« はうれんさう | トップページ | おそろしいことに »

2020年2月14日 (金)

はい。塗ってますねん



Dsc05418

 

  「春遅し吹けばスウプの窪みをり」
                    (季語/遅春・初春)

 

穏やかな日差しの昨日今日ですが、来週は又冷たい風が吹くようです。
立春とは名ばかり、

「もう・・いつまでも寒いわねえ。プンプン」という気分
それが「春遅し・遅春」でせうか。

  

郵便局の窓口にアコさんが立っていました。
年末に「新未亡人・トシチャンを励ます会」で山の中のお蕎麦屋さんに行って以来です。
「ひや~~。びっくりした~」
と、びっくりしたとは思えないのんびりした声。

「歩いてきたの?」
「ううん。娘に車で連れて来てもらったの。おたまちゃんは?」
「車。送ってあげようと思って・・ウチでお茶してもいいし」

「ひゃ~~。それの方がよかったわ~~~」

  

アコさん。ちょっとそこまで・・の郵便局でも
皮のショートブーツを履いて、シュっとしてはる。
エレガントで、おっとりしてはる(立ち姿が)
受け取った通帳と書類を自分にグッと近づけてご確認。
前から思っていたんだけど、彼女のこんな仕草はとてもチャーミングです。

子どものころから目が弱く、お父様があちこちの眼科医に連れて行ってくれた。
「貴女の視力は、大人になればなるほどよくなっていきますよ」
と言われた通り、いまでは
「ものすごく、よく見えるねん」
との事だが、身についた仕草は変わらないらしい。

  

じゃあ。またね。 と、別れたけれど
アコさんの最後の言葉が暖かく胸に広がる。
「おたまちゃん。口紅塗ってるのん?カワ(・∀・)イイ!!

 

  イェイ

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« はうれんさう | トップページ | おそろしいことに »

家族・友だち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はうれんさう | トップページ | おそろしいことに »