« 閉ざされた世界の絶望の淵で | トップページ | おしるしシールはパイナップル »

2020年6月 2日 (火)

だってそう習ったもん!



  

  「小説の駅に降り立つ麦の秋」
ショウセツノエキニオリタツムギノアキ)季語/麦の秋・初夏

 

Dsc06621

 

稲刈りの後、麦を撒く。と小学校で習った。
冬の朝は後ろ手にしたおじさんがうつむいて麦を踏んでいたっけ。
そして
丁度今頃の季節。麦は「実りの秋」を迎えるのだ。
春なのに実りは「秋」日本語は奥が深い。


広大な夢のような景色になぜか気持ちがしんとした。
空高くひばりだけが鳴いていた。

 

農業の自由化で麦を作る農家が少なくなり、そのような景色を見る機会がなくなった。

それが、思いがけず収穫を迎えた麦畑に出会った。
丹波篠山のデカンショ街道から京都府亀岡市へ向かう道すがらだったと思う。

亀岡市は明智光秀が治めた町である。
ハンサムで奥様一人を愛した殿さまとして住民(特にマダム)に絶大の人気がある。
そして、私の好きな小説の舞台となった場所でもある。
東北地方の極貧の寒村からやって来た少年がこの駅に降り立つ
そこから、話がはじまる。
 ココ

  

本日のSNS

《こんにちわ・こんばんわ》・・・私は小学校でこう習った。だからそう使う。
サザエさんが夜道の暗さが怖くて「氷屋さん」の戸を叩いています「こんばん・こんばん」って。
どこかのサイトで(若い)国語の先生がエライ怒ってはった。「最近の娘は正しい日本語が使えない!」って。
「発音通りのWAではなくHAと表記すべきだ。言葉の由来を考えると容認できない!正しい日本語をつかえ!」って
激おこぷんぷん丸や。
なら、昔の娘(おたま)も叱っていただこうじゃないの!
サザエさん9巻。巻末の注釈によると、昭和61年文部科学省が「現代仮名遣い」で「わ」を「は」に統一した。
とある。昭和61年(1986)? とっくに小学校を卒業してたわい!


ちなみに先に紹介した氷は(コウリ)行李は(コオリ)とサザエさんでは表記されている。


 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 閉ざされた世界の絶望の淵で | トップページ | おしるしシールはパイナップル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私は、習った覚えはないですが、こんにちはです・・・
文をそこでいったん区切るとかって理由でした、、

他に7時とか7を国営放送でななじとかって統一してたのに、今はしちじになりました。いちにさんよんだったのも、いちにさんしに変わっています。
何の連絡もなかったような気がします。

メインがそれました。
ヨカちゃんの入園式を載せて欲しいです。
きのうも今日も、普段は日中はパソコンを開かないのに、見ても載ってなくてがっかりしています。

投稿: ぺこ | 2020年6月 2日 (火) 16時37分

★ぺこちゃんへ
「何の連絡も無かった」⇐大笑いしました。
そうですよね。勝手に変えられちゃった。
で、「間違ってる!」って国語の先生に叱られるんですよ。割が合いません。
数字はラジオの時代からテレビへと移った関係でしょうか。確かに今は「ななじ」とは言っていませんね。「ななじ」いい雰囲気ですね。これから使おうっと。

ヨカちゃんの入園式行ってきましたよ。
20分間だけでした。なかなか堂々としていました(下半身はナニですが)
明日UPしますね。笑ってやって下さい^^

投稿: おたま | 2020年6月 2日 (火) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 閉ざされた世界の絶望の淵で | トップページ | おしるしシールはパイナップル »