« たこフェリー | トップページ | 蝶々 蝶々  »

2020年3月 9日 (月)

リターン・トゥ・チャイナ



「もう一度聞きたいあの曲」ってありませんか?
アタクシには数曲ございまして、中でもこの「Return to China 」
メチャカッコイイ曲としてMy 大脳皮質にファイルされています。
もう一度聞きたいと思い続けて・・2~30年になるかもしれません。

ええ、そりゃもうアチコチ探しまくりました。
YouTubeにUPされているのを最近(今年になってから)見つけ
感激にのたうち回っております。

長い曲なんですね。歌詞はコチラ

若者のあこがれと決意が胸に迫ります。

未来が私を呼んでいる。
そのわけを私は知っている
中国へ戻ろう・・・

 
ミッキー吉野さんは神様に選ばれた一人だと
勝手にそう思っています。

オクスリで捕まったことがあるのね。

なんでかな~~~
特別に与えられた才能の代償(?)でそっちに走るんやろか
私、オランダ帰りなもので、お薬に緩い考えがある。

やだ!こんなこと書いたら教育委員会に吊るしあげられるわね。

 

 

「キャンセルを入れ兼ねてゐる春の風邪」
キャンセルヲイレカネテイルハルノカゼ)季語/春の風邪・三春

 

「春の風邪」は寒い時期の風邪と違って、どこか緩やかだ。
その分、安静にしないのでずるずると長引くことが多い。
寒さのぶり返しに油断したのも、長引いて治らないのも自分のせいか?などと、ぼんやりした頭で考える。

と言うのが「春の風邪」の本意のように思います。
だから、キャンセルしようかどうかぐずぐずしている・・・

今年はちゃいまっせ。キャンセルの理由が。
「春の風邪」などと呑気な事いってられません。
中国からやって来たウィルス。まだ時間が要るようです。

あ。アタクシ、風邪引いてません。ご心配なく。

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« たこフェリー | トップページ | 蝶々 蝶々  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

な、な長かった~~!

ゴダイゴの曲は
ブルース+アジア+マイナー(短調)な
曲つくりが日本人にドンピシャですね。
響きますね~~。

チャイナ絡みで
「北京で朝食を」
https://bit.ly/3aHZW0K
好きな曲です。

この方が歌ってます。
「佐藤 隆」
大丸のCMでヒットしました。
https://bit.ly/2VWM8uW

投稿: オペラ | 2020年3月10日 (火) 10時55分

★オペラさんへ
どちらも初めて聞く曲です^^
この方「二十三夜」を作っておられるのですね。ご本人の歌唱を聴いてしびれました^^
ゆらゆら揺れる不思議な感じが大好きでした。ありがとうございました。

投稿: おたま | 2020年3月10日 (火) 17時04分

※急に言われても~(梅)

知りませんでした!
『二十三夜』
おたまさん、よくこの曲を知っていましたね!
流行ったのですか?

どこかで聞いた気がして調べてみたら
『ひとひらの雪』にクリソツですね。
あ、死語ですか?

この方は多くの曲を他の歌手に提供しています。
良く知られているのは次の2曲です。

『ひとひらの雪』 ジュディ・オング
https://bit.ly/3cRNcpZ

『ももいろ吐息』 高橋真梨子
https://bit.ly/3cOZob5

どちらの曲にも似ていますね~

CD3枚持ってました。


投稿: オペラ | 2020年3月11日 (水) 20時06分

★オペラさんへ
二十三夜は堺正章さんが歌っておられましたよ。流行ったと思うのですが、私が好きになる曲は大体マイナー(流行らない)ので^^
リターン・トゥチャイナも25年以上聴いていなかったですから(汗)
同じ人だから曲調は似ていますね。でも二十三夜が一番いいと思う!
それにこの方の声がとても魅力的ですね。
それこそあまり世に出ておられないのが不思議です。

投稿: おたま | 2020年3月12日 (木) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たこフェリー | トップページ | 蝶々 蝶々  »