« 兄ちゃんと弟 | トップページ | 2月に聴きたい曲・My Funny Varentine »

2021年2月13日 (土)

たこ揚げてコマを回して遊ぶ



ウロウロ出歩かず、おりこうさんに家ごもり生活
それなりに機嫌よくしているつもりですが
やはり、気の合う人たちに会ってがやがやと遊ぶのは楽しい。

といふことで、2か月ぶりの吟行。
先月は大雪(積雪5㎝)のため中止となった「凧揚げ大会」です
実は「凧(たこ)」は春の季語となっており
ちょうどよかったやん てなもんですわ。

羽子板・羽子(はね)は新年の季語ながら、先月の当番さんがせっかく用意してくれていたので
この際つきまくる。
コマ回しも昔取った杵柄とやらで、いっとこ!
さらに春の季語である石鹸玉(しゃぼんだま)も吹きまくる
きれいやなあ~~~~

ウチラ傍(はた)から見たら、異様やろうな

人けのない広大な広場の枯芝の上、老〇男女が走り回ります。

ドタドタドタ
ああ・エエ天気や~~凧揚げ日和やなあ

おたまちゃんが走ってるの初めて見たわ
え?
あたしってお地蔵さんのイメージなのか?

いやいや。慌ててるのをみたことがない
え?
目明しの手下には不向きってことね

枯れ木の上で椋(ムクドリ)が10数羽我々を見下ろしていました。
留鳥なのに秋の季語になってるんやね。

しゃぼん玉を飛ばすと
きっちゃない声でギャアギャアと飛び立ちました。
なんか、感じ悪いわ。

向こうもそう思っていると思ふ

 

「シベリアに寒気団あり凧揚がる」
(シベリアニカンキダンアリタコアガル)季語/凧・早春

 

 

昨日今日のお天気から想像し難いのですが来週後半に寒波がやってくるそうですよ


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 兄ちゃんと弟 | トップページ | 2月に聴きたい曲・My Funny Varentine »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

親分!テーヘンダ、テーヘンダ!って言うあの方ね。多分親分が投げた銭を拾うのが面倒なのかもしれませんよ、いつも思ってたわあのお金は自費ですよね~親分に投げ銭手当なんてものは出ない筈、おたまちゃんがかき集める?そんな~高貴なお方にさせられませんわよ。凧あげ?未だ走れるのが羨ましいわ今のワタクシは気持ちは向こうで体は未だ此処にありですのでね。

投稿: パコ | 2021年2月13日 (土) 14時59分

★パコちゃんへ
全員、ぜーぜー言うてました^^
今の凧って楽々で揚がるようになっているのですが、風が無い日だったので力の限り走りました。
コマ回しも上手いものです。子どもの頃どんだけ遊んでいたかがわかります。

親分の投げ銭ね。私も子どものころから不思議でした。後で回収するのが大変!って。
親から一円を笑うものは一円に泣くって言われていたのに。あんなふうに使っていいのか!って。
山陰を旅行した時、列車の中かバスの中か忘れたけれど、砂浜に巨大な「銭形平次のお金」(正式名称はしらない)をみました。砂で作られていた。あれってまぼろしだったんだろか・・・

投稿: おたま | 2021年2月14日 (日) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兄ちゃんと弟 | トップページ | 2月に聴きたい曲・My Funny Varentine »