« お取り扱い事業所 | トップページ | 健康のために・・歩く »

2020年10月21日 (水)

究極のミニマリスト


 


宝物

Img_0076

 

奥様の宝物ってなあに?
貯金通帳?金銀財宝?

万葉のお人は「子に及(し)かめやも」っておっしゃるけど
事ここに至っては銀(しろがね)や金(くがね)の方が勝ってる??

 ね奥様! 

だって金銀財宝は口答えしないものね。
だからと言って金銀財宝を持っているわけじゃないけどね。

  

ご覧になった方もあろうかと思いますが
少し前にEテレ「ドキュランドへようこそ」で「365日のシンプルライフ」というフィンランド制作のドキュメンタリーをみました。

ミニマリストを自称するそこの奥様!
笑わせるんじゃないわよ。
究極の 究極の シンプルライフだわよ。

・・・・

ヘルシンキに住む26歳の青年がチャレンジする一年間とは・・
モノに溢れ、音楽にあふれ、情報にあふれていた世界を一旦リセットします。
物が一切ないアパートの部屋。彼は全裸です。
文字通り。裸一貫のスタート。

ルールは自分のすべてを収めた倉庫から一日一品を持ち帰ることが出来る。というものです。
雪の積もった深夜の街をスッポンポンの彼が倉庫まで一品を取りに出かける。
そこから365日がスタートします。

  

生きていくうえで必要な物・・とりあえず彼はコートを取ってきて
腕の部分に足を入れ蒲団代わり。
コートがあれば仕事に行けます。下にパンツをはいていないなんて誰も知らない。

そんなこんなでモノと向き合い。人生とは幸せとはと(きっと)気付くのです。
彼は10日め(10品目)にして
もう、何も要らないな と思います。

  

「ない」から「ある」ことがうれしいのよね。
いらないわ!ってポンポン捨てるお片付けは抵抗がある。
要らなきゃ、持たなければよかったのよ。でも持った時は嬉しくて幸せだったはず・・。

そんな事をわたくし。金銀財宝に埋もれながら考えています。

 

 

 「子規の忌や写経の背筋正しくし」
(シキノキヤシャキョウノセスジタダシクシ)季語/子規忌・仲秋

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« お取り扱い事業所 | トップページ | 健康のために・・歩く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おぉ~眩しい、金銀財宝がぎっしり並んでる~~♪
でも、駄菓子屋さんの<くじ引き>みたい?!
一等は上の大きなルビー指輪か金の象さんブローチ、
赤いリングはなにやら怪しいですね。
下の方はスカ!←なんと珍しく思い出しました。( *´艸`)
私の宝物は他人様から見るとスカばかりです!(>_<)

投稿: 熱烈 | 2020年10月21日 (水) 17時06分

金銀財宝、
私にとっては、とにかくミーハーで可愛いものが大好きで、単価的には本当にランチ程度の価格なのですが、
まあいいか、ここで買わないと後悔する・・
贅沢品は買ってないし、小さい時だって欲しいものは手にできなかったんだからと自分自身を納得させて。

だんしゃりなんてブームに乗るもんかと反逆、でも、○○の大台にのり、先が見えてきて毎日が反省ですが、それはそれ毎日ぽちっています。

もののない生活はどんなにか快適なんだろうと思います、生まれて来た時は何も持ってなかったのに、人間てすごいですね。

投稿: ぺこ | 2020年10月21日 (水) 18時21分

★熱烈さんへ
「スカ」って博多弁だとばかり思っていました。全国区なのですね。
付箋(そんなに上等ではない)みたいなくじを引いてペロリと舐めると「スカ」とか「アタリ」という文字が浮かんできました。
「ねぶりくじ」って言ってましたね。
私の宝石箱素敵でしょ。下から二・三段は決してなくならないのね。いつも補充してある。不思議でした^^

★ぺこちゃんへ
友人の名言に「買った後悔より買わなかった後悔のほうが大きい」というのがあります。
私らが買うものなんてたかが知れてるんだから・・って思っちゃいますよね。
可愛い封筒とかね^^
手に入れたモノには命を吹き込んであげてくださいね。頭にも首にも耳にも指にもいろんなものいっぱいつけてくださいね。
若い時はそれだけで「それなり」だったけど
人間が枯れて来ているんだから付属品だけでも金綺羅にいたしませう!!!

投稿: おたま | 2020年10月21日 (水) 20時01分

おたまさん、ごめんなさい!<(_ _)>
おたまさんの大事なお宝を怪しいだのスカだのなんて。。。。(>_<)
どうぞお許しください!<(_ _)>
でも何故、下段2段は同じものが並んでいるのですか? 
とても不思議です。。。(@_@)
宝石屋さんだった???

投稿: 熱烈 | 2020年10月21日 (水) 21時02分

★熱烈さんへ
あは。
写真は戦前。昭和十年代のものです。
玩具の卸をしていたお家の蔵にあったもの。
子どもたちが5銭玉を握りしめて買いに来ていたのでしょうね。
驚くのはその細工のち密さです。
下段の「スカ」にも仕事が・・子ども相手でもおろそかにしないところに感激します。
これだけきれいに残っているのは奇跡!
という事で
某、博物館所蔵です。あたしのモノじゃない。残念!
でも、似たり寄ったりのもの私蔵してます
えへへ(〃´∪`〃)ゞ
象のブローチ欲しい!

投稿: おたま | 2020年10月22日 (木) 08時06分

なんと!
王家の財宝かと思いました。
凄いですね!ん億円..は言い過ぎだけど
ん千万円はいきますね(@_@)

蔵で保管されていたくらいだから
年代物でしょうね。

ウチには東京オリンピックの千円硬貨しかありません。
トホホ( ノД`)

投稿: オペラ | 2020年10月22日 (木) 10時08分

>某、博物館所蔵です。
ほッ!(*^^)v 所蔵品がなんと素敵な博物館でしょう♪
私はお菓子の缶・箱・包装紙・リボン・千代紙・布 etc.
チリも積もれば?宝の山! 捨てられず。
”死守”してます!(^^)/

投稿: 熱烈 | 2020年10月22日 (木) 17時42分

★オペラさんへ
うわ。東京オリンピックの硬貨ですか!
あの頃の千円って今のいくらくらいでしょうね。それが希少な記念硬貨ですからね。
大事になさってください。
私も大阪万博の硬貨とか持っていたけれど散逸しちゃった・・・
あの硬貨何処へ行っちゃったんでしょうね・・

★熱烈さんへ
箱とか缶とか・・(〃艸〃)ムフッ
捨てられないですよね。きれいな箱や可愛い缶が多すぎる。
でも。使わなければただの・・・
分ってます。わかっているんだけどね・・
チュライ

投稿: おたま | 2020年10月22日 (木) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お取り扱い事業所 | トップページ | 健康のために・・歩く »