« 秋の夜長を楽しむ | トップページ | 点火式 »

2020年11月10日 (火)

ポストまで



あ!何か建つんや・・
とワクワクしていたら、ほぼほぼ間違いなく

少し前なら「高齢者施設」
今なら「葬儀会館」

笑うでしかし!   (by横山やすし)

奥様!何か景気のいい話ありませんかしらね。

Img_6833
先週

Img_6840
今週

 LAリリー/飾らない美しさ    葉物
これ以外にピンクの薔薇が二本

 

喪中欠礼の葉書が届き始めました。
今日の一枚は先輩の旦那様の弟様が亡くなられたとのことでした。

この旦那様は私もよく存じ上げている。
そうだ 
手紙を出そう!と思いました。お悔やみの気持ちを・・
封書は大げさだし、はがきはぶっきらぼうだわ。
こんな時こそ「ミニレター」
お年玉付き年賀はがきが当選した時、替えてもらったミニレターが10枚以上あります。
しかも、不足分の1円切手を足して「63円」にしてあるもんね。

心を込めて丁寧な字で書きました。
美辞麗句をを並べるのではなく先輩の旦那様の顔を思い浮かべて書きました。
先輩には近況報告を。


自分自身が喪中欠礼の葉書を出したことが4回あります。
その時「一言」を掛けて貰ったことがとても嬉しかったのを思い出しました。

よく、「何も言葉がかけられなかった・・」という人がいるけど
それは「言葉をかけなかった」という事。
気持ちを「伝える」という事は大事だと思う。

人に心を寄せてもらって温かくなるということを経験しなかったら、
届いた欠礼の葉書を見て「そうなんだ・・」としみじみするだけで終わっていた。

何かがあって、なにかがわかるんだな。人間だもの(みつを苦手)

といふことで。100%自己満足のミニレターを出しに
今からポストに行ってきますわ。

 

「山茶花やまとめて届く喪の葉書」
(サザンカヤマトメテトドクモノハガキ)季語/山茶花・初冬

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 秋の夜長を楽しむ | トップページ | 点火式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おたまさん、こんばんは。

落ち着いた花器に百合のピンクが映えます(透かし百合と思いましたがLAリリーだったのですね)。

悲しいことがあると、声をかけたりすることが難しいですね。私のような医療をしていると、患者さんが悪くなると病室を訪ねたくなくなります。しかし行きたくないからこそ、会いに行かねばならないのです。 どんな時でも笑顔を絶やさないように心掛けています。

相手を想い、心を込めて書いたお手紙は受け取った方の気持ちを和らげてくれると思います。悲しいからこそ伝えないといけないことがありますね。おたまさん偉いです👍

投稿: omoromachi | 2020年11月10日 (火) 21時12分

★omoromachiさんへ
スカシユリ。そういえば最近は店頭でみかけません。交配が進んでより豪華でより強い品種が作られるようです。お花の名前よくご存じですね(さすが!)

先生のように命の最前線で日々厳しい局面に向き合うお仕事は私などには想像もつかない厳しい世界だと思います。
私は小さな手術で2回ほど入院の経験があるだけですが、その時のナースが「天使」にしか見えませんでした。大学病院でしたがドクターはいつも汗をかきながら走り回っておられました。
本当に尊いお仕事だと思います。
今、GO to トラベルの答えが北海道で出ています。沖縄でも当然緊張が走っておられるでしょう。
どうぞ先生ご自身のお体に気を付けられますよう(って、お医者様に言う私は何者?)
(* ´艸`)クスクス

投稿: おたま | 2020年11月11日 (水) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の夜長を楽しむ | トップページ | 点火式 »