« 聞き上手・話し上手 | トップページ | 網戸の張替 »

2021年7月14日 (水)

ようこそ太陽の塔へ



なんと!4か月ぶりの吟行です

車でピャッと行けてピャッと帰って来られるという事で
大阪万博公園へ
嘱目は「蓮の花」  今が見ごろらしいです。

Img_7362
美しいわね。
極楽ではもっと咲いているのかな。
Img_7361

蓮池の周りにはカメラマンがたくさんいらっしゃいました。
年寄りグループばっかり(お前が言うな)
私ら、紙と鉛筆だけあればいいけれど、カメラはお金がかかりそうだにゃ。
なんかバズーカ、みたいなのを抱えてはる。

 

  「蓮池やときをり響くシャッター音」

 

Img_7351

いつ見ても、素敵なお方 
当時は奇妙奇天烈だと思っていたのに、今見ると素晴らしくカッコイイ。

今回、中に入ってみることにしました。51年ぶりの快挙?だよ。
1970年。そうね、生まれていたわよ。
中に入るのは初めてです。
「月の石」は見たような記憶がおぼろげに・・幼過ぎておぼえていない・・なんちゃって!
ウロウロし過ぎて?興味が無くて?覚えていない(正解!)

Img_7359

内部から塔のてっぺんを見上げる。

きゃっ!キャバレーかっ?

ばかもの! 

生命の樹だ。テーマは「いのちと祈り」だよ!

螺旋階段に沿って、過去から今へと進化の歴史を進んでいきます。
万博開催当時は塔内に5基のエスカレーターが設置されていたらしいけど、51年前に「来た」記憶のあるイサオちゃん達は何も覚えていなかった。
(みんなの記憶力って、似たり寄ったりやな)
写真撮影はここ(1階)まで。

圧倒される内部です。
と言っても、私はテーマとかメッセージとかはよく、わからんのですが
岡本太郎の脳内にあった、このキテレツな 造形を作り上げた関係各位に驚きと感心と尊敬の念を持ちました。
特に腕の部分の鉄骨の構造美(どこに感心してるねん!)美しすぎます。
この巨大オブジェ。ダイナミックでエネルギーにあふれた塔内は、なにやら祈りの場のように思えてきました。

やっぱりね! 壁にこんな言葉がありましたよ

芸術は呪術だ! 岡本太郎

 

(なに言うてはるんか、わからへん・・・)

 

案内のお姉さんに「目玉男はどこから登ったんですか?」と聞いたら
「それがねえ、私達、聞かされていないんですよ」という返事でした。

太陽の塔は永久保存されることが決まっています。

 

 

この日、アイチャンはコロナウィルスの濃厚接触者と認定されたため欠席でした。本人は元気(覚え書き)


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 聞き上手・話し上手 | トップページ | 網戸の張替 »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
久しぶりの吟行へお出かけだったのですね?

その昔、万博へ出かけどこのパビリオンも
行列でした。
生憎?太陽の塔の中には入らずでしたよ。
月の石はスミソニアン博物館でじっくり見られたものの、画像撮れずでした。

投稿: マコママ | 2021年7月14日 (水) 12時24分

おたまさん、画像upありがとう~~! XXX(*´з`)
芸術は爆発だ!\(^o^)/
素晴らしい内部もあったのですね♪
綺麗な色が楽しいわぁ~♪
そうそう、ちっとも良いと思わなくて異様に感じてました。
こうして今見るとなんと力強く個性的、誰にも真似できない作品、世界中に誇らしく思います。
梅雨空で滅入っていた気持がに元気になりました。

投稿: 熱烈 | 2021年7月14日 (水) 17時10分

★マコママさんへ
やはり仲間と直接顔を合わせ、おしゃべりするのは楽しいです。みんな嬉しそうでした。
万博。懐かしいですね。
月の石。ご覧になったのですね。
オリンピックも万国博も大勢のひとが楽しんだイベントでした。
あの頃の日本人ってなんだか可愛かった?ですよね。大はしゃぎして。平和でした。

★熱烈さんへ
塔の中、凄い迫力でしたよ。50年前のものとは思えない斬新さでエネルギッシュでした。
ゲージュツはよく解らないけど、パワーをもらえるという気がします。草間彌生の展覧会でものすごく励まされたことがありました。
なんざんしょ!やっぱり爆発してるのかな。
私の周辺の関西人はたいてい、太陽の塔が好きです(断定)

投稿: おたま | 2021年7月14日 (水) 20時26分

生まれていたけど万博へは行かなかったんです。勿論愛知のも行ってない。
太陽の塔って高速バスで四国へ向かう時によく見えました。目が青く光ってた日もあったんです。内部凄いですね。やっぱ爆発寸前の頭でなきゃこんなの思いつかないですよね。太郎さんの真っすぐを見てない斜視っぽい目は太陽の塔の目と同じ方向を見てたのかも。近くで見たいです。

投稿: ばんび | 2021年7月16日 (金) 13時50分

★ばんびさんへ
なにしろ「呪術」ですからね。何とも言えないです^^
本来はお祭り広場の地下と地上を結ぶための通路として作られたのですが、あれだけの人でしたから役目を果たせたかどうか・・・
入場制限はあったのですが
今では消防法などで使用できないでしょうね。
是非一度遊びに来て下さい。目玉はどこからでも自分と視線が合うように出来ているというウワサ。仁王さんか!

投稿: おたま | 2021年7月16日 (金) 16時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 聞き上手・話し上手 | トップページ | 網戸の張替 »