« 枕のお話 | トップページ | ちょいとペダルでひと越えすればl »

2020年7月31日 (金)

梅雨明けならず



 

 「梅雨の雷近づいて来るオノマトペ」
 (ツユノライチカヅイテクルオノマトペ)季語/梅雨雷・仲夏

 

昨日は、雷が鳴りました。 
曇り空にはまだ小さな切れ間が・・
遠くで鳴る雷を「遠雷」といい。趣のある「季語」でもあります。
やがて大きな雨粒がポツリポツリとやってきて。辺りが暗くなってきました。
ドロドロ・ゴロゴロという音がだんだん大きくなってきます。

私。雷が嫌いやありません 

すぐに二階に上がりベランダから見物です。
数本の稲光が西から東へ場所を変えながら現れます。

「いいぞ~~雷おやじ~~」(心の中で声援)

 

もう。八月なのに・・長雨でした。

雷が鳴ると梅雨が明けると言われますが
夜のお天気お兄さんによると
九州北部・中国・四国地方に梅雨明け宣言が出たそうです。

ウチら地方はまだらしい。
もう一度雷ショーが見られるかな??

「梅雨明け宣言」は「桜の開花宣言」のように「どこそこで何輪咲いた」というはっきりした指標があるわけではなく
ある偉い人が「梅雨明けです」と宣言しはるそうです。
昔、ひっちゃん(夫)がテレビを見ていて「おたまちゃん。この人が『梅雨入りです・梅雨明けです』って決めはるんやで」といいました。
心の中で「んなアホな」と思った私は「ハイハイ」といいました。
返事を二回もしたのです。
なんという悪い妻だったのでしょう。心の底から謝りたいと思います。(と、仏壇に駆け寄る)

 

只今、戻りました。
何のはなしでしたっけ?

そうそう、雷さんでしたね。
もう一度雷ショーが見られるかも・・ってことね。
心配しないで!ちゃんとおへそを押さえて見物しますので

Img_6527

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 枕のお話 | トップページ | ちょいとペダルでひと越えすればl »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
御地は梅雨明けしましたね!
⚡雷さま、お告げ通り!
暑さとコロナウィルスにご用心下さいませ。
当地は来月、と言っても、明日は8月に
梅雨明けになりそうです。
東京の異常な感染者数に脅威を
感じますね!籠もります〜!

投稿: マコママ | 2020年7月31日 (金) 13時45分

オノマトペって的確重要な言葉ですね。
俳句に使われる単語・用語もおたまさんのブログで初めて知る言葉が沢山あります。
日本語って素晴らしいです♪

今月のお気に入りは、
「床に足届かぬ椅子や氷菓食ぶ」

それから、
「初蝉や眠りたる子の爪を切る」
「手廂より夕焼の洩るる別れかな」
「拭き上げし厨土用の風通す」

私が選ぶのは主婦目線になってしまいますね。
観賞の眼を育てるのはなかなかムズイっす!
来月も楽しみにしています。

投稿: 熱烈 | 2020年7月31日 (金) 19時23分

★マコママさんへ
明けました\(^_^)/
夕方には雷様と一緒に一雨来てくれましたよ。きっと、明日から暑くなるのでしょうね。暦の上ではもうすぐ「秋」なのに・・
おこもりも三密もマスクも「意味ない!」という学者さんもおられてオロオロします。
せめて気分は爽やかでいませうね^^

★熱烈さん
いつも、俳句読んで下さってアリガトウございます。結構続いてるでしょ(自分で言う)
俳句の実力の半分は鑑賞力にあると私の先生は言っておられました。自由に思うままにお好きに読んでいただければうれしいです。
私は妄想癖があるので人様の句を読むのが大好きです^^
「見える」句
「わかってもらえる」句を目指していますが
なかなか難しうござりまする。

投稿: おたま | 2020年7月31日 (金) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 枕のお話 | トップページ | ちょいとペダルでひと越えすればl »