« 舞台にあがるシクラメン | トップページ | クリスマスコンサート近づく »

2020年12月15日 (火)

石けんを買った



Img_6972

17歳の松田聖子ちゃんって石けんの香りがしたわ。
(実際に嗅いだことはないです)

デビューの頃から変わらないクリスタルな歌声は彼女の最大の魅力。
ぶりっ子って言われていたみたいだけど チッチッチ・そうじゃない
あたしには見えていたわ(ほんまかいな)

彼女の「野心」決して嫌いじゃなかった。

  
石けんを買いました。
家庭を持ってずいぶんな年月が経ったけど
石けんを買った記憶があまり、ほとんど、滅多にない。

Never bought

わざわざ買わなくても家にあったような気がします。
たぶん、到来物で。
お中元・お歳暮・お引越しのご挨拶・町内運動会の景品・歳末大売出しのくじ引き・親元から貰ってくる・・・

 

ところが、だんだん手元に回って来ることが少なくなったのか在庫が手薄になってきました。
シリア産のアレッポの石けん
ローヤルゼリーエキスとコラーゲン配合の潤い美容石けん
天然ハーブ配合のどこそこのナンチャラ石けん
は、あるんです(すべて貰い物)

普段使いの石けんね
アタクシ。ボデイ洗浄はは液体より固形派です(どうでもいい情報)

Img_6973

やはり、ここはひとつ お馴染みの牛乳石けんではないでしょうか。
ミツワ石けん・シャボン玉石けん・花王ホワイト・ライオン石けんは順次使わせていただきましょう。
今回は、花の香りお乳の泡立ちの良い石けん
わざわざ、「日本製」と表示されています。ふ~んそなんだ。

 
アタクシがまだ「こたま」だったころ
化学の授業で石けんのPH測定をやりました。
当時の乙女のあこがれは、何といっても資生堂の

「ホネケーキ」


紫色のそれを太陽にかざすと指が透けて見えたわ。
とってもいい匂いの「高級美容石けん」

それと、30円の石けんを比べる実験だった。
洗浄能力に違いはなかった。

ああ。いろんなことを思い出しちゃった。
ちなみに「ホネケーキ」って honey cake なんだって!

 

 「春愁や朝湯のシャボン泡立てて」
(シュンシュウヤアサユノシャボンアワダテテ)季語/春愁・三春

 

上五・冬の季語が思いつかない・・時間切れ。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 舞台にあがるシクラメン | トップページ | クリスマスコンサート近づく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ホネケーキを頂いたときは大人の女になった気分でした。泡立ちが良くないしお風呂では使わないし箪笥の下着コーナーの隅っこに入れたままになってました。骨成分が入ってるかと思ってたんだけどな~^^;

投稿: ばんび | 2020年12月15日 (火) 13時43分

懐かしい~この牛君がモオーと啼き「シャボン玉、ラララらラララ、シャボン玉~」のあの番組を思い出します。あの会社まだお元気でしたのね(失礼!)
そうそう資生堂のホネケーキ、一寸四角っぽくて真ん中が分厚くなってたような…あの香りが甦ってきました。此処に来るとたちまち4,50年前に舞い戻りますね。

投稿: パコ | 2020年12月15日 (火) 13時57分

先日ホネケーキを見つけて赤いのを買っちゃいました!(^^)/
紫は一番高くて800円?、緑が500円?、赤いのは350円位だったです。
ケースも欲しかったのですがありませんでした。(>_<)
ずっと製造を続けていたなんて凄い、って愛用者がいたのでしょうね。
化粧品の値段は香料によるって聞いたことがありますが、色素の料金も違うのかも?
そう言えば、絹石鹸とか黒砂糖石鹸なんていうのもありましたね。
たかが石鹸! されど石鹸! 色んな事思い出しましたよ♪
おたまさん、ありがとうございます。<(_ _)>


投稿: 熱烈 | 2020年12月15日 (火) 17時17分

★ばんびさんへ
実は私の箪笥にも入っているんです。ホネケーキ!いったい何時の物なんだろ。残念ながら役立たず。
下着に香りを移すのはおフランスの石鹸じゃないとダメみたいざます。
ハニーをホネと聞きなした人凄いですね。
この名を決裁した上司もすごい。
一度聞いたら忘れられませんね。

★パコちゃんへ
そそ。牛の鳴き声で始まる「シャボン玉ホリデー」日曜日の夕方でしたかね。
今では珍しい一社提供だったようです。
この会社は関西の会社だからか何故か我が家では「赤箱」信仰が凄くて、職人さんの釜だき製法だからって聞かされてました。意味不明だったけど。
子どもの頃に覚えたのは♪花の香り「おちちの」泡立ち・・だったけど、いつのまにか
♪花の香り「豊かな」泡立ち牛乳石けん良い石けん」に変わっています。
「お乳」に何か問題でもあったのでしょうか
謎です。

★熱烈さんへ
今でも製造販売しているのですね。
そうと聞いてwikiってみましたよ。
でも、な~~んか違う。
私が知ってるのは↑のパコちゃんも言っておられるように四角かった。
Amazonではそりゃあもう宝石のような美しいのが売られてる「30年以上もロングセラー」って。
ん?ん?30年どころではないぞよ。
で、調べてみたら私達のあこがれたホネケーキは大阪の工場(私しってる。ここ)で作られ、1958年の製造販売。実に62年前のものらしいです。
あの頃から「緑」と「紫」あったっけ?
私のイメージはネットで「レッド」と言われている「赤紫」です。形は資生堂の花椿マークみたいに四角っぽかった。ケースも。

まあ。変遷・進化は当然ですね。
で、香りも昔のままでしたか?
買ってみようかな・・

投稿: おたま | 2020年12月15日 (火) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 舞台にあがるシクラメン | トップページ | クリスマスコンサート近づく »