« 惜春 | トップページ | コロナワクチンとオリンピック »

2021年4月15日 (木)

うちら生きて会えるんやろか



「生きてる~~?」
ベベちゃん(地元友)からの第一声です。

一年前の今頃「来年は花見にいこな。蹴上のインクラインがええわ。東山の奥にお宮さんがあるやろ、あそこ穴場やなあ。観光客も来ぃひんし、そこにしょ!」と場所設定まで考えてくれていたベベちゃんです。

で、この度の電話では「なあ。うちら・・もう会われへんかも知れんなあ」 
エライ、気弱発言が飛び出しました。

 

思えば10代の頃から彼女と幾度、花見をしたことでしょう。
「どっか行こっ!」と言えば京都でした。
土曜日の午後からは必ず京阪電車に乗っていた気がします。
当時京阪電車は七條から終点三条まで鴨川を横に見ながら走っていました。
駅が地上にあった時代の事です。
「のんびりした」というイメージでした。

何という様変わりでしょう。

Img_7172
(今年のご近所桜)

 

K郎ちゃんから「自粛解除で飲んでるねん」って電話があったよ
といえば「アホちゃう!(愚かではないだろうか)ああいうのがコロナるねん」
「よっぽど、家に居づらいんやな。奥さんしっかりしたはるし」
などと、悪口雑言きりもなし・・・
最近の嬉しかった出来事を一つずつ言い合うと
「あたしなあ。最近人の幸せが嬉しいねん。年をとったということかなあ」
ああ。あの悪魔の申し子のようなベベちゃんも仏の道を歩き出したか!
「おたまちゃん!絶対に長生きしてな」

ど・・どないしたんべべちゃん。

夕方のテレビニュースで長岡天神の境内を中継していたそうです。
見事なツツジやサツキが画面いっぱい。

行ったなあ・・あそこも
「私、たしか、おたまちゃんに竹細工のお人形買ってあげたよな」
「え!?私が買ってあげたんじゃなかった?」

思い出は自分に有利に記憶するものらしい。
来年は長岡天神に行こうな。ほんで、

生きて会おうな!

と久しぶりの長電話でした。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 惜春 | トップページ | コロナワクチンとオリンピック »

家族・友だち」カテゴリの記事

コメント

国は違えど友達との第一声はどちらも同じ「生きてる~」で始まり「生きて会いましょう!」で終わる、もう1年以上会えてませんし孫にも会えません。孫の両親のワクチンが終わったらと話してますが。ご近所桜が見事ですね~以前岐阜の根尾谷,薄墨桜を見に行きました樹齢1500年とかでつっかえ棒が沢山!そこまで行くトコトコ電車内のアナウンス「高齢者に席をお譲りください」って、でも平日の電車内高齢者ばかり…生きてるうちにもう一度桜が見たいです。

投稿: パコ | 2021年4月15日 (木) 23時40分

★パコちゃん
一年以上も続くなんてね・・
孫ちゃんの一年の成長スピードは我々の何百倍でしょう。その時期を見られないのは本当に残念ですね。
根尾の淡墨桜、私も見に行ったことがありますよ。もう20年くらい前です。何本もの杭に支えられて痛々しかった。そこから郡上八幡へ行ったのかなあ・・(郡上音頭私の十八番byお三味線)いいところでした。また行って見たいわ。でも、生きて行くことがあるのか心細いわ・・

投稿: おたま | 2021年4月16日 (金) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 惜春 | トップページ | コロナワクチンとオリンピック »