« 八月の記録⑦ | トップページ | 八月の記録⑨ »

2021年8月 8日 (日)

八月の記録⑧



  

 「天皇家つねに正面向きて夏」

        (作者不明・ご存じの方教えて下さい)

 

8月になったので戦争の事を書こうとおもいます。
と言っても、私は実体験としての戦争を知りません。

戦争を知っている年長者の下で大きくなりました。
その人たちに直接に聞いたことを書き留めておきます。

私らまでが「ハナ・ハト・マメ・マス」で習うたんやろな。
その後は、「ススメ・ススメ・ヘイタイススメ」になった。
修身だけは校長先生が教えた。
四大節(注・四方拝1/1。紀元節2/11。天長節4/29。明治節11/3)のときは校長が白い手袋をして教育勅語を読みはった。
書初めは金箔の半紙に教育勅語を書いた。

世話をしてくれる人があり、徴用逃れのために陸軍造兵廠へ入った。
何故か選ばれて機密部署に配属された。特機室でドイツ製の測定器を使って特殊機械の検査をした。
冷暖房完備の部屋だった。家族に話すなと言われた。
ある日、京都の島津製作所の人が菓子折りを持って家にやって来た。
情報収集だったのだろう。父親が怒って追い返した。


工廠には同年代の水口(滋賀県)の挺身隊の女学生が来ていた。
〇〇旅館が寮になっていて、月に一度帰っては米を持って来ていた。
その人たちは砲弾の検査をしていた。

軍隊は絶対服従やった。
毎朝礼で「軍人勅諭」をやった。初めは「変」と思ったけれど慣れてきた。
年頃やからみんなと同じ作業服を着ているのがいややった。
ある日、ちょっと襟を立てて(スタンドカラー風に縫い付けて)いたら憲兵に引っ張られて始末書を書かされた。
憲兵は毎朝、門のところで見張っている。
男の人と話をしただけで始末書を書かされた友達もいた。

兄が出征した。駅前に千人針をしに行った。
玉に当たったが、成田山のお守りが2つに割れて命は救われた(と、家族は思っている)
顔に傷が残った。(K・M 1925生女)

 

 

「弾薬庫址祭り屋台のでてをりぬ」 おたま

1939.3月(大阪府枚方市)陸軍禁野火薬庫が爆発。
死者94名。負傷者602名

 

 

                  また明日。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 八月の記録⑦ | トップページ | 八月の記録⑨ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八月の記録⑦ | トップページ | 八月の記録⑨ »