« LEDと競争 | トップページ | つぶらな瞳 »

2020年6月24日 (水)

お鉢(おひつ)が回る



お料理上手の杉本彩さんが

W9315432006141杉本 彩(すぎもと あや、1968年7月19日 - )は、日本のタレント、女優、グラビアアイドル、歌手、ダンサー、小説家、実業家、動物愛護活動家である 

(wikkipedhiaより)

 

「ごはんを おひつに移したら 
    メッチャクチャ 美味しい 

 

と、言うてはりました。 

グッジョブ 彩ちゃん 

ちなみに、この彩ちゃんはその昔、「京都のディスコに、ものごっつい綺麗な子が踊ってる」と、おたま周辺の若い衆が騒いでいた、あの彩ちゃんです。「芸能界に入る」と聞いて「当然やな」って・・みんなが思いました(聞き伝え)

 

本日のSNS


《お櫃(ひつ)》・・・私の記憶にある炊飯の手段は「ガス」です。
「おくどさん」は家には無かったし、ガスを使っていたと思います。
でも、お釜は金属製の羽釜。あのおくどさん用のスタイルです。
ちなみに、私はおくどさんと言っていますが、漢字で書くと
くど=竈(かまど) です。
すみません。エエカッコしました。
漢字で書けません。なんて。

そうそう。本題の「おひつ」ですが
サザエさんちの卓袱台の傍に鎮座。我が家にもありました。
檜、さわら、スギ等の木材で作られたご飯を保存する円形の桶。
お櫃に使われる木材は湿気に強く、水分・空気を適度に通すため入れた御飯がべとつかない。
窯で炊いたご飯をおひつに移してから食卓へ運び、そこから茶碗にごはんを盛った(サザエさん第六巻)

お櫃はそういう働きをしていたのですね。
その後我が家に、東芝の電気釜がやってきて、お釜からご飯をよそうようになりました。
途中。タイガーの電子ジャーというものが参戦しましたが、これは保温機能だけで
かさばる! お釜が二つあるくらい嵩張る。目くらましか、ボディには可愛いバラの花なんかが描かれているけど。
しかもずっと通電していたら、ご飯粒が黄色くなってパリッパリ。
いつも炊きたてのような温かいご飯をというのがウリだったけど、これはすべったのじゃないかな。
ごめんね。タイガーさん。
いまは、IH炊きたて 保温機能つき炊飯ジャーを使用しています
もちろん。タイガーの製品です!!

あ。そうそう、我が家には萬古焼のおひつがあります。
大人数で食事の時は、食卓の上に置いて銘々に回してお替りをします。
誰が何回かチェクします。
お鉢(お櫃の意味)が回るとはもともと
「良いことが回って来る」といういみだったそうですよ。

 

 「瓦斯の火の青く点きたる梅雨厨」
(ガスノヒノアオクツキタルツユクリヤ)季語/梅雨・仲夏

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« LEDと競争 | トップページ | つぶらな瞳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お櫃復活ですかね。冬はお櫃をわらづとみたいなのに入れて保温してました。場所取りでしたね。台所が土間だった頃、おくどさんがあって、餅つきの時に羽釜の上にせいろを積み上げてもち米を蒸してました。煙突がついてたと思うのですが、ある時煙突の付け根が赤くなってて、屋根が燃えちゃいました。消防車が来たのかどうか記憶にないですが、餅つきが中断したような気がします。ガス釜~同じような道をたどりましたね。前の晩にお米を研いで明け方炊きあがる炊飯ジャー。もう引退しました。今は2合炊きの小さな炊飯専用土釜です。水加減次第でおこげができるのがうれしいです。火を使う時間とても短くて炊き立てのまだ泡が出てるご飯に卵を掛けるのが最高。

投稿: ばんび | 2020年6月24日 (水) 20時49分

★ばんびさんへ
餅つきの思い出。火事なのに不謹慎だけど、どこかのどか^^。
おくどさんがあったのですね。
煙突も・・・
ウチはお風呂の煙突がありました。薪と石炭でお風呂をたきました。
「煙突掃除」そう言えば「煙突掃除のおっちゃん」が来てましたわ!なつかしい。

土釜のごはん、おいしそう。
白米大好き!
タイガーの炊飯器も優秀ですよ、「おこげ」も作れるし。

投稿: おたま | 2020年6月25日 (木) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« LEDと競争 | トップページ | つぶらな瞳 »