« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月30日 (水)

ワクチン接種と入れ歯



バカは死ななきゃ治らないと申しますが
死んでみなけりゃわからないこともあります
(何言ってるんだか)

T子さんの嫂(あによめ)さんは60代前半で亡くなられました。
きれいなお義姉さんだったのに、歯がお悪かったそうです。
「だから若いのに総入れ歯だったの」
そして亡くなった時悲しみのあまり皆が忘れていたんです。

それを踏まえ、心からのアドバイスをしてくれました。

「おたまちゃん。死んだらすぐに入れ歯を入れてもらいなさいね」
「あたし、入れ歯じゃないし 」
「だって、この先わからないやん・・」
「・・・・」
「死後硬直が始まってからじゃ遅いのよ!あんなに、いい人だったのに。あんなにきれいなお義姉さんだったのに・・棺(ひつぎ)のお顔が不本意だった・・・
友人の涙は止まりません。


平凡・真綿夫妻に言うときました。


わたし:「真っ先に入れ歯をいれてや」
真綿:「おたまさん。入れ歯なんかいれてないですやん」
わたし:「だから、100歳の時点でどうなってるかわからんでしょ」
平凡:「100歳にもなって死に顔気にせんでもエエやん」
わたし:「じゃがーしわい。言われる通りにしといてんか。これは遺言や」

ガタガタいわれたけど
真綿嬢から「おまかせ下さい 」の言葉を取り付けました。

1回目のコロナウィルスワクチンを接種してきました。

大安吉日で予約しといたんです。
前の夜はお風呂で念入りに首とお腹の辺りを洗いました。
切腹でもするんかい!
気分はそんな感じ。

美味しいものを食べとこ!と。その夜はハモのお造りです。

ちょっと可愛いお洋服を着ていきます。もし救急車で運ばれたときのために。


既に接種が済んだ友人から、数か所のゲート?(チェックポイント)で「打ちますね?」「本当に打ちますね?」と何回も確認されるので「だ~か~ら。打ちにきとるんじゃ!」と返すように言われています。

Pコちゃんの接種後のアドバイスをおさらいしながらベッドへ
寝る前に平凡氏に電話をいれました。

「あした、ワクチン打って来るわね」

「うん。入れ歯やろ。ちゃんとわかってるから安心しいや」
と言われた。

だから・・まだ入れ歯じゃないんだってば !!

テキトーな息子だ。

2回目の接種も大安吉日で予約しておきました。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2021年6月29日 (火)

好きなことについての考察



「プレバト」という番組をたまに見ることがあります。
俳句は年寄が寺社仏閣に行ってつくるものという概念を取り払い、俳句の敷居をグンと低くした功績は大きいと思います。
切れのいい夏井いつきさんの指導で、「てにをは」ひとつで世界がかわる俳句の面白さを視聴者も実感されているのではないでしょうか。

わたしは、長いこと「モノを詠め」「心はモノに託せ」と指導を受けたので
モノ・モノ・モノ・・目の前にある事実真実をみることに努力してきました。

ですので、テレビで時々耳にする
「発想を飛ばす」という事ができません。

結果としてできた俳句が「飛んでいる」ということはあろうかと思います
それは、あくまでも読み手がとらえる事であり、そこに俳句の面白さがあります。
俳句は「間接的」で「自由」なツールです。

意図は句の妨げにはなっても、助けにはなりません。

えへ。何いうてるかわからんでしょ。
いいんです。
わたしも分りません。

Img_3728-1
                photo by ケセラ

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2021年6月28日 (月)

夏よ。つれない夏よ。



ありゃ~。もう6月も終わるやん。
なに?この速さ。
生きてゐたら次から次にヤルことがあると思いません?
忙しかったわ。もう6月の終わりや!
一年の半分がオワタ

今週は、またストレッチ教室にリクエスト曲を持っていきます。
先生(♂)おばさんたちの持ってくる時代遅れ懐かしの名曲にワクワクしてはる。
PPMなんて、Kポップの人気アイドルグループと思うてはったみたい。
ちがいますがな。ピーターポール&マリーでんがな。
とばあさん。突っ込む。
最近のお気に入りはボビーソロとハリーベラフォンテ(古っ!)

