« わー(わたし)の大好ぎだもの | トップページ | 八月の記録② »

2021年8月 1日 (日)

八月の記録①



 

  「八月の地球に二つ爆心地」

        (作者不明・ご存じの方教えて下さい)

 

8月になったので戦争の事を書こうとおもいます。
と言っても、私は実体験としての戦争を知りません。

戦争を知っている年長者の下で大きくなりました。
その人たちに直接に聞いたことを書き留めておきます。

  

「終戦の直前、田んぼの苗が伸びていたので6月か7月頃だったと思います。
私の通っていた三輪小学校(現・兵庫県三田市)で機銃掃射に遭いました。
同級生の男の子や、田で草取りをしていた友だちのお母さんが亡くなりました。
学校には、尼崎などから集団疎開で、たくさんの子どもが来ていました。
敵機は確実に子どもたちを攻撃目標にしたのです。
田舎に居りながらも、戦争中はこのような怖ろしい体験をしました。
私が12・3歳のころのことです」(K・A 女)

 

 「炎天や機銃の痕の残る壁」 おたま

              (2004夏・伊丹市内)

 

                     またあした。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« わー(わたし)の大好ぎだもの | トップページ | 八月の記録② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« わー(わたし)の大好ぎだもの | トップページ | 八月の記録② »