« あなたが嫌いです | トップページ | お使いデビューだったのか? »

2021年10月12日 (火)

ハピークリスマス!(War is Over)



私がまだ「こたま」だった5歳か6歳の頃。
メリークリスマスのメリーと
クリーニング屋のメリーちゃんが
ごっちゃになっていた。

クリーニング屋のメリーちゃんは私より、一つ二つ年上だったけど一緒に遊んだことは無い。
メリーちゃんは、ほとんど、外に出たことがないからだ。
彼女はいわゆるGIベビーだったのだと思う。
ある時クリーニング屋に来て、そしていつのまにかいなくなったメリーちゃん。
小学校に上がる前にアメリカへ渡ったと聞いた。

だから、今でもメリークリスマスという言葉を聞くと
クリーニング屋のガラス戸越しにいつも外を眺めていた金髪の女の子を思い出してしまう。

  

メリークリスマス!って私たちはいっていますが
英吉利ではHappyクリスマス!って言うんだって。

今でもそうなのかな?
ジョンレノンの世代の多くのイギリスの人はそれが普通なんだって。

 

「ハッピー クリスマス」
1971年 米国と日本でリリースされた楽曲です
War Is Over 
というもう一つの題がついています。
「戦争は終わる」
平和を愛したヨーコとジョンの反戦歌です。

サイゴン陥落が1975年ですから、この「War」はベトナム戦争の事ですね。

ドンジャラホイ の今年のクリスマスソングがこの曲に決まりました。
有名過ぎて説明するまでもございませんが。あのささやき。
キョーコはオノヨーコの、ジュリアンはジョンレノンのそれぞれの前のパートナーとの間のこどもですね。
そそ。ヘイ・ジュードのジュリアンね。

いい歌だなあ。
わたしは特にヨーコが子どもたちと入って来る

A very merry Christmas

And a happy new year

の所が好きです。
あんれれれ・・merry Christmas って言っています。
ヨーコはアメリカの人だからから?

 

アメリカへ渡ったメリーちゃんはいまどこでどうしてるんだろう。
Xmasには大きな声で歌ってるかな
全ての争いをやめようよ。争いは終わる。きみが望めば・・って。

そして、うちらドンジャラホイも歌うのだyo

We hope you have fun

きみが楽しんでるといいな って。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« あなたが嫌いです | トップページ | お使いデビューだったのか? »

ボーカルレッスン」カテゴリの記事

コメント

おたまさん、こんばんは、この曲大好きです🎄
山ほどあるクリスマスソングで最近はこの歌です。
今の世にピッタリな曲ですね。おたまさんはコーラス?ゴスペラとゆうやつですか?
凄いですね、頑張っツて下さい大きな声で歌うと発散できますよね。
娘とロックフェラーのツリーを観に行きました懐かしいです、ホノルルマラソンの常夏のサンタも懐かしいです。
まだ暑いですが・・ハロウインその次にはクリスマスがやってきますね。
素敵な曲を思い出させてくださりありがとうございました。

投稿: るる | 2021年10月12日 (火) 18時47分

もうクリスマスですか?!
コンサートの曲も決まって、楽しみですね♪
「イマジン・ハッピークリスマス・平和を我等に」、あの頃は不審な眼でジョンとヨーコを見ていましたが、今では大好きな曲になりました♪
あれから50年、半世紀、長かったような短かったような、本当に平和になったのか、コロナは終るのか?
私はおたまさんのブログを拝見するのが楽しみ位で、全くやる気なしです。
ステイホームから脱せずに気持ちが上がりません。(>_<)

投稿: 熱烈 | 2021年10月12日 (火) 19時40分

★るるさんへ
るるさん。こんばんは。
おっちょこちょいの勘違いからボーカルレッスンが始まりました。
最初はジャズボーカルの個人レッスンと思っていたのです。
好きな曲一曲だけいいから英語で歌えたらいいなあ・・って。

今では60年代ポップスを中心にハモリまくっています。コーラスと言うほど高尚ではなくゴスペルみたいにカッコよくもないけど、割と機嫌よく続いています。

USAに一度も行ったことがありません^^
るるさんは「大阪在住」っておっしゃっていましたね。USA行かれたのね。いいなあ。

せめてカタカナ英語で歌って気分を味わいますね 
v( ̄Д ̄)v イエイ

★熱烈さんへ
確かにオノヨーコさんが介入?してからのビートルズって、特にジョンレノン、不審でしたよね。どっちに向かうんだろうって。
平和とか平等とかに対する感覚がうんと先に進んでいたのでしょうね。
私達が遅れていた。ともいえる。
歌詞の中に「老いも、若きも」「強きも弱きも」「富める者も貧しいものも」
それから、ここ大事「イエローもホワイトもブラックもレッドも」って歌っていますね。50年前ですよ!
すごいです。

