« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

2021年5月31日 (月)

及ばぬこととあきらめました



庭のアジサイのつぼみを数えてみたら37個ありました。
楽しみ。楽しみ。

Img_7264

矢田寺へ行けなくったって、三室戸へ行けなくったって
いいもん。
わが家のアジサイを愛でておこう。

「雨に咲く花」
及ばぬことと あきらめました・・・

そうよ。すっぱり諦めています。お出掛けなんて。
だから、矢田寺のアジサイのつぼみを早々に摘んでしまったというニュースをきいて悲しい。

咲かせてあげたかった・・・
咲かずじまい・・・ちゅらい。

このアジサイは、もともとT子さんの庭にありました。
彼女が引っ越す時、我が家へ移植してくれた。
もう、20年くらい前かなあ。

T子さんちには当時(今でも)珍しい純粋のスピッツ犬がいて
この、アジサイの隣にある犬小屋から顔を出しては吠えていたわ。

名前は「シロ」
白いから・・・

 「あぢさゐに隠れスピッツ吠えにけり」

外飼いが当たり前だったんだけどなあ・・あの頃は
そんなT子さんも、その後レトリバーを三頭、家の中で飼い始めるんです。

今、固定電話が鳴って、受話器を取ったら「墓地」のセールスでした。
「せっかくのご案内ですが、墓はございますので・・」と丁寧にお断り。
うん。協力したいけど、墓、ふたつも要らんし・・・

そう言えば、二人姉妹のT子さんも親の「墓じまい」をした。って言ってたっけ。

 「あぢさゐを置いて越しけり同級生」

 

調べたらこの句は2015年にに作ってる
T子さんは、20年くらい前にわが家の近くから、そのまた近くに引っ越し(その時アジサイをもらう)2015年ごろに矢田寺の近くに引っ越して行った。

もう・・そんなことも おぼろ・・おぼろ・・

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2021年5月28日 (金)

やさしいごちそう



ギフトカタログをプレゼントしてもらった。
「やさしいごちそう」
5000円相当の美味しいものを、このカタログの中から選びなさい
ということらしい。

選び放題だよ 

嬉しいなあ。

自分では ばかばかしくてもったいなくて、滅多に買わないものが良いなと思ふ。


「やみつきの味”ふくの唐揚げ”」ってどうよ。
やみつきになっても困るなあ

「永平寺伝統の味ごまどうふ詰め合わせ」ってどうよ。
濃厚白ごま。濃厚黒ごま。濃厚合ごま。みそたれつき
二個入りが各二袋で、に~し~ろ~は~・・12個かあ。
そんなに、食べられへんわ。(誰かに分ける気毛頭なし)

ふ~む。

もったいぶった、ややこしそうな 美味しそうなお菓子もあるよ
あと、ごはんのお供のたぐい・・

此処で、気が付いたんやけど、あたしって食べ物に関しては極めて保守派ってこと。
知ってる味にしか手が出せない。冒険が出来ない・・

ああ。迷うわ~

という事で検討に検討を重ねた結果

宮崎マンゴー(二個入り)に決めた。
トロピカルな南国の果実だよ。
こんな高価なもの、口が腫れるわ~ 未だかつて自分でお金出して買ったことなど一度もないわいっ!(おおいばり)

・・・・・・

と、そこへガチャピンが遊びにやって来た。
どれどれ・・とカタログをのぞき込む

あらっ!山形のさくらんぼ。いいんじゃない?この、珠玉の白桃もいいわね。
我がことのように楽しそう・・・
挙句の果てに、「ねえおたまちゃん、果物は大急ぎで食べなきゃいけないから忙しいわよ。一人で食べきれる?まあ、手伝ってあげるけど・・果物はやめなさい」
そして、カタログをパラパラとめくり、
「コレ!これにしなさい」四万十川のうなぎを指さした。
賞味期間冷凍180日だから、土用のころお食べなさい
と食べる日まで指定して、ガチャ子は帰ってった。

 

そだな。ガチャピンねえさんのいうとおりにしよう。
どうせ、どこかにウナギを食べに行くのも不可能だろうしな。

と、思いながら、隣のページの「あこがれの海の幸。伊勢海老とさざえ」にも心が揺れております。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (7)

2021年5月27日 (木)

夢の中の声



二日続けて亡くなった人の夢をみましてん。

 

一日目は、2年前・・もう3年前になる?・・に亡くなった旅仲間のUちゃん。
旅先であたしとTもっちゃんと3人で昼食のレストランを探している。
やたら、路地の多い町。
「もう、ココ(この店)でええやん」と一軒の店を指すUちゃん。
「でも、予約してるしなあ・・」とTもっちゃん。
他のメンバーも、その店にやってくることになっている。

イラストだらけの地図を広げると、なんと私たちは目指す店の入り口にゐた。
「わっかりにくいわ~~~」Uちゃんが独特のハスキーボイスで言う。
私達は始終ご機嫌で、きゃっきゃと笑い合っている。

 

二日目は、十年以上前に亡くなられた、ご近所に住む「ちちうえ」
亡くなられたとき80歳近くだったとおもう。
夢の中では明るい庭を二人で歩いている。
「おたまちゃん。こっちにきてごらん。ほらきれいでしょう」
初めてみるような白い花が咲いていた。
ちちうえ。お元気そうだ。もう病気が治ったんだと私は思う。
日本国憲法は「多くの人(国の内外を問わず国籍を問わず)の血で贖(あがな)われたんだよ」と静かに語る人だった。

 

夢でもし会えたら素敵な事ね

人の記憶は。その「声」から薄れていくというけれど
夢の中では二人の声がちゃんと聞こえた。

懐かしかった。

こうやって、懐かしむ人がどんどん増えていくんだな。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (3)

2021年5月25日 (火)

奥様!タブレット純さんを知っていますか



出入りの(?)葬儀屋さんから月に一度「葬儀社ニュース」のようなものが送られてきます。
大体どんなことが書いてあるかというと
全国の火葬場の焼き具合とか?  コラッ!

そんなことではありません。
私が楽しみにしているのは連載されている小さなコラムです
「タブレット純」という方が書いておられます。
名前は古典的な手品師やけど
見た目は汗を流さないロックンローラー風です。
「アルフィー」の高見沢さんかと思って「大丈夫ですか?」と声を掛けたらタブレット純さんやった
みたいなハナシは・・・あると思います

 

wikkipedhiaによると1974年のお生まれだから、
お若いんです。あたしからみたら・・

東京オリンピックも・大阪万博もご存じない・・・はず
なのに。物凄い博識!
ジャンルは「昭和歌謡史」です

 

先日NHKのにちようカルチャーラジオで初めてお声と歌声(ものまねを含む)を聞きました。
お上手です。

ほんまに、よう知ってはる。
お好きなんやろね。
この方、昭和歌謡史に関しては学者レベルやと思います。

 

 
「う~すむらさ~きの藤棚の~ 
     下で歌ぁったアベマリア~」

クラスメートのみっちゃんが何時も歌っていました。
安達明 キラキラ輝く青春スターの中では地味~~だったけれど
「推し」とか「担」という言葉があの時代にあれば、結構な数だったと思います。

私は「安達明」といえばすぐに思い出すのは「みっちゃん」です。
あねごというか、親分気質で正義感の塊のような女の子でした。
なぜが担任(男)にあからさまな反抗をしてましたね。

大人になった「みっちゃん」は
毛嫌いしていた昔の担任が「校長」になっている中学校に「教師」として赴任するの。
あたし達の母校です。
何くれとなく、目にかけてもらっていたようです。恩師というものは有難い。
同じクラスメートで18歳でママになったAちゃんの娘のクラス担任になった「みっちゃん」は、
「どないしょう。Aちゃんの娘にあからさまなえこひいきをしてまうわ!」と言っていました。
同級生というものは有難い。

その後「みっちゃん」はちょっとした波乱の道を歩むんだけど、以下省略。
 
「きみ~はかわいい女学生~~」

タブレット純さんのラジオで、なつかしい「みっちゃん」を思い出しました。

 

安達明さんは本当はジャニーズのメンバーになるはずだったそうです。
ジャニーズ・・奥様ならご存じよね。
ぼく、良!オチャミ!輝彦!ヒロミ! の仲良し四人です

この初代ジャニーズの5人目のメンバーとしてデビューするはずだったそうです。
青春ソング「女学生」のヒットが無ければ日本アイドル史も又違っていたかもしれませんね

そゆこと。ググっても出てこないんだぞ。
恐るべし。タブレット純さん。

 

ちなみに、安達明さんは10年前にお亡くなりになっているそうです。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2021年5月24日 (月)

わが家の車史



あたしが美しい10代だった頃(遠い昔・・ほっといて!)

男の子たちはこぞって「テントウ虫」スバル360マツダのキャロルに乗っていた。
あの頃は不思議にも思わなかったけれど、当時は16歳から(高校生でも)車の運転ができたのよ。

1968年に廃止された「軽免」に間に合わなかったベベちゃんは18歳になると免許証を取得。
当時華々しくデビューしていたホンダのN360に乗った。
女の子の運転がまだ珍しかったころです。
少し大きくなって、セリカのGT イスズベレット ケンメリのスカG
車は若者のあこがれの時代だった。
 

私も、ひっちゃん(夫)も運転免許を取るのは早かったけれど、車は持っていなく、
ひっちゃんは「車で女の子を釣るのは邪道だ」と言ってました(明らかな負け惜しみ)
もし生きてゐたら「預金通帳をヒラヒラさせて女性に声をかける紀州のドンファン」の事を、羨ましがっていたとおもふ。

私達をよく可愛がってくれたWさんが
「おまえらも、所帯を持ったんやから、車の一台も持たなあかん」といって
古い軽自動車を(どこからか?)調達してきた。
それが、スズキのフロンテだった。ボディはねずみ色 
価格は一万円。車内に100円玉が一個転がっていたので正確には9900円ということになる。
これが、我が家の初代マイカーです。

嬉しくて、あちこち行ったような気がする。
その内、「なんか変な匂いがする・・」「煙が出てる・・」となり、
それでも2・3年乗ったけれど(乗ったんかい!)
平凡氏が生まれ保育所の送迎に車が必要不可欠となり、ちゃんと購入したのが
当時CMで流行っていた「真っ赤なアルト」
後部荷台に、籐のゆりかごを載せた。平凡氏はゆりかごに寝かせると爆睡した。

アルトの次に買ったのがスズキ・ジムニーだった。
4WDって何なん?のワタクシたちが悪路走破するつもりもないのに
「乗ってみたい」だけの理由で選んだ。
敢ていうなら「荷物ようけ(たくさん)乗る」

今、ジムニストと言われる愛好者の間で一年待ちの超人気車種なのだそうだが、40年(近く)前は
ハンドルは重い。お尻は固い。燃費は悪い。そらそうや、こんな大きなボディに、かいらし過ぎるタイヤやもん。そらしんどいわ。
平凡氏の車の記憶はジムニーかららしい。変な思い入れがあるそうだ。

夫が通勤で車を使いだし、いすゞのジェミニいすゞのアスカと乗り換えた。
特に「街の遊撃手」ジェミニは、若き日のあこがれ、いすゞベレットの面影をどことなく残したフォルムが私も好きだった。
が。この頃、セカンドカーとしてホンダ・トゥデイが我が家にやって来たので、それ以降の夫の車はほぼほぼ運転していない。
トゥデイがやって来た日のことを4歳だった明星氏はよく覚えていて「これ、お父さんに買ってもらったんやなあ・・」とよく言った。

このトゥデイはまあ、本当によく乗った。大好きだった
チョークを引いてエンジンをかけた。
加速していくときのギアのハマる感覚。トルクエンジンの音の変化と共に体が持って行かれるような微かな浮遊感も好きだった。
坂道のサイド合わせ、フット合わせが好きで、坂道で信号待ちにあうと「\(^_^)/ヤッタ」と思ったものだ。

夫はその後、縁があって日産車に二回乗り換えている。
私は14年間のトゥデイとの付き合いのあとに天から降ってわいたようなハナシで叔父さん(母の弟)にキャロルを買ってもらった。
この話は長過ぎるので割愛。
キャロルが国道のど真ん中で「プッツン」とエンストしたのは夫が亡くなって一年未満だったと思う。
夫が親しくしていたディラーのY氏のところで初めてのオートマ車に乗り換え、今の筋斗雲は二台目である。
高額なものを一人で契約したのは初めての経験で「夫の死」を実感した。

 

つらつらと思い出すままに数えてみたら、9900円のフロンテから始まり全11台(もしかしたら抜けがあるかも)
わが家の車の歴史である。

・・・・・・

今日は筋斗雲(愛車)を車検に出す日。
ディラーのY氏が午前中に取りに来てくれて二泊三日ののち帰宅予定。

「代車?」
「いらない。いらない・・」と夏井いつきさん風に手を振る。

ほんまに、車に乗らんようになった。
明星氏に「免許証そろそろ返納しいや・・」と言われている。

返納の話をよくするので、Y氏が「どうです?最後の車・プジョーというのは」と勧めてくれるが
「そんな元気。ありますかいな!」と元気よく答える。

 

Y氏とのご縁を書いた記事


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2021年5月17日 (月)

もうついて行けないかもしれない



「みどりの窓口」が大幅に減少されるようです。

「お好きなようにwebサイトで買ってちょ!」ということみたい。
その内、無くなっちゃうかもしれません。「みどりの窓口」

いいネーミングですね「みどりの窓口」
わくわくする旅の入り口。
誰が名づけはったんやろ「みどりの窓口」

「ぅわ~~ 窓側が空いていませんわ」と心から残念そうに言うてくれはる
「次のんにしますか?これやったら隣同士で座れます」とナイスな提案をしてくれる

しんせつな国鉄職員さん。
パソンコンやスマホがこんな対応してくれますか?
無情な✖しるしが出るだけ。愛想も雲古もない!

 

加齢なる熟女(あたし)やけど、辛うじて、今のところ機械(PC/スマホ)いじれる。
今日かて、コロナウィルスワクチンの接種予約をWEBから、やったった 
クリックするたび(その指定日は)終了。終了。終了。と出る。
もし、あたしが根性無しの女やったら、めげてると思います。

度胸千両で生きる身にこんなことはHEでもござらぬ。
ついに、希望の「大安吉日」を押さえ込んだ(何にこだわってる?)

 

でもね。この先なんでも機械になったらついていけるんやろかと心配です。
最後の海外旅行(2年前)の前年くらいから、搭乗ticketの手続きも自分で(機械で)する空港が多くなっていました。
次行くとき、行ける時が来るかどうかわからんけど、
あたし、もう・・無理やとおもう。
ヨボヨボのふりをして、そこらへん歩いてる人に頼もう

カウンターにはきれいなお姉ちゃんがゐるべきやとおもう。
雇用機会均等法・ジェンダー対策・見た目差別には触れるかもしれないけど
綺麗な.おねえさんはこころをほぐしてくれる。うぇ~~~ん(泣)

 

それにしても、お役所からの「おしらせ」
わっかりにくいわ~~~
コロコロ変わるし・・・
頑張ってはるのはわかるけど
そんなにオロオロされたら心ぼそくなるわ。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (8)

2021年5月14日 (金)

感染家族にはがき



Img_7262

久々のSNS(サザエさん懐かしの昭和)シリーズです。

プンプン怒っているのはノリスケさんのようですね。
ノリスケさんは出版社にお勤めです。
キチンとした背広ではなく、ベレー帽が文筆家っぽい。
電車のダイヤが乱れたわけをマスオさんが説明しています。
コチラは丸の内にお勤めです。通勤鞄にソフトをかぶりウールのコート。ヘリーボーンのズボンがお洒落です。

きっと、東京駅でしょう。だって「8番ホーム」のある大きな駅ですもの。
当時、8番ホームからはどこへ行く電車がはしっていたのでしょう。
1952年(昭和27)9月30日の掲載です。

 

わたしが、そうそう、そうだったわ。と「昭和」を感じたのは
柱の横に置いてある筒状の容器です。ホーローだったか陶器だったか、真っ白で蓋には丸い穴があいていました。

分った奥様は「昭和っ子」

コロナウィルス感染拡大で戦々恐々としているわたくし達ですが
同様の歴史が少し前の時代にもありました。「伝染病」です。

1919年には結核予防法ができて、駅のホームに痰壺(タンツボ)を置くことが義務つけられます。
1930年(昭和5年)肺結核で亡くなった人は12万人に上るそうです
漫画が描かれた1952年頃も結核はまだまだ怖ろしい病気だったのです。

 
明治から大正期の伝染病・予防法についてはいまでは信じられない施策が多くあります。

ネズミを交番に持ち込むと買い上げてくれるシステムがありました。

家に伝染病患者が出たとします。
関係当局がやってきてその家を完全に煮沸(?)し
コレラ・チフス・ジフテリア・・・等の病名を書いて門戸に貼り付けます。

 
昨日の夕刊に、新型コロナウィルスの感染患者への差別や偏見に関する記事が大きく取り上げられていました。
「みんなにあやまれや。ええか。卒業式でるなよ。すぐ帰れ」
広島の感染者家族の元に送られてきた一枚のハガキ
なんと愚劣な行為だと怒りました。

怒るのは簡単な事です。自分は差別はしないぞと誓うのも簡単です。
難しいのはそれを差別と気付くかどうかなのだと思います。
自分のいう事、することは正しいと信じてる。

その信じる正しさの根拠が、どこから来るのか
連日、ニュースで見ない日はない都知事さんの「お願い(自粛要請)」を見ながら
外出する人・悪い人。営業する店・悪い店。
感染するのはお上のいう事を聞かなかったからだ。
「みんなを危険にさらして、面倒かけて、お前ら、常識なしじゃから心配だ。おまえら義務を果たさんかった、だからあれこれ言われるんじゃ」

広島のはがきを書き写しながら、気分が悪くなってきたのでやめます。

 
少なくとも門戸に貼り紙をして、お上が個人を特定するということは無いわけですが
そこらへんは、繊細な配慮がなされていますが
SNSなどで個人・学校・勤務先名が公表されたりするのはわけないことです。

自分は正しく生きたいと思いますが、正しいってなんでしょう。
少なくとも辛い思いをしている人への想像力だけは持ちたいと思います。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2021年5月12日 (水)

パセリ再び



13歳まで福岡市に住んでいました。
「博多」と言われる地域です。
今では「博多区」と地名になっていますが当時は地図のどこを探しても「博多」という地名は載っていませんでした。
駅名だけは「博多駅」築港は「博多湾」だけど。
そんな事は、どうだっていいのですが。

 

家の隣に広いパセリ畑がありました。
自分が小さかったからそう感じたのか、広い広い畑でした。
わが家との境界線には有刺鉄線が張られていました。

夕方、母親が「ちょっとパセリ貰って来て!」といいます。
コタマ(小学生の私)は花壇の横から有刺鉄線に触らぬようそーっと腕を伸ばしてポキポキとパセリを折ります。
窃盗罪です。
「生活に困った親が幼い子にスーパーで万引きをさせる」そんな映画がありましたね。
まあ。それはそれとして
わが家はパセリに困らない暮らしをしておりました。

 

外国の人が「日本人はパセリを食べないのか?」と不思議がられるそうです。
昨日見つけた俳句でも、
「秋祭りが終わって辺りを見渡したらいくつもの大皿がパセリだけを残している」というのがありました。
日本人にとって、パセリってそんな扱いなのか!

中学校(これは大阪です)の修学旅行で東京タワーに登った時だったか
私の前に座っていた林さんがお昼ご飯をきれいに召し上がったのです。
もちろんパセリもです。
隣に座っていたグッたんがあとで私に言いました。
「林さんって、きちんとお行儀をしつけられてはるんやね」
グッたんも「林。パセリを食す」の景にハッとさせられたのでしょう。

こたま(このころは中たまかな)はそれからパセリを食するようになりました。
な~んや。食べてもエエんや・・・てなもんです。

元々、香りの物はすきなんです。
セリ・三つ葉・紫蘇・木の芽・生姜・ミョウガ・・・

 

Googleearthっていうんですか?
画像で地図が見れるやつ。ずっと前ですが、平凡氏が私の子ども時代に住んでいた辺りをみせてくれました。
パセリ畑の在った辺りは大きなマンションが建っていました

パセリ畑に来ていたアゲハチョウ。何処に行ったのでしょう。

昔の面影今何処です。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2021年5月11日 (火)

パセリ



奥様には何の興味も
これっぽっちの関心も無いと思いますが
私、今年から心をそっくり入れ替えたことがありますねん。
「俳句」です。
決然と雄々しく立ち向かっておりまする。
どやさ!
ボヨヨ~ン(腹を叩いた音)

がんばるもんね。

 

《兼題》は「パセリ」
これは、もうね、奥様!
鷹羽狩行の名句がございましょ?
「摩天楼より新緑のパセリほど」

だから、できないわよね。ヤル気失せちゃうわよね。
なんてこと、去年までの私ならほざいています。
今のあたしは違います!
やってやれないことは無い。言い訳はよし子さん。
千里も道も一歩から、
幸せは歩いて来ない。だから歩いていくんだよ。


 
パセリはギリシャローマ時代から食されておったそうです。
スカボロゥの市場でも売られてた。ドンジャラホイで歌ったもんね。
  パセリ・セイジ・ローズマリー&タイム

日本では18世紀の初めにはすでにはいってきて
阿蘭陀(オランダ)芹(セリ)っていったそうです。

じゃあ、なんで パ・芹 って言ったんだろ
考えると夜も眠れない。

あたしの仮説では、ヨーロッの芹。とちゃうやろか
と思ったけど。ブブブブ~(不正解)でした。

ギリシャ語の petro(ペィトロォ)・・結石 と
       serri(セェィリー)・・芹
が合わさったものやねんよ。
いうたら「岩場のセリ」です。

奥様!あたしのblogって賢くなると思いません?
未だかつて、一度もそんな風に思ったことない奥様!心を入れ替えてね。
アタシは、昔のあたしではない。

 

それは、そうと、「俳句はどないなったの?」
あ。忘れていました。
失敬。失敬。

面白い句を見つけたのでご紹介いたしませう。
禿同(激しく同意してしまいました)

「機内食つひに欲なしパセリ噛む」阿波野青畝

 

私の句? 出来てません!(おおいばり)

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (3)

2021年5月 7日 (金)

落ちつきなはれ



コロナウィルスワクチン接種の予約受付が始まりました。
電話またはWEBで受け付けますよ。という事なのですが

WEBのほうは開始時間からすぐに「本日の予約予定数に達しましたので終了します」との表示
電話のほうは回線が集中しているらしくて全くつながりません。

年寄は気が短いねん。
「ワクチンは十分にありますのでお待ちくださいね」ってお手紙にあったけど
みなさん、張り切って電話してるんやね。

全国あちらこちらで、電話の「着信制限」をしてるみたいです
緊急の消防署や警察につながらなくなったら困るからね。

でも、そう言う事ちゃんと言うといたげなアカンわ。
(仮名)ガチャピンは「100回以上コールしてまだつながっていない」と言っています
「そのうち、コロナで死ぬわ~~~」ですって。

同じような事をテレビニュースでやっていました。
88歳のおじいさんが役場に押しかけています。
「わしは、コロナで死ぬ~~。はよ注射打ってんか~~」

元気そうなおじいさんでした

 

オイルショックでトイレットペーパーの争奪戦などというのがありました。
お米を買うのに行列が出来たこともありました。
古米・古古米・タイ米・・

最近ではマスクね。

みんな、あとから思えばおかしくて、哀しい。

それにしてもワクチン接種
申し込みの受付から、こんなに疲れるんやね
(;´д`)トホホ

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »