« ガンバレ自分! | トップページ | 今日は燃えるゴミ »

2020年5月27日 (水)

昔は氷に手を当てた



 

  「播磨屋の手形のタイル風光る」
ハリマヤノテガタノタイルカゼヒカル)季語/風光る・三夏

 

Dsc03712

 

昨日は丁度いい塩梅の曇り空だったので「雪柳」の剪定をしました。
昨秋、何でもかんでもチョンチョロリんに剪られた庭木の内、
身を挺してSTOPをかけた「雪柳」です。
おかげさまできれいに咲きました。

灰色と茶色の枝を見極めて、灰色を剪っていきます。
風通しを良くしてやるんです。
なんか、楽しい   生まれ変わったら植木職人になろうかな。

 

午後から雨が降ってきました。
せっかく二日前に平凡氏に防虫剤を散布してもらったのに・・
あの人の親孝行はいつも空振り・・・
ええわ!自分で撒こう。
「なんや!自分でやれるんかい」とバレないようにこっそりとね。

 

今日は母の日のプレゼントを届けに宅配さんが来てくれます。
ドキドキやわ。
戴いていうのもナニやけど、ドキドキするほどのものではない。
中味が判ってるのは楽しくないわね。でも嬉しい。
どっちやねん!
真綿嬢から「本日、香港を飛び立ちました」という知らせを貰って10日以上経つんやけど、飛行機ってそんなに時間がかかるのか?
あれは、船便だったのか?検疫や関税でチェックされるようなものでは決してありません。
どうしよう、もしトイレに入ってる時にピンポンが鳴ったら・・
ああ。緊張するわ。

 

いつもいつもアタクシの世迷言にお付き合いいただきありがとうございます
(ちょっと「世迷言」という言葉を使って見たかっただけです。へへ。)

・・・・・・・・・・・

本日のSNS (したっけねナイスな昭和)

《コウリヤ》・・・よく登場するのが「氷屋」です。きょーびの娘っ子はフワフワのかき氷を連想するでしょうね。
サザエさんちにもリヤカーに載せた氷に筵(むしろ)をかけた氷屋さんがよく出入りしています。
大きなのこぎりで氷を挽くと煙がでました。最後は「パ~ン」と割るのです。そこがカッコ良かったな。
何貫目くらい買っていたのかな。きっと氷の冷蔵庫用でしょう。
1952年に家庭用電気冷蔵庫が8万円(サラリーの10倍)で売り出される
1960年代に2ドアが製造され(霜取り装置付)ました。
ほぼほぼ全家庭に普及したのが1970年代後半だそうです。

それまでは氷は貴重品。岩田屋デパートや天神の町商店街のところどころに
「氷柱」が置かれていましたわ。
みんなそれを撫でたり、木綿のハンカチをくっつけて冷やしたり
コロナ騒ぎの今じゃ考えられない!

コウリヤさんは冬にはスミヤさんになりました。
コウリヤのひとしちゃんどうしてるかなあ。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« ガンバレ自分! | トップページ | 今日は燃えるゴミ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

氷柱に頬っぺたくっつけ痛冷たく
紅い判子が残ったりねっ、笑

岩田屋の お子様ランチ 遠い夏

投稿: ヘルブラウ | 2020年5月28日 (木) 09時53分

製氷屋さんって今でも近くにあります。
子どもの頃、熱を出すと父が氷屋さんに走って、塊をカチ割して水枕に入れてくれました。夜中でもやってたのかな?
熊本出身の人に聞いたんですが、熊本の街の老舗菓子店では氷柱に陣太鼓というお菓子を埋め込んで商店街に建てるんだそうです。子どもの頃は指で氷をかきかきしてお菓子を取り出してたらしい。かき氷って駄菓子屋さんで10円位でした。

投稿: ばんび | 2020年5月28日 (木) 11時12分

★ヘルブラウさんへ
岩田屋でお子様ランチのあとは屋上の遊園地で遊ぶ^^。岩田屋は子どもにとって「ハレ」の場所でした。
あの頃、冷房してなかったのね・・

★ばんびさんへ
今どきの氷屋さんの需要って「飲み屋さん」くらいしか思いつかないです。かき氷屋さん用かな。10円⇒いま600円くらいしますよ
信じられない・・

水枕に氷嚢。愛を感じますね。
今はアイスノンで太い血管を冷やす^^簡単便利で理に適ってるが手間は掛かっていない。

熊本銘菓陣太鼓知っています。
冷やしたらきっとおいしいだろうけど
お菓子取り出すまでにイライラして体に悪そう(アタシの場合)

投稿: おたま | 2020年5月28日 (木) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガンバレ自分! | トップページ | 今日は燃えるゴミ »