« 日本全国駈け廻る | トップページ | 総理大臣 »

2020年2月 3日 (月)

節分の献立



  《鬼はらい》

(鬼豆腐)
とり肉ミンチ・たまねぎ・卵・ケチャップ・塩ふき昆布・煮出し汁
*玉ねぎはこまかくみじん切りし、鶏肉と合わせて
出し・ケチャップ・砂糖・薄口・塩・とよくなじませそぼろにする。
*パサパサにし、水気を絞ったなかに
卵白・卵黄3:2でよく溶き、浮粉を混ぜ込みよくならす。
*流し缶に入れ20分蒸す。
*出来上がる前に卵黄を溶いて上に流す
*冷えてから切る
*塩吹き昆布でときばをつくる

(年越いわし)
いわし・ゆず・ひいらぎの葉
*いわしは開いて骨を取りたて塩で水気を取る
*濃い口・みりんを合わせた中にゆずの輪切りとともに、イワシを腹下に30分ほどつけておく。
*方づまか両づまにして楊枝で止める。またはくらうち。かぶと焼き。
*オーブンで焼き。くしあとにヒイラギをさす

(お多福あえ)
甘酒・糸こんにゃく・にんにく・わけぎ・生しいたけ・洋からし
*すべてせん切りにし、出し、薄口、酒で下味をしてさっとたく。
*甘酒は酒でさっと炊き、裏ごししてすしあたりにする。
*練りがらしを加えすり鉢であたる。

(金棒すし)
飯・浅草のり・たくわん・みつば・梅干
*梅干しは裏ごしして御飯にまぜる。
*のりは1/4に切り、飯の中心におしんこ(細く切って黒ごまであえておく)を乗せ斜めに巻く
*三つ葉でゆわえる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上。新妻~数年の、おたまのレシピ帳を眺めております。
「節分にちなんで・・・」と書いてあります。

電子レンジなんて無かったのね。流し缶で蒸しています。
魚も自分で三枚におろしています。
海苔は2月に買う事!なんて書いています。
すり鉢であたる。とか「すしあたり」とか懐かしい言葉がでてきます。
「すしあたり」はすしの合わせ酢加減。「すいじ」は吸い物の辛さ加減です。
あと、たて塩とかくらうち。とか・・
おそろしいことに、大根で升(マス)を作り、お多福和えを盛っています

・・・・・・

この頃、仕事もして、忙しかったのに・・
1970年代のことです。泣けてきます。

Img_6291


恵方巻なんてえのが流行りだしたのが、1980年代の終わりも終わりで
コンビニの台頭と比例しているそうです。
とりあえず、イワシ買ってきました。塩がしてありました。
頭は、ヒイラギにさして、門扉に括りつけます。

   「鬼やらふこゑ美し宝塚ジェンヌ」
       (オニヤラウコエハシタカラヅカジェンヌ)

季語は鬼やらひ/冬  いよいよ明日から「春」です

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 日本全国駈け廻る | トップページ | 総理大臣 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

凄い献立ですね。杉村春子さんみたい!!
聞いたことも食べたこともない料理ばかり。
節分ってそんなに凝ってたんですね。
イワシの頭と柊はあったけど…。

投稿: ばんび | 2020年2月 4日 (火) 10時40分

★ばんびさんへ
そうですね
若く忙しい時ほど豆にやっていたと思います。今ほど便利に何でも揃ってなかったから・・
クリスマスと言えば鳥一羽を捌いていましたから。
今は何でも簡単に揃いますものね。
いいのですよ、何でも楽に済ませられるならば。。それで・・・

投稿: おたま | 2020年2月 4日 (火) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本全国駈け廻る | トップページ | 総理大臣 »