シャルルアズナブールの「ラボエーム」もお気に入りに入ったそうです。
あたし、17歳の頃、当時はまだ丸山明宏と名乗っていた美輪明宏さんのシャンソンのレコードで聴きました。
モンマルトルのアパルトマンの 窓辺に咲くリラの花よ
で始まるドラマティックな詩に聞きほれました。
あとで、なかにし礼さんの訳詞だと知ります。
あれから・・ウン十年。

ユチューブに最晩年のアズナブールのライヴがあがっていました。(よかったらお聞きください)
2016年には92歳で最後の日本公演を果たしておられます。
はあ~~~~。この歌はアズナブールがこの年齢になって完結するんや
と感動しました。この年齢で歌う味わいの深さ。
若き日々の夢やあこがれや恋、挫折と失望・・・

愛し合った君と僕の二十歳の頃・・・

アタシにもあったわよ!二十歳のころ。
最初っからこんなばあさんではない。

ささ。今回は何を持って行きましょうかね。
って、いつも深く考えているわけではないけれど。

夏よおまえは / ベッツイ&クリス
八月の濡れた砂 / 石川セリ
サマーワイン / ナンシーシナトラ

にしました。
夏よおまえは(青春あるあるやなあ・・・
八月の濡れた砂(コレ映画見たわ。
サマーワイン(前のブログで書いたことがあるけど、
中高生だったっけ、深夜ラジオでよくかかってた。

夏だから夏の曲を集めてみました。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2021年6月23日 (水)

夢の途中



予兆・前兆・前触れ・予感・・・・
どなたにも経験があると思うけど。

一昨日、な~んとなくSさんの事を考えていました。
ドンジャラホイの元メンバーです。

もう、1年半ほどお会いしていません。
夢の世界の住人になりつつある、お連れ合いが心配でレッスンを止められました。

Img_7307

なんと!昨日、そのSさんから電話。
「また、帽子もらってくれる?息子が持って来てくれてん」

息子さんのお商売のサンプル商品(もちろん新品)です。
「アタシ、頭一つしかないねんで」と言ったのに20数個いただいたことがあります。
ズラーっと並べて「モッテケドロボー」と
お友達に好きなのを一個ずつ選んでもらい、とても喜ばれました。
あれがもう・・3年くらい前の事かなあ。

 

取りに行くと言ったのに、「貰ってもらうのに悪いから」と私の住む町までやってきました。
彼女の家とは3駅、離れています。

「え~!車じゃなかったの?」

大きな紙袋を二つぶら下げて。袋が大きすぎて笑ってしまうくらい!
車は「お父さん(夫)が乗りたがるので処分した」とのことです。
2年前のXmasコンサートにはご夫婦で来てくれていました。
「今思えば、あの頃はまだまだ元気だったんだけどね・・」

 

彼女、歌手の高橋真梨子さんにそっくりなんです。
「昔からよく言われたわ」
袋の底にワンピースが二枚「きっと似合うと思って」
\(^_^)/やった~」


その下に、ドンジャラホイの衣裳が・・・
「もう。帰ってきいひん(来ない)の?」
「ムリやろな・・」

「帽子、みんなでワケワケ(分け。分け)するね」
「おたまちゃん。好きなの先に取っときや」

「あたぼうよ!」

ハンバーガーショップのテラス席でコーラを飲みながら、マスクをつけたり外したり、泣いたり笑ったりしながら小一時間のおしゃべり。
「ああ。おたまちゃんの顔が見られて良かったわ。楽しかったわ。気分が上がった」

Img_7308

この場面。あたし・・前日から知っていたような気がする

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2021年6月22日 (火)

好きなものを思い出す



Img_7303

6月20日を過ぎると必ず咲いてくれるネジバナ
律儀で健気な花。

今年は、意地悪をせず思いっきり咲かせてみました。
こんな塊(直径50㎝位)が3か所にあるんですよ

19年前、空き地の端っこに咲いていたのを1本もらってきたんです。
これだけ殖えました
ちょっとお~。奥様!
これが、お金やったらほくほくやね。


とは言ったけど、正直お金は要らん。
日々つつましく暮らしていける分があったらええです。
欲しいもの何もないし、行きたいところには行けないし、
美味しいものも、小さな胃袋には限界あります。

はあ。やはりコロナのせいだろうな。最近特に
  楽しいことがない。欲がない。

「苺コーヒー花美人懐手(ふところで)して宇宙見物」
私の好きな物理学者の寺田寅彦先生の「好きなもの」なんですって!

