« ひとりごと | トップページ | 鈴の音高く »

2020年12月 1日 (火)

したからよんでもしんぶんし


 


学校に「新聞紙」を持っていかなければならない。
という事で、ぐっ坊が我が家の「新聞紙」を持ち帰りました。
「○○君の分も貰っていい?」


真綿母によると、新聞を購読していない家庭は結構多いらしい。
時代なのね(しみじみ)
ネットニュースのスピード感に慣れると paperのnews なんてもどかしいのかしらね

Img_6967

ひさびさのSNS(昭和の懐かしサザエさん)
カツオがそ~っと手を伸ばしたのは??

卓袱台に新聞紙を屋根型に広げておく。
今の子が見たら「どうして?」って言うかもしれません。

ハエが多かったのよ
「どうして?」

トイレは汲み取り式だし、下水は完備していないし、生ごみはどうやって出してたんだろ・・ビニール袋なんて無かったな。
衛生状態、劣悪なり。
グッ坊は「ハエ叩き」も「ハエ取り紙」も「蝿帳」も知りません。
もしかしたら、「蝿」そのものもあまり見たことが無いかもしれない。
我々でさえもたまに「ハエ」をみかけると懐かしささえ涌きます。

 

新聞紙。お弁当箱を包んだり、遠足の敷物にしたり、チャンバラの刀になったり、洋裁の型紙になった。

お父さんはトイレにも会社にも新聞を持っていく。
そう言えば、今、電車内で新聞を広げている人は皆無です。

八百屋さんでも荒物屋さんでも、大根やお茶碗を新聞に包んでくれたっけ。


活字が今の大きさになったのは何年前かしら。
内容がスカスカになったみたいで損な気分だった。

活字から離れ、紙からはなれ、切り抜いて残すことも少なくなった。
「これ何って言う字?」「この字どう読むの?」と漢字を覚えたのも新聞紙だった。

ああ。SNS (昭和がなんだか去って行く)

 

 

  「手渡しに受くる新聞霜の朝」
(テワタシニウクルシンブンシモノアサ)季語/霜・三冬

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« ひとりごと | トップページ | 鈴の音高く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

多分新聞は死ぬまで取り続けると思う。
うちは毎日新聞なので地元の記事が少ないです。販売店すらなくなって他紙の新聞店が配ってくれます。サービスも悪くなったけど年末近くに暦をくれるのが唯一の楽しみ。困ってるのはコロナのせいで小学校の資源回収が無くなったことかな。生ごみは畑の肥やしにするのでどこかに貯めてたと思います。下水もなくて家の側に小さな水路があってイトミミズがいっぱいいました。

投稿: ばんび | 2020年12月 1日 (火) 15時57分

★ばんびさんへ
当地も毎日は他紙店で配達しているようです。子どもの頃はずっと毎日だった。漫画は「フクチャン」じゃなかったかな。
一年中家まで配達してくれるんだものね。新聞代で本一冊買った方が・・とか思う事もあるけど、私もボケ防止で続けます。

キンチョールのCMでシュシュシュと殺すわよ~~というのがあったけど、問題になったのかな。YouTubeで探したけれど無かった(汗)

投稿: おたま | 2020年12月 1日 (火) 20時36分

おたまさん、こんばんは。

そうですよね、近頃ハエさえも見なくなりましたね。特にでかいヤツ。私こう見えても(見たことないはずですが😅)子供の頃より運動神経だけは良くて、ハエ叩きは100発100中でした(こんなこと威張ってもしょうがないか・・)

新聞は読み終わっても色々な利用価値がありましたね。子供達はチャンバラで使ったり紙飛行、帽子も作ったりしていました。図工でも紙粘土を作ったりと色々と用途はありました。

思わずおたまさんのブログで昔を思いだしてしまいました。ありがとう!💖

投稿: omoromachi | 2020年12月 1日 (火) 23時47分

新聞ね~昔はビニールに入った細く折りたたんだ新聞を車の窓からそれぞれの庭に放り投げて行きました。それが無くなり街角にスタンドが置かれてお金を入れて取り出すのです、日曜版は広告やら何やらでズシリと。今はそれさえも無くなりました。発展途上国を応援するお店が包装紙用に新聞が欲しいと言うので我が家から持って行きましたら日本語なので面白がってます。私はもっぱらネットです、よって夫とは「時差」があります。

投稿: パコ | 2020年12月 2日 (水) 00時55分

★omoromachiさんへ
宮本武蔵は飛んでいるハエをお箸で掴んだそうですね。
今、メスの先で颯爽と空中のハエを仕留めている先生を想像してしまいました。申し訳ありません。
出来上がっているおもちゃより紙や土や紐をつかって工夫して遊びましたね。
あかんあかん。またまた、昔は良かったという話になりそうです^^

★パコちゃんへ
花を届けてもらっているのですが、いつも英字新聞やイタリア語(たぶん)の新聞紙にくるまれています。で、なんだかお洒落です。
日本語の新聞もところが変わればお洒落に使ってもらっているのかしら?

そちらでは配達という方法はもうないのですね。古い映画では自転車の少年が配っていたりね。ホテルのドアの下からそっと差し込まれたり・・古い!か。
日本では鈴を鳴らしながら新聞を配ったようですよ。いまじゃ苦情がでますね^^
ネットニュースはすぐに忘れちゃうけど新聞はじっくり読める。パコちゃんダーリンに一票だわ。

投稿: おたま | 2020年12月 2日 (水) 10時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひとりごと | トップページ | 鈴の音高く »