« 鳩が出るわけないやん | トップページ | 帰って来たお坊ちゃマン »

2020年1月 8日 (水)

間違いない!お菓子



  

   「手土産に佳き名の和菓子松の内」
             
(季語/松の内・新年)

 

手土産って
TPOに応じてセンスが問われるし、何よりも気持ちが伝わるかどうかだわね。
貰って嬉しい、差し上げて嬉しい・・・お正月ならなおさら。

・・・・・

「新年ご挨拶」と書かれた外熨斗紙を外し、包装紙をとると・・・
「お供え」と書かれた知らない名前の内熨斗紙が貼られていた
これ、知人に本当にあった話だYO~~
いわゆる使い回し?たらいまわし?
アンビリーバボーな痛恨のミス のお客様。

信じられないことが世の中では起きているのでございます。
正月から怖い話をしてしましました。ごめんやして。
一応、あなた様に注意を喚起しておきます(いらんか?)

  

我が家はといふと、正月に手土産を持参するなどといふ気の利いたことは、あの息子に望むべくもなく・・
それが、今年は(正確には去年は)年末に会社から貰ったというGINZAウエストのクッキーの詰め合わせを持ってきた。
それも「あ~た達!実家へ帰省の手土産の一つもないわけ?」とあたくしが恫喝したので思い出したらしいです。

なんか、ひとり怒るのは疲れる・・

そんなわけですので、お正月のお菓子は毎年、ワタクシが私のお財布から買っております。
毎年、「雲龍」です。もう・・コレに決めてある。
お正月には「花びら餅」のご家庭も多いでしょうが
なぜか昔から「お雑煮食べるのだから花びら餅は要らない」って思っています。
それに、日持ちしないしね。


創業宝暦五年(え~っと今から265年まえ)の俵屋吉富が誇る京銘菓「雲龍」
足利の将軍さんも信長はんも太閤さんも食べはったに違いない(知らんけど)
HPには50歳以上に絶大な人気とあります。
どストライクやん!あたし
「雲龍」なら間違いない!っていつ、だれに刷り込まれたんやろ・・

「雲龍」はワタクシが清らかな娘だったころ、会社の上司が取引先やお客様への手土産として使ってはった。
ときにはクレーム対応なんかね。ペコペコするときに・・。
そこら辺りやねきっと・・・。

Img_6262
美味しい

サイドバーのバックナンバーをクリックすると全記事がご覧になれます。
2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.


 

|

« 鳩が出るわけないやん | トップページ | 帰って来たお坊ちゃマン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうはんです(ちと遅いわな〜)
うちも雲龍好きやわ、いつも買って帰ります。
その日の気分で好きな厚さに切り分けて
1人お茶してますねんよ〜

ブログ楽しみにしてますんで お気張りやー❣️

投稿: hellblau | 2020年1月 8日 (水) 18時44分

★hellblauさんへ
おめでとうさんどす
雲龍。ホロホロして飽きの来ない甘さ。
美味しいよね。
今年も元気に遊びませうね。
よろしくです。

投稿: おたま | 2020年1月 9日 (木) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳩が出るわけないやん | トップページ | 帰って来たお坊ちゃマン »