« 朝湯が大好きで・・ | トップページ | 丹波篠山 »

2020年10月12日 (月)

懐かしいもの・じゅず玉



爽やかな朝の空気。
一年中、こんな季節だったらいいのに・・・
でも、一年中自分にとって心地よい環境なら私は何も学べない

何がいいたいか?
任官拒否

話。次いきます。

じゅず玉

Dsc02153

 

  「数珠玉や雨に迂回の通学路」
  (ジュズダマヤアメニウカイノツウガクロ)

 

Img_3949

 

 「数珠玉へ石段ふたつみつ下りる」
  (ジュズダマヘイシダンフタツミツオリル)

 

長く生きていると、自分の中に「遥かなもの」が増えていく。
「遥かなもの」って「懐かしいもの」と言ってもいいかな。

数珠玉もそのうちのひとつ
つやつや光る灰色の小さな実を採ってきて、糸を通して腕輪にして遊んだ。
ブレスレットなんて言葉知らなかった。
針と糸を持った初めての経験だったかもしれない。
お手玉を作ったのはたぶんもう少し先。

歳時記によると
イネ科の多年草。水辺や湿地に自生する。高さ1~1.5m
・・略・・晩秋、実を結ぶと小果の色は緑から黒、灰白色となり堅く光沢を帯びるようになる
とあり、晩秋の季語になっている。

子どもの頃、さしてきれいでもない川が町なかを流れていた。
我が国の下水道事業が本格化したのが1963年頃からだそうなので
そのあたりまでは、川の傍の数珠玉を採って遊ぶことが出来たのだろう。

今や川には蓋がされ道路になり、汚水は地下に潜った。

 

 

 「数珠玉やどぶ川といふ遠きもの」
  (ジュズダマヤドブガワトイウトオキモノ)

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 朝湯が大好きで・・ | トップページ | 丹波篠山 »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

数珠玉、知りません初めて聞きます。
お数珠の事かと思いました。今調べたら本州から沖縄の日本全国に自生…って、産声を上げた北海道が入ってないわ~知らない筈、北海道は「全国」に入らないのかな?ぐれちゃうぞ~。

投稿: パコ | 2020年10月13日 (火) 00時49分

★パコちゃんへ
へ~~そうなんですかあ。
北海道にはないのかあ・・

昔、青函連絡船で初めて北海道に行ったとき、何に一番驚いたかというと、樹木でした。だって私の知ってる山や林と全然違った。
針葉樹に感激したことを思い出します。
生態系が違うのねえ・・

じゅず玉ねパコちゃんに見せてあげたいわ。
とってもきれいです。独特の匂いがする。それがまた懐かしい・・・。
でも、この辺りでもほとんど見かけなくなりました。

投稿: おたま | 2020年10月13日 (火) 08時15分

おはようございます。
じゅず玉!懐かしいです!
お手玉に入れたり、じゅずつなぎで
ブレスレットなどなど〜。
今はお目にかかりませんね?
お手玉には小豆も入れたりでした。
お手玉、もう上手く出来ないと思います。

丹波の黒豆、美味しいですよね!

投稿: マコママ | 2020年10月13日 (火) 09時47分

★マコママさんへ
マコママさんも遊ばれましたか?
お手玉にいれたりね^^
今の子ども達はお手玉を知っているのかしら。数え歌に日露戦争や東郷元帥が出てきました。もちろんリアルの時代に生きていたわけではありませんが( ´∀` )

黒豆の枝豆は昔、一束700円位だったのが、今や1200円です。恐ろしい・・

投稿: おたま | 2020年10月13日 (火) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝湯が大好きで・・ | トップページ | 丹波篠山 »