アタシの好きなもの・・・ゆっくり思い出してみよう。
ここしばらく忙しくて「忙」(こころをなくして)いたかもしれないYO。

そ。ネジバナが終わったら猫額庭の芝刈りをするぞ!
それでもって、大好きな草抜きをするぞ!


それからそれから・・・
そうだ!今夜は簡単チラシ寿司にしましょう
酢飯に、塩じゃけをほぐして、塩でもんだキュウリと茗荷と白ごまをチャカチャカ混ぜて・・


それからそれから・・・

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (5)

2021年6月21日 (月)

父の日に重なる忌日青時雨



生まれる前から結ばれていた そんな気がする紅の糸

思ったことは、一度も無いけれど
あたくしの夫どっこい。ひっちゃんの十七回忌法要が無事終わりました。

Img_0389

やれやれ。だわね。

次は33回忌ね(もう、次の話)
お寺さんの話では、17回忌の次は33回忌でいいですよ。
期間が空くと法要をすべき人が亡くなる確率が高くなるので間で25回忌をされるところもありますけどね。
という事でした。

まあ、8年後にあたしがヨレヨレになっていたら考えましょう。
姑は舅の33回忌をするのが願いだったけど、間に合わなかったです。
アタシは早めに未亡人になったので、やってあげられるんじゃないかと思っています。

 

Img_7296
明星氏には帰って来なくていいからね。といいました。
なので平凡一家と相談。
仕出しを取るより、気分転換にもなるしねと
↑ 森の中にあるホテルへお食事に行きました。
(予約席からみる景色)
土・日・祝のみレストランを開けておられました。
久しぶりの外食ということになります。
ホント、久しぶりやわ。
綺麗な、おご馳走に大満足です。

Dsc03416
墓へ行ったら、両隣のお墓が整地されていて、びっくり!
墓じまいされたようです。

世代が交代して事情も変わってきますね。
「諸行無常やな」
平凡氏が顔に似合わんことを言いました。

 

ひっちゃんを知らない、真綿嬢・グッ坊・ヨカちゃんが手を合わせてくれます。
家族とは「誰かが去って誰かがやって来る」
そういうことなのですね。

何か今、大仕事が終わったようでホッとしています。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (10)

2021年6月17日 (木)

我が町の六月



二日前だったか、夜中に凄い雷。
こんな(どんな?)私でも目がさめました。

雷が鳴ると「梅雨が明ける」といいます。
今年の梅雨入りは早かったから、もう梅雨明けか・・と
お布団の中でぼんやり考えました。

ま。違ったみたいね。お天気お兄さんが今朝は「梅雨の晴れ間」なんて言ってたから。
もう少し雨もよいの日が続くのでしょう。
 

昨日は買い物と用事を済ませに車を出しました。
あたし、やっぱり、この町の六月が好きやわ。

田に水が張られ、蛙が賑やかに鳴き、蛍が飛び交う頃になると六月です
若葉の美しかった五月の山々が、緑を濃くしてグッとこちらへ近づきます。

昨日見た田んぼは、元気に早苗が成長していました。まだ、風に揺れるほどではありません。
軒に玉ねぎが吊られ、栗の花の匂いに驚かされ、
白く枝垂れるエゴや楝や卯の花が山裾に目立つに従い
蛍見物が少しずつ北上してゆくのです。
「今日はよく飛んでるよ」と蛍見の誘いが入ります。

新じゃがいも・淡竹・インゲンを炊き合わせましょう。
みんな地元の友だちの差し入れです。

 

この地に住んで36年。
夫はここに、なんであんなに張り切って家を建てたのだろう
と、当時は思ったけれど。
この町の良さが年々わかるようになった気がします。
(そういう、お年頃? そうかもね)

 

 

  「六月の花揺れ夫の忌を修す」
  (ロクガツノハナタレツマノキヲシュウス)

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2021年6月14日 (月)

男のくせに



当節、男だから、女だからという括りはまったくズレているのかもしれないけど
でも、あたしは女だから
殿方にはいつも優しく親切に接しているつもりです。
リスペクト(出たよ!カタカナ言葉)申し上げているし
心から応援しているわけです。

