« いろみず屋さんごっこ | トップページ | 八月の記録① »

2021年7月30日 (金)

わー(わたし)の大好ぎだもの



この夏、初めて芋茎(ずいき)を炊きました。
大根を炊く。お菜っ葉を炊く。
わたくし「煮る」ことを「炊く」っていうんやけど、これって、方言ですか?⇐今、ふと思った

ずいき。大好物ですねんよ。
好き過ぎて、このブログにこの12年で7回もとりあげてました。

大阪府泉州産の紅ずいきです。
おばあちゃん(母の母)も、好きやったなあ。
昨夜はお揚げさんと一緒にさっと炊きました。

二杯酢・三杯酢・酢みそ・ごま酢・・・
簡単にしょうが醤油で食べても美味しいです。

昔のようにあくをあまり感じません。
これは、私が大人になったのか、あくの強い女になったのか・・

芋茎は三大がん予防の野菜と言われています
ずいき・カリフラワー・菜の花

これで、今年の「芋茎(ずいき)」の宣伝を終わります。

 
私の好きなもの。好きだった物や人や事を考える時は幸せな気分になれます
すっかり忘れてゐたモノもあります。

アタシね「さとうまさひこ」のジャズピアノが好きだったことを思い出しました。
まだ、10代の頃。
深夜ラジオで中山千夏ちゃんと番組を持ってはった。
二人は新婚さんでした。
佐藤さんのピアノは凄く上品で透明で切れ味が良い。
って、ジャズもようワカランのにそういうふうに思っていました。

当時(結婚のことをマスコミに好きに言われた)千夏ちゃんが、婦人公論で
「あたしにも、真っ赤な血が流れてるんだ。ふざけるんじゃねえ!」と吠えていたのを思い出しました。
彼女は当時22歳くらい。半世紀以上も前の事です。

曲は、私の好きなもの「マイ・フェイヴァリットシング」
この、ピアノ。さとうまさひこさんじゃないかな
知らんけど。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« いろみず屋さんごっこ | トップページ | 八月の記録① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

津軽弁はフランス語に似てると言われて以前車のコマーシャルがありましたよね、殆ど解らなかったしこの歌も聞き取れないけど素敵。後半の英語も津軽弁風で楽しい。さとうまさひこさん、中山千夏さん共に懐かしいお名前ですね。なぜか青島さんも思い出します。

投稿: パコ | 2021年7月30日 (金) 22時28分

★パコちゃんへ
津軽弁のあとの英語が訛って聞こえる^^
方言っていいですね。
方言でしか表せないニュアンスがあるのでしょうね。そこに暮らしてその言葉を使った人だけが解るニュアンス。

青島さん^^二院クラブ。社民連・市民連合
いくつものミニ政党も今となっては「あぶく」だったのかなと思います。
千夏ちゃん。才能豊かな人だったのに女優の道には進まなかったのね。

投稿: おたま | 2021年7月31日 (土) 08時26分

ごぶしゃた。
厚顔剤患者で加えて新型ウィルスの陰性老人です。
ところで今回ご紹介の「マイフェバリットなんちゃら」は、
佐藤允彦さんのピアノかと思われます
何故なら津軽弁で歌っているのが、
青森出身のシンガー工藤勉さんに、
紛れもないからでありましゅ。
工藤さんは、なんと娘婿の父親でした!

投稿: NANTEI | 2021年7月31日 (土) 14時52分

★NANTEIさんへ
兄ちゃん!
ちょっ!ちょっ!ちょっと待ったりいな!
(暫し待たれよ。の最上級関西弁)
頭の中が混乱しております。
ググりまくって、YouTubeで
銀巴里live・くどうべんを「正座して」聞かせていただきました。
お嬢様の義父様だったのですね。岐阜県ではなく青森県の・・・
さくらんぼの実る頃の訳詞をなさったとか。
私がうんと小さな子どものころ、イブモンタンのレコードで聞いていました(フランス語やけど)
義父様は銀巴里などで佐藤充彦さんとセッションされていたのでしょうか?

今まで、兄ちゃんのブログで珍しいもの面白いもの素敵な音楽をいっぱい教えてもらいましたが、工藤勉さんの歌声は最大の大発掘?です。

私はあてずっぽうで「このピアノさとうまさひこさんじゃないか」って書きました。
もし当たっていたらすごくうれしいです。


投稿: おたま | 2021年7月31日 (土) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いろみず屋さんごっこ | トップページ | 八月の記録① »