« 落ちつきなはれ | トップページ | パセリ »

2021年5月10日 (月)

カレイなる母の日



今朝、天守閣(二階)から下りてきたら
めっさむっさ(滅茶苦茶)ええ匂いがしますねん。

Img_7258

昨夜は咲いていなかったのに・・・

  夜咲く花は嘘の花 夜飛ぶ蝶々も嘘の花・・
懐かしのド演歌が可愛いお口からついて出ましたわ

そんな朝です。おはようございます。
ささ。ゴミ出して来よう。

昨日は母の日でした。マザーズデイ。
アタクシ、自分の事を「母」ってあまり思っていません。
確かに分娩はしたけど。
ああ。そうだったけな・・って言う感じ。
だいぶ きてる? ・・・ かもね。

 

役割で人を生きない ってずいぶん前に決めましてん。

は強制終了されたし、も卒業ですわ。

卒業したけど。プレゼントは欲しいんです。

Img_7257

母の日の前辺りから、真綿嬢がそれとな~~く、リサーチしてくれます。
「おたまさん。なにか欲しいものないですか?」って

 

間髪入れずに答えます。
5秒も間を置かないくらいです。ツーと言えばカー。
それが親切と言うものではないでせうか。

「庭椅子」と言いました。

買ってくれました。一個(脚)だけ!

「一人暮らしやねんから、一個でええやろ」
アイツの言いそうなセリフです。
これは平凡氏からのプレゼントです。

真綿嬢はいつもはケーキをぶら下げてやって来るのですが、今年はこんな具合だから「もう、いいよ」と言いました。
 

明星氏からは電話がありました。
「素敵なものを送りたいけどどっこも閉まってるねん」
(彼の好きなISETANも!)

ええよ。ええよ。お母ちゃんは、なーも要らんで。元気で居ってくれたらそれでエエねん。
(本心)

庭椅子に腰かけて、ryuuichi sakamoto の美しいピアノを聞きながら
紅茶を飲みながら電話です。

自分にこんな幸せな、加齢なる日々がやって来たのだと
感無量です。

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 落ちつきなはれ | トップページ | パセリ »

家族・友だち」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ご立派なお母様故?素敵なお庭椅子
座り心地は如何でしょうか?
お庭を眺めながら美味しいケーキ🍰と
紅茶☕お召し上がりくださいませ。

投稿: マコママ | 2021年5月10日 (月) 12時18分

★マコママさんへ
「立派」とは遥か遥か遠い^^。お恥ずかしいです。
こんな親で申し訳なかったと心底思っていますが諦めていただくしかないでしょう。
せめて、達者で元気にしていることが子ども孝行かなと思っています。

投稿: おたま | 2021年5月10日 (月) 19時15分

間髪入れずにお答えする、そうです其れが親切ですよね、何でも良いわ~じゃあ贈る方も大弱り。
其れで送られてきたものにアレコレ…イエイエおたまさんの事では決してないです、だって間髪ですもん。元気で居てくれるのが何よりの贈り物、その通りだと思います。我らカレイなる「母」にカンパ~イ。

投稿: パコ | 2021年5月10日 (月) 23時46分

★パコちゃんへ
プレゼントをする時は「気に入って貰えたかな」って気になるじゃない?
「自分で買うほどでもないけれど、貰ったら嬉しいリスト」を提示するのも「子ども孝行」なんてね。
姑さんは「モノ喜び」をする人でした。
それが、嬉しかったから見習っています。
本当はどうだったのかなあ。あっちに行ったら聞いて見なくっちゃ。

投稿: おたま | 2021年5月11日 (火) 09時17分

去年は赤いスリッパでしたっけ?
あ、室内履きと言わないといけないですね。
ガーデンチェア、素敵ですね。
私も義父宅を改装したときに、ベランダが欲しいというので広めのウッドデッキを作ってもらい、ガーデンチェアセット(セットです!えっへん!!)をプレゼントしました。
義父は毎日デッキに出て庭を眺めながらビールかウィスキーを飲んでました。真夏も真冬も同じ格好で…。熱中症になるよと言っても、風邪ひくよと言っても聞く耳持たずでした。庭に水撒くのが好きで、毎日何回も水を撒いてたので水道局からどこか水漏れしてませんか?と問い合わせが来たことも。デッキチェアでビール飲みたいっ!と今頃思うのです。

投稿: ばんび | 2021年5月12日 (水) 11時11分

★ばんびさんへ
ギフ様はお庭を眺めてご満悦だったのですね。しかも差し向かいの出来るチェアセット!
素敵なプレゼントをなさいましたね。
わが家の庭、赤目垣の奥は築山になっていて、和室から庭が眺められます。
ウチのギボンヌはそこから庭を眺めるのが好きでした。ご自慢の手水鉢はギボンヌと一緒に引っ越してきました。
そのうち、そのうち、広縁をつけてあげようと思って叶いませんでした。
ばんびさんがうらやましいです。

投稿: おたま | 2021年5月12日 (水) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 落ちつきなはれ | トップページ | パセリ »