の女子会 | トップページ | 夜汽車で身の上話を聞く »

2021年12月 6日 (月)

愛の終着駅



韓国ドラマみたいなタイトルだけど、ちゃいますねん。

そそ。トラック野郎の永遠のマドンナ   
魅惑のハスキーボイスの八代亜紀さんのヒット曲です。

AKI YASHIRO  愛の終着駅 ⇐クリックでYouTubeへ
(列車の連結シーンが見られますよん)

 

今、夜汽車って走ってるんですかね?
何故か歌謡曲の中のワケアリの人は北へ向かいますね。
文字の乱れは線路の軋み」ってアータ。
今の汽車(電車)ガタンゴトンって揺れないですしね。
字が書けないほど揺れたら問題やし。
さ~むい。よぎ~しゃで~」暖房の効きが悪かった。ああ昭和。

それにしましても八代亜紀さんの素晴らしい歌唱
歌は3分間のドラマ(一週間のご無沙汰でした。玉置宏)ですわ。

 

夜汽車というと私にもいくつか思い出があります。
別に悲しくはないけれど思い出すとしみじみしちゃうわね。
夜だから?寒かったから?いや、夏やったしなあ・・
どれも、10代から20代にかけてですわ。

 

「汽車夜長名刺交わすに至るまで」作者不明

 

名刺をお持ちだから、ともに成人のしかも(当時だから)男性同士でしょうか。
夜汽車で向かい合わせに座った。見ず知らずの二人。
(当時だから)煙草の火を借りた・・そんなことから会話が始まる

昔は座席の所に灰皿があった。車内喫煙は普通の光景でした。
思えば遠い風景です。

話が弾み、互いが互いに好感を覚える
秋の夜の長旅(東京・大阪間は8時間でした)
駅に到着する頃にはすっかり打ち解けて
「ご縁があったらまた会いましょう」と別れるには寂しすぎる。
そこで名刺の交換という事になる。

昭和のコミットの一つの例。縁の結び方はさり気なく日常にありました。

 

車内での安全が脅かされるような事件が相次ぎ、鉄道会社では早急に対策が採られようとしています。
昨日は車両への監視カメラの設置の義務化がニュースで流れていました。

見ず知らずの人との会話などおとぎ話の世界になりそうです。

先般。「どうして?(車内が)こんな風に(殺伐と)なってしまったのは?」ということを
座席シートの観点から考察している文章に出会いました
話は、人と人との触れ合い、交流。心の分かち合いに及びます。
とても興味ある内容でした


今ね、サウンドオブサイレンスをレッスンしているでしょ。
人々の沈黙・サウンドオブサイレンス・へのぼんやりとした不安感を感じながら歌っているので
グサッ!と刺さったの。
それで。八代亜紀さんの愛の終着駅を思い出した。

アタシの脳の回路どうなってるの??

夜汽車の話。つづきます。

 

今から力仕事(ボランティア)だよ。いっちきま~す。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« お誕生日の女子会 | トップページ | 夜汽車で身の上話を聞く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「夜汽車」と言う単語一つでいろんな状況が浮かんで、しみじみしますね。

寝台特急「あさかぜ」に乗って初めて東京に旅行したのは20代前半でした。
うら若い娘が狭い寝台車のベッドで着替えして、洗面所で顔洗ってたんですよね~
友達がいっしょだったし、それが当たり前だから隣におじさんがいても危険とは思わなかった。

今は夜汽車でドラマも生まれない時代かしら・・・
便利になった分、人との交流も薄くなりましたね。

そうそう、新幹線で隣り合わせたおじさんが下りる間際「良かったらどうぞ」と「ああ、野麦峠」を渡してくれたの思い出しました。


投稿: anemone | 2021年12月 6日 (月) 09時57分

★anemoneさんへ
寝台列車には2回乗りました
B寝台なので3段ベッドが向かい合わせ。6台で一つのブースになります。
そう言えばおっちゃんも兄ちゃんも居ました。キャ~~危険があぶない!!
今の私ではありません。うら若きワタクシです。でも安心しきって車掌さんに優しく起こされるまでぐっすり寝ていました。
直立不動の姿勢になぜか転落防止用のベルトを巻いて・・・
なんだか笑えますね。昔の旅行って。
そう言えば駅のホームには早朝に到着した人のために洗顔用の手洗い場がありませんでしたか?鏡がついた・・
遥か昔すぎておぼろですが・・


投稿: おたま | 2021年12月 6日 (月) 18時25分

鏡がついた洗面所、覚えています!鏡が綺麗じゃなく曇ってた記憶が・・・

3段ベッドが向い合せはB寝台でしたか!
A寝台はどうなってたんだろう?
おじさんはたいていお酒を飲んでタバコ吸ってましたね。
でも危険がアブナイとは思わなかった(≧∇≦)
寝台車で痴漢とかなかったんでしょうか?

今の子どもたちは知らない人に挨拶されても無視するよう言われています。
「車の中にいる男性と目があった」だけで、不審者扱いされます。

孫の通う小学校で1年生のトイレからおじいさんが出てきた!と言うので、連絡網がまわり集団下校してきました。
その日は昼頃から雨が降ってきたので、生徒のおじいさんが傘を届けに来て、ついでにトイレで用を足したんじゃないか?と思いましたが・・・

以前は道路沿いの花壇の手入れをしてると、挨拶する子がいたのに今は皆無。
こちらも下手に声かけて不審者扱いされると困るので無視しています💦

投稿: anemone | 2021年12月 7日 (火) 09時43分

★anemoneさんへ
A寝台は2段が二列で1ブースだったと思います。幅も広かったんじゃないかな。利用したことはありませんが。
3段ベッドの下段は足音がうるさい。中段は覗かれるかも。というので女の子は上段にしなさいと言われました。覗く人もいなかったです^^。公共心道徳心はみんなちゃんとありましたよね。ベースに人と人との信頼関係があったのだと思います。

それが、今ではねえ。
子どもは大人を信じてくれない。
「カワイイね」なんて言えば通報されちゃいます。ウチの近所の子もあいさつしませんよ。朝、行ってらっしゃいと言っても知らんふりです。
小学校では挨拶するなって教えられてるのかな。
トイレのおじいさんがお気の毒です。
学校も親も過剰なまでに反応するのですね。息子の子が少年野球に入ったのですが
親が自宅待機の時は分単位で行動が知らされますよ(ラインで)大きな声では言えないけれどばっかみたい。
子どもは放っておけば大きくなる時代ではないのですね。

投稿: おたま | 2021年12月 7日 (火) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お誕生日の女子会 | トップページ | 夜汽車で身の上話を聞く »