« 現状打破のための行動その1 | トップページ | 曼珠沙華の咲くころ »

2021年8月25日 (水)

霧のかなたへ



鍋を買って酒を売って、ワタクシの心の霧は少しずつはれていくのでしょう。

Img_7427
花壇のお花がこんなに咲きました

Img_7428 
これね、ポット苗 @50 だったですよ
関西Ladyすぐにお金の話します。お下品でごめんあそばせ
ちなみに@50は(50まんえん)と読みます。

霧が晴れる。
俳句では「霽れ」という文字を見かけます。
おおきくしてみませう。

「霽れ」です。

雨などが終わった後に晴れる。という意味を含む古い漢字だそうです。
心の霧が霽れる・・・エエ言葉じゃぁ あ~りませんか。

ストレッチ教室のリクエスト曲。今月は「霧」の曲を持って行きました
霧のサンフランシスコ/ トニーベネット
霧のロンドンブリッジ/ ジョー・スタフォード
霧のカレリア/ ザ・スプートニクス

懐かしいでしょ?奥様。

 

 

「霧」は夏の季語なんですよ

 

 「寄りて見る標高標識霧流る」
             2010年・阿蘇草千里にて

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 現状打破のための行動その1 | トップページ | 曼珠沙華の咲くころ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
霧が少しでも晴れて何よりでございます。
@50まんえんとはやはり大金持ちの関西マダムでいらっしゃる!
お手入れもよく見事に咲いていますね!
霧シリーズ?のお歌懐かしい〜。

投稿: マコママ | 2021年8月26日 (木) 07時05分

★マコママさんへ
パラグアイというお国のお友達のはなしでは
10万グアラニーというお札があるそうです。やたら「0」の数が多い。老眼のそのお友達、間違わずに使えているのかいつも心配しています。
わたしは「まんえん」で暮しているのでパラグアイでもやっていけます。

霧の歌。やはりロマンティックですね。
「哀愁の街に霧が降る」にしようかとおもいましたが、多分、誰も知らないと思うのでやめました。マコママさんごぞんじですよね?

投稿: おたま | 2021年8月26日 (木) 09時23分

こんにちは。
昔、イタリアへ行った折り、通貨がリラでした!ゼロが沢山でしたよ!

パラグアイは遠すぎるので行かないで下さいませ!ご子息さま達が嘆きます😭

「哀愁の街に霧が降る」は存ぜず?
聴いたら思い出せるかしら?
ちょっともうお脳のアレが始まっているかも?ですからね!

投稿: マコママ | 2021年8月26日 (木) 13時25分

★マコママさんへ
そうでしたね。「リラ」の時代!
色んなコインが珍しくて大事に持っていましたよ。
パラグアイは遠いんです飛行機で一日半かかります。だからお友達はリビングの下に穴を掘って最短距離でやってきます。泥んこになって。本当です!
「哀愁の街に霧が降る」ご存じないですか?
わあ。どうしましょう。ワタクシも母にきいたんですよ。嘘です。
汗(;^ω^)

投稿: おたま | 2021年8月27日 (金) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 現状打破のための行動その1 | トップページ | 曼珠沙華の咲くころ »