« パセリ | トップページ | 感染家族にはがき »

2021年5月12日 (水)

パセリ再び



13歳まで福岡市に住んでいました。
「博多」と言われる地域です。
今では「博多区」と地名になっていますが当時は地図のどこを探しても「博多」という地名は載っていませんでした。
駅名だけは「博多駅」築港は「博多湾」だけど。
そんな事は、どうだっていいのですが。

 

家の隣に広いパセリ畑がありました。
自分が小さかったからそう感じたのか、広い広い畑でした。
わが家との境界線には有刺鉄線が張られていました。

夕方、母親が「ちょっとパセリ貰って来て!」といいます。
コタマ(小学生の私)は花壇の横から有刺鉄線に触らぬようそーっと腕を伸ばしてポキポキとパセリを折ります。
窃盗罪です。
「生活に困った親が幼い子にスーパーで万引きをさせる」そんな映画がありましたね。
まあ。それはそれとして
わが家はパセリに困らない暮らしをしておりました。

 

外国の人が「日本人はパセリを食べないのか?」と不思議がられるそうです。
昨日見つけた俳句でも、
「秋祭りが終わって辺りを見渡したらいくつもの大皿がパセリだけを残している」というのがありました。
日本人にとって、パセリってそんな扱いなのか!

中学校(これは大阪です)の修学旅行で東京タワーに登った時だったか
私の前に座っていた林さんがお昼ご飯をきれいに召し上がったのです。
もちろんパセリもです。
隣に座っていたグッたんがあとで私に言いました。
「林さんって、きちんとお行儀をしつけられてはるんやね」
グッたんも「林。パセリを食す」の景にハッとさせられたのでしょう。

こたま(このころは中たまかな)はそれからパセリを食するようになりました。
な~んや。食べてもエエんや・・・てなもんです。

元々、香りの物はすきなんです。
セリ・三つ葉・紫蘇・木の芽・生姜・ミョウガ・・・

 

Googleearthっていうんですか?
画像で地図が見れるやつ。ずっと前ですが、平凡氏が私の子ども時代に住んでいた辺りをみせてくれました。
パセリ畑の在った辺りは大きなマンションが建っていました

パセリ畑に来ていたアゲハチョウ。何処に行ったのでしょう。

昔の面影今何処です。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« パセリ | トップページ | 感染家族にはがき »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

食堂でパセリがお皿に残ってると洗って使いまわしてるという話を聞いてから外ではパセリは食べてません。家でもわざわざ買ってまでつけたことはないのですが、実家に生えてるので必要な時は貰ってきます。姉が好きみたい。どうも好みが違うなあと今頃になって気が付きました^^;
パセリ栽培もやりました。一晩で芋虫ちゃんに丸坊主にされました。虫は苦手なので以来植えません。俳句は??

投稿: ばんび | 2021年5月12日 (水) 11時16分

★ばんびさんへ
それは昭和の都市伝説^^
今はすぐに内部告発される。悲しい。
いや!悲しくない。そんなことしたらアカン.アカン。
パセリは私もチャレンジしてみるのですが上手くいった試しがありません。
ハーブはモ~エエというくらいはびこるのですが。
俳句はね、私の愚作でも無断流用されることがあってね。ちょっと新しいのは出せないかな・・ってところです。
物好きな人もいるもんだ。

投稿: おたま | 2021年5月12日 (水) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パセリ | トップページ | 感染家族にはがき »