« 老婆心ながらレンタル着物のお嬢さんへ | トップページ | はうれんさう »

2020年2月12日 (水)

化粧の起源は呪術らしい



 

    「シヨウケースに春の口紅となりあふ」
                     (季語/春・三春)

 

H

 一ヶ月半実行できているので、書いちゃおう。
アチクシお正月に心に決めたことがございます。


奥様にとってどうでもヨカことやろうばってん

「今年は、毎日 化粧をするぞ」      

といふこと。

アタクシ、基本ノーメイク派でした。
朝いちばんに、 程度に顔を洗って、化粧水をパシパシってやります。
化粧水はヒトセラミドが配合された保湿系です(そこにはこだわっておりまする)

で。おしまい

 

おしゃれとは、人に対する礼儀 なんですってね

世間様に不快感を与えないことは最低限のエチケット。

奥様!
その顔で往来をうろついてよいのか
立ち止まって考えなければなりませんわよ。

若い時はお肌つやつや。プルプルッ
何もしなくても輝いている
何を隠そうこのアタクシも
美肌の伝道師だの。マシュマロおたまだのって言われたものよ!

でもね、手を加えなきゃ有害な
残念な、お顔になっちゃったことを自覚しなきゃね。
細胞は衰えてるのよ、奥様!しっかりしてください。
反省は、人間を成長させます。

すっぴんのお顔が通用するのは十九の春までだわ。
アタクシもきっちゃないものを世間にさらして迷惑をかけていたのね。
反省しても遅い。
ううん。おそくない!
今年から心を入れ替えました。

 

昨年末。化粧台を片づけていたら口紅が沢山出てきました。
お土産でいただいたもの。気に入らないからと友達にもらったもの。自分で買っったもの。
もう、あたしの残りの人生で使いきれない。
口は一つしかない。しかもおちょぼ口やし・・・

洗顔後の化粧水のルーティンのあとに
日焼け止めの入ったデイクリームを塗って
(こだわりの)熊野ブラシでお粉をさっさ。
そして(こだわりの)熊野筆で口紅です。

なんか忘れてる?
そうそう。ほほ紅ね。
これ大事。急激に可愛くなる(自己申告)
急激に・・だっせ。

3分もかかりません。続けられそう。

 

お化粧って自分も元気にするんやね。
アクセサリーの一つや二つつけてみませう。
ってな気分にもなりまっせ。
長いこと生きてるからおもちゃのアクセ、仰山持ってますねん。

これで、大丈夫や

宅配のお兄さんこないかなあ・・

 


サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 老婆心ながらレンタル着物のお嬢さんへ | トップページ | はうれんさう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もう2月も半ばになってしまいました。今年初コメントです。
私も毎日化粧するぞと、読んで決めました❣️
迷惑かけないように...。ほお紅同感です(#^.^#)

投稿: 関谷知可 | 2020年2月12日 (水) 09時13分

★知可さんへ
それがいい。それがいい。
始めてみたら簡単な事でした。
暑苦しいとか皮膚呼吸できないとか思っていましたがファンデーションを付けないので大丈夫です。
ファンデは勝負掛けるときだけ(っていつやねん!)にします。
がんば!

投稿: おたま | 2020年2月12日 (水) 11時36分

「誰に見しょとて紅鉄漿つけて・・・」
自転車でスーパーセルフレジ、ATM、図書館はPC予約、
マスクと毛糸の帽子を目深に被りと冬は有難いです♪(^^ゞ
お出掛けには一応、でも化粧映えも化粧甲斐も無しです。
頬紅良さそうですね、春になったら試してみます♪(*^^)v

投稿: 熱烈 | 2020年2月12日 (水) 17時42分

★熱烈さんへ
「夜目遠目笠の内」にマスクも帽子も加えなきゃならないお年頃・・
(見てくれる人もいない)ここに至っては「自分のために」というのが一番かもね。
身だしなみは「たしなみ」の一つって姑さんがよく言ってましたわ。
最期まで身ぎれいにしてはった・・

投稿: おたま | 2020年2月12日 (水) 19時17分

軽いお化粧大賛成です。
70歳までは、ノーメイクで、何とか(自分サイド的に)過ごしていました。
それから、辛い出来事に会ったこともあってからというか、加齢で鏡を見てびっくりしました。

そこで、朝起きると、決まった時間の朝食後、いつでも、近辺に出かけられるように
薄くなった眉を書き、頬紅、薄い口紅をしています。

そうすると、思わず笑みが・・。
いい感じ、これから十年は、大丈夫と。
これからは、薄化粧と笑顔と伸ばした背筋でいこうと思っています。
もう、何年を読ませていただき、元気をいただいています。

投稿: 静御前 | 2020年2月19日 (水) 15時21分

★静御前様へ
何年も読んで下さっているとのこと、
(人''▽`)ありがとう☆ございます。
本来ならばお目に掛かり手を取って、トリュフ入りのチョコの一個や二個をお渡しすべきでありますがこんなダラコメ返にてご無礼申し上げます。
10年なんて何をおっしゃる!30年はいけますよ。
辛い時に一刷毛。悲しい時に一塗り、
塗りたくってやりませう!

こんな簡単な事で気分アゲアゲとは思わぬ発見でした。花の命は結構長いエイエイオー!

投稿: おたま | 2020年2月19日 (水) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 老婆心ながらレンタル着物のお嬢さんへ | トップページ | はうれんさう »