« 八月の記録⑨ | トップページ | 八月の記録⑪ »

2021年8月10日 (火)

八月の記録⑩



 

 「四郎まで産んで殺して敗戦忌」

        (作者不明・ご存じの方教えて下さい)

 

 

8月になったので戦争の事を書こうとおもいます。
と言っても、私は実体験としての戦争を知りません。

戦争を知っている年長者の下で大きくなりました。
その人たちに直接に聞いたことを書き留めておきます。

 

赤紙が来て、大阪〇〇へ行くと、門の所で「オマエはあっち。お前はこっち。」と右と左に振り分けられた。
選ぶ基準は、その担当の人の気分のようでした。
あとで、右は南方へ。左は中国へ行かされたとわかりました。

結局、三度徴用され、終戦はフィリピンで迎えました。
伝染病(マラリア)に罹り何度も死線をさまよいました。
病後は衛生兵として、従軍慰安婦の管理などもしました。
(階級が)上の人は日本人、下の者は朝鮮人の慰安婦が相手をした。

奇跡的に帰って来られた。
足の悪い母親が、毎日お百度を踏んでくれていた
                                            (S.M 1920生男)

 

 

 「熱中症に坐して八月六日なり」おたま

 

                また、明日


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


|

« 八月の記録⑨ | トップページ | 八月の記録⑪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八月の記録⑨ | トップページ | 八月の記録⑪ »