なのに、最近の「男」には


ほんまに・・  がっかり やわ

もう・・ここに書くのも嫌やねんけど
だから、思い出したくもないけど
触れておかないと「わきまえない女」の沽券にかかわると思うので書いときます。

まず、森さんね。
消えるべくして消えはったから。とか
前時代の人やから。とか
「どうかしてるぜ」とかで

いくら、女が優しい生き物やからと言って 
私ら(女)は、絶対に忘れたらあかんのです
日本男子の数割(と信じたい)に通底するものがDNAレベルで必ずあるのだという事を。

次に、細田博之さんね。
元官房長官です。国の中枢にいる方。
先月のことやった。沖縄県の玉城知事が東京に行ってはった。
過去最多を記録し続ける県内のコロナ感染者。知事さんは「わが県にも緊急事態宣言を」と国に要請しはった。
そんなときの細田さんの発言です。
(たぶん、きっと)眼鏡の端をキラリと光らせて、こう云いはった。
「来県者(沖縄以外から沖縄に遊びに行く人)全員に(お宅で独自に)コロナウィルスの検査をしはったら、どないですか?」
「緊急事態宣言やまん延防止に頼ってもろたら叶いまへんな。そんなもん効果ありまへんで」(まあ、関西弁じゃないけどね)
そして、細田氏はこう言い放ったのです。
「国の政策に頼るなんて沖縄県民らしくないじゃないか」ってね
「頼りにならないような国の政策なんか頼りにしたって、このコロナは対策が講じられない」
政治家の言葉とは思えない。耳を疑いました。

私の祖母はよく、「男のいけず(いじわる)はみっともない」といいました。
私は、テキトーな子育てで、息子たちを叱ることはあまりなかったけれど、自分が「醜い」と思うことには同じ言葉を息子たちに言いました。
だって「いけず」って小さな人間のやることだもん。

細田さんは、「沖縄は、いままで散々、国に逆らってきたのに、こんな時(コロナの事態)にすがってきてもあかん」という「いけず」をいっているのです。
カッコ悪く、恥ずかしく、みっともない(あえて、ここは)の発言です

二人も書いたらしんどくなったので走ります。
そして、平井卓也デジタル改革大臣の
「請負先(NEC)脅しておいて」です。

録音音声聴きましたが、どんなサスペンスドラマよりも面白い迫力ありました。
だって、ほんまもんの悪代官やねんもん!

徹底的に干す。ビビらせといたれ!って。
下品きわまりない、御代官様。
下品といけず(いじわる) どっちもどっちやけど・・・
好みとしては(好むんかい!)下品のほうがいいわ。わかりやすいもん。

って。決してほめているわけではありません。

まあ。だらだらと、心にもないことを書いてみましたが
がっかりするということは、裏をかえせば
大いに、期待をしているからということであります。

「男のくせに」という時代錯誤な差別発言お許しください
関係者の方(がこれを読むわけないけど)がっかりせずに頑張って下さい。

大きく育ててあげたいという気持ちは捨ててはおりません。
                  わきまえない女より

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2021年6月10日 (木)

古い映画をみる



最近の「おたのしみ」は古い邦画を見ることです。
ゆうても、このご時世。
以前のように西九条のシネヌーヴォに通う事は出来ませぬ。
「映画は映画館で観る派」の自分としては不本意ではありますが
そこは、100歩ゆずっての・・
夜ごと20:00からは、おたのしみタイムだぜい!

数年前、明星氏がスマホのYouTubeをテレビの画面で見られるような「細工」をしてくれた。
ケーズデンキで何かを買って来てちょこちょこっとセットして
使い方を教えてくれて「ほら、これやったら 踊れるやろ?」と言った。

踊れる・・・

ああ。思い出したわ 

サルサにルンバにマンボにチャチャチャ
あんとき、うちら(どんじゃらほい)ラテンのリズムを勉強してたんやわ。
歌って踊る 歌いながら踊る 踊りながら歌う (みんな一緒か)
ステップ。覚えられへん。むちゅかしい。足がもつれる。
そうや!そやそや。「キエンセラ」や~~~
で。テレビ見ながらガバッタ。

