« 寝不足 | トップページ | 93歳 »

2021年11月 3日 (水)

深窓マダム だ~れがじゃ~



秋晴れの続く昨日、久々の「百貨店」へ行ってきました。
大きな街ではなくその手前の中くらいの街どす。
 で行きました。


関西マダムは「デパート」ではなく「百貨店」っていうんやね。
と、言われたことがあります。
間違いではないけれど正確ではありません。


阪急・阪神・三越・丸物は間違いなく「百貨店」だけど
高島屋は「デパート」とも「百貨店」とも言わず「タカシマヤ」
松坂屋の場合は「まっちゃかや」と言ふ。
大丸・そごうは「百貨店」とは言わず。かと言って「デパート」というかどうか微妙。
近鉄は沿線が遠いこともあって馴染みがないのでよく分からない。
こう並べると,無くなったお店が沢山あります。
すぐに撤退した梅田の西武はどう呼んでいたんだろ覚えていない。
もうなくなったけど高槻の西武は「百貨店」っていってたっけ。
周辺マダム、何にでも「さん」をつけるけど百貨店やデパートを「さん」つけで呼ぶことはありません
CO-OPさん。っていうのにね。

ちなみに私の祖母(生きてゐたら118歳)はなべて「ーと」って言いました。「は」に点々ね。
博多では大丸岩田屋玉屋もデパートっていいました。

以上 誰が興味あるねん!でした。

 
以下「誰が興味あるねん」なハナシが続きます。

街中は車が結構走っていました。
百貨店の中も、まあまあな人出。
うわ!世間の人は街に出てはるんや~とびっくり。
BABY連れのママも、いらっしゃいます。
私がビビり過ぎやったんやろか。

前日エミリーから南座の顔見世のお誘いがあったけど断ったのよ。
観劇そのものは入場制限して万全の体制が敷かれているけれど、道中の電車を考えると二の足を踏みます。
あたしは臆病な小鳥さんになってしまいました
(エエように言い過ぎ)

Mi3

 

百貨店には
目的のものだけお買い物を済ませて40分ほど滞在
お菓子とお花。
小さなブーケを作ってもらいました。
やっぱり出てきて良かったな。
我が町で調達するのより やはり垢抜けてる。お菓子もブーケも。

駐車場に戻って「買い忘れひとつ」気が付いたけれど我が家用だし、まいいか。次にしよう。
今度はゆっくりとお買い物に来ようと思いました。

こうやって「世間復帰」していく所存です。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧 になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 寝不足 | トップページ | 93歳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうそう、でバート、姑がそう呼んでました。我が故郷の方は「サン」付けでした。今我が家の近くの大きなモールに有名デパートが4軒入ってますが滅多に行きませんもう5,6年行った事が無いかも。若い頃は暇を見つけては(見つけなくとも暇だらけ)出かけたものですが。やっぱり置いてある物はそこら辺のお店とは違いますよね。
でも今はアマゾン君にべったりです。おたまちゃん質問がありメールしましたので宜しくです。

投稿: パコ | 2021年11月 3日 (水) 11時23分

こんにちは。
お車でのお出かけは電車🚃使わずに
ご安心ですね。お買い物、済まされてお疲れ様でした。
世間復帰おめでとうございます。

デパートはもう、行っておりませぬ。
出店?には度々!電車は昨年、サントリーホールへ行ったきりで乗ってません。
小田急線や京王線の被害に遭われた方々、お見舞い申し上げます。両私鉄には妹一家と姪一家が住んでいるので心配です。

投稿: マコママ | 2021年11月 3日 (水) 13時34分

★パコちゃん
ご質問受け付けました。珍回答しときました。ご参考になればうれぴ。

Amazonでお買い物したことが一度もありません。時代遅れでしょ。
子どもの頃のデパートって夢がいっぱい詰まっていましたね。屋上はパラダイスだしお子様ランチには旗が立ってるし・・・
今は目的物にまっしぐら。
コロナが収まっても、ウィンドウショッピングなんてもう元気がないような気がする。とほほ

★マコママさんへ
とんでももない事件が起こりましたね。
誰の身にも降りかかるかもしれない・・
悲しい世の中です。
マコママさんも今は深窓マダムだけれど。きれいなもの華やかなものを見るだけでも元気の素です。早くそんな風になりたいですね。

投稿: おたま | 2021年11月 3日 (水) 18時15分

オイラにとっての、その手の店は寅さんの口上「角は一流デパ-ト赤木屋、黒木屋、白木屋さんで…」が浮かび、「こたまちゃん」がデパート屋上で写った白黒の写真を思い出しますね。
我が母上様はオイラが小学生の頃、問わず語りでよく「ボーイ」が、ボーイが…(包衣の意???)と外地時代に数人いた自分の家の様子を話していて、母の発する横文字に違和感を何時も持ってました。そして幾星霜、青年のオイラがキャバレーで本物の?「ボーイ」になろうとは、アッ、寅さんのテキヤにもですネ。

投稿: 坂口あんちゃん | 2021年11月 3日 (水) 20時46分

★坂口あんちゃんへ
寅さんの口上は今でも受け継がれているのでしょうか、もんのすごく小さい頃、人の輪の最前列にしゃがんで聞いた覚えが・・
バナナのたたき売りさんは門司か下関か忘れたけれど観光の一環になっていました。
啖呵売も一つの文化ですね。

かわゆすぎる「こたま岩田屋屋上」の図を覚えておいてくださり恐縮です。
本人も忘れていました。てへ。

投稿: おたま | 2021年11月 4日 (木) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寝不足 | トップページ | 93歳 »