今、私の周辺。ジョニーデップの映画「MINAMATA」を見に行っています。
ユージンスミスの活動を知ったのも丁度同時期。50年前だったと思います。

50年間鈍く生きてきたと少しは反省しています。
此処で立ち上がらないと(精神的な)寝たきりになっちゃいますよ。楽しい事見つけましょ!!アゲアゲ。

投稿: おたま | 2021年10月12日 (火) 21時05分

>平和とか平等とかに対する感覚・・・私達が遅れていた。
そうです、そうです!
>「イエローもホワイトもブラックもレッドも」って歌っています。
あのベッドインも袋に入ったのも、ヌードも、人間はみんな同じって!
50年前、すごいです!!

映画、もう少し元気になったら見たいです。

投稿: 熱烈 | 2021年10月12日 (火) 22時01分

おたまさん、こんばんは♪
私はビートルズ世代よりちょっと下で、ブームが終わってからビートルズを知り、好きになってエレクトーンで弾きまくりました。
でもヨーコとやってる事やインドにはまっていた頃のジョンは訳わからず、「イマジン」も退屈と感じていました。
でも今、この「Happy Christmas」や「イマジン」を聞くと、ジョンもヨーコもすごい人だったんだとつくづく思います。
今やっと私は彼らを理解できるようになったのかなと思います。
おたまさんの言われるように「イエローもブラックもホワイトもレッドも」って、まさに今みんなが言ってる事ですやん!
すごい人って、いつの世もその時代にはなかなか理解されないんですね。
でも分かる人は分かってたんだなあ。
ジョンの住んでた(今もヨーコが住んでる)ダコタハウスは、住みたいと言っても住人が反対したら住めないんですって。
ポールは拒否されたとか。
長々とすみませんでした。
ドンジャラホイのコンサート、聞きに行きたいなぁ。

投稿: とどわんこ | 2021年10月13日 (水) 01時38分

★熱烈さんへ
少数が多数になって来た。
やっと二人の背中が見えだした。

希望が持てますね。


★パコちゃんへ
ちっともズレてないのに~~~
( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
始めてお聴きになったのですか!?
是非、今年は歌ってくださいね
HappyXmas!


★とどわんこさんへ
なんと!わんこさん。進化されたのでしょうか?
可愛い2文字が・・・

私もビートルズの良さがわかったのは大人になってからです。
出会いは中学の英語の先生が英字新聞で紹介してくれたことです。
彼らの初めてのアメリカ上陸の記事だったかな。
中学英語で歌えそうだとラジオに耳をくっつけて必死で書きとっていた頃はあまりその魅力がわかっていなかった。
綺麗な音や和音の意外さが判ったのはうんとおおきくなってからですね。

オランダ旅行でジョンとヨーコの有名な「ベッドイン」の部屋を見る機会があったのに見逃しました!
あのパフォーマンスが当時の特に日本人には分らなかったですよね。好奇心しか無かったわ。自分。
愛と平和を訴えた彼らのホテルの部屋は利用はできませんが見学できるように保存されていましたよ。
私は、世界一有名な日本人女性がオノヨーコさんであることを嬉しく思っています。

ポール・・なんでやろ(;^ω^)

ドンジャラホイ。練習時間がなくて、イルージョンできないし今年「も」散々だとおもうけど、頑張ります!

投稿: おたま | 2021年10月13日 (水) 08時18分

ワシが仁川に住んでおったとき、
小学校のいかつい先生が、
「青い目の子供に逢うたらやね、
ハウドウユードウ言いませう」
何度も口にしてました。
ちょっと前までは「敵性用語」だったのに。
その仁川には米軍将校の家が並んでおった。
ワシの家はそこから離れた畑の中だったが、
下校の途中で青い目のガキどもに囲まれることしばしば。
「ハウドウ」どころやおまへん。
ただただ恐怖で逃げ帰ったもんです。

許すまじ敵性歌曲「はぴーくりすます」!!

投稿: NANTEI | 2021年10月13日 (水) 12時23分

★NANTEIさんへ

つ・つらい。辛い話や。
敗戦国の悲しさやね。
アタシがその場にいたら竹やりで追いかけ回してあげるのに!!
進駐軍に出入りしていた大工さんの家からはええ匂いがしてました。コーヒーでした。
アメリカってええ匂いやと思った。
あ。あたし兄ちゃんより一回り以上年下です。念のため。

投稿: おたま | 2021年10月13日 (水) 13時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あなたが嫌いです | トップページ | お使いデビューだったのか? »