成果?もひとつやった

・・明星ちゃんせっかく細工してくれたのになあ。

Img_0333

昨日は、面白すぎて2本も観てしまいました。


「有りがたうさん」1936年 川端康成原作
上原謙が男前すぎて、びっくり!
桑野通子。名前しか知らなかったが、娘さんの桑野みゆきさんにやはり似てはる。
男の子は「るんぺん」女の子は「身売り」しか・・という
昭和10年前後。日本が暗黒に突入する時代背景が切ない。
が、映画そのものは温かい。


「愉しき哉人生」1944年 成瀬己喜男監督
戦意高揚・国策映画ではあるがどこか風の又三郎を思わせるファンタジックな内容。
ジェスチャーでしか知らない金語楼が、この時すでにあのフォルムであったことに驚き!
当時6・7歳の中村メイ子の達者なこと。

・・・・

その他、また感想なんか書いてみようかな。
明星ちゃん・・ステップは習得できなかったけど、
おかげでお母ちゃんは楽しんでいますよ。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2021年6月 8日 (火)

コロナワクチン接種前のプレッシャー



真綿嬢(長男のつれあい)からメール
「平凡さん(長男)が、おたまさんのワクチン接種のとき、付き添おうかと言っています」

はあ~~??

なんという孝行息子だ!

彼は月2回ほど会社の要請でリモートワークをしているんだけれど実質、休業日みたいなものでその日を当てるという。
そして、彼は厚生労働省のHPを見るのが好きだ。

接種後の事故をチェックしてるみたい。
そして、( ̄∇ ̄;)ハッハッハ 母は持病なし。通院歴なし。薬の服用なし。
若干ボケ気味ではあるが、至ってピンピンしている。

ここは、深く考えてみたい。
いや。あたしの思い過ごしだ。息子の忠孝を素直に受け取れないなんて、なんて汚れた人間だ。
なのに、こう言ってしまった。

「国は因果関係なんて、絶対に明らかにしないよ。するとしても長期的な裁判になる。(補償金)4600万の半分は明星ちゃん(弟)に渡してや」
(数字は私の勝手な計算です)

ガチャピンがやってきて(彼女夫妻は1回目の接種が終了)
「おたまちゃんの、お注射のときはついて行ってあげるからね、駐車場で待ってるから」と言ってくれる
夫婦お互いの時もそうしたらしい。
ガチャピンの場合は心からの親切だとおもう。

はあ~~~??

ワクチン接種、簡単に考えているんだけど・・そなの??

なんか、みんなビビらせ過ぎやん!

そんなところへ、県下の接種後トラブルの速報が・・70代女性のご家族がテレビの中でインタビューに答えてはる・・

・・・・・

今月は、夫の法事があるんだけれど、ワクチン接種は法事が済んでからとおもい、予約日を設定した。
私の中にも、万分の一くらいの・・もしかしたら・・の不安が潜んでいたのかもしれんなあ。

Img_7288
大正ガラスの楊枝入れにミニ薔薇を一輪
大きさがわかるように綿棒を置いてみる
花器はうっすらとしたピンク


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2021年6月 4日 (金)

蟷螂生まる(とうろううまる)



それでですね、あたくしが信楽の壺の前を通り過ぎようとした時の事でございます。
(昨日の話の続きです)

壺の口の付近で、綿ぼこりのようなものがフワフワっと動きました。
「おやまあ。いけませんわ、ホ・コ・リ」と思い
老眼 つぶらな目を瞬(しばた)かせますると・・・

な・・・な・・なんと
ホコリのようでほこりでない ベンベン

たくさんの「子カマキリ」でした。その数、20までは数えましたが・・・
それはもう、わさわさと、A lot of(ア ロッドブ)でございます。

 

「蟷螂生まる」という仲夏の季語があります。
旧仮名で(たうらううまる)と書きます。
「蟷螂」とはかまきりのこと。カマキリだけでは「秋」の季語です。

アタクシが拾ってきた枝に卵のうがくっつゐていたのですね。
おめでとう。ありがとう  
Img_7283

よく見ると
桜の枝だわ。

ここから「子蟷螂」が・・

 

まあ。生まれましてん。見事なほどわさわさと・・
いっせいに孵化したようです。
しかも生まれたての癖に完璧なカマキリの姿です。
一人前(一虫前)に斧を振り上げたりしています。
可愛いったらありません。何とも言えません。


愛らしい子たちが わさわさの ふっわふわです。

しかし、見とれているわけにはいけません。
早う立派なカマキリになりや~ と言いながらふんわりとティッシュにとって庭の緑へ放ちました。
知らん人(虫)について行ったらあかんで~。
蟻に食べられたらあかんで~
涙の別れです。

  

ティッシュからこぼれた子
おお。君は家の子になりたいのかい?


とりあえず身長を測っておきましょう
Img_7281

う~ん。10mmかなあ・・

Img_7279Img_7280

これがテルモの体温計だよ、そして、こっちはコーリン鉛筆
初めてでしゅねえ・・こんなの見るのは・・

Img_7276
これは、あたしの「春駒2」っていうんだよ。
・・・・・
しばらく一緒に遊んだけれど、彼(彼女)の幸せを考えると
やっぱりね・・そっと庭木の枝に
・・元気でね(@^^)/~~~
カマ太郎・・・(名前もつけたんだけどね)

「極小のいのち手の中子かまきり」
「手から手へ移されてをり子かまきり」

「手から手」は俳句仲間。淡路島へ行ったときの句

サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2021年6月 3日 (木)

中途半端はやめて!



Img_7269

わが家の「松の廊下」の一部です。

タペストリーは、我がブログのお師匠である「うばゆりさん」の作品です。
(師匠なんて言わないで!ヽ(`Д´)ノプンプン)という声が今、耳元でいたしました。


草木染の何とも言えぬ色合いのグラデーションの中に大小の絞りの模様が何とも言われぬ具合に配置されています。

Img_7270

本日のお話のメインは下の壺(花器)です
わかりにくいので横にずらせてみました。

信楽です。
そこら辺りで拾ってきた枝をブッ混んでいます。
ケヤキです。

ついで申しますが、台にしている小さな椅子は、ワタクシがお嫁に持ってきたものです。
実家の隣のおじさんが、アタシが高校生の頃作ってくれました。

ここまで来たのでもう一つ申しますと
花器の下の布は夫ひっちゃんの北海道土産です。

くそ丁寧に説明して、こんなに長くなっちゃった。
今日はもう、ここらで止めておこうかしら・・

いま「一気呵成」という文字が頭をよぎりました
イッキカセイです。

勢いよく、物事を一息に成し遂げることです。
アタシの中の虎と竜が闘っております。
どこかで誰かの「イッキ!イッキ!」の無責任な声がこだましている。

しかし、だれもアタシを励ますことはできないのです。

(熱烈さんへ)
本日の歌は「中途半端はやめて」by奥村チヨ でした。

 

 

この続きは明日・・・カマキリの話へと続く
誰が興味あるねん!!

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2021年6月 1日 (火)

六月のお菓子



今日から六月です
梅雨時なのに「水無月」とは、これいかに??

今日、一日は「水無月」(みなづき)というお菓子を食べる日です
半年のけがれを祓い、また半年を元気で過ごせますように・・

京都生まれ京都育ちの先輩におしえてもらった「水無月」の作り方をお教えします。
牛乳パックで作ります。とても簡単ですよ。
普通、上新粉で作るそうですが、先輩のレシピは薄力粉です。
「おたまちゃん。ヴァイオレットやし。ヴァイオレットやないとあかんえ」
「ウォシュレット?」
「もー。かなんなあ。この子は・・」

という会話がありーの、ではいざスタート

 

薄力粉(バイオレット) 90g
砂糖          100g
水           300cc
甘納豆         90g

 

① 粉と砂糖をよく混ぜ、水を加える
② 牛乳パックに甘納豆と①を入れ揺する(甘納豆の片寄を防ぐ)
③ 牛乳パックの口を半分開けたままレンジで7分

以上です。

 

あとはパックのまま冷蔵庫で半日ほど冷やします。
六つに切ってね。形は三角やないと・・・

あ。お粉は「ヴァイオレット」よろしく。
American flour (メリケン粉)は あかんえ!
お粉くらい、張り込みよし・・・

とのことでした。

バイオレット(日清製粉)ではありませんが

Img_7268

こちら(ニップン・日本製粉)でも、よろしいかと

・・・先輩にはナイショ。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »