« 承知しました | トップページ | 京都嵐山へ »

2020年11月13日 (金)

猫と人



 

 「初霜や馴染みの猫に名をつけて」
(ハツシモヤナジミノネコニナヲツケテ)季語/初霜・初冬

 

C

昔は
犬は番犬として
猫はネズミ退治のために飼ったものです。

今は
頼りになるセコムやアルソックさんがあるし
下水道が整備されてネズミが住む「どぶ」なんてない。

だから、ワンコもにゃんこも可愛がられるだけの存在になったのかな
首輪もつけずに散歩する知り合いのワンコに「ヨッ!」とあいさつしたり
ウチの庭にやって来るにゃんこに「ごくろうさん!」って煮干しをあげることもなくなった。

それどころか、ご迷惑かけちゃいけないから
ワンコを一人(一匹)で散歩に行かせるなんて滅相も無い。
生まれて一度も外に出たことのないにゃんこもいる。

それが正しいペットの飼い方。それがルールなのね。

  

子どもの頃、近所に「ちゃーちゃー」という名前の猫がいて
一年の内の半分は行方不明になる。
「仕方がないわねオス猫だから」と飼い主さんは言っておられたけれど
実はその猫
そこから1㎞ほど離れた家で「すず」という名で別の半年を暮らしていた。
其処でも「一年の内半年はいなくなる。仕方がないわねオス猫だから」と言われていたそうだ。

猫も人もなんというか・・
そんな時代に生きていたんだな。
猫かわいがりするでも、されるでもなく。
さり気なく共存していたんだな。猫と人。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 承知しました | トップページ | 京都嵐山へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まあ何という猫でしょう人間様でもそんな大胆に1キロ以内に本宅別宅なんて構える勇気の方は少ないって言うのに…さぞかしハンサム君だったのでしょうね、

投稿: パコ | 2020年11月13日 (金) 09時06分

★パコちゃんへ
でしょ?あちらとこちら律儀に行き来するのがおかしいですよね
どちらでも可愛がってもらえるなら、人間の殿方にとって理想的な暮らしかもしれませんね。帰ってきたら?大歓迎されていたようですから。

投稿: おたま | 2020年11月13日 (金) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 承知しました | トップページ | 京都嵐山へ »