« トシちゃんにばったり会った | トップページ | 子どもにはナイショでっせ »

2020年10月 1日 (木)

秋の朝



昨日の午後、ガチャピンが定例の安否確認巡回にやって来た
「キュウリの糠漬け持って帰る?」きいたら「(・∀・)ウン!!」と言った。

のに

お茶を飲んだり、おしゃべりをしていたらすっかり忘れてしまった。

 

人が来る。
一杯の茶を出す。
ビューチフルなジャパンの心だ

お・も・て・な・し

なぜそんなことをする?
やっぱり、親のすることを見ていたのだろうね。

もてなしとは

「モノ」を持って「心」を成すこと。

金を動かしてオリンピックを開催する事ではないのであります

一椀の茶に心をこめる。
朝からエエ事言ってる自分に酔っています。

 

到来物のクッキーがあったので「菩提樹」のお茶を淹れる。

訳わからんでしょ。わたしもワカラン。
「アトリエうかい八王子工房」八王子って東京だよね。
お茶もいただきもの。
あたしは人のぬくもりで生きている。


「LINDEN」って書いてあるからテキトーに「菩提樹のお茶」と言っておいた。
不味かった。(お茶のほうね)

 

気軽にお家に上げて貰ったり、上がっていただくようなお付き合いの人を近所に3人作っておくとといいよ
と民生委員さんが言うてはった。ふ~~ん。そなんだ。
年をとったらご近所のお友達が大事よ。
デイサービスで知らない人と折り紙を折るのもいいけどね。ですって。

 

そんなこんなで「キュウリ」を忘れていたので
先ほど持って行った。早くしないと漬かり過ぎちゃう。
朝も早よからガチャピン夫が洗車していました。(夫婦そろってきれい好き)

「きゅうり、今、めっちゃ高いねん」と言って渡す。
「500円くらいする?」「そうや。一本500円」
「ほほう~~~」と押し頂いて受け取るかの夫さん。

 

今日も気持ちのいいお天気です。
ささ。草抜きしよ!!

Dsc04418

  「蓑虫や登校班の声過ぐる」
(ミノムシヤトウコウハンノコエスグル)季語/蓑虫・三秋

 

蓑虫って結局「ガ」なんだけど俳句を詠む人って蓑虫が好きだとおもう。
その「名前」も「形状」も「風に吹かれる様」も・・
ユーモラスでどこか哀しい。一人ぼっちで揺れている。
「鬼の捨て子」という別名がついている


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« トシちゃんにばったり会った | トップページ | 子どもにはナイショでっせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中秋なんだけど名月みられるかしら?
ミノムシの抜け殻を集めて財布を作るといいと言って母が集めてましたが、どれだけはぎ合わせたんだったか…。まだ中に虫が居たりして気持ち悪かったです。幼虫は苦手~><
ちちよちちよって親を呼んでたんでしたっけ?

投稿: ばんび | 2020年10月 1日 (木) 15時26分

★ばんびさんへ
今夜は良いお月様が見えていますよ。
昨日も月を見ながら寝ました。^^
十五夜の前日のほうが真ん丸に近いようです。

蓑虫の財布!!完成したのでしょうか。
お三味線の姉弟子さんが蓑虫の草履を持っておられて(超高級品)形見にあげるっていつも言ってはったのに、いただいてません。
オヨメサンがゴミで出されたと思う・・

ちちこいしって鳴く(泣く)のですよね
父は蛾になってどこかにいっちゃう。母は生涯、蓑の中で暮す。蓑虫に生まれなくてよかった。

投稿: おたま | 2020年10月 1日 (木) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トシちゃんにばったり会った | トップページ | 子どもにはナイショでっせ »