« 仏様に近づく | トップページ | おとしだま »

2021年1月18日 (月)

幸せ運べるように



一月十七日は我々、阪神間に住む者にとっては特別の日です。
26年前の午前5時46分の衝撃を忘れることができません。
音ひとつしない朝が明けていく、あの時の風の冷たさ、真剣な表情の人達・・
信じられないことが起きた。と思いました。

この数日はテレビ・新聞などで「しあわせ運べるように」を取り上げた報道が多かったです。
震災当時、神戸の小学校の先生が作られた歌で、今では国内は勿論、世界の色々な被災地にまで届けられているそうです。
青年教師であったその方が今年定年を迎えられるという事でした。

NHKニュースより

(リンクはしばらくしたら消えると思いますがよろしければ見てくださいね)

子どもたちのきれいな歌声に涙が出ました。

当時、灘区にある六甲小学校にボランティアに入りました。
運動場いっぱいのテントの隙間を駆け回る子どもたちの事をいまでも思い出します。

同じ体験をして、同じ思いを共有する。何かがわかる。
今の現状に似ているかもしれません。
だから「今」を絶対に無駄にしてはいけないと思います。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 仏様に近づく | トップページ | おとしだま »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コーラス、ニュースで見ました。ベレー帽にひまわりの花が付いてましたね。幸せを運ぶ種。世界に届くと思います。

投稿: ばんび | 2021年1月18日 (月) 16時45分

★ばんびさんへ
ありがとう!
子どもの声はいいですね。

私の場合。「絆」とか「おもいやり」と言う言葉は、阪神大震災を経験しなければ、その意味が今もって解らなかったと思っています。

投稿: おたま | 2021年1月18日 (月) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仏様に近づく | トップページ | おとしだま »