« 夢の中の声 | トップページ | 及ばぬこととあきらめました »

2021年5月28日 (金)

やさしいごちそう



ギフトカタログをプレゼントしてもらった。
「やさしいごちそう」
5000円相当の美味しいものを、このカタログの中から選びなさい
ということらしい。

選び放題だよ 

嬉しいなあ。

自分では ばかばかしくてもったいなくて、滅多に買わないものが良いなと思ふ。


「やみつきの味”ふくの唐揚げ”」ってどうよ。
やみつきになっても困るなあ

「永平寺伝統の味ごまどうふ詰め合わせ」ってどうよ。
濃厚白ごま。濃厚黒ごま。濃厚合ごま。みそたれつき
二個入りが各二袋で、に~し~ろ~は~・・12個かあ。
そんなに、食べられへんわ。(誰かに分ける気毛頭なし)

ふ~む。

もったいぶった、ややこしそうな 美味しそうなお菓子もあるよ
あと、ごはんのお供のたぐい・・

此処で、気が付いたんやけど、あたしって食べ物に関しては極めて保守派ってこと。
知ってる味にしか手が出せない。冒険が出来ない・・

ああ。迷うわ~

という事で検討に検討を重ねた結果

宮崎マンゴー(二個入り)に決めた。
トロピカルな南国の果実だよ。
こんな高価なもの、口が腫れるわ~ 未だかつて自分でお金出して買ったことなど一度もないわいっ!(おおいばり)

・・・・・・

と、そこへガチャピンが遊びにやって来た。
どれどれ・・とカタログをのぞき込む

あらっ!山形のさくらんぼ。いいんじゃない?この、珠玉の白桃もいいわね。
我がことのように楽しそう・・・
挙句の果てに、「ねえおたまちゃん、果物は大急ぎで食べなきゃいけないから忙しいわよ。一人で食べきれる?まあ、手伝ってあげるけど・・果物はやめなさい」
そして、カタログをパラパラとめくり、
「コレ!これにしなさい」四万十川のうなぎを指さした。
賞味期間冷凍180日だから、土用のころお食べなさい
と食べる日まで指定して、ガチャ子は帰ってった。

 

そだな。ガチャピンねえさんのいうとおりにしよう。
どうせ、どこかにウナギを食べに行くのも不可能だろうしな。

と、思いながら、隣のページの「あこがれの海の幸。伊勢海老とさざえ」にも心が揺れております。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 夢の中の声 | トップページ | 及ばぬこととあきらめました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

人生でこういう迷いほど幸せは無いですね~
それにしてもマンゴーのお高い事!丁寧に作られているのでしょうね、この辺りの熟せばボトボト落ちてくるのとは訳が違いますね。ウナギも美味しそう、海の幸も・・・あ~迷ってしまう~って私が迷ってどうするの。

投稿: パコ | 2021年5月28日 (金) 18時20分

いいなぁ~♪
う~ん、迷いますねぇ。。。
マンゴー、桜桃、白桃、美味しそうだわ~♪
そう、到着したら直ぐに食べないとならないですね。(>_<)
私はたいてい「由緒正しい、すき焼き用牛肉」です!(^0^)/

投稿: 熱烈 | 2021年5月28日 (金) 19時25分

★パコちゃんへ
パコちゃん地方では天から宝が降ってくるのね。パラグアイ友のところでは犬がおもちゃ代わりにしていた。なんてこったい!
大体一個3~400g。宝石箱みたいなのに入ってますよ。こちら。
でも、贅沢言わなきゃ冷凍もあるしね。
そう考えると子どもの頃のバナナはたいしたもんだった。

★熱烈さんへ
いやん。もう「うなぎ」でハガキを投函しちゃいました。
そっかあ、銘柄牛食べ比べセットというのもあったんっだっけ!
でも何処産でも元はぜ~んぶ「石垣島」だって聞いたもんね。
今は心静かに「四万十川のうなぎ」を待ちます。

投稿: おたま | 2021年5月28日 (金) 20時01分

おはようございます。
迷いますよね?
私は何と!15000円相当だったので、
バッグやら、アクセサリーなど盛り沢山!
結局、鰻に落ち着きお福分けしてまだ残りが
冷凍庫でお休み中!土用の丑の日で終わりかな?

投稿: マコママ | 2021年5月29日 (土) 07時27分

★マコママさんへ
マコママさんも着地点は「うなぎ」でしたか^^
さあ。どうぞ!と言われれば迷いますね。
食料品以外が選択肢に入っていればなおさらです。でも、私は食べ物に走るとおもいますが。えへへ(〃´∪`〃)ゞ
では、土用の日に美味しくいただきましょう!

投稿: おたま | 2021年5月29日 (土) 08時03分

皆さん鰻がお好きなんですネ~。良く年配の人が、戦後食べ物が少なくイモばかり食べさせられたので芋の顔も見たくない…とか言いますネ。我が実家の裏庭は河口に面し、石垣でした。夕刻、針に太ミミズを付け投げ込んでおき、寝る前に引き上げ釣れたウナギを家の池に放し飼い?、晩飯のオカズが無い時は鰻の蒲焼で、また鰻かぁと前述の芋なみでした。勿論そのおかげで鰻も自在に捌けます。ヌルヌルして逃げますので確かヘチマの葉で掴んでいたような(胡瓜?)。

投稿: 坂口あんちゃん | 2021年5月29日 (土) 13時01分

★坂口あんちゃんへ
わ!うらやましい。天然ものですね。
子どものころから食べさせられて、もう松茸の顔もみたくないという、ご近所の「山持ち」さんみたいなものですかね^^
(その方、今は学校給食用に供出されています)

投稿: おたま | 2021年5月30日 (日) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夢の中の声 | トップページ | 及ばぬこととあきらめました »