« 猫と人 | トップページ | 嵯峨野案内 小倉山のふもと »

2020年11月16日 (月)

京都嵐山へ


  


あれはまだ、春浅い日のことやったと思います。
「今日で、もう(累計)75人になったそうよ」とお友達と話したのを覚えています。
兵庫県における新型コロナ感染者数です。

それが、昨日今日は一日で感染者数80人前後との報道です。
毎日ですよ。一日の感染者数が最大を記録しています。なのに、春先に感じた不安感や恐怖心が薄くなっているのにビックリです。

マスクが十分出まわったから?
お薬の開発のニュースがあったから?
コロナ自粛に(飽き飽き)慣れっこになったから?

   

Img_6901
             嵯峨野・常寂光寺境内

吟行で嵐山へ行きました。
吟行幹事のチコさんが一か月前に下見に行ってくれた時
もちろん紅葉にはまだ早いので、ほぼほぼ人はいないし
コロナ感染の第3波がやって来るなんて頭に無かったので
ここに決めたのでした。

なにしろ嵐山に行くには電車に乗るのが10分で済みます。
ギリギリのポイントまで車で安(安全)・近・短(時間)で行けるルートがあるのです。

   

人の多いポイントを避け、
それでもちゃっかり落柿舎常寂光寺は見学して
知人の経営する静かな工房兼カフェの一室を貸していただいて句会をしました。

やっぱり、嵐山は素敵です。
この日は平日ですがやはり紅葉シーズン& GOTOキャンペーンもあるのか観光客は多かったです。
(例年の半数くらいかな)
海外のお客様はほぼ見かけませんでした。

   

 

 「竹筒の投句箱揺れ嵯峨野秋」
(タケヅツノトウクバコユレサガノアキ)季語/秋・三秋

 

思えば今年の成人の日(1/13)
帰省中の明星氏とこの、嵐山に来たのでした。
あの時はまだアジアからのお客様も多く、大混雑でした。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 猫と人 | トップページ | 嵯峨野案内 小倉山のふもと »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

常寂光寺、嵐山懐かしい!嵯峨野に一年住んでました。あの時二度と住む事は無いだろうと一人で自転車であちこち回りました。特に常寂光寺が好きで何度か…静かで今頃は紅葉が…中里恒子の「時雨れの記」と言う映画(吉永小百合と今は亡き渡哲也)にも登場しましたよね。当時の私に俳句というものが作れたらもっと素晴らしい思い出になった事とそう思うと残念!

投稿: パコ | 2020年11月16日 (月) 10時02分

★パコちゃんへ
嵐山は何と言っても秋がいちばんですね。
紅葉もいいけど、北山から嵐山へかけてのしぐれもいいんですよね。
小百合ちゃんの映画は見ていませんけれど、きっとしっとりした内容だったのでしょう。
渡さんとは現実でも悲恋のロマンスのお話があったと、最近知りました。
辛いわね美しい人の人生って(判るわ・・)

常寂光寺は訪れるたびに整備されてきれいになっている気がしますが・・
数年前は山門に「日本国憲法前文」と「聖徳太子の十七条の憲法」が墨書して大きく張られていました。さすが京都と感心した覚えがあります。
「山門に九条掲げ紅葉寺」
その時の句です。
渡月橋、とげつ小橋と戻るころにさーっと時雨がやってきて忘れられない景色となりました。俳句って日記ですよ(自己満足)

投稿: おたま | 2020年11月16日 (月) 16時19分

こんばんは。
まア素敵!京都へお出かけで「常寂光寺」での
吟行とは!昔、訪ねた折は残念ながら紅葉の時期ではありませんでした。
妹が転勤で借り上げ社宅が草津でしたので末妹と
良く行ったものです!
もう行く事はないでしょう!

投稿: マコママ | 2020年11月16日 (月) 19時18分

★マコママさんへ
滋賀・京都へよくおいでになったのですね。
もちろん京都もいいですが、私、滋賀が大好きなんですよ。
秋の京都。しかも名だたる「嵐山」は人波を想像するだけで決して行きたいところではありませんでしたが。訪問すると「やっぱり嵐山やなあ」と感心するのが毎度のことです。
特に今年は少し喧騒を避けられた感がありました。
私は姉妹がいないのでマコママさんがうらやましいです。

投稿: おたま | 2020年11月17日 (火) 09時46分

嗚呼、なんと美しい!
写真で感激、実際に見たらきっと涙しそうです。
up、ありがとうございます♪<(_ _)>

投稿: 熱烈 | 2020年11月17日 (火) 16時48分

★熱烈さんへ
美しいでせう?
涙もろくなるのは年をとったせいだわ。
でも、それは悪いことではない。
感性がピュアになったから(子ども返り)
私達は忘れがちだけれど、子どもの頃にいっぱい一杯、感動しながら大きくなったはず。
年寄\(^o^)/万歳。
婆さん\(^o^)/万歳だわ。
って、自分の事を言ってます。熱烈さんは婆さんではありませぬ(たぶん)

投稿: おたま | 2020年11月17日 (火) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猫と人 | トップページ | 嵯峨野案内 小倉山のふもと »