« ナイスなフォロー | トップページ | その女、ジルバ »

2021年2月19日 (金)

しちゅうー・おふくろの味



家事労働の中では料理が好きです。
特別なものや、お洒落なものを作れるわけじゃないけれど
まあ。楽しくやっています。

わが家の「おふくろの味」といったら大層やけど
息子たちが学校を出て一人暮らしを始めるとき
「これ、どうやって作るの?」と聞いたのが

「しちゅう」

ホワイトシチューでもなければ、ビーフシチューでもなく
ひらがなで「しちゅう」としか言いようのないものです。

こどものころから母がよく作ってくれていました。
「これ、なんていう(料理)の?」と聞いた覚えがあります。
母は「しちゅう。カネマタのしちゅう」と言っていました。

Img_7115

夕刊の「おおきに関西」という週一のコーナーでは、奥の深~い、マニアックな、知らない人は驚愕し、知っている人はほくそ笑む
「勝手に関西遺産」が紹介されています。

昨日はその「かね又のシチュー」だったのです。

「カネマタ」の謎がやっと解けました。
実に〇十年振りです。


見た目も驚く伝説のグルメ とあります。
現在は大阪・天六に一軒のみ残る「かね又」ですが、戦前は新世界にも千日前にも多い時には15の支店があったそうです。
ロシアの船乗りから伝えられたレシピというのも伝説めいています。
昭和10年代に大阪の庶民の子どもだった母にとってはとてもハイカラな食べ物だったことでしょう。

Img_7113

お母ちゃん!カネマタがまだ残ってるんやて!
いっぺん、食べに行かなあかんな。
大将、「わしで最後や」(後継者がいない)というてはる。

コロナが収まったら、行って来よう。
お母ちゃんの味と全然別物やったら、笑うでしかし!

そう言う私も酒や醤油を足してる。
ロシアでは醤油はつかわんやろ・・・

 

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« ナイスなフォロー | トップページ | その女、ジルバ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おたまさん、こんばんは。
名前は知りませんでしたが、ウチの実家でも同じ様な「しちゅう」がありました。
ジャガイモとタマネギとお肉だけの、胡椒とお塩だけの味付けでした。
「かね又」さんの様な豚肉ではなく、ウチは牛肉の切り落としやコマギレ肉を使っていました。
私はとても好きなスープで、おかわりしていました。
結婚してこれを作った時、夫は怪訝そうにしていて、余り食べてはくれませんでしたので、以降作らなくなりました。
タマネギの甘さとお肉の旨味と塩コショウ味が私は大好きでしたが、ロシアのお料理だったとは知りませんでした。
懐かしいお袋の味でした。

投稿: kana | 2021年2月19日 (金) 19時42分

★Kanaさんへ
おお。Kanaさんもご存知でしたか。
15店舗あるという事は結構人気のメニューだったのでしょうね。
うちも「牛肉」でした。
新聞によりますと、材料は「淡路島たまねぎ」「メークィン」「牛バラ肉」味付けはほとんど「塩」だけとあります。
かね又でも「牛」を使っていたようです。
関西人の好みからしてもやはり「牛」ではなかったかと思います。

「肉吸(にくすい)」って料理をご存知ですか。
ミナミに有名なうどん店があるそうですが、これがかね又のシチューうどんの流れではないかと思っています。この記事にも「似たようなシチューうどんは大阪市内の別の食堂にもあるらしい」とありました。

いずれにしても戦前の大阪の味だったことがわかりうれしいです。

投稿: おたま | 2021年2月19日 (金) 21時33分

「肉吸」は吉本の芸人さんの話で、お店が紹介されているのを見たことがありますが、食べに行ったことは有りません。
おたまさんが載せて下さった記事を読んで、私も頭によぎったのは「肉吸」でした。
子供達に食べさせた事がなかったのが、今、ちょっと残念だったかな…と思っています。

投稿: kana | 2021年2月19日 (金) 23時11分

★Kanaさんへ
母も「にくすい」という言葉を使っていたように思います。肉吸も戦前からあったのでしょうか、そして、それはしちゅうの亜流だったのか別物だったのか、これは是非とも真相を確かめなければいけません。
Kanaさん!是非ともお子さんにしちゅうを作ってあげてください。
「勝手に関西遺産」を子々孫々まで伝えようではありませんか!!

投稿: おたま | 2021年2月20日 (土) 12時28分

★業務連絡
(人''▽`)ありがとう☆
兵庫県は昨日初めて第一号(お医者様)が接種されました。我々は4月以降と聞いています(お年寄りグループね)
ボーカルのお友達、ストレッチのお友達。俳句のお友達
( ´∀` )みんなお年寄りグループです。
ドキドキ。
今日の新聞では他県で「じんましんの副反応」というニュースが・・・

投稿: おたま | 2021年2月20日 (土) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナイスなフォロー | トップページ | その女、ジルバ »