« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月30日 (水)

トシちゃんにばったり会った



素晴らしい草ぬき日よりです
爽やかやわ~~。こんな日が来るなんてあの夏の日には考えられなかったよ。

はあ。歌舞伎、観に行きたいわ~
一月の「初春歌舞伎」から行ってへん。
行けば行ったで、ここ(ブログ)に文句ばっかり書いてるんやけど
やっぱり好き。
ちょっと禁断症状が出てる。

観劇歴、ほぼ40年です!2歳から観てる・・(ウソ)
時々、期間限定無料配信と言うのを松竹がお情けで流してくれるけど
やっぱり違う。

あたしは映画も劇場で見る派です。
10回のレンタルビデオより一回の映画館(最近レンタルビデオやさんも激減。借らずじまいで時代は変わる)

 

スーパーでトシちゃんに会った。
あ。元、呑み会仲間のトシちゃんね。
手を振っているのにきょとんとしている。
なおも手を振ると、あたしのまなこを凝視しながら近づいてきた。
「な~~んや~~。おたまちゃんか~~」
「な~~んや~~」とは、無礼な。
マスクで判らなかったみたい。10年間呑み続けた仲間だよ。
何という人だ。

「梅田で映画見て来てん」
「え・・えいが?」

「大丈夫やで。パチンコ店がクラスターにならないのと同じ。しゃべらんかったらエエねん」
「そ・・そうなん?」

 

新米未亡人のトシちゃん。

「二割引きやってん・・」とレジかごの中を見せてくれる。
きれいな「鴨」
お鍋にするそうです。

作った半分は捨てる。昨日もサーモン2切れムニエルにして一切れ捨てた。

AFO ちゃう? 勿体ない めぇ(目)つぶれるで

三歳年上のトシちゃんを罵倒してやったよ
食べ物を残したらお目目が潰れる。って子どものころから散々言われてたでしょ!


根っからの世間を舐めたお嬢さんだ。
お父さん(夫)が亡くなったので下流老人だと言いながら
通販大好き(息子や娘から通販禁止令が出ている)

こんこんと説教した。
「おたまちゃん。しっかりしてるな~」
「これがふつ~~や 」 


同居なら離婚とヨメはキッパリ宣言しているし、娘はバリバリのキャリアで遠隔地に住む。
ほんと。この新米未亡人が心配です。

「おたまちゃん、一緒に住もう!!」と言われた。

馬鹿言ってんじゃないよ

 

 

 「ポップコンにむせて九月の映画館」
(ポップコンニムセテクガツノエイガカン)季語/九月・仲秋

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2020年9月25日 (金)

古い友達



目が醒めたら大雨やった。

昨日、スミちゃんが「夜から降るらしいよ」と叫びながら
マスクとサングラスとヘルメットで頭を武装して、バイクにまたがって帰って行った。

もしかしたら、今年になって初めて会うのではなかった?
スミちゃんとは私がこの街に越してきた35年4か月14日前の翌日に知り合った。


その時の私の服装。交わした会話を今でも覚えているそうだ
コチラも服装は覚えていないけど、会話ははっきりと覚えている。

わたしの服装は色無地に黒の絵羽織 !!
小学校の入学式。

彼女は校門の外にいた「ただの通りすがり」  

そこからの付き合いです。 長いわ。

山に行ったり、編み物を教えて貰ったり、色んなことをして遊んだ。
旅行もしたな。韓国にも行ったっけ。

夫が亡くなった時、「何が好きやった?」と聞いてくれて「生姜のてんぷら」と言ったら
山盛り作って、お供えしてくれた。

しばらくしてから
「おたまちゃんを励ます会」といって「呑み会を」立ち上げてくれた。
彼女自身は花粉症がひどくなりドクターストップがかかって途中で脱退したけれど「呑み会」はメンバーであるアコさんの大病&手術までの10年間続いた。

古い付き合いだわね。

Dsc03743

うわ!

降りが激しくなってきた。
今日は昼から出かけなくっちゃいけないの。もう一つの句会。
夜はドンジャラホイのレッスン。

車で行くから雨でもいいんだけどね。

凄く降っています。

今夜はスミちゃんが持って来てくれた南瓜を炊こうと思います。

 

  「草の花呼べば応へる猫と住む」
(クサノハナヨベバコタエルネコトスム)季語/草の花・三秋

 

 

猫です。スミちゃんの旦那さんではありません(* ´艸`)クスクス

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (3)

2020年9月24日 (木)

温度差



昨日の朝刊一面。
大きく「全世界から入国 来月再開」とある
ほんまかいな。エエんかいな。

新規感染者数。米国では今も4万~5万人
インドでは今月に入り7万~9万人
奥様!一日あたりだよ!!
毎日これだけの人が新たに感染していってるだよ~~
まあ、人口が多いからね・・ってそんな話??

英国もフランスもスペインもロックダウン緩和や外出禁止令解除のあとに急激に感染者数が増えています。
あの不気味な沈黙の灰色の4月以前の水準に戻りつつある・・

そんな中での我が国の「入国緩和」

 

こういうの(入国再開)って誰が決めるんだろ。
外務省?ま、政府のお役人だわね。
逆に「日本人は入国させません」という制限を行っている国地域は現在100ヶ国以上だそうです。

この差はなんだろ。ってアタクシの軽くて薄味の脳みそで考えてみたんだけど
大きな声では言えないのでここに書くけど、やはり

 

オリンピック 睨み だと思う。

 

全世界が「収束は遠い」と感じているのに
うち、イケイケどんどんですわ。

 

新聞を更にめくりますと。1P広告で大々的な
Go To トラベルキャンペーン!!
旅行社さん良かったね。やっとこんな広告が打てるようになったのね。
旅行代金が最大で半額戻ってくるのね。すっごいお得!!
何度でも泊まりたい感動のAランクホテルの貴重なお部屋を用意して待ってくれているのね。

って。奥様飛びついていらっしゃるわけ?

私はね、遠慮しておく。
だって、税金でしょ?税金をこんな風に使うっておかしくね?
税金って皆が公平に負担してみんなに公平に還元されるべきじゃないの?

そもそも、日々の暮しに追われる経済弱者や「感染したら重篤」の年齢弱者(お年寄り)や体の弱い健康弱者は
このキャンペーンには乗っかれない。
使えるのはごく一部の人。潤うのは「何度でも泊まりたい感動のお部屋」を持つごく一部の観光関連。
だって。使う側にすれば、「え~~~??半額になるの?だったら普段行けない贅沢なところに泊まってみたい」ってなるのが普通でしょ?

おばあちゃんと孫娘が細々と経営する民宿には「また今度ね」ということになる。

 

なんか、色々書いてたら腹が立ってきたので
これくらいにする。
兎に角、税金は公平に還元してね。経済を回すって大変だと思うけど、賢い頭で考えてちょうだい。
あーた。税金で勉強させてもらってお役人になったんでしょ?(誰に言うてる??)

Img_6728
今日のお花 デンファレ/美人 オンシジューム/清楚
      スプレーカーネーション/素朴  

 

 

  「秋初め口の大きな旅鞄」
(アキハジメクチノオオキナタビカバン)季語/秋初め・初秋

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2020年9月18日 (金)

いつか来る日。秋の雨



秋の雨っていいなあ・・

しとしとと降る

「しとしと」このオノマトペを最初に思いついた人ってどんな人だろう。

 

チルド室にながらく鎮座ましましていた「数の子」を昼から塩抜きして
北海道漁連の「北海道数の子松前漬」と混ぜ合わせた。
コチラ、3センチ程の数の子が一切れ、1センチ程が二切れ以外はするめいか、昆布ばかりなのだが、
年間最安値80gで370円もした。税込み399円である。

っ高!! アタクシが呑兵衛でなければ、かような高価なものは買わなかっただろう
安い、高いとは、商品に見合う価格かどうかということだ。
あーた。3センチ×1と1センチ×2 だよ。
後はするめと昆布・・・

まあいい。いつまでも怒っているわけにはいかない。

そこに13.5センチの数の子
この場合、一切れ二切れとは言いません。「本」です
5本を投入してやったぜ

エミリーの関係者が卸売市場の魚屋さんと知りあいなんだ。
持つべきものは魚屋さんと仲良しの関係者を持つ友人だ。

 

秋の雨と酒と数の子
あたしは「おっさん」か・・

(*´ω`)まったりやっていると、Yさん(男性)から電話
「もう晩ごはん済んだ?」「真っ最中」

律儀なYさんの寂しいお知らせだった。
私に真っ先に知らせてくれたみたい。

「おたまちゃん、リーダーだからね」(いつから??)
「時間の流れだからね。いい時期かもね」なんて返事をして電話を切る。

 

しとしとしとと 雨が降っています。

数の子。チルド室には、あとまだ7本あるもん。

元気だそ! 

 

 「とおすみに小流れの音とぎれたる」
 (トウスミニコナガレノオトトギレタル)季語/とうすみ蜻蛉・三夏

 

「灯心」と書いて「とうすみ」と読みます
川トンボのことです。「蜻蛉」は秋の季語です
とおすみ=糸トンボで夏の季語としている歳時記もあります。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (7)

2020年9月17日 (木)

あたまが限界



今日は「頭」に行ってきます。
今の髪型、結構気に入っていますが少し雰囲気を変えてもらおうかしら。
どうでもいい!!??

すびばせん。

Dsc02942

 

私は生まれてこの方、2回しかパーマを当てたことがありません。

一回目は小学校3・4年生くらいの頃。
(母が)何を血迷ったのか、「松島トモ子ちゃん」の髪型に・・
仲良しの博子ちゃんも同じ髪型です。

二人で撮って貰った写真があったはず。

 

二回めはバブル時代
ソバージュってのが流行りました。
奥様!覚えておいででしょうか?

チリッチリ です。

明星氏を保育所にお迎えに行くとちびっこが「わ~~~っ」と出て来て
「明星ちゃんのお母さん。明星ちゃんのお母さん。
          かっわいい~~~
と大人気でした。
子どもたち(特に女の子)が描いた「明星ちゃんのお母さんの絵」を先生が見せて下さいました。

描かれていたのは・・・・

・・・・それっきり・・パーマをやめた。

 


美容師さん曰く「ちょうどいいくせ毛」でボリウムもDNAのおかげかしっかりあるので
パーマは要らないんです  プンプン。

昔から「よくヘアースタイルを変えるね」と言われます。
そして必ず「そう言う人は浮気性なんだって!」と付け加えられる

絶対に 絶対に そんなことは有馬温泉。

 

 

  「秋高く髪をひとつに結はへけり」
   (アキタカクカミヲヒトツニユワエケリ)季語/秋高し・三秋

 

今の髪型は
back短め。前髪長め横分け、片方短く耳掛け、アシンメトリー
どうでもいいわね、この情報・・ご無礼しました!

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2020年9月16日 (水)

存在の軽さ



なんだかんだ言っても「秋」は、やってくるのね。
時期が来たら時期の花が咲き、風が吹く
自然は凄い。

比叡山のエライお坊さんも同じこと言うてはった・・・

今年って国勢調査の年なの?
用紙持ってきはった。
マスクしてても分った。
ノブ君(仮名)のお父さんや。

ニコニコ笑ってマスクをちょっと外して「インターネット回答が便利ですよ」と言わはった。
前歯がスキっ歯だ。歳いきはったなあ・・・。
奥さんが若年性認知症で行方知れずになり一年後に近くの山中で見つかったのはもう15年以上前になるかなあ。
会社を早期退職して探し回ってはった。
その後、地域にお返しの気持ちからかボランティア一筋だときいている。

いろんな人生やなあ。
明星氏の幼稚園の送迎で集合を待っている間
あの奥さんが、道端の草の名前を色々教えてくれたっけ・・

そんなことを思い出しながらネット回答終了
3分でできた。超便利。

 

 

   「芒原われにひとつのされかうべ」
(すすきはらわれにひとつのしゃれこうべ)季語/芒原・三秋

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (7)

2020年9月15日 (火)

お茶の間にはラジオがあった



お久しぶりのSNS(サザエさんのナイスな昭和)であります。

かつてラジオは家庭の最大の娯楽でした
Img_6675
                1952年(昭和27年)


夏の夜。お風呂上がりでしょうか、浴衣姿のフネさんが泣きながら聞いているのは「浄瑠璃」
艶容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ)ですね。
夫(半七)はのっぴきならなくなって遊女と心中することになるの。
それはもう、よくできた妻のお園が柱に片手をついて遠くに目をやりながら嘆いてます。
「一旦、殿御の半七さん・・・未来までも夫婦じゃと・・」

歌舞伎「酒屋」の名場面です。
(もうね、1月から全く歌舞伎観劇に行けていません)

はあ。あたしまで泣けてきますわ。

Img_6668
                1957年(昭和32年)

こちらは火鉢を囲んで落語に笑い転げるサザエさん一家。
同じ年には電器店の街頭テレビで相撲を見るカツオの姿が描かれていますが一般家庭にはまだまだ高嶺の花だったようです。

落語・浄瑠璃・講談・浪曲・・・日本の芸能が庶民の暮らしに浸透してたのですね。
ああ。この時代に生まれたかったわ。
生まれてた?奥様?いいわねえ。

 

この頃ラジオのクイズ番組も人気があったようで
カツオは「話の泉」に問題を出そうとしています。葉書職人になれるわ、カツオちゃんなら・・
サザエさんとマスオさんは火鉢を囲んで「二重の扉」形式でクイズごっこ
どちらもアメリカのクイズ番組をモデルにしたそうで、特に「二重の扉」はGHQの指導の下に制作されたと後ろページの注釈にあります。
「それは動物ですか?植物ですか?鉱物ですか?」
たしか番組の始まりは「ギイ~~~」と扉の開く音がしましたね。

え!おたまちゃん。生まれてなかったんじゃないの??
はい。どちらも長寿番組でしたのでね。もちろん後半ですよ記憶にあるのは。(必死の弁明)

「とんち教室」も人気番組でした
「イシグロケイシチ君」「ナガサキバッテン君」そして
「青木先生」

NHKラジオ
「話の泉」      昭和21年(1946)12月~昭和39年(1964)3月
「二重の扉」 昭和22年(1947)11月~昭和35年(1960)4月
「とんち教室」昭和24年(1949)1月~昭和43年(1968)3月

ラジオを囲んで小さな部屋に一家が集った時代でした。
そういえば「お茶の間」ってもう言いませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・

 

  「ほどきゐる妣の銘仙秋灯下」
(ホドキイルハハノメイセンシュウトウカ)季語/秋灯・三秋

 

ラジオを聞きながら手仕事をしたくなる季節になってきました。
妣は「亡き母」のことです。↑ は姑さん。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2020年9月14日 (月)

秋の朝「功」を考える



例年の今頃ならねじり鉢巻きで猛練習に励んでいることでせう。

我が「ドンジャラホイ」は我々の意志とかヤル気とか無縁のところで
いつの間にか毎年秋にコンサートの予定が組まれてしまっていました。

後から入ってきた人は「わかって」入って来たのだから
ねじり鉢巻きも「喜んで!」でしょうが

初期メンバーは「英語で一曲歌えたらいいな」程度の気持ちでレッスン生になったのです。
こんなはずじゃ・・といいながら
そこは、昭和の子。皆さん基本真面目です。
なんとか秋には格好がつくまでには仕上げていました。

それが、今年は事情が違い・・・

7月から再開したレッスンも何となくゆる~~く。
でも楽しみながらやっています。

 「もう、2年にいっぺんでええよな(コンサート)」
「おたまちゃん。センセに言うて!」
「なんで、私が言わんならんの?あーた。言いよし」

と、小競り合いが続く今日この頃です。

Dsc07719

 

この度のコロナ感染拡大で多少なりとも功罪の「功」があったとすれば
今まで当然と受け入れていたけど、ほんまは「要らんやん!」「無くてもええやん?」「無駄やったんとちがう?」と
色々な場面が見直されていることかもしれません。

社内の会議のことは私はわかりませんが・・
PTA活動なんて交通安全の旗を、どこに立ってどう振るか。なんて何日もかけて議論しなくても、ちゃっちゃと決められたのに・・と
昔を思い出しています。

Dsc07715

 

  「秋の蚊のパソコンキーのMに立つ」
   (アキノカノパソコンキーノエムニタツ)季語/秋の蚊・三秋

 

この時期になると蚊も元気がない、ふらふらとたまたま立ったのが「M」だったのだが
誰かか「モスキートのMね」と言った。そうなると彼(蚊)がそこを選んだようで・・・。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

9月11日



朝のごあいさつは「秋らしくなりましたね」「やっと。ですね」

あたし、プラスチックゴミを手にしてる。
きれいな奥様はご主人様とウォーキングから戻られたみたい。
昔の美人はいまだに美人だ。
ご主人様もリタイアされてお家にいらっしゃるっぽいな。

ご近所はすっかりそんな世代の家庭ばかりになってしまった
若者や子どもってどこに棲息してるんだろ。

それにしても、美人奥様の名前が 思い出せない!!

  
ぼんやりした(思い出せない)悲しみを抱いてお家に入る
きゃっ!綺麗 

・・

そそ。夏の間お休みしていた花を今月から配達してもらってる。
どうしょうかな・・と思いながら結局続けてる。
もう15年だもんね。

もう・・やんぴや!やめや!止めや!酒持ってこい!
と、暴れるすんでのところで、コロナ感染拡大になり
シャチョさんも気合を入れ直したのか、突然(お花の)内容が良くなった
っつうか、昔に戻った。満足のいく対価性であります。
それに「がんばって!」の気持ちもある。あたしも鬼じゃない。
「止める!」のをやめた。

※すんで:「既」と書きます。要らん事よう知ってるやろ。

  

今日は9.11 ワールドトレードセンターの悪夢のような崩壊から一年後の2002年9.11に
前歯のインプラント手術を受けた。おばあちゃん(姑)にお金をもらって・・・
世界的大ニュースと何の関連もないけど。
おばあちゃんありがと。

 

 「秋日さす眞白き部屋に麻酔覚む」
  (アキヒサスマシロキヘヤニマスイサム)季語/秋日・三秋

 

麻酔がかかるまで、男前の若い先生が手を握っててくれはった・・・
嬉しかった。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (5)

2020年9月10日 (木)

秋が来た



あちゃ~~ 
二度寝してしまいましたがな!
5時半。少し前ならすっかり明るかったのに・・
雀さんもまだ起きていないみたい・・
チッチここ止まれ チッチここ止まれ 止まらんチッチは飛んでいけ~~
て歌うてましたら、あたしの記憶が飛んで行って・・・。
今度、起きたら7時でした。
\(^o^)/オワタ 

 

昨日の昼過ぎ、珍しく平凡氏からメールが入りました
「※※銀行の口座、チェックしときや。不正出金が発生してるみたいやで」

地域の皆様に貢献する※※銀行は、ワタクシのお財布代わりに利用しています。
お昼にラジオのニュースでチラリと聞いたけど、自分に関わりが無いと思っていました。
今日は記帳に行って見よう。
平凡ちゃん親の財布を心配してくれてアリガト
(素直な気持ちで言ってます)

悪いことをする頭のいい人がいるのね。
なんかほら、オンラインBANK とか、スマホ決済とか、これからのお年寄り(アタシの事)に便利そうじゃない?
特に外出自粛の昨今は特にそう思ってる。思っていました。
でも、簡単。便利。って落とし穴もあるのかしら。
そもそも、ネット上にお金を貯めておくってのが、まだまだ馴染めない昭和の子です。
十円握りしめてお菓子を買いに行く。コレ基本。

 

といふことで、今朝はこれくらいにしといたるわ
              (池乃めだか)

Image9
photo by ケセラ

 

 

  「ボサノバや秋川見ゆる喫茶室」
  (ボサノバヤシュウセンミユルキッサシツ)季語/秋川・三秋

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2020年9月 9日 (水)

生まれ変わった森のキャンパス



Img_6666

バブルのころだったかしら
長男が中高生の頃だったと思います。

少し郊外へ行く電車の窓から「海外の大学日本人校」の大きな看板をよく見かけました。
特にアメリカの大学が多かったみたいです。

あれはブームだったんやね。
駅前留学。それはウサギさんのNOVAや。あのウサギさん悪い顔してた・・。
地元留学。行く人ゐはったんやろか・・。凄い辺鄙なところばかり・・
今となっては、夢かまぼろし・・国内の大学でさえ少子化で経営が大変(知らんけど)ですもの。

 

まぼろしを「見っけ!」ました
素敵な森のステーションに生まれ変わっていました。
オクラホマ州立大学(OSU)日本キャンパスの建物を利用した自然と人の交流館だそうです。
イベントやワークショップ。可愛いコテージやキャンプサイトもありました。

私達はココで昼食をとり、句会をしました。
広いお部屋(校長室かなあ)が1時間200円だったかしら。

Img_6662

地元野菜たっぷりのカジュアルな薬膳
近くでチョロギを栽培されているそうです。それで、箸置きもチョロギ。
チョロギは夏の季語で「草石蚕」と書きます。
しそ科の植物で花は可愛い紅色。地下茎の部分を食べます。
金時生姜と黒豆御飯の上にちょこっと載っているのがそれです。

 

一品・一品に分かりやすい解説がついています。
私は「茄子のわさびドレッシング白ごまのせ」が一番気に入りました。これは「体の余分な熱を取り除き米酢で水分を作ります」とのことでした。
季節ごとに体も変化するので、その季節に採れる野菜を食べることって大事なのですね。

美味しすぎて「チョロギ」で俳句を作るのをすっかり忘れていました。

 

 「秋暑し蔓のあるもの皆捻れ」
(アキアツシツルノアルモノミナネジレ)季語/秋暑し・初秋

 

今朝はひんやり・・
大急ぎで「秋暑し」で作っておく えへへ(〃´∪`〃)ゞ

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (4)

2020年9月 8日 (火)

馬鹿だから・・・



新型コロナの感染拡大で街から消えたものって沢山ありますね。

え~~~っと。バス停のベンチ。レジの人の笑顔。
それから・・・血圧計

公民館や図書館。スーパーマーケットの入り口。お役所のカウンター。
さり気なく置いてあったのに今はどこにも見当たりません。

健康オタクのガチャピンは家に3台も血圧計があるんです。
それに潔癖症ときているので、知らない人の腕が出入りしたところに腕を突っ込めないというんです。
「ほとんどビョーキだわ。それ」といってやります。
「お洋服の上からやで・・」それでもイヤなんだって。

モデルハウスのようなピッカピッカのお家に、たったの二人暮しです。
今、大きなダイニングテーブルのアチラの端とコチラの端でお食事しているそうです。
「馬鹿だからコイツ」と夫は嬉しそうです。
好きに生きてください。

血圧計に戻ります。
わが家には血圧計がないので、時々、街角の血圧計に腕を突っ込んでいました。
そう言えばしばらく測っていません。
最後にビ~~って紙が出てくるんです。それをお財布に入れて何枚か持っていました。
友達に見せるとえ~~~??と驚いてくれます。

「これって ほとんど死んでるやん!」

それが嬉しくて持ち歩いていました。
「馬鹿だからコイツ」とあたしも夫に言ってもらいたいです。

 

Img_6580

 

  「校庭にうさぎ出てゐる野分あと」
(コウテイニウサギデテイルノワキアト)季語/野分・仲秋

 

台風。台風の余波が乱したあとの垣などにも美を見い出す
「野分」美しい言葉。


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2020年9月 7日 (月)

言わずもがなでご無礼申し上げます



Img_6649

 

  「秋の蝉依代の弊眞白なる」
 (アキノセミヨリシロノヌサマシロナル)季語/秋の蝉・三秋

 

自分の作った句を説明するのは
と~~ても、野暮だといわれます。

 本日は

(いつもいつも)
「おたまちゃん!何言うてるかさっぱりわからんわ」
と、心で思いながら、触らぬ神に祟りなしと、スルーしようとなさるそこの奥様の首根っこを
とっつかまえ、巨体を押し倒して聞いていただこうと思います。
罰ゲームではありません。きっと奥様に良いことがありましょうぞ。

俳句には「鶏頭の十四五本もありぬべし」のような一物仕立て
異なる二つの物を取り合わせる二物衝撃という
二種類の技法があります。
「蝉」と「依代(岩)」がどないしてん!とお腹立ちの奥様。
そういうわけで、これは「取合せの句」ということであります。

 

「依代」は神様が降りて来られるもの。多くは岩とか木とか。「憑代」とも書きます。憑依(ひょうい)の「憑」です。

ちゅうても、青森県のイタコさんにご先祖さまが降りてきはるのとはちょっと違います。
西洋では「アニミズム」というそうですが、神様(神霊)が「あそこ、ちょっとエエ感じやん?」と石や木や山に憑く
自然崇拝の古神道の考え方です。

そういった場所に神社が建ち、神域として清浄に守られます。
ココには5~6世紀の古墳もあり歴史の古さを感じます。

 

で、何で「蝉」なんや?ということです。
奥の細道の芭蕉の句「閑か(しずか)さや岩にしみ入る蝉の声」を踏まえた?
そんな畏れ多いものは踏まえてはおりませぬ。
ただ、この時「秋の蝉」が鳴いていたというだけのことです。

秋の蝉はエネルギッシュな盛夏の蝉と違いどこか寂し気で秋の気配を感じさせます。
清浄な場の空気と蝉の声と目に沁みるような幣の「白」
そこに「新涼」をみた・・なんちゃってね。
「つかずはなれず」というのが取合せの句には大事だと言われます。
深く考えなくてもそこら辺の景色(見るもの、聞くもの)を持って来ればいいと思います。
写生の力ってわけね。

ひたすら素直に・・

 

自句の解説というのは言い訳めいて、なんか疲れる
そして、小さな嫌悪感。
なら、いうな。でもここまで書いたからUPしちゃおう。

あ。云うときますけど、あたしこの句が決して上出来と思っているわけでは御座いません。
云わなくてもわかってる?
こりゃまた失礼いたしました。
  (京都府亀岡市出雲大神宮にて)

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2020年9月 4日 (金)

いってまいりま~す



本日の天気予報は「曇り」
降水確率は60%だそうです。

最高やん  

今から「吟行」へ行ってきます。
またまた、明智光秀ゆかりの「亀岡」です。
NHK大河「麒麟」が再開されたようですね。見ていないけど。
石川さゆりさんが出てるから?
違いますよ。さゆりさんには何の問題もございません。
しいて言えば、全体的に「衣裳」が嫌やね。
そんなところで目を惹かなくてもええやん?
そこが好き という方もおられるでしょう。

でも、あたしは嫌いやな。
それなら話もアバンギャルドでお願いしたいわ。
大胆で独創的な「物語」にしてちょ。

根性ないから中途半端。史実ではないとフリップ入れよう。
世間に阿るなNHK 。怖いのか?
画期的な解釈?の信長像も中途半端やしな
どうせ、いま生きてる人で当時のこと知ってる人誰もいないんやから
がんばってくれよ。好きにやって下さいよ。

残暑のせいで性格悪くなっています
いや、暑さのせいではない。わかってる。いいもん。
本当は穏やかな人間です。わかって下さい。

ダラダラ書いてると、もうすぐお迎えの時間です。
だから・・・デイサービスじゃないってば。

乗りつぶして廃車にしてやると張り切っているK男ちゃんの名馬(なないろ号)です。
さて。姫は今から 出陣じゃ!

 

「帰燕いま病む列島を置き去りに」
  (キエンイマヤムレットウヲオキザリニ)季語/帰燕・仲秋

 

気を付けて帰ってね。
来年はきっといい年になってるからね~~


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2020年9月 3日 (木)

ストレッチ教室



好きな曲を3曲持って来てください
の3回目です。

誰が?どこに?持ってきなさい  ですか?

実はアタクシ未亡人おたま。
ストレッチ教室に通っているのです。

この9月で丸3年になります。
週一回ね。ドンジャラホイのメンバーに誘われて・・

まさか続くと思っていなかったわ
だって、飽き性だもの(自慢してどうする)

先生は40代後半の男性。元ダンサー。お姿が非常に美しい。
生徒は4人(たったの!)四分の三をドンジャラホイで占める。

先生の教室で一番の少人数らしい。だれも入って来ない。

あいま、あいまに先生が編集したBGMの解説をしてくれる
お若いのに古い曲もものすごく知ってはる。

うちら、ドンジャラホイの人間やし音楽は好き。で盛り上がる。
それで「月に一回みなさんのリクエスト曲を流しましょう」ということになりました。

楽しいわよ。婆さん熟女が足挙げながら まったりとレッスン。
ときどき、バレエの要素なんかも入ったりして気分は吉田都(ごめん)

 

1回目は「女性ヴォーカル」
帰ってくれたら嬉しいわ / ヘレンメリル
素敵なあなた / ジャニス・シーゲル
ハッシャバイ / キャロルスローン

 

2回目は「昆虫シリーズ」
ハングリースパイダー / 槇原敬之
アゲハ蝶 / ポルノグラフティ
火炎 / 女王蜂

を持って行きました。

 

3回目は・・考え中。
奥様なら何をリクエストなさいます?

 

家で検温をしてきて、入室したらアルコールで手をシュッシュッ。マスクをして、冷房オンの窓を開け放して(夜だから涼しいの)
やっております。

Dsc07684


 「熱こもる髪ほどきけり秋の月」
(ネツコモルカミホドキケリアキノツキ)季語/秋の月・三秋

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (6)

2020年9月 2日 (水)

私も負けずに成長しなければ・・



と、いふわけで、締め切りが迫っているわけですが
全く、投句する気になれません。

ひょんなご縁で入会した結社ですが20年近くかかわっていると色々な思いもございます。
以前、東京に行ったとき一番尊敬している女史に「直接に指導を受けられないもどかしさ」を話しました。
「今俳句は、関西の方が元気ですよ。良い結社がたくさんある」と
「現在の結社を抜けない」条件付きでご自分と縁のある某結社を挙げられました。
編集長(現主宰)は私が前から好きな人でした。

その若き精鋭から
「(女史や私の師匠に)学生時代から可愛がっていただいた」と丁寧な手紙が届きました。
私のようなものの為に声を掛けて下さっていたようです。
でも参加しなかったのは、もう少し(女史が居られる間は)ここで学ぼうと思ったから。

・・・・・

はあ。何をぐちゃぐちゃ書いてるんだろ。
まあ、記録です。

行動範囲が狭まっているので、また身内話で、ごめんあそばせ。

Img_0807

もう昔のあたちではない

Img_6638
お母さんがちゅくってくれたイヤリングもこんなに似合うのよ。髪の毛だってボーボー。

Img_6619

もう・・誰にも

小さいおっさん だなんて

言われたくないわ!!1

ヨカちゃん4歳のお誕生日おめでとう
(お母さん手作りのなんたらとかいうプリンセスのドレスがなかなかシュテキです)

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

2020年9月 1日 (火)

せいてんのへきれき



青天霹靂(せいてんのへきれき)の意味・使い方。
まったく予期しなかった突然の出来事。急に受けた衝撃や打撃。快晴の空に不意に轟いた雷の音という意味。
(weblio国語辞典より)

霹靂 って雷の音なんだって。書けないわ・・練習しておこう。

いやいや。そんなことを言うてる場合ではありません。
まったくもって、ビックラ昆布です。

 

 

その事で四国のMちゃんと電話(長話)
結局、うちら地方の人間は蚊帳の外なんや・・・
という僻み(ひがみ)100%の結論

後ろ盾になって下さっていた先生が亡くなられTOP預かりのような立場だったこの数年。
色んなことが知らぬ間に決められ、変わっていっても
結局は決定事項の連絡が来るだけ

私らかて少しやけど費用負担してます。
仲間やから。みんなで勉強してよくして行こうと思うから

それやのに・・・・

                       

以上
地方に住む 自民党員の 心のさけび
では、なくて アタクシの個人的な 青天の霹靂 でした。


あたし、かて 党員じゃなかった。同人だ~~

 

Mちゃんが言う「あたし。87歳になったんよ」
「お父さんは11時にお昼ご飯たべて、11時半にあたしの胸に凭れて亡くなったんよ。穏やかだった」
「おたまちゃんが来てくれた時のお父さんの嬉しそうな顔を思い出すわ・・」

またまた、数年前の思い出話に浸って、電話の向こうとこちらで「涙」
俳句を通して素敵な人といっぱい繋がって来た。

もう それだけでいいわ。 

 

 

一国の首相が誰になるも蚊帳の外だし・・・

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

| | コメント (2)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »