« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月27日 (土)

HOTEL



月が替わったらストレッチ教室に、新しいリクエスト曲を持って行きます
一人3曲です。
「HOTEL」でそろえてみました。


深い意味はないけれど、お気に入りの
リバーサイドホテル /Fried  Pride
がメチャ メタンコ ムチャクソ(最上級)カッコイイからであります。
後の2曲はおまけ^^

ハートブレイク・ホテル/ エルヴィス プレスリー
小さい頃、このハートブレイクホテルとBe-Bop-A-Lula は同じ曲だと思っていました。
ビーバップアルーラ シーズマイベエベ と
恋に破れた 若者たちが ~~ ってほら一緒やん!
何百回きいても、同じ曲にしか思えない。あたしの耳が可笑しいのか。

さて、最後のHOTELは
「ホテルニューアワジ」 んなアホな!
どうもキダセンセ(浪花のモーツァルト)の作品ではなさそうなので却下
キダセンセは「有馬兵衛の紅葉閣」でしたわ

本題に戻る

ホテルカリフォルニア/ イーグルス
懐かしいわね。ホテルの曲といえば外せませんわね

 
  

以上です!


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (3)

2021年2月24日 (水)

「おなべふ」と「アキストゼネコ」



綺麗な青空。風は冷たいけれど気持ちの良いお天気です
しか~し
今夜からまた寒くなるそうです。
今年最後の寒波になる模様。

これだけ、細切れに寒暖が交互にやって来たのは観測史上130年ぶり
2月の平均気温は(一番って言うたかな?)高かった。と気象予報士のお兄さんが言っておられました。

間違いなく温暖化が進んでいますね。


ああ。私に何かできることはないかしら・・と
小さな胸を痛めています。

ほんまですっ!

これが ⇓ ⇓ 嘘をつく顔に見えますか???

Img_7084
                 (by  ヨカ画伯)

赤銅色のお顔。血色のいい唇。
メッセージはお兄ちゃんに書いてもらいました。

Img_7092 

お部屋に飾っておきましょう。

次に、ヨカちゃんに会ったら「おなべふ」をしてあげましょう。
きっと、「りこうさん」のはずです。

相手の手首から順に「お・な・べ・ふ」と一つずつ抑えながら肘まで上がってストップです。
止まったところが はい!あ・な・た
「おりこう」 「泣き虫」 「勉強家」 「不良」
子どもの頃の手遊びなのですが、YouTubeにたくさんあがっていて驚きました。
所によって少しずつ変わっているのが面白いです。

・・・・・

「おなべふ」を思い出したのは
先日、とんでもなく懐かしい言葉を聞いたからです。
「アキストゼネコ」
こちらは、wikkipedhia に詳しく載っています
発祥がなかなか興味深い

昭和の小中学生に流行した とありました。

うちら。どんどん歴史の生き証人になっていく。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2021年2月21日 (日)

その女、ジルバ



テレビドラマをほとんど見ることのないアタクシが今、熱心に見ておりますのが
「その女、ジルバ」でございます。

金・土曜日の夜はたま~にEテレで歌舞伎をやっていただけるので
たぶん、その日も遅くまで起きていたと思うのです。
で、結局、その日歌舞伎はやって無くてたまたま触ったリモコンが・・・
「その女、ジルバ」の一回目の放送でしたの。

まあ、奥様!
驚きましたわよ。

池脇千鶴ちゃんの経年劣化に 

しばらく見ないうちにこんなに老けちゃったのか
それとも、演技力なのか
ゆるんだお顔の輪郭。猫背でため息をつくときの首の動かし方
パーフェクトなおばちゃんなんです。(設定40歳)

2回目。3回目と進んでいくうちに1回目の千鶴ちゃんのナニは特殊メイクやったんや・・・
とわかって行くのですが。まあ衝撃の「ふつーのおばさん」になり切る女優の凄さ。
で。ぐんぐん引き込まれて

前回で7回目ですわ。
細やかに伏線が張られているので、ああなってこうなるんと違うやろかみたいな事を考えるのも楽しいです。
気の短い私が「ネタバレ」関連の記事をグッと我慢しています。

Img_7104
今日のお花 
   チューリップ/永遠の愛 ガーベラ/希望
   スナップ/おしゃべり かすみ草/清らかな心
   オリエンタルリリー/

 

昨日の回で、千鶴ちゃん(役名・新)は若い男性からある写真集を貰います。
(あたしの予想では、彼はきっと13歳年下のはず)

その写真集がですね。奥様!なんと。

コチラ 

ですねん。1927年にブラジルに渡った大原治雄の「ブラジルの光・家族の風景」
もちろん。ドラマの中ではそんなこと言うてませんけど
アタクシ。表紙を見ただけで判りました。エヘン。

神戸に写真展を見てきたことをブログにも書いていました(2018・5月)
もう、3年前になるのね。
神戸にも一年半以上行っていません。はあ~。

ま。もう少しの辛抱。今はお家でテレビやね。
面白い番組が見つかってよかった 

(1週間以内なら「無料見逃し配信」でみられますよ)


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2021年2月19日 (金)

しちゅうー・おふくろの味



家事労働の中では料理が好きです。
特別なものや、お洒落なものを作れるわけじゃないけれど
まあ。楽しくやっています。

わが家の「おふくろの味」といったら大層やけど
息子たちが学校を出て一人暮らしを始めるとき
「これ、どうやって作るの?」と聞いたのが

「しちゅう」

ホワイトシチューでもなければ、ビーフシチューでもなく
ひらがなで「しちゅう」としか言いようのないものです。

こどものころから母がよく作ってくれていました。
「これ、なんていう(料理)の?」と聞いた覚えがあります。
母は「しちゅう。カネマタのしちゅう」と言っていました。

Img_7115

夕刊の「おおきに関西」という週一のコーナーでは、奥の深~い、マニアックな、知らない人は驚愕し、知っている人はほくそ笑む
「勝手に関西遺産」が紹介されています。

昨日はその「かね又のシチュー」だったのです。

「カネマタ」の謎がやっと解けました。
実に〇十年振りです。


見た目も驚く伝説のグルメ とあります。
現在は大阪・天六に一軒のみ残る「かね又」ですが、戦前は新世界にも千日前にも多い時には15の支店があったそうです。
ロシアの船乗りから伝えられたレシピというのも伝説めいています。
昭和10年代に大阪の庶民の子どもだった母にとってはとてもハイカラな食べ物だったことでしょう。

Img_7113

お母ちゃん!カネマタがまだ残ってるんやて!
いっぺん、食べに行かなあかんな。
大将、「わしで最後や」(後継者がいない)というてはる。

コロナが収まったら、行って来よう。
お母ちゃんの味と全然別物やったら、笑うでしかし!

そう言う私も酒や醤油を足してる。
ロシアでは醤油はつかわんやろ・・・

 

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (5)

2021年2月18日 (木)

ナイスなフォロー



G坊を激怒 させてしまいました。

最初は機嫌よくおしゃべりしていたんです。
「源義経」のその後について。

 

「ホンマは死んでへんねんで。何でって、弁慶が守ってくれたから」
「うんうん」
「ほいでな、北海道に渡ってん」
「うんうん」
「それからどうなったと思う?」

・・・・・・

「中国に行ってジンギスカンになったんやろ?」

⇑ ⇑ ⇑ ここでG坊は大激怒

「も~~~言うたらアカンやろ! それはゆうたらアカン」
・・・・

彼は、
「実はな・・・」と鼻の穴を膨らませて、一発かますつもりやった。
それを言いたいがために、まどろっこしく、ながながと自分の持つすべての聞きかじりと語彙を集約して・・
やっと、ここまで話を持って来ていたのでした。

Img_7077
笑うな~

写真を撮るな~~

せっかく(言葉づかいがまちがっている)
泣いてるのに~~

更に怒りを増幅させる鬼畜なあたくし。

 

傍にいた父親平凡氏が静かに申します
「グッ坊。よくお聞き。おたまさんは”ジンギスカン”って言うたで。そら。焼肉やろ!ってツッコミが入らんようではまだまだや」
G坊のまなこがキラリとひかり
「そっかあ。そういうことやったんか・・・」

そこにケーキ登場
今泣いたカラスがもう笑うた。
と、あいなりました。

 

ほんまは、あたし心の底から間違うてたんやけどね。
「ジンギスカン」と「チンギス・カン」
((´∀`*))ヶラヶラ

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2021年2月17日 (水)

腹が減って目が覚めた



Img_7105
花壇のクロッカスが咲いた(昨日)
と 思ったら

今日は寒さで花びらをギュッと閉じてしまった

今年8回目のしかも2番目に大きな寒波だそうだ。
御利口な私は
朝のルーティンをチャカチャカ終えて
そうそう、今日は「廃品回収」で新聞を出すという特別任務もこなし

お昼からは「お茶セット」をお盆に載せて二階のhobby room(炬燵部屋)へ
手の届く範囲に、歳時記やら句誌やら辞書やら・・
本日の予定「桃の花」「東風(こち)」「猫柳」「余寒」
で、3句ずつ作る。予定


南の掃きだし窓。東が腰高窓の東南の角部屋は明るくて暖かい。
寒波といっても太陽が出ているので、ガラス越しの日差しの
それはもう・・ご陽気なこと

ポカポカポカポカ。炬燵なんかに入っちゃおられませぬ。
電気のスィッチを切って
そやそや 昨夜の湯たんぽをオコタの中に入れた
まだ、ホカホカですねん。

ズポッ(炬燵に沈没した音)
起きたら 16時やった。 あかんやん!
一句もできてまへんがな。

・・・・・・

明日は今日より寒くなると言っています
御利口な私はちゃんと備えようと思います。

今から湯たんぽを入れて、
明日は生ごみの日。朝ぶろ・朝飯・掃除・洗濯・昼飯
からの 二階に上がって・・・

まわるまわるよ あたしは回る to be Continued

Img_7106

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2021年2月14日 (日)

2月に聴きたい曲・My Funny Varentine



もうこれしかないでしょう。
今は少なくなったけど、2月になると
この曲がラジオからよく流れてきました。


My Funny Valentine 
(1980代最晩年のライヴ)

マイファニー バレンタイン
(大音量で聴いておくれやす)

中でも私はチェットベイカー が一番やと思うております。


声がいい。けだるそうな歌い方がいい。
(ジョアン・ジルベルトが影響を受けたってホントなんやろか。詳しい方教えてください)


ブログに一度書いたことがあるけれどコタマ(こども)時代
「もし、男の子が生まれたらトランペッターになって欲しい」
って、自分が子どもなのに自分の子どもの将来を夢見ていました。
何故そう思ったか?
大人になった私は、きっとサッチモの影響だと思っていましたが
今回改めてチェットベイカーを聴きまして
それはちゃうんちゃう?ちゃうんかったんとちゃうん?
と、思いいたっています。
それ程、小さい頃から耳にした曲です。


どうだっていいんです。そんなこと。
がんばって男の子二人産んだけど、トランペッターにはなってない。
夢ってパチンと割れちゃうものなのね。知っていました。
だから、もういいんです。


1934年に作られたこの曲はもともと
女の子が冴えないボーイフレンド・バレンタインに向かって歌うものです。

ファニー(へんてこ)なバレンタイン君
・・ファニーフェイスという言葉が流行りましたね
ほれ。団令子さんとか(誰も知らんっちゅうねん)
正統派美人ではなく個性的でちょっぴりコケティッシュみたいな。

 

あんたを見ていると 笑っちゃう
いつも私を笑顔にしてくれる

容姿はイカしてないし
写真向きじゃないわね

口はゆるゆる
しゃべってみても、何言ってるんだかわかんない

でも、髪の毛一本だって変えちゃいやよ。
ずっと そのままでいて
ありのままで いて

バレンタインデーのような愛でいっぱいのあなたでいて

ストレッチ教室の2月のリクエスト曲はもちろんコレ
あとの2曲は

2月の「2」にちなんで
二人でお茶を(Tea For Two)/ドリステイ

前々から好きだったジャズ・デュオ(解散したけどね)
バートランドの子守歌/フライドプライド

大体、誰がどのリクエストかわかるようになりましたと、先生。
ジャニスジョプリン・チェットベイカー。そう言えば槇原敬之のハングリースパイダーもリクエストしたなあ。
(みんな。クスリに溺れてる??)

あかんやん!

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2021年2月13日 (土)

たこ揚げてコマを回して遊ぶ



ウロウロ出歩かず、おりこうさんに家ごもり生活
それなりに機嫌よくしているつもりですが
やはり、気の合う人たちに会ってがやがやと遊ぶのは楽しい。

といふことで、2か月ぶりの吟行。
先月は大雪(積雪5㎝)のため中止となった「凧揚げ大会」です
実は「凧(たこ)」は春の季語となっており
ちょうどよかったやん てなもんですわ。

羽子板・羽子(はね)は新年の季語ながら、先月の当番さんがせっかく用意してくれていたので
この際つきまくる。
コマ回しも昔取った杵柄とやらで、いっとこ!
さらに春の季語である石鹸玉(しゃぼんだま)も吹きまくる
きれいやなあ~~~~

ウチラ傍(はた)から見たら、異様やろうな

人けのない広大な広場の枯芝の上、老〇男女が走り回ります。

ドタドタドタ
ああ・エエ天気や~~凧揚げ日和やなあ

おたまちゃんが走ってるの初めて見たわ
え?
あたしってお地蔵さんのイメージなのか?

いやいや。慌ててるのをみたことがない
え?
目明しの手下には不向きってことね

枯れ木の上で椋(ムクドリ)が10数羽我々を見下ろしていました。
留鳥なのに秋の季語になってるんやね。

しゃぼん玉を飛ばすと
きっちゃない声でギャアギャアと飛び立ちました。
なんか、感じ悪いわ。

向こうもそう思っていると思ふ

 

「シベリアに寒気団あり凧揚がる」
(シベリアニカンキダンアリタコアガル)季語/凧・早春

 

 

昨日今日のお天気から想像し難いのですが来週後半に寒波がやってくるそうですよ


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2021年2月11日 (木)

兄ちゃんと弟



前ページのブログを読み返して思ったんやけど
「息子たち」というのは
「平凡氏(長男)と明星氏(次男)」のことですねん。

Img_7083

 

二人の息子からのプレゼントなんです。
二人でこそこそ相談してプレゼントしてくれたのは彼らが子どもの頃の母の日以来です。

なんだかわかりにくい文章でしたね。


明星氏には「ありがとう」と電話を入れました。
昨年末の話で春(ゴールデンウィーク)には帰れるかなあといっていたけれど、
今年は夫の17回忌法要を6月にするので「その時に帰るわ!」という事でした。

嬉しいような悲しいような・・・
正月に都会から帰省した人から新型コロナウィルスの感染が家族中に・・
と「絵に描いた」ような事例がいっぱいありますので
仕方がないですね。
彼は帰ってきたらいつも、あちこちに連れて行ってくれます。
それも、きっと無理でしょうから・・
仕方ないです(2回目)

 

Img_7090
あこがれの「葛飾区亀有公園前派出所前」にて1990頃?

 

 

小さな弟は兄ちゃんに絶対服従でした。

・・・・・・・
当時、母の日のプレゼントは折半だと言っていました。
貰うお小遣いには差があるのに!
可哀想な明星君

今回はどうだったんだろ・・

いいもん!帰ってきたら何か買ってあげよ~~~っと。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2021年2月 5日 (金)

あんたはえらい



お勤めしていた頃の同期で仲良しだったMちゃんがついに職を退いた。
昨年12月末のことだ。

以前から退職日には大きな花束を持って行こう!と
同じく同期のKちゃんと相談していたのに
このご時勢ですので「お疲れさまでした」のお食事会も流れたままだ。

女性は職場の花と言われ、どんなに能力の高い人でも
男性の補助業務をし、研修などのスキルアップの機会も与えられない。
そんな時代に社会に出た私たちの世代だった。

いろいろあっただろうけど、よく頑張りました。

 

同い年で、気が合って、遊んで遊んで遊びまくりました 


彼女の結婚式に出席した時、私は大きなお腹をしていたわ。
披露宴会場で出産しちゃうぞ。なんて言ってた。

彼女には子どもがいない。
「持たなかった」ではなく「恵まれなかったんよ」と言っていました。
「ほら、そんな夫婦がよく犬を飼ったりするじゃない?わたし、あれだけは嫌だなあと思っていたのよ」
と、言いながら現在レトリバー2匹との4人家族です

だから仕事を続けて来られたし
私の知らないことを経験し、知らない思いもし、知らないものを得た。
とにかく、ほんとにほんとにご苦労さん。
私もKちゃんも心の底からあなたを尊敬します。


昨日の夕刊トップに
(最近一面記事は企画ものばかりなんよ)
「定年はない 未来がある」という見出しで
90歳「最高齢の総務部員」ギネス世界記録 という記事
64年間大阪の商社で働いてこられた女性がパソコンを前にしてにこやかに微笑んでおられる。

どっひゃ~。Mちゃん。負けてるやん!
現役シニアは右肩上がりに増えているそうだ。
高年齢者雇用安定法の改正により四月から高齢者雇用(就業機会の確保)が企業の努力義務になる。

いつまで年寄を働かせるねん ととるか
働ける機会があって良かった ととるか
ねえ。厚生労働省さん。

あたしも、仏の道をのんびり歩いている場合じゃない気がしてきたわ。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2021年2月 3日 (水)

一世一代・女殺油地獄



前回、歌舞伎の舞台を観たのは昨年の「松竹座・初春公演」だったので
丁度、一年前という事になります。

こんなにながく、お芝居を観なかったことはないです。
悲しいです。
チュライ。

 
日曜日、Eテレ「古典芸能への招待」で片岡仁左衛門の
「女殺油地獄」(をんなころしあぶらのじごく)
を放送していました。
2009年6月歌舞伎座公演。仁左衛門一世一代の舞台。
一世一代。すなはち、ラストステージであります。

この舞台は2009年の秋にEテレ「芸術劇場」(当時)で放送され
前のブログ(Ⅰ)に感想をUPしています。今から12年前の事です。

今回、全く同じものの放送なのに、不思議や不思議
仁左様もワタクシも12歳、年をとっていました。
(言うてる意味わからんでしょ^^)

 
1964(昭和39)年、片岡仁左衛門(当時孝夫)20歳の出世作と言ってよいでしょう。
主人公の若者は23歳という設定。ほぼほぼ、実年齢に近く
観客は孝夫のダイレクトな若さそのものを芝居に見たのです。

若さゆえの弱さ、不条理、短絡、無茶・・
本当に些細なちょっとした行き違いから陰惨な場面へと舞台が転換してゆくその面白さ。
仁左衛門はこの芝居を「密室の美学」と今回の放送で言っておられました。

 
生の「若さ」を「芸」の力で持っていくのは「今が限界」と決断されたのが2009年。
御年65歳のみぎりという事になります。
この、潔さ、折り合いの付け方こそが仁左衛門の「美学」なのです。
果たして、名優片岡仁左衛門をもってしても、いつかは客が納得できない日がやって来たのでしょうか
などと、ワタクシは未練たらたらに考えます。

 

坂東玉三郎さんがこういう事を言っておられます。
ご自分の志の事だと思います。( )はおたま注
(歌舞伎俳優として芝居は)
人間が生きていく中で出会う、多くの困難を乗り越えていくための、心の慰めでありたいと思う。

そうだったんだ。と思いました。
私は歌舞伎が好きで長い間観続けてきた。
舞台の美しさ華やかさに魅せられ
遠い空間、遥かな時間へ誘われ
ああ、いいお芝居だった。と劇場をでるときの満足感。


私にとって歌舞伎とは
「たましいをなぐさめてくれる」ものだったのだと。
しみじみ (´;ω;`)ウッ…

 
早く、お芝居を楽しめる日がやってきますように!!

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2021年2月 2日 (火)

達者です



「エエなあ・・楽天・・マー君がくるんやて・・」
G坊がつぶやく。

かめへんかめへん。阪神かて頑張らはっさかい応援したげてよ。
「そら。あたり前田のクラッカーやけどな」

・・・・あたしが叩き込んだ昭和のギャグが果たして教室で通用するんやろか


 
清く正しく美しく生きているうちにもう2月なのね
ブログ更新の間がちょと空いたけど
コロナっていませんから   
心配していただいてあいがと!(以上業務連絡でした)

 

昨日、一昨日と寒い日でした。
こんな日はなんか嬉しい
午前中にササと家事をすませ、お昼ご飯の後は二階におこもりします。
炬燵が出してあるんだYO! 東南の角部屋だYO!
アタクシの hobby room になっています。
ミシン出しっぱなし 
で、俳句三昧でぃ 散らばった集中力をかき集める。
三尺の童になって、素直に素直に・・


思い出して年上のお友達に手紙を書く。
美也子さん。チャーミングな人。若い感性。会えなくなって一年以上だわ
お茶やお食事したいねえ。と年明けに電話をいただいていました。

 
ある日は
寒いので、そうだ 夜は粕汁にしませう と
冷蔵庫にあった、ゴボウ・蓮・人参・コンニャク・しいたけ・・・
ガチャピンがやって来たので二人でお味見をした。
うまし!
夜の分はちゃんと取ってあります。

・・・・・
そんなこんなで、機嫌よく生きています
機嫌よくの前に「超」がつくかもしれない

「朝ぶろ」の力かな。一日が凄くゆったり動く。
特に夜はの~んびりできます。
あと、心にきれいな風が吹くのを待つ(出たよ!)
((´∀`*))ヶラヶラ

以上、達者報告でした。

 

  「待つ人の無き身冬晴れ回り道」
(マツヒトノナキミフユバレマワリミチ)季語・冬晴れ/三冬

 

 

「遠回り」のほうがエエかなあ・・と考え中


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »