« ぬか喜び | トップページ | そこに愛はあるんか?? »

2021年3月 3日 (水)

3月3日 フェリシアさん



 

       朝 に

おまへの心が 明るい花の
ひとむれのやうに いつも
眼ざめた僕の心に はなしかける
《ひとときの朝の この澄んだ空 青い空》

傷ついた 僕の心から
棘を抜いてくれたのは おまへの心の
あどけない ほほゑみだ そして
他愛もない おまへの心の おしゃべりだ

ああ 風が吹いてゐる 涼しい風だ
草や 木の葉や せせらぎが 
こたへるやうに ざわめいてゐる

あたらしく すべては 生まれた!
露がこぼれて かわいて行くとき
小鳥が 蝶が 晝に高く舞ひあがる

            立原道造詩集より

Img_6815

3月3日
草は萌え、木々が動き出す。
日脚が伸び、南風が吹き始める
南風。そう「春一番」。昨日は春の嵐の一日だった。
寒暖を繰り返していた季節は確実に明るい春を迎えるのだ。

Img_4685_20210302125101

3月3日

「死は本の頁をめくるように訪れる」
という古いことわざがあるらしい。

フェリシアさん。
私も、そんなふうに思えたらいいな。って考えています。

・・・・・・・・・

 

貴女の好きな立原道造の詩を載せてみました
明るく希望があって好きな詩です。
十代のころ、よくノートに書きためていました。
昭和の女の子だね。あは。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« ぬか喜び | トップページ | そこに愛はあるんか?? »

家族・友だち」カテゴリの記事

コメント

先月、54年前に一度だけ知り逢った彼が30才前に亡くなっていたと知人から聞き・・・、
3月となり、PCの予定表には3日にフェリシアさんの文字、中々削除出来ない。
さだまさしの歌「かささぎ」の最初の出だし部分を何度も聞く
「生きることは すれ違うことだと解っていたけれど…」
フェリシアさんの事ではおたまさんに感謝。

投稿: 坂口あんちゃん | 2021年3月 3日 (水) 17時02分

★坂口あんちゃんへ
ご縁とは本当に不思議ですね、地上にはこれだけの人が同時代に生きているのに!
フェリシアさん、ブログどうするんだろ・・って思っていたけど残して置いてくれて良かったとおもいます^^

投稿: おたま | 2021年3月 3日 (水) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぬか喜び | トップページ | そこに愛はあるんか?? »