« 何かがあって何かを学ぶ | トップページ | 受け取りました給付金 »

2020年6月 5日 (金)

真夏日がやって来た



 

  「暑いなあ三十度やて荒神坂」
(アツイナアサンジュウドヤテコウジンザカ)季語/暑し・三夏

 

昨日・今日と気温30℃だそうです。
落ち着かないまま、春になり
なんといふことでせう!もう・・真夏ですわ。

オリンピック、こんなアッツイ時にやってられまへんで。
もしも、新型コロナウィルスが蔓延しなければ、今頃盛り上がってたんやろか。

暑苦しい・・・

  

宝塚市にある「清荒神」はかまどの神様として知られ
火箸を奉納するという面白い風習?がある。
厄除けの神様であり、厄年に当たる男女が男坂・女坂をそれぞれ登り厄払いに参詣する。

駅から寺門まで結構な勾配の上り坂が続くが道幅のさほど広くない参道は趣があり
昔ながらの商いの店を覗くのも楽しい。

おうどんやさんから、年配の女性と息子さんらしい二人連れが出て来られた
「うわ~。あっついなあ。三十度やて!」

そのまま頂戴した。

「荒神道」としていたところを当日の句会で某結社の主宰が「坂」と添削して下さった。
もう、何年前になるだろう・・
初めてよその結社の句会は、大いに刺激になった。
70名ほどの参加だったと思う。短時間に300以上の句の全て目を通し
丁寧な指摘をもらう。
こんなところにゐたら、そら成長せなウソやで!とその結社の友人に言った。
主宰に「厚かましく・・(参加させていただいて)」といったら
「いえいえ、みんな(俳句をやる)お仲間ですから」と言って下さった。
俳句の世界は懐が深いのでございます。

  

Img_6475

(本日のお花)オリエンタルリリー・カスミソウ
       カーネーション

 

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 何かがあって何かを学ぶ | トップページ | 受け取りました給付金 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何かがあって何かを学ぶ | トップページ | 受け取りました給付金 »