« The Sound of Silence サウンドオブサイレンス | トップページ | 名もなく・・ »

2021年4月 7日 (水)

新聞に思うわけ



貯まりにたまった新聞をやっと読み終えました。
一週間分。(メチャ忙しかってん)

思ったんやけど、新聞っていつからこうなったの?
全然面白くない。
ニュースってnews。

新しい情報のことじゃないの?
ジャニーズのnewsかて、新鮮さが魅力なんよ!
(そう言う名前のグループがありますねん。年寄りやから知らんかった?)

社会の最前線で今何が起きているのか、起きようとしているのか
知らないことに目を見開かされる。そう言う事だったのかと思わされる
それを求めて新聞をとってるんやで。

なのに

特に夕刊はほぼ「企画記事」
それなりに大切な内容で丁寧に取材された記事なんだろうけれど
いやいやいや。アタシが読みたいのはそれではなくて、
それは、10個並んだ前から7番目か8番目や。
しかも、多分に情緒的すぎる筆致なんかにぶちあたると、読まされてる感が半端なくてやだ。
新聞記事にセンチメントの部分を求めているわけではない。

Img_7198

ここ最近。社会を動かしているジャーナリズムと言えば「文春」しか思い当たらない。
ブンヤの皆さん。口惜しくないのかなあ。

一週間分まとめ読みをしても、ちっとも「残念」に思わないのはどうしてかな。
スピード感ではネットニュースに後れを取るだろうけれど、右から左に聞き流すわけにはいかないニュースは繰り返し読める新聞に限る。と思っている。

NHKテレビの「事件記者」にいまだに幻想を抱いている昔のお子ちゃまなのだろうか。あたしって。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« The Sound of Silence サウンドオブサイレンス | トップページ | 名もなく・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The Sound of Silence サウンドオブサイレンス | トップページ | 名もなく・・ »