« 口ほどにものをいう仕草 | トップページ | 梅雨明けならず »

2020年7月30日 (木)

枕のお話



一人暮らしなのに、枕が8個あります。
誰がヤマタノオロチやねん。

ヤマタノオロチご存じですよね八岐大蛇と書きます。
メデューサなんて「屁」でもありません。
もっとすごい迫力です。

そんなことはどうでもいいのですが


枕の内訳をご紹介します
どうでもいい話です今日は⇐いつもやん!!

 グループ 45×70・・・ 三個
 グループ 30×50・・・ 一個
 グループ 28×45・・・ 四個

 は、台湾旅行のお土産です。
死ぬほど安いツアーだったので土産店へ散々連れて行かれ、そのうちの一つ「布団工場」でまんまと購入したのでした。
「こんなデカイの持って帰られへんわ」といえば、敵もさるもの、メチャ、コンパクトに梱包してくれ、言われるがままの機内持ち込み。
「シルクの枕」(蚕糸枕)という触れ込みでしたが、中身については間違いなかったのでせう。15年経った今でも快適な使用感です。
訳の分からない漢方の葉っぱが外付け(ちょっと想像がつかないと思うけど)できます。外してもよい。

 は、低反発枕。
平凡氏が学生時代、母の日のプレゼントとしてくれたものです。
「高級ホテル仕様やで」というけど、当時下宿先(学生マンション)から「5000円でエエから振り込みお願いします」と泣きついていたオレオレ君と「高級ホテル」が結びつかんわい。
「チョッと(枕)当ててみ」といわれ、リビングの床で1分で爆睡したアタクシ
(いまだに言われる)優れものです。

 のうち3個はパイプ枕です。
通気性が良くて、中身をとりだして洗えるし清潔です。パイプの量も調整できます。
でも、ジャリジャリ音がする。ボコボコ感がある(個人の感想)

残りの1個は そば殻枕・・・どこから来た誰のものか・・・
わが家の七不思議のひとつです。真夏の夜ミステリー気分を味わいたいときに使用。

以上でございます。
長々、お付き合いいただきありがとうございました。

 

そうそう。それで、昨日は一日中、8個の枕の為のカバーを縫っていました
全部お揃いの黒と白のチェック柄です。
今日はその上にかぶせるカバー、真っ白のタオル地と厚手木綿の布で縫う予定であります。

眠っていた生地を活用でき、うれしいっす!

 

 

  「でで虫に篠笛高く聞かせやる」
  (デデムシニシノブエタカクキカセヤル)季語/でで虫・三夏

 

だいぶ上達しはりました。
ご近所のご主人。家ごもりNOW


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 口ほどにものをいう仕草 | トップページ | 梅雨明けならず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 口ほどにものをいう仕草 | トップページ | 梅雨